仕事探しは何からしたら良いかわからないときの対処法を解説

仕事探しは何からしたら良いかわからないときの対処法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事探しで何から始めたら良いかわからない場合は、やりたいことをあげてみる
  • できそうな仕事や人手不足の業界に目を向けてみるのも一つの手
  • 年を重ねれば重ねるほど就職に不利になるため、若いうちに行動を起こすことが重要

「仕事探しで何から始めればいいかわからない」という方は多いでしょう。やりたい仕事を見つけるには、好きなものや興味があることを書き出してみるのが有効的。それでもやりたい仕事がわからない場合には、条件重視の仕事探しをしたり人手不足の業界に応募したりするといった方法もあります。このコラムでは、仕事探しで何から始めれば良いかわからない方へ、やりたい仕事の探し方をご紹介しているので、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事探しは何から始めるべき?やりたいことの見つけ方

やりたい仕事を探す際に重要なのは、自分としっかり向き合うことです。そのうえで、以下のことを試してみると、就職活動を成功させられる可能性があります。仕事探しは何から始めれば良いかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

好きなものや気になることを書き出す

やりたい仕事がわからない人は、まずは好きなものや興味があることを、思いつくままに書き出してみましょう。仕事に結びつきそうにないものでも、書き出していくうちに好きなものの傾向がはっきりしてくることも。一通り書き終わったら、好きなもののパターンから仕事に繋がることがないか探してみましょう。

できそうな仕事を探す

特に好きなものがない、またはわからないといった場合には、やりたい仕事ではなく、できそうな仕事を探してみるのも一つの手です。その際、仕事や企業について書かれている本やWebサイトの求人を参考に、どのような職業があるのかを知ることがポイント。自分のスキルや経験を踏まえて、できそうな仕事をピックアップしていきましょう

条件を重視してみる

上記のことを試してもやりたい仕事が見つからない場合には、条件重視で仕事を探してみると良いでしょう。条件を重視する際には、給与や通勤のしやすさ、技術を身につけられることなど、何を重視するかをしっかり考えることです。働くうえで重視する条件を明確にしてから、仕事探しを始めましょう。

やりたい仕事がわからないとお悩みの方は、「仕事で何がしたいか分からない20代へ!やりたいことの探し方を解説」や「やりたい仕事がないけど転職したい!見つけ方と注意点をご紹介」のコラムで詳しくご紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

仕事探しをするなら需要が高い職種にも注目しよう

やりたい仕事がわからないときは、人手不足の業界に目を向けてみるのも一つの手段。一般的に人材不足の傾向にあり、人材確保に積極的であると言われる業界をいくつかご紹介します。

・医療、福祉
・小売
・建設
・飲食
・宿泊
・不動産

人手不足の業界では未経験者を採用することも多く、就業経験のない方もチャレンジしやすいでしょう。ただし、給与が低かったり過酷な職場環境であったりすることもあるため、自分に合う仕事かを事前に判断する必要があります。
業界について知る方法として挙げられるのは、実際に店舗やサービスを利用してみることや求人サイトで調べてみることのほか、ハローワークや就職支援サービスを通して情報を得ることなど。入職後に「イメージと違うから辞めたい」といったことにならないよう、きちんと下調べをしておきましょう。

就職を目指すなら早めの行動が大事

正社員就職を目指すのであれば、早めに行動を起こすことが重要です。その理由には以下のようなものが挙げられます。

若い方が就活に有利な傾向がある

年を重ねれば重ねるほど、希望の職に就くのが難しくなります。その一因は、スキルや実績を重視されるため。たとえ未経験であっても、若ければ将来性に期待して採用されることも少なくありません。若い方が新しいことを習得したり会社に馴染んだりするのもスムーズに行えるでしょう。
よほど高いスキルを持っていれば、年齢を重ねていてもチャンスはありますが、選択の幅は狭まってしまう可能性があるといえます。

公的な支援のサポートを受けにくい

公的な支援機関には、年齢制限が設けられていることがあります。たとえば、若者サポートステーションの対象年齢は、15歳から39歳まで。ジョブカフェは地域によって対象年齢が異なるものの、中には29歳以下に制限されているところもあります。
年齢が上がれば受けられる支援も減っていくということを、念頭に入れておくことが大切です。

仕事探しをする際に求人情報で確認しておくべき内容

仕事探しをする際には、求人情報をしっかりチェックすることが大切です。ここでは、特に確認しておくと良い項目についてご紹介します。

雇用形態

雇用形態には正社員や契約社員、派遣社員などがあり、どのような働き方をするかを理解したうえで応募することが重要です。正社員は雇用期間が定められておらず、長期的に安定した収入を得られます
一方、契約社員や派遣社員は期間が定められており、決まった期間しか勤務できないため注意が必要です。

給与は額面か手取りか

給与の額については、しっかり確認しておきたいことの一つといえるでしょう。「額面」は基本給に諸手当を加えた金額で、「手取り」は所得税や社会保険料などを差し引いた実際に支払われる金額のことです。
企業によっては、社内積立金や組合費が差し引かれることもあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

社会保険には何が含まれるか

従業員を雇う企業では、規模の大きさに関わらず雇用保険と労災保険への加入が義務付けられています。しかし、厚生年金保険や健康保険に関しては、企業によっては義務付けられていないこともあるため注意が必要です
「社会保険完備」との記載がある場合には雇用保険・労災保険・厚生年金保険・健康保険の4つすべてに加入できるため、社会保険への加入を希望するのであれば、求人票を見るときにチェックしてみましょう。

休日

業界や職種によって休みの取り方は異なり、「完全週休2日制」と書いてあれば年間を通して1週間のうちに必ず2日休みがあることになります。しかし、ひと月のうち1回でも1週間に2日休める場合は「週休2日制」となるため、実際にひと月の休日が何日あるのか確かめておく必要があるでしょう。

仕事探しをするうえで確認すべき点については「仕事探しのコツを詳しく解説!正社員求人で事前に確認すべきポイントも紹介」のコラムでも解説しているので、あわせてご覧ください。

仕事探しの3つの方法

仕事探しを行う場合の3つの方法をご紹介していきます。
仕事探しは何からすれば良いかお悩みの方は、以下の内容を参考にしてみてください。

ハローワーク

ハローワークは、「職安」とも呼ばれる存在で各地域に存在している就職支援機関です。無料で利用でき、求人紹介以外にも雇用保険の手続きなどを行うこともできます

求人サイトやフリーペーパー

求人サイトやフリーペーパーを使っての仕事探しもあります。求人サイトは、多く存在をしているので、自分の状況に最適なものを選びましょう。スマートフォンやタブレット、PCなどインターネット回線につながっているデバイスがあれば、いつでもどこからでも確認することができることは魅力です。また、街のスーパーマーケットやコンビニなどさまざまなところで受け取ることができるのが、フリーペーパーです。求人情報専門誌が多く存在しているので、目を通すだけでも有効でしょう。

就職エージェント

就職エージェントは、就職のサポートをしてくれるサービスのことです。応募書類の添削や面接対策、ビジネスマナー講座、求人紹介など就職活動に関わるさまざまなことに対応をしてくれます。
専任のアドバイザーにマンツーマンで就活をサポートしてもらえるので、効率良く就活を進められるでしょう。

やりたい仕事がわからず、一人で就職活動を行うことに不安がある方は、就職支援サービスを活用するのがおすすめです。
ハタラクティブでは若年層に特化し、企業選びや応募書類の添削、面接対策などを総合的にサポート。就職アドバイザーによるカウンセリングを行っているため、疑問や不安を解消しながら就職活動を進められます。未経験歓迎の求人も数多く取り扱っており、社会人経験がない方も安心です。
まずは、お気軽にハタラクティブへご相談ください。

この記事に関連するタグ