1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職適性検査とは?種類と目的、対策方法もご紹介

就職適性検査とは?種類と目的、対策方法もご紹介

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・多くの企業で、入社試験に適性検査を導入している
    ・適性検査には、一般常識や学力を問うもの、能力や性格を検査するものがある
    ・就職市場で、最も多く用いられている検査方法はSPI3である
    ・志望企業が課している検査の種類をリサーチすることが大切

就職や転職活動の際に、企業から試験として適性検査を課せられることが多々あります。
適性検査には多くの種類があるため、初めての方は戸惑いを覚えられるかもしれません。
落ち着いて臨めるよう、それぞれの検査目的と方法を詳しく見ていきましょう。

◆就職・転職活動で行われる適性検査とは

企業が就職試験を実施する際に、求職者に対して課す筆記試験のことを指しています。
一口に筆記試験とはいうものの、その選考方法は多種多様です。
まず、目的別に大きく二つに分け、それぞれの概要について見ていきます。

・一般社会人に必要な常識を測るもの

いわゆる一般常識テストです。
テスト会社が作成したものを用いる場合と、企業が独自に作成したもので行う場合があります。出題内容は、どちらも一般常識や小論文など。
一般常識では、漢字の読み書き、語句の意味、簡単な計算、経済、時事問題等が問われます。
小論文のテーマでは、自分の未来(就職後)、自分の過去(経験)、一般論的な事象、志望する職種への心構えなどについて問われることが多いようです。

・企業に適しているか否かを判定するもの

平たくいうと、適性検査のことです。
これには、言語分野、非言語分野から構成された能力適性検査と、性格適性検査があります。
検査を通し、受験者が持つ適性、得意分野、人間性などを解き明かすことで、企業への適性度を測るものです。
試験そのものは、指定の会場や企業内、自宅のパソコンなどから受けられます。
付け焼き刃でなんとかできるようなものではありませんが、試験の傾向を知っておくと落ち着いて臨めるでしょう。


◆適性試験の種類

現在、各企業で用いられている適性検査を挙げてみました。それぞれの特色を詳しく見ていきましょう。

・SPI3

テスト会社が作成した適性検査で、内容は性格検査と能力検査(言語・非言語含む)から構成されています。
ある程度の学力を要する設問が多いのが特徴。学生にとっては、かえって解きやすいかもしれません。
また、数多くある適性試験のなかでも、企業の導入率が高いのが特色です。そのため、適性検査の対策をとるならば、SPI3の模擬問題に触れておくと良いとまで言われています。

・CAB

民間のテスト会社が作成。暗算・法則性・命令表・暗号などを含む問題を通して、論理的思考力を測ります。
図形を用いた設問が多いのが特徴です。空間図形に慣れておくことが、対策のひとつになるかもしれません。

・GAB

商社や金融、証券などの入社試験で用いられることが多いようです。
言語と計数、性格について明らかにするのが目的。問題を解くスピードが鍵を握るとも言われています。

・内田クレペリン

単純な計算を通して、作業に対する能率と、性格や行動面の特徴を検査します。
年代によっては、小中高校生の頃に毎年経験したことがある人もいるでしょう。

上記以外にも、玉手箱やTG-WEB、SCOAといった試験があります。


◆適性検査の対策法

能力検査の出題方法にはある程度パターンがあると言われています。
そこで、自分が志望する企業では、どんな試験を実施しているのかをリサーチしておくことが大切でしょう。最大限の能力を発揮するため、その試験に対しできる限りの対策を練ることが、合否を左右するポイントかもしれません。

それぞれの試験ごとに、対策用のWebサイトや書籍があるので、積極的に活用しましょう。実際に問題を解いてみて、出題パターンに慣れることで、本番での失敗が減ると思われます。

試験対策が不安な方、志望業界の試験傾向が分からない方は、就職・転職エージェントを利用するのも、ひとつの方法です。
ハタラクティブでは、就職市場に詳しい就活アドバイザーが、試験の傾向や方向性について詳しくアドバイスいたします。また、あなたの適性に沿った企業求人もご紹介。ぜひ、ご活用ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    適性検査って何をするの?面接と併せて対策しておこう

  • image

    適性検査とSPIの違いは?なにを判断する?種類や注意点を紹介!

  • image

    webテストとは?就活スタート前に種類や対策を知っておこう

  • image

    適性テストで職業との相性が分かる?種類と対策方法

  • image

    就職試験は何をする?試験内容の概要やポイントまとめ

  • image

    クレペリン検査とは?適正検査を勝ち抜くためのコツをご紹介

  • image

    転職の際の適性検査における注意点

  • image

    企業との相性を判断する適性検査。その種類や対策方法とは?

  • image

    転職における適性検査とはどういうもの?

  • image

    履歴書作成の次はWeb適性検査!対策、できてますか?

  • image

    性格適性検査の対策は必要ない?受検のポイントとは

  • image

    SPIを行う意味とは?知っておくべき内容とポイント

  • image

    適性検査の対策は万全?中途と新卒の違いとは

  • image

    正直に回答するのが正解?性格適性検査の対策法とは

  • image

    転職でもSPIは必要?できないと落ちる?重要度と対策をご紹介

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる