就職活動における適性検査とは?内容や種類を解説!対策方法も知ろう

就職活動における適性検査とは?内容や種類を解説!対策方法も知ろうの画像

この記事のまとめ

  • 就職や転職の際に用いられる適性検査は、能力や性格特性を客観的に判断するもの
  • 適性検査は、一次面接の前後など就職試験の早い段階で取り入れる企業が多い
  • 適性検査は、主に能力検査と性格診断に分かれている
  • 適性検査でメジャーな種類は、SPIや玉手箱など
  • 適性検査には慣れが必要なため、就職活動が始まる前に問題集やアプリを使い対策しよう

就職における適性検査にはさまざまな種類があるため、就職試験を受けたことのない人は戸惑うでしょう。適性検査は、求職者の能力や性格特性を数値化し客観的に分析するツールです。合否を分けるボーダーラインを設定する企業もあるので、事前に対策を行いましょう。このコラムでは、適性検査で企業は何を判断しているのかについて触れながら、検査の内容や種類、対策方法も紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

就職・転職の際に用いられる適性検査とは

就職における適性検査とは、選考の一環として企業が求職者に課すテストです。企業は、適性検査の結果から求職者の基礎的な能力や性格特性を判断し、自社の求める人材かどうかを見極めています。結果によっては、選考に落ちることもあるので対策が必要です。

適性検査の目的

就職の選考で企業が適性検査を実施する目的は、優秀な人材を効率的に選考することや、履歴書や面接だけでは分からない求職者の能力や価値観を客観的に判断することです。また、適性検査をもとに、配属先を決定する企業もあります。

適性検査が行われる時期

一次面接の前後など、就職試験の早い段階で適性検査を取り入れる企業が多いようです。企業は、多くの応募者の中から効率的に自社に最適な人材を選ぶ必要があるため、ある程度早い段階で、人数を絞ろうとする意図があります。

就職活動で受ける適性検査の内容

適性検査の内容は、主に能力検査と性格検査です。

1.能力検査

適性検査の一つである能力検査は、仕事の業務をこなすために必要な基礎的能力が備わっているかどうか判断する試験です。科目は、数学が主として出題される非言語と、国語が主として出題される言語の2つが一般的。加えて、英語が出題されることもあります。問題は、高校生レベルのものも一部出題されますが、小学生から中学生レベルのものが中心です。また、時間制限に対する問題数が多い傾向にあります。就職活動における適性検査は、求職者に求める能力の水準を設定しているのが一般的ですが、その水準は企業によってさまざまです。

2.性格検査

適性検査の一つである性格検査は、「どのような組織に向いているか」「ストレス耐性がどれほどあるか」「適性のある業務は何か」などの性格特性を判定するテストです。問題の中で似たような質問がくり返されることもあり、就職活動では一貫性を持って正直に答える必要があります。

面接官が適性検査の内容を見る場合も

適性検査の実施が事前に行われている場合、面接官が適性検査の結果を見ている場合も多いようです。検査の結果と本人とを比較しながら人物理解を深めることを推奨している適性検査もあります。従って、検査結果に出ている性格特性などの情報をもとに面接の場で質問し、特性の部分を見極めようとすることもあるでしょう。面接で話した内容の信憑性を確認する面接官もいます。性格検査で回答した内容と面接でアピールする部分に齟齬の出ないよう正直に回答しましょう

就職活動における適性検査の種類

企業によって、用いる適性検査の種類は異なります。ここでは、代表的な適性検査の種類を見ていきましょう。

1.SPI

「SPIと適性検査の違いは?」と疑問に思う人もいますが、SPIは適性検査の一種です。SPIは、就職における適性検査の中でもメジャーな試験となっています。

2.玉手箱

玉手箱も就職試験においてメジャーな試験の一つです。受験方法はWeb受験となっています。

3.GAB

GABは、商社や金融、証券などの入社試験で用いられることが多い適性検査です。問題数が多いのが特徴で、問題を解くスピードが鍵を握るとも言われています。

4.CAB

IT業界向けの適性検査で、コンピューター職への適性を判断するテストです。暗算・法則性・命令表・暗号などの問題から、論理的思考力を測ります。図形を用いた設問が多いのが特徴です。

5.内田クレペリン検査

内田クレペリンの適性検査では、単純な計算を通して、作業に対する能率と性格や行動面の特徴を検査します。

一般常識テストを課すところも

前述した試験の他にも、一般常識テストがあります。一般常識テストも適性検査の一つですが、企業が独自に作成している場合がほとんどです。一般的な適性検査とは異なり、主要5教科や時事問題、ビジネスマナー、文化問題など幅広い分野から出題されます。就職試験で、一般常識テストが出される可能性のある人は、「一般常識テストは採用結果に影響する?出題内容や勉強法を紹介」のコラムで、対策方法について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

就職活動前に確認!適性検査の受検方法

適性検査の受験方法は、パソコンで問題を回答する方法や筆記で問題を回答する方法など、企業によってさまざまです。人によっては、受験方法の違いから、問題の解きやすさに違いが出ることもあります。選考を受ける企業の受験方法を確認し、それに近い状態で練習問題に触れておくと良いでしょう。

1.テストセンター

各地にあるテストセンターに行き、用意されたパソコンを利用して受験する方法です。

2.Web受験

自宅でパソコンを用意し、受験する方法です。場所に問わず適性検査を受験できるのは、受験者にとってメリットでしょう。ただ、インターネット環境が必要であり、接続などに問題がないかどうか確かめる必要があります。Webテストの対策方法については、「webテストとは?就活で実施される就職試験の受け方を解説!」のコラムも参考にしてみてください。

3.ペーパーテスト

企業の用意する会場で受ける筆記試験です。マークシート形式で行われる傾向にあります。

4.インハウス

企業の用意する会場に出向いて、用意されたパソコンで適性検査を受験する方法です。

適性検査の対策をして就職活動に臨もう

適性検査は、問題に慣れているかどうかで点数が変わってきます。「問題集を一冊繰り返し解く」「適性検査のアプリをダウンロードし隙間時間で問題に慣れる」などして対策を行いましょう。適性検査の対策は、就職活動の1ヶ月前に行えば間に合うと言われることがありますが、「早くから対策しておけば良かった」という声もよく聞くので、早めの対策をおすすめします。
就職活動時は、企業ごとのエントリーシートや履歴書の作成、説明会の参加、面接対策などやることが多いので「適性検査に割く時間がない!」とならないように注意しましょう。「就職が決まらない人の特徴とは?対処法と不安を軽減する方法をご紹介」のコラムも参考にしてみてください。

「適性検査って何?」「どうやって対策すればいいの?」と就職活動に不安のある方は、就職エージェントも上手に活用すると良いでしょう。
就職・転職エージェントのハタラクティブは、企業ごとの面接対策や履歴書の添削を行うなど、就職活動に不安がある人でも安心して利用できる充実したサポート体制があります。サービスは、すべて無料で利用できるので、まずはご相談ください。