1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 焦りは禁物!仕事が見つからない時にやるべきことは?

焦りは禁物!仕事が見つからない時にやるべきことは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事が見つからない場合は、自己分析、条件の見直しをする

    ・空白期間には、求職活動と並行して資格取得や勉強をするのがおすすめ

    ・転職エージェントを活用すれば効果的に転職を進めることができる

就職・転職活動中の人の中には、なかなか仕事が見つからず、精神的に追いつめられてしまう人も多いのではないでしょうか。しかしむやみに焦る必要はありません。

あきらめず、前向きに取り組むことで、転職活動が上手くいくケースもあります。

ここでは、仕事が見つからないときの対処方法についてご紹介します。

◆仕事が見つからないときの対処法

仕事が見つからない…そんな風に悩んでいるときには、原因ごとの対策を立てることが大切です。

この項目では、なかなか仕事が決まらない原因とその対処法をそれぞれ説明します。

【自己分析が足りない】

仕事を選ぶ時に必須なのが自己分析。

「自分はどんな仕事がしたいのか」「将来はどんな風に働いていたいのか」など、仕事への考え方を明確にすることで、仕事選びの基準ができるはずです。

なかなか仕事が見つからない人にありがちなのが、この自己分析が不十分であること。「なんとなく○○の仕事がしたい」「○○は向いていない気がする」という漠然とした気持ちで仕事を探しても、自分に合う仕事は見つからないでしょう。

例えば「営業の仕事は向いていない気がする」と思っている場合、なぜそう思うのかを分析してみましょう。

「人と話すのが苦手だから」「アポイントを取るのが大変そう」など、思いついた理由を挙げ、そこから「人と接することが少ない仕事が向いているのかもしれない」「新規の開拓がない営業ならできるかも」と考えを深めていくと、自分に向いた仕事探しのポイントが見つかるはずです。

【条件を絞りすぎている】

仕事が見つからないと悩んでいる人によくあるのが「職種・条件の絞り過ぎ」です。

理想を追い求めるのは良いことですが、長期間仕事が見つかっていないのなら、その条件が厳しすぎるか、自分にふさわしいものではない可能性があります。

努力をしても、今の状況があまり変わらないのであれば、選択肢の幅を広げ、より多くの仕事を考えてみることが必要でしょう。

選択肢を広げるためには、まず、自分が求めている業務内容、待遇、条件などを紙に書き出し、自己分析をしてみましょう。

自分にとって譲れないもの、妥協できるものを改めて考え直し、就職の軸を決めていきます。

職種・条件が広がると、求人情報も豊富になり、自分に合った仕事が探しやすくなります。

また、自分では考えていなかった職種が実は自分に適していたということも出てくるかもしれません。

仕事がなかなか見つからないというときは、あきらめず、視野を広げ、多角的に求職活動をすることが大切です。

【転職活動のコツを掴めていない】

新卒の就職活動と既卒やフリーターの就職活動、第二新卒の転職活動では全く勝手が違うもの。それを理解せずにやみくもに仕事を探しても、なかなか採用にはたどり着かないでしょう。

正社員になるためには、書類選考を通過するための履歴書の書き方や面接官に好印象を抱いてもらうための質問への対策などをしっかり行っておく必要があります。

それらの対策を行っていない、ポイントを間違えている…という人はなかなか仕事が見つからないかもしれません。

就職活動には客観的な視点を取り入れることも必要です。面接での受け答えや履歴書の出来栄えなど、家族や友人に見せて感想を聞くと自分では気が付かなかった欠点やもっと良い伝え方に気がつくかもしれません。

就職相談はハローワークや転職エージェントなどのサービスを利用すれば受けることができるので、そういった専門機関を利用するのも一つの手です。

◆ブランク期間に気をつけよう

一般的に仕事をしていない期間が半年以上あいてしまった場合、企業側からはブランクがあると受け取られてしまいます。

ブランク期間があると、採用面接でその間に何をやっていたのかを問われるケースがほとんどです。

採用する側からすると長い空白期間は不安材料になることもあり、仕事が決まらない原因になることも。

ブランク期間があっても、勉強のため、資格取得のため、自分を見つめ直すため、というように、前向きな理由であれば、マイナスなイメージにはならないでしょう。

また、アルバイトや派遣でブランクを埋める努力をするのも効果的。特に、就職を希望する業種や職種に近いものを選べば経験として活かせます。

採用面接では、ブランクの期間に何をしていたのか、経験したことや学んだことは何かをしっかりと説明し、就職したい気持ちを前向きに伝えましょう。

◆仕事が見つからないときにやるべきこと

仕事がなかなか見つからないと、焦ってしまい何もかも上手くいかないような気持ちになってしまう人もいるのではないでしょうか。

そんなときは、求職活動と並行して、仕事に役立つ資格を取得してみるのも一つの手。

例えばIT系ならプログラムやデータベースに関する資格取得、外資系なら英語力を高める勉強をしてみるのも良いでしょう。

前向きにスキルを磨いていれば、ブランク期間に何をしていたのかを応募先の企業にアピールすることができます。

また、求職期間が長くなると金銭的な問題が発生することもあるでしょう。

そんなときは、短期や日雇いのアルバイトをしてみるのもひとつの方法です。

経済的な不安の解消に繋がることはもちろん、何かしらの経験を積むことが転職に繋がる可能性もあります。

◆転職エージェントを活用する

仕事がなかなか見つからず、1人での転職活動に悩んでいるのなら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントでは、多くの求人の中から、求職者の希望や適性に合った仕事を紹介しています。

転職エージェントのひとつ、ハタラクティブは、既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層に特化した転職・就職サポートサービスです。

専任の就活アドバイザーが、履歴書・職務経歴書作成のコツや、面接対策など転職に関するあらゆるフォローをしています。 

面接日の日程調整も代行しているので、効率的に転職活動を進めたい方にもおすすめです。

仕事が見つからない、仕事がなかなか決まらず焦っているという人は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    仕事が見つからない原因は?求職の秘訣や不安解消法を詳しくご紹介!

  • image

    できる仕事がないと感じる原因とは?対処法とおすすめの仕事

  • image

    仕事が見つからない!実践したい解決策

  • image

    転職したいけどやりたいことがない!対処法や仕事探しのポイントを解説

  • image

    半年以上の無職期間、一体どう説明すればいい?

  • image

    仕事を辞める勇気が出ない…転職はどうする?

  • image

    ニートを脱出したい!きっかけや原因には何がある?

  • image

    このままでいいのかと思ったときにすべき5つのこと

  • image

    自己分析が大事!「やりたいこと探し」の方法とは

  • image

    フリーターでいられるのはいつまで?

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる