新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 業界研究のやり方がわからない?就職・転職に役立つノートづくり

業界研究のやり方がわからない?就職・転職に役立つノートづくり

公開日:

最終更新日:

業界研究のやり方がわからない?就職・転職に役立つノートづくりの画像

【このページのまとめ】

  • ・業界研究には、志望業界を絞り込み就職後のミスマッチを防ぐ目的がある
  • ・幅広く世の中の業界について調べ、次に興味がある業界を深堀りするのが基本的なやり方
  • ・業界研究の具体的なやり方には、本や新聞を使った情報収集がある
  • ・業界団体のWebサイトや転職向けの合同説明会でも情報が得られる
  • ・業界研究ノートをつくるときは、項目を統一して各業界を比較するやり方がおすすめ

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

業界研究のやり方がわからない方に向けて、調べるべき項目をお伝えします。そもそも業界研究はなぜ必要なのか?どうやって情報収集すれば良いのか?という疑問にも答えていくので、就職・転職活動を始めた方はぜひご覧ください。業界研究で調べたい項目や、業界への理解が深まる本選びのポイント、業界研究ノートのつくり方もご紹介しています。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

業界研究のやり方を知る前に!目的を把握しよう

就職・転職活動をするときには、なぜ業界研究を行うと良いのでしょうか?業界研究のやり方を知る前に、目的を確認していきましょう。

就職・転職したい業界を探す

就職・転職したい業界を見つけるには、まずは世の中にある仕事を知る必要があります。自分が知っている業界や企業のイメージだけで仕事を探すと、就職先の選択肢を狭めることになりかねません。自分がより興味を持てる仕事、適性に合った仕事を探すために、業界研究は必ず必要な作業となります。

就職・転職後のミスマッチを防ぐ

イメージだけで応募する企業を決めると、入職後に「思っていたのと違った」と後悔する可能性がありあります。事前に業界の正しい知識を得ていれば、そのようなミスマッチを防ぐことができ、納得のいく就職・転職につながるでしょう。

就職・転職したい企業へのアピールを充実させる

業界研究を通して志望する業界や企業の知識を得ることで、志望動機をより具体化できるでしょう。業界や仕事内容を詳しく知ると、どのような強みが求められているのかを理解できます。自分のどんな要素をアピールすれば評価されるかを把握できれば、説得力のある自己PRのやり方もわかるはずです。

次の項目からは、業界研究のポイントと具体的なやり方をご紹介していきます。

業界研究のやり方がわからない人が知るべきポイント

業界研究のやり方としては、まず最初に世の中にどんな業界があるかを知っていきましょう。

世の中の業界の全体像をつかむ

いきなり一つの業界を調べるのではなく、まずは世の中にある業界全体を把握するのが効果的なやり方です。自分の知っている業界だけを調べると視野が狭くなってしまいます。数多くの業界や企業を知ることで、就職・転職先の選択肢を広げましょう。

業界ごとの特徴を深堀りする

興味のある業界が見つかったら、業界ごとに特徴を深堀りしていきます。たとえば、以下の項目について調べるのが定番のやり方です。

【業界研究で調べる項目の例】
・取り扱う商品やサービス
・業界全体に共通する仕事内容
・対象となる顧客(BtoBかBtoCか/国内か海外かなど)
・業界を構成する代表的な企業
・業界の市場規模
・業界に関する最新ニュース
・平均年齢、平均年収

これらの項目を調べながら各業界を俯瞰し、自分がその業界で働くイメージを膨らませてみましょう。

業界の将来性に目を向ける

業界研究では、各業界の将来性に注目することが非常に重要です。せっかく就職・転職できても、業界が衰退していると長期的に働くのが難しく、キャリア形成にマイナスの影響を与えてしまいます。以下のような観点から、業界の将来性を予測してみましょう。

・流行に左右されないニーズがあるか
・人々の生活に不可欠な商品、サービスを扱っているか
・AIにはできない仕事があるか
・需要に対して人手が足りていない状態か

また、企業が発信している業界情報や、各業界の将来性について予測した新聞・雑誌などの情報にも注意を向けると良いでしょう。

業界研究の具体的なやり方

ここでは、業界研究の具体的なやり方をご紹介します。どこから情報を集めれば良いのか、効率的なやり方を知りましょう。

本・雑誌

「業界地図」や「就活四季報」など、各業界の動向を詳しくまとめた書籍は、業界の全体像をつかむのに役立ちます。「業界地図」は毎年複数の出版社から刊行されているため、書店で読み比べてみると良いでしょう。興味のある業界が絞り込めたら、一つの業界について詳しくまとめた本を参考にするやり方もおすすめです。

業界研究で使う本選びのコツ

信頼できる出版社・著者が発行した本や雑誌を選びましょう。著者の個人名は知らない場合も多いですが、Webなどでプロフィールを調べると、どんな経歴を持つ人物かわかります。
本の内容をより良く理解するには、表やグラフといったわかりやすい資料が掲載されているかもポイントです。書店で複数の書籍を見比べて、紙面が見やすいものを選びましょう。また、先ほど業界の将来性を予測する重要性を述べましたが、業界の将来に言及した内容があると参考になります。
なお、業界の動向は1年経つと大きく変化している可能性もあるので、最新情報が掲載された本を選ぶようにしてください。

新聞・ニュース

新聞やニュースでは業界の最新情報がわかります。社会情勢や景気、円相場の変動などからは、各業界の動向がつかめるでしょう。
紙の新聞を頼むのに抵抗がある方は、専用アプリを使うのもおすすめ。アプリであれば、携帯やタブレットで隙間時間に情報収集することが可能です。また、新聞は図書館でも閲覧できます。

業界団体のWebサイト

業界内の企業が加盟する業界団体のWebサイトでは、業界の近況を発信している場合があります。最新情報を含む業界のリアルな情報が手に入るため、定期的にチェックすると良いでしょう。

会社説明会・合同説明会

新卒の学生であれば、企業が主催する会社説明会に参加するとより詳しい業界・企業の情報が入手できます。新卒でない場合も、人材紹介会社などが主催する中途向けの合同説明会や転職フェアがあるので、インターネットで情報収集してみましょう。

業界研究ノートをつくるやり方もある

業界研究で得た情報を整理する方法として、ノートをつくるやり方があります。業界研究ノートをつくるメリットと、具体的なやり方を確認していきましょう。

業界研究ノートを作るメリット

業界研究ノートをつくるメリットの一つは、異なる業界同士の情報を比較できることです。
また、業界研究で得た情報を応募書類の作成や面接で活かすには、業界の仕事内容や特徴を自分の言葉で語れることが重要。業界研究の結果をノートづくりを通してアウトプットすることで、業界への理解が深まり、より質の高い志望動機や自己PRを考えられます。

業界研究ノートの項目

異なる業界の情報を比較できるノートをつくるには、項目を統一することが大切です。項目は自分で考えてOKですが、基本情報として「業界名・業界の規模・仕事内容・業界の特徴・業界の課題と将来性・業界内の気になる企業・関連する業界」などを盛り込みましょう。
加えて、自分が気になったポイントも記載しておくと、面接の際に企業に確かめることができます。また、業界について魅力に感じた点もメモしておくと、志望動機を考える際に役立つでしょう。

ノートづくりのポイント

ノートは罫線が入ったもの、無地のものなど、何を使っても構いません。パソコン作成が良い場合は、ワードなどで項目を統一したフォーマットをつくると良いでしょう。紙のノートは出先で見返しやすいので、説明会や面接の際に持ち運びたい方におすすめです。
業界研究ノートは後から情報を書き足す可能性もあるので、余白をつくっておくのがポイント。字が小さく読みづらい紙面にならないように、最初から書き足すことを前提に余白をとっておきましょう。

業界研究のやり方がわからない方、自分に向いている仕事が何か悩んでいる方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは専任の担当者がカウンセリングを行い、あなたに合った求人をご提案いたします。業界研究や企業選びのアドバイスもしておりますので、一人での就職・転職活動につまづいたときはお気軽にご相談ください!

業界研究・企業研究のやり方に関するQ&A

業界研究・企業研究を進めるときにありがちな疑問に、Q&A形式でお答えします!

業界研究はなぜ必要なの?

業界研究は、自分に合った仕事を見つけ、就職後のミスマッチを防ぐために必要です。業界のことをよく知らなければ、その業界が自分に合っているのかがわかりません。業界の特徴を詳しく知ることで、自分がどんな業界に合っているかイメージできるようになるでしょう。 業界研究の詳しい目的は、このコラムの「業界研究のやり方を知る前に!目的を把握しよう@#list01」をご覧ください。

業界研究で自分に合った仕事を見つけるには?

志望業界が絞れない場合、業界研究で興味を持った業界の共通点を洗い出してみましょう。たとえば、「toCが多い業界」「無形のサービスを提供している業界」などの共通点がわかると、自分が志望する方向性が見えてくることがあります。自分に合った仕事がわからないときは、「適職の見つけ方を解説!好きなことよりも得意なことを探そう」も参考にしてください。

業界研究と企業研究は違う?

企業研究とは、ある業界に属する個別の企業について調べること。企業研究の目的は、応募する企業を選定したり、企業の情報を得て面接対策に役立てたりすることです。企業研究で調べる項目は、設立年や理念、従業員数、事業拠点、商品やサービスの内容、業態、売上高など。「企業研究ノートで面接通過率がアップする?作成方法は?」では、より詳しい項目をまとめています。

業界・企業研究を志望動機づくりで役立てるには?

志望動機では、「競合他社ではなく、なぜ応募企業を選んだのか」を伝えることが大切です。業界・企業研究を通して知った企業の業界内での立ち位置や、他社との違いを念頭において、応募企業だからこそ入社したい理由を述べましょう。志望動機の作成方法は、「志望動機が書けない理由を解説!書き方のポイントと例文を紹介」もご覧ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ