仕事が見つからない!焦りや不安との向き合い方や年代別の探し方も解説

仕事が見つからない!焦りや不安との向き合い方や年代別の探し方も解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が見つからない原因は、自己分析不足や転職活動のコツを掴めていないから
  • 仕事が見つからない場合は、自己分析や条件の見直しをする
  • 空白期間には、求職活動と並行して資格取得や勉強をするのがおすすめ
  • 仕事が見つからないと不安になったら、一度リフレッシュすることが重要
  • 自分にぴったりの仕事を効率的に探すなら、転職エージェントを活用してみよう

就職・転職活動中「なかなか仕事が見つからない…」と、焦りや不安に追い詰められてしまう方もいるのではないでしょうか。仕事が見つからないときは一度自己分析を振り返り、就職の軸を立て直してみましょう。また、信頼できる人に相談したりリフレッシュしたりと、気持ちを落ち着かせることも重要です。
このコラムでは、仕事が見つからない原因や対処法、不安との向き合い方について解説。ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事が見つからないと悩む原因

仕事が見つからない…そんなふうに悩んでいるときには、原因ごとの対策を立てることが大切です。
この項目では、なかなか仕事が決まらない原因とその対処法をそれぞれ説明します。

自己分析が足りない

なかなか仕事が見つからない人にありがちなのが、この自己分析が不十分であること。「なんとなく△△の仕事がしたい」「××は向いていない気がする」という漠然とした気持ちで仕事を探しても、自分に合う仕事は見つからないでしょう。「自分はどんな仕事がしたいのか」「将来はどんな風に働いていたいのか」など、仕事への考え方を明確にすることで、仕事選びの基準ができるはずです。
たとえば「営業の仕事は向いていない気がする」と思っている場合、なぜそう思うのかを分析してみましょう。「人と話すのが苦手だから」「アポイントを取るのが大変そう」など、思いついた理由を挙げ、そこから「人と接することが少ない仕事が向いているのかもしれない」「新規の開拓がない営業ならできるかも」と考えを深めていくと、自分に向いた仕事探しのポイントが見つかります。

条件を絞りすぎている

仕事が見つからないと悩んでいる人によくあるのが、「職種・条件の絞り過ぎ」です。
理想を追い求めるのは良いことですが、長期間仕事が見つかっていないのなら、その条件が厳しすぎるか、自分にふさわしいものではない可能性があります。努力をしても、今の状況があまり変わらないのであれば、選択肢の幅を広げ、より多くの仕事を考えてみることが必要でしょう。
選択肢を広げるためには、まず、自分が求めている業務内容、待遇、条件などを紙に書き出し、自己分析をしてみましょう。自分にとって譲れないもの、妥協できるものを改めて考え直し、就職の軸を決めていきます。
職種・条件が広がると、求人情報も豊富になり、自分に合った仕事が探しやすくなるでしょう。また、自分では考えていなかった職種が実は自分に適していたという可能性も。仕事がなかなか見つからないときは、視野を広げ、多角的に求職活動をすることが大切です。

転職活動のコツを掴めていない

新卒の就職活動と既卒やフリーターの就職活動、第二新卒の転職活動では全く勝手が違うもの。それを理解せずにやみくもに仕事を探しても、なかなか採用にはたどり着かないでしょう。
正社員になるためには、書類選考を通過するための履歴書の書き方や面接官に好印象を抱いてもらうための質問への対策などをしっかり行っておく必要があります。それらの対策を行っていない、ポイントを間違えている…という人はなかなか仕事が見つからない可能性があるでしょう。
また、就職活動には客観的な視点を取り入れることも必要です。面接での受け答えや履歴書の出来栄えなど、家族や友人に見せて感想を聞くと自分では気が付かなかった欠点やもっと良い伝え方に気がつくこともあります。

求人を探せていない

続いて、求人を探せていないといった原因も挙げられます。仕事が見つからないという人のなかには、「毎日求人情報サイトを見て調べているのに、自分に合った仕事が見つからない」と悩むことも多いようです。
しかし、それは求人を探せていない、もしくは求人の探し方を間違っている可能性もあるでしょう。たとえば、転職サイトの場合、新卒向けや第二新卒向けのサイトがあるため、自分のニーズに合った転職サイトを利用する必要があります。また、転職サイトだけで求人を探すのも、やや非効率といえるでしょう。求人を探す方法は、転職サイト以外にもハローワークやエージェントなどさまざま。複数の方法で探せば効率も良くなり、自分に合った仕事に出会える可能性が高まります。

失敗するのが怖い

「就活に失敗するかもしれない…」といった恐怖心も、仕事が見つからない理由の一つです。就職は人生にとっての大きなイベント。そのため、未経験の職種に挑戦する際は、「自分で本当にやっていけるのかな?」と不安になる人も多いでしょう。入社後よりも、「面接で落とされたらどうしよう」「書類選考で落とされたらメンタル的にきつい」と考え込んでしまう方もいるようです。
しかし、行動して挑戦をしなければ現状を変えることはできません。また、失敗しない人なんていないですし、成功者も失敗から学んでいます。そのため、失敗=恥ずかしいこと・ダメなことという考え方を捨てましょう。たとえ新しい挑戦をして失敗したとしても、そのあとの糧になるのなら失敗ではなくなります。失敗を恐れず、自分の興味のある分野や業界に飛び込むのも就職成功の秘訣といえるでしょう。

そもそも働きたくない

「仕事が見つからない」と悩んでいる人のなかには、そもそも働く意欲が薄く、就職活動や求人探しを真面目に行っていない人もいるようです。人のメンタルや心の状態は、行動に出ます。自分では頑張っているつもりでも、心のどこかで働きたくないと思っていると、結果は伴いません。
そのため、仕事を見つけようと思うのであれば、真剣に取り組みましょう。「仕事をしたくない」というメンタルで仕事探しをするよりも、「自分のやりたい仕事でお金を稼ぐ!」というメンタルの方が、長期的に見て人生が良くなります。また、前者のメンタルのまま働いていても辛いだけです。働くのであれば、自分のやりたいことを洗い出し、意欲的に仕事探しすることをおすすめします。
「仕事には就きたいけど、自分のやりたいことや適職が分からない…」そんな人は、やりたい仕事がない人がすべきことや、やりたい仕事を見つける方法を解説したコラム「やりたい仕事がない人も就職できる!自分に合った職業の見つけ方」もおすすめです。ぜひあわせて参考にしてください。

仕事が見つからないときは自己分析を見直そう

先述したように、仕事が見つからないと悩む人は自己分析ができていない可能性があります。ここからは、自己分析のやり方やポイントについてまとめました。

興味のあることや好きなことを書き出す

まずは自分の興味のあることや好きなことを書き出してみましょう。
自己分析とは、自分のこれまでの経験や思考を整理し、自分の能力や性質、強みや弱み、今後のありたい姿などを理解することです。それによって自分のキャリアや就きたい仕事を決めていくので、就活する上での指標と言っても過言ではないでしょう。

ここで大切なのが、自分の興味のあることや好きなことをできるだけ多く書き出すこと。まずはたくさん書き出して、そこから絞っていくと自己分析をスムーズに進めやすくなります。また、頭の中で考えるよりも紙に書いた方がより情報を整理できるので、ゆっくり時間を作りながら着手してください。

長期的にどんな人間になりたいのかを考える

自分の好きなことや興味のあることを書き出せたら、自分が将来どんな人間になりたいのか、長期的にどんなキャリアを歩みたいのかを考えてみましょう。
結論、ここの答えは人それぞれです。バリバリ仕事をして出世したい人もいれば、仕事よりプライベートを優先させてある程度のんびり過ごしたい人もいるでしょう。自分にとって最適なキャリアを見つけるための自己分析なので、どのような結果でも間違いではありません。また、キャリアプランを考える際は、同時にライフプランも考えるのがおすすめ。子供は何人欲しいか、将来は家を建てたいかなど、ライフプランとキャリアプランを合わせながら自己分析をすれば、自ずとやるべき仕事や就きたい業界が見えていきます。

周囲にある仕事で興味のありそうなものを探してみる

ここまで自己分析をした結果、そこまで魅力的な仕事や業界が見つからなかった人は、家族や友人の仕事で興味のありそうなものを探してみるのも良いでしょう。身近に興味のある仕事をしている人がいると、その仕事に対するイメージが湧きやすくなり、その仕事に就くまでの道筋が見えてきます。
また、その仕事のイメージとのギャップも減らせ、入社後の早期退職を防げるメリットもあるでしょう。「自己分析をしたけど、あんまり興味のある仕事がなかった」人は、家族や友人の仕事を参考にしてみるのもおすすめです。
自己分析のやり方やポイントをもっと詳しく知りたい人は、自己分析のやり方や例を解説したコラム「自己分析って何?やり方がわからない方へのヒント集」を参考にしてください。

年齢別!仕事が見つからないときの探し方

仕事が見つからないときには、自身の年齢に合わせたアプローチをすると、より成功に近づきます。ここでは、年齢毎の仕事の探し方についてまとめました。

20代の場合

20代は、自分が興味や関心のあるものから仕事を探してみましょう。
若い人は柔軟な適応力が魅力です。たとえ失敗してしまったとしても、若いうちならそこからさらに可能性を広げることができます。未経験の分野や挑戦してみたいと思っていた仕事など、思い切って飛び込んでみるのも成功するポイントといえるでしょう。

30代の場合

仕事が見つからない30代は、これまで経験のある職種を選ぶようにしましょう。
企業側の採用担当者は、未経験者を採用する際に若い人材を選ぶ傾向にあります。今まで自分が培ってきた経験が活かせる職種を選べば、即戦力として採用してもらえる可能性が高いといえるでしょう。そのためには、具体的に何をやってきたのか、しっかりと自分をアピールすることが重要です。

40代の場合

40代で仕事が見つからないときは、自分がもつスキルを十分に発揮できる仕事を選ぶのがおすすめです。
特にマネジメントの経験がある場合は、どんな職場でも必要としてもらえる可能性があります。ほかにも、経理や営業など、これまで自分が長く続けてきた仕事における能力を必要としている企業があるはずです。面接では、「この経験をどこで貢献できるか」といった点をアピールすると良いでしょう。

ブランク期間に注意!
仕事をしていない期間が半年以上空いてしまった場合、企業側からはブランクがあると受け取られてしまいます。ブランク期間があると、採用面接でその間に何をやっていたのかを問われるケースがほとんどです。採用側からすると長い空白期間は不安材料になることもあり、仕事が決まらない原因になることも。
ブランク期間があっても、勉強のため、資格取得のため、自分を見つめ直すため、というように、前向きな理由であれば、マイナスなイメージにはならないでしょう。また、アルバイトや派遣でブランクを埋める努力をするのも効果的です。特に就職を希望する業種や職種に近いものを選べば、経験として活かせます。採用面接では、ブランクの期間に何をしていたのか、経験したことや学んだことは何かをしっかりと説明し、就職したい気持ちを前向きに伝えましょう。
就職面接でブランク期間や空白期間について聞かれた時の答え方が知りたい人は、面接で空白期間を聞かれた時の答え方のポイントを解説したコラム「空白期間を面接で質問されたときの答え方は?説明の仕方を解説!」もあわせてチェックしてみてください。

仕事が見つからないと不安になったときの対処法4選

仕事が見つからないと、「もしかして、ずっとこのまま仕事が見つからないのでは?」と不安になってしまう人も少なくありません。さらに、仕事が無いと貯金を削りつつ生活をしなければいけないため、お金という現実的な問題も出てきます。
ここからは、仕事が見つからず不安になった際にできる4つの対処法について解説します。

1.一度リフレッシュする

仕事が見つからなくて精神的に辛くなってしまう前に、一旦すべてを忘れてリフレッシュしてみることがおすすめです。精神的な負担や悩みが大きい状態で就活をしても、なかなか上手くいかないもの。全体的な余裕のなさが採用担当者にも伝わり、自分の長所や短所、志望動機などが客観的に分析しづらいといえます。
たとえば、どこかへ旅行に行ってみたり、自分の好きなスポーツを思いきり楽しんだりして、頭の中から就職に対する焦りや不安を忘れてみましょう。リフレッシュできれば、新鮮な気持ちで就職活動に望め、今までできなかった客観的な分析や余裕が出てくるはずです。

2.信頼できる人に相談する

仕事が見つからないという悩みを、信頼できる家族や友人に相談してみましょう。一人で悩みを抱えていると、客観的な視点で見ることができず、ストレスがどんどん大きくなってしまいます。しかし、誰かに話すことで、溜まっていたものが外に出て、少しスッキリした気分になれるはずです。さらに、悩みや壁にぶつかっているときには、客観的な意見が思わず効果を生むこともあります。1人で悩み続けず、信頼できる相手に打ち明けることで、仕事が見つけやすくなることもあるでしょう。

3.自分のスキルやキャリアを磨く

仕事が見つからないときに、スキルやキャリアを磨くこともおすすめです。就きたい仕事のなかには専門的なスキルを求められることもあり、そのような仕事に未経験から入社するのは難しいでしょう。しかし、スキルや資格があれば入社できる可能性は非常に高まります。たとえば、ITエンジニアになりたい人は、プログラミングスキル独学で勉強する方法や、スクールに通う方法などが挙げられるでしょう。また、職業訓練校に通えば無料でスキル習得もできるので、こちらもおすすめです。

4.アルバイトを始めてみる

仕事が見つからない際は、一時的にアルバイトをして生活費を稼ぎつつ就職活動するのも一つの手です。しばらく暮らしていける生活費があれば、精神的にも余裕が生まれ、就職活動に専念できるでしょう。
また、ここで行うアルバイトもスキルが付くような職種を選べば、就職にも役立ちます。最近では、自宅でできるWeb系のアルバイトも増えているため、ぜひ探してみてください。

仕事が見つからないときにやりたい4つのこと

仕事がなかなか見つからないと焦ってしまい、何もかも上手くいかないような気持ちになってしまうもの。そんなときにやっておきたい4つのことについて解説します。

1.就職先の条件を緩めてみる

仕事が見つからないときは、就職先に求める条件を緩めてみると良いでしょう。特に空白期間が長かった人や、年齢が高くなって就職先を探している人は、条件を絞り込み過ぎるとなかなか見つからないことも多いようです。
そのため、一度条件を見直してみると仕事がすぐに見つかることもあります。反対に、条件の良い仕事は何か特別なスキルを持っていたり、社会人としてしっかり経験を積んでいたりなど、企業側が求める条件も高くなるのが一般的です。仕事選びでどうしても譲れない条件は変えなくても良いですが、条件の幅を広げすぎてしまうと仕事探しが難しくなってしまうこともあるので、注意しましょう。

2.優先順位を考える

「自分が仕事に求めることは何か」を自己分析で見極めたら、優先順位をつけてみましょう。
会社に求める条件はさまざまあるものの、すべてを網羅した仕事に出会うことは難しいもの。そこで、優先度の高い条件から仕事を探してみると、自分が理想とする会社や求人情報が見つかる可能性が高いでしょう。入社後、会社とのミスマッチで早期退職につながらないためにも、どうしても譲れない条件があれば、それを優先して仕事探しを行うのがおすすめです。

3.資格を取得する

先述したように、仕事が見つからないときは求職活動と並行して仕事に役立つ資格を取得してみるのも一つの手です。たとえば、IT系ならプログラムやデータベースに関する資格を取得したり、外資系なら英語力を高める勉強をしてみたりするのも良いでしょう。
前向きにスキルを磨いていれば、ブランク期間に何をしていたのかを応募先の企業にアピールすることができます。

4.転職エージェントを活用する

仕事がなかなか見つからず、1人での転職活動に悩んでいるのなら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。転職エージェントでは、転職市場に精通したプロのアドバイザーから客観的な意見をもらえるのが特徴。多くの求人情報の中から、求職者の希望や適性に合った仕事を紹介しています。また、非公開求人も多く、自分の力だけでは見つけられなかった求人情報に出会える可能性も期待できるでしょう。1人で仕事を探すよりも、効率的に転職活動が進められるので、ぜひ検討してみてください。

転職エージェントのひとつであるハタラクティブでは、既卒や第二新卒、フリーターなど若年層に特化した転職・就職サポートサービスです。
専任の就活アドバイザーが、丁寧なカウンセリングによって一人ひとりに合った求人をご紹介。履歴書・職務経歴書作成のコツや、面接対策など転職に関するあらゆるフォローをしています。就職に関するお悩み相談も受け付けているので、あなたの心強い味方になれるはずです。仕事が見つからない…と悩んでいる方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

仕事が見つからないときのお悩みQ&A

仕事が見つからないと悩み、焦りや不安を抱えている人は多いでしょう。ここでは、仕事が見つからないときのさまざまな悩みについて、Q&A方式で解決していきます。

仕事が見つからないとどうなりますか?

仕事が見つからないままだと、精神的なストレスを感じたり、経済的な余裕がなくなってしまったりと、心身ともに悪影響を及ぼす可能性があります。また、仕事を通じてキャリアアップやスキルアップのタイミングを逃さないためにも、早めに行動を始めることが重要です。詳しくは、「仕事が見つからない人は注目!求職の秘訣や不安解消法を詳しくご紹介」のコラムもあわせて参考にしてみてください。

自分にできる仕事が分かりません…

まずは自己分析を丁寧に行いましょう。これまで頑張ったことや経験したことを棚卸ししながら、自分の長所や短所、能力などを洗い出します。自分のことが理解できれば、やりたいことや適職が明確になっていくはずです。また、1人でもできる工場作業や警備員、在宅ワークなどを選択するといった手段もあります。詳しくは「自分にできる仕事がわからない原因は?適職を見つける方法を徹底解説」もご覧ください。

仕事が見つからないと精神的に辛いです。

辛い気持ちは我慢せず、思い切って休むようにしましょう。仕事が見つからないと悩みすぎてしまうと、体調を崩す原因にもなります。また、焦る気持ちから会社に求める条件に対して妥協点を増やしてしまい、ミスマッチが起きてしまう恐れも。まずは落ち着いて、一度ゆっくり過ごす時間を作ってみてください。詳しくは「仕事が決まらないときの不安解消法は?20代~30代の就職対策法も紹介!」のコラムもご覧ください。

仕事探しにハローワークはおすすめですか?

ハローワークには地元の中小企業求人が多いので、「地元企業に就職したい」という人には最適でしょう。しかし、求人票のみの情報しか分からなかったり、求人票と異なる労働条件だったりとデメリットもあります。そのため、ハローワークだけではなく、就職エージェントも併用して利用するのがおすすめです。ハタラクティブでは、マンツーマンであなたにぴったりのお仕事を紹介。ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ