仕事が見つからない原因は?焦りや不安の解消法と年代別の解決策を解説

仕事が見つからない原因は?焦りや不安の解消法と年代別の解決策を解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が見つからない原因は、自己分析不足や転職活動のコツを掴めていないから
  • 仕事が見つからない場合は、自己分析や条件の見直しをしよう
  • 仕事をしていない期間は、求職活動と並行して資格取得や勉強をするのがおすすめ
  • 仕事が見つからないと不安になったら、一度リフレッシュすることも大切
  • 自分にぴったりの仕事を効率的に探すなら、転職エージェントを活用してみよう

就職・転職活動中「なかなか仕事が見つからない…」と、焦りや不安を感じてしまう方もいるでしょう。仕事が見つからないことに焦りを感じているときは、一度休息をとったり気分をリフレッシュさせたりすることが大切です。このコラムでは、仕事が見つからない状況に不安を感じた際の向き合い方や、仕事の探し方のコツを年代別にまとめました。仕事探しが上手くいかず、ストレスを抱えている方はぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事が見つからないのはなぜ?

仕事が見つからない原因は人それぞれですが、考えられるものとして「自己分析が不十分であること」「就職活動に前向きになれていないこと」が挙げられます。

自己分析が不十分

「仕事が見つからない」と悩んでいる人は、自己分析がきちんとできているか見直してみるのがおすすめです。仕事をしたい理由が「なんとなく」であったり、「向いていない気がする」という漠然とした気持ちで向き不向きを判断していては、自分に合う仕事は見つかりにくいでしょう。また、職種や条件の絞り方が分からず、就職先への理想を高く設定し過ぎてしまうことも。自己分析をしっかり行い、選択肢の幅を広げてより多くの仕事を検討することも必要です。

そもそも自己分析とは?

自己分析とは、自分のこれまでの経験や思考を整理し、自分の能力や性質、強みや弱み、今後のありたい姿などを理解することです。それによって自分のキャリアや就きたい仕事を決めていくので、就活する上での指標と言っても過言ではないでしょう。「自己分析とは?実施のメリットと就活・転職活動での必要性を解説」のコラムでは、自己分析の必要性とやり方についてまとめているので、見直す際の参考にしてください。

就職活動に前向きになれていない

仕事が見つからないと悩んでいる方のなかには、「失敗するかもしれない…」といった恐怖心で就職活動に積極的になれないこともあるでしょう。「面接で落とされたらどうしよう」「今までの努力が報われないのが怖い」と考え込んでしまう方も。対して、そもそも働く意欲が薄く、就職活動や求人探しになかなか力を入れられない方もいるようです。自分では頑張っているつもりでも、心のどこかで働きたくないと思っていると、企業側に伝わってしまうこともあるでしょう。

仕事が見つからない原因については、「仕事が見つからないときの対処法!年齢別の探し方や不安の相談先もご紹介」のコラムでも解説しているので、あわせてご覧ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事が見つからないと焦りを感じたときの解消法6選

仕事が見つからないと、「もしかして、ずっとこのまま仕事が見つからないのでは?」と焦りを感じてしまう人も少なくありません。さらに、仕事がないと貯金を削りつつ生活をしなければいけないため、お金という現実的な問題も出てくるでしょう。ここからは、仕事が見つからず焦りを感じたときにできる4つの対処法について解説します。

1.焦りや不安を感じている理由を明確にする

仕事が見つからないことに焦りや不安を感じる方は、「なぜ不安になるのか」を明確にすることから始めましょう。理由がある程度明確になれば、自分が今何をしたらその不安を解消できるのかが分かります。たとえば、貯金が減っていくことに焦りを感じたりお金がないことに不安を感じたりする場合は、アルバイトや派遣などで収入源を確保しつつ転職活動をすると良いでしょう。不安解消につながるポイントは、不安な感情そのものにとらわれるのではなく、「不安や焦りを作り出している原因は何か」を明らかにすることです。

2.辛いときは休息をとる

「仕事が見つからない状況が続いて辛い」というときは、思い切って休息をとるのもおすすめです。不安から抜け出したいからといって妥協点を増やすと、入社後ミスマッチを感じる可能性が高まります。業務内容や職場環境が合わず、早期離職につながることも。不安なときは、思い切って転職・就職活動から離れるのがおすすめです。

辛くなる前に気分をリフレッシュさせることも大切

仕事が見つからなくて精神的に辛くなってしまう前に、一旦気分をリフレッシュしてみましょう。精神的な負担や悩みが大きい状態で転職・就職活動をしても、なかなか上手くいかないもの。リフレッシュする方法は、自分のなかにある不安や焦りを解消できるものなら何でも良いです。たとえば、どこかへ旅行に行ってみたり、自分の好きなスポーツを思いきり楽しんだりするのもおすすめ。リフレッシュできれば新鮮な気持ちで就職活動に望め、今までなかった余裕が出てくるはずです。

4.信頼できる人に相談する

仕事が見つからないという悩みから抜け出せない場合は、信頼できる家族や友人に相談してみましょう。一人で悩みを抱えていると客観的な視点で考えることができず、ストレスがどんどん大きくなってしまうことも。信頼できる人と話せれば溜まっていたものが外に出て、直接的な解決方法が見つからなくても、少しスッキリした気分になれるはずです。また、1人で悩み続けず信頼できる相手に打ち明けることで、仕事を見つけるヒントを得られることもあるでしょう。

5.自分のスキルやキャリアを磨く

仕事が見つからないときは、スキルやキャリアを磨くこともおすすめです。専門的なスキルが必要な仕事に就きたい場合、未経験から入社するのは難しいこともあります。しかし、スキルや資格があれば入社できる可能性は高まるでしょう。たとえば、ITエンジニアになりたい人は、プログラミングスキルを独学で勉強したりスクールに通ったりするなどの方法があります。また、職業訓練校に通えば無料でスキルの習得ができるので、こちらもおすすめです。

6.アルバイトを始めてみる

仕事が見つからない際は一時的にアルバイトをして、生活費を稼ぎつつ就職活動するのも一つの手です。しばらく暮らしていける生活費があれば精神的にも余裕が生まれ、就職活動にも専念できるでしょう。また、ここで行うアルバイトもスキルが身に付くような職種を選べば、就職にも役立つことも。忙しい方でも転職・就職活動と両立できるような自宅でできるアルバイトも増えているため、ぜひ探してみてください。

仕事が見つからないと焦ったときにやりたい3つのこと

仕事がなかなか見つからないと焦ってしまうと、何もかも上手くいかないような気持ちになってしまうこともあるでしょう。そのようなときに、仕事を見つけるためにやっておきたいことを3つ紹介するので、参考にしてください。

1.就職先の条件を緩めてみる

仕事が見つからないときは、就職先に求める条件を緩めてみると良いでしょう。自分に合った就職先を見つけようと条件を絞り込み過ぎると、希望の求人がなかなか見つからないことも少なくありません。一般的に、条件の良い仕事は何か特別なスキルを持っていたり、社会人としてしっかり経験を積んでいたりするなど、企業側が求める条件も高くなる傾向があります。仕事選びでどうしても譲れない条件は変えなくても良いですが、条件の幅を広げ過ぎてしまうと仕事探しが難しくなってしまうこともあるので、注意しましょう。

2.優先順位を考える

先述した「就職先の条件を緩める」ためには、自己分析で見極めた「自分が仕事に求めること」に優先順位をつけてみましょう。会社に求める条件を、すべてを網羅した仕事に出会うことは難しいものです。そこで、優先度の高い条件から仕事を探してみると、自分が理想とする会社や求人情報が見つかる可能性が高いでしょう。入社後、会社とのミスマッチで早期退職につながらないためにも、どうしても譲れない条件を優先して仕事探しを行うのがおすすめです。

3.資格を取得する

仕事が見つからないと焦りを感じたときの解消法6選」の「自分のスキルやキャリアを磨く」でも解説しましたが、仕事が見つからないときは求職活動と並行して仕事に役立つ資格を取得してみるのも一つの手です。たとえば、IT系ならプログラムやデータベースに関する資格を取得したり、外資系なら英語力を高める勉強をしてみたりするのも良いでしょう。前向きにスキルを磨いていれば、ブランク期間に何をしていたのかを応募先の企業にアピールすることもできます。

【年代別】仕事が見つからないときの探し方のコツ

仕事が見つからないときは、自分の年齢に合わせたアプローチをすると、より成功に近づきます。ここでは、年齢毎の仕事の探し方についてまとめました。

20代の場合

20代の武器は何といってもその若さです。ポテンシャルを評価する企業も多いので、未経験の業界にも積極的にチャレンジできるでしょう。

興味関心のあるものから探す

20代の仕事探しのコツは、自分が興味や関心のあるものから探してみることです。若いうちは柔軟な適応力が魅力で、たとえ失敗してしまったとしてもそこからさらに可能性を広げることができます。未経験の分野や挑戦してみたいと思っていた仕事など、思い切って飛び込んでみるのも成功できるポイントといえるでしょう。

ポテンシャル採用を狙う

20代で仕事が見つからない場合は、ポテンシャルをアピールすると良いでしょう。年齢が若ければ、経験やスキルよりもポテンシャルを評価する企業は多くあります。「仕事を滞りなく進めるために報告・連絡・相談は欠かさない」「仕事の優先順位の基準は○○」といったように、仕事に取り組む姿勢や物事に対する考え方などのアピールに力を入れてみてください。

30代の場合

30代は働き盛りの年代でありながら、20代と違って社会人経験のある方が過半数を占めます。よって、今までの経験を活かしながら仕事を見つけると良いでしょう。

これまでの経験を活かす

仕事が見つからないと悩む30代の方は、これまで経験のある職種を選ぶのがおすすめです。企業側は30代の採用の際、スキルや経験を重視する傾向にあります。したがって、今まで自分が培ってきた経験が活かせる職種を選べば、即戦力として採用してもらえる可能性が高いといえるでしょう。そのためには、今まで具体的に何をやってきたのか、しっかりと自分をアピールすることが重要です。

就職先の条件を高くし過ぎない

30代で仕事が見つからないときは、転職先の条件が高過ぎないか確認してみましょう。転職先に求める条件が高過ぎると希望の求人案件がなかなか見つからず、転職活動が難航する恐れがあります。「仕事が見つからないと焦ったときにやりたい3つのこと」の「就職先の条件を緩めてみる」でも説明したとおり、条件の幅を広げ過ぎないよう注意が必要です。

40代の場合

40代の就職・転職活動の武器は、30代以上の経験です。社会人経験のみではなくマネジメント経験があれば、より需要は高まります。また、どうしても仕事が見つからない方は、その理由を考え直す必要があるでしょう。以下で詳しくまとめたので参考にしてください。

仕事が見つからない理由を改めて考える

40代で仕事が見つからない場合、その理由を今一度確認してみる必要があります。たとえば、過去の成功体験にとらわれていたり、仕事が見つからない原因を年齢のせいにしていたりすると、ネガティブな気持ちから抜け出せず仕事探しも上手くいかないでしょう。年齢が上がるほど企業はスキルと実績を重視する傾向にあるので、自身のスキルの棚卸しや活かせる経験の整理をより綿密に行うことが大切です。

マネジメント経験者はニーズが高い

40代の仕事探しでは、マネジメントの経験が役立ちます。ほかにも経理や営業など、これまで自分が長く続けてきた仕事における能力を必要としている企業があるはずです。面接では、「経験で得られたものをどこで貢献できるか」といった点を具体的にアピールすると良いでしょう。

ブランク期間に注意!

仕事をしていない期間が半年以上あるなど、ブランクがある場合、仕事が決まらない原因になる可能性があります。長いブランク期間は、採用側にとって不安材料になりやすいためです。しかし、ブランク期間が勉強や資格取得のためであったり、自分を見つめ直すためだったり前向きな理由であれば、マイナスなイメージにはならないでしょう。就職面接でブランク期間や空白期間について聞かれた時の答え方が知りたい人は、「空白期間を面接で聞かれたら?「何もしてない」はOK?答え方や例文を紹介」もあわせてご一読ください。

仕事が見つからないと焦ったときに活用できるもの

仕事が見つからないと、将来を不安に思ったり金銭的な面で焦りを感じたりするでしょう。ここでは、そのようなときに活用できる制度やサービスについてまとめたので、不安を感じている方は選択肢の一つとして参考にしてみてください。

給付金制度

各自治体によって変わりますが、仕事が見つからないことで生活が困窮している方を支援する、給付金制度が設けられている場合があります。近年はコロナ禍で仕事を失う方も多いため、一度自治体に問い合わせてみると良いでしょう。また、雇用保険に加入していた方は、失業保険が受給できる可能性があります。「ハローワークで失業保険の手続きをするために必要な持ち物や書類とは?」のコラムでは、失業保険の受給資格や申請方法などをまとめているので、あわせてご確認ください。

職業訓練学校

仕事が見つからない方は職業訓練学校でスキルを身に付けるのもおすすめです。職業訓練校は、失業中の方が再就職するために公共職業訓練を行える施設。国や自治体が運営しており、簿記やパソコンのほか、介護、建築など幅広い講座が開設されています。受講料は無料で、条件を満たせば補助金を得られる場合もあります。受講する講座によって得られるスキルや倍率が異なるため、気になる方はお住いの自治体の職業訓練について調べてみましょう。

就職・転職エージェント

仕事がなかなか見つからず、1人での転職活動に悩んでいる場合は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。転職エージェントでは、転職市場に精通したプロのアドバイザーが、求職者の希望や適性に合った仕事を紹介しています。非公開求人も取り扱っているので、自分の力だけでは見つけられなかった求人情報に出会える可能性も。1人で仕事を探すよりも、効率的に転職活動が進められるでしょう。

転職エージェントの一つであるハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーターなど若年層に特化したサービスです。専任のアドバイザーが丁寧にカウンセリングを行い、一人ひとりに合った求人をご紹介しています。また、履歴書・職務経歴書作成のコツや、面接対策など転職に関するあらゆるフォローをしているのも特徴の一つ。就職に関するお悩み相談のみでも受け付けています。サービスはすべて無料なので、仕事が見つからない…と悩んでいる方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

仕事が見つからないときのお悩みQ&A

ここでは、仕事が見つからないときの悩みについて、Q&A方式で解決していきます。

仕事が見つからないとどうなる?

仕事が見つからないままだと、精神的なストレスを感じたり、連日の就職・転職活動で疲弊したりと、心身ともに悪影響を及ぼす可能性があります。将来的にキャリアアップやスキルアップのタイミングを逃さないためにも、余裕を持って早めに行動を始めることが重要です。「仕事探しのコツを詳しく解説!正社員求人で事前に確認すべきポイントも紹介」のコラムでは、仕事探しを上手にするコツについて解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

仕事が見つからないと精神的に辛い…。

辛い気持ちは我慢せず、思い切って休むようにしましょう。仕事が見つからないと悩み過ぎてしまうと、体調を崩す原因にもなります。また、焦る気持ちから会社に求める条件に対して妥協点を増やしてしまい、ミスマッチが起きてしまう恐れも。まずは一度ゆっくり過ごす時間を作って、落ち着いてから考えると良いでしょう。詳しくは「仕事が決まらないときの不安解消法は?就職・転職を成功させる方法も紹介」のコラムもご覧ください。

自分にできる仕事が分からないときは?

まずは自己分析を丁寧に行いましょう。これまで頑張ったことや経験したことを棚卸ししながら、自分の長所や短所、能力などを洗い出します。自分のことが理解できれば、やりたいことや適職が明確になっていくはずです。また、1人でもできる工場作業や警備員、在宅ワークなどから始めていくといった手段もあります。詳しくは「自分にできる仕事がわからない原因は?適職を見つける方法を徹底解説」もご覧ください。

仕事探しにおすすめの方法は?

仕事探しの方法で代表的なものは、求人サイトやハローワーク、転職エージェントなどが挙げられます。求人サイトはいつでも閲覧できるので、自分の都合に合わせて仕事探しが可能です。また、ハローワークは地元の中小企業の求人が多いので、「地元企業に就職したい」という人には最適でしょう。忙しさから就職・転職活動が進まない方には、就職エージェントの利用がおすすめです。ハタラクティブでは、マンツーマンであなたにぴったりのお仕事を紹介。ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ