社会人3年目で転職しても良い?適している理由と成功のコツを解説

社会人3年目で転職しても良い?適している理由と成功のコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 社会人3年目は転職に適した時期といえる
  • 社会人3年目は第二新卒として転職できる可能性がある
  • 社会人3年目の転職で失敗しやすいのは、自己分析が不十分な人
  • 社会人3年目は、転職支援サービスを活用してみるのがおすすめ

社会人3年目で転職したいと考えているものの、「今が適した時期なのか?」と不安に思っている人は多いでしょう。将来性と基本的なビジネスマナーの両方が備わっている社会人3年目は、転職に適したタイミングであるといえます。このコラムでは、社会人3年目が転職に適している理由について解説。転職で失敗する原因や成功につながるコツについてもまとめましたので、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

社会人3年目は転職に適した時期?

社会人3年目は転職に適した時期であるといえます。社会人3年目の需要は高く、採用したいと考える企業は多くあるからです。以下では、企業が求める社会人3年目の特徴について解説します。

社会人3年目の人材を求める企業は多い

社会人3年目の若い人材を求める企業は多くあります。将来性が見込めることと、基本的なビジネスマナーが身についていることが魅力のようです。

社会人3年目は将来性が見込める

転職市場において社会人3年目の採用ニーズが高いのは、将来の成長が見込める人材だからです。年齢が若く新しい知識や技術を吸収する力が高いため、経験よりも今後の成長を期待されます。教育次第では貢献度の高い人材に育つ可能性があるため、積極的に採用を行う企業は多いようです。

基本的なビジネスマナーが身についている

社会人3年目の転職では、基本的なビジネスマナーが身についていることを企業側から期待されます。すでに一とおりのマナーを習得していれば、研修に掛ける手間を省けるのがメリット。入社後すぐに実践的な業務に携われるので、スキルアップのスピードも速いといえるでしょう。

入社3年目の転職事情については、「入社3年未満で転職しても良い!仕事を変えても良い理由と成功の秘訣」でも解説していますので、ご一読ください。

社会人3年目が転職に適している理由

社会人3年目が転職に適している理由は、「第二新卒として転職できる」「実績をアピールしやすい」など。以下で4つの理由を紹介していますので、参考にしてみてください。

1.社会人3年目は第二新卒として転職できる

社会人3年目は、第二新卒として転職できる可能性があります。第二新卒とは、新卒入社後3年以内に離職した求職者のこと。一般的な中途採用とは異なり、新卒と同様に若さやポテンシャルを評価されやすいのが特徴です。第二新卒としての転職を検討している方は、「第二新卒のための転職成功の秘訣」もあわせてご覧ください。

2.社会人3年目は実績をアピールしやすい

社会人3年目の転職では、入社1〜2年目よりも仕事の実績をアピールしやすいといえます。特に前職の経験が活かせる仕事へ転職する場合、3年間で得た実績やスキルは効果的なアピール材料になるでしょう。仕事での経験や成果を、具体的に採用担当者へ伝えることが大切です。

3.社会人3年目は忍耐力が評価されやすい

社会人3年目での転職は、新卒1~2年の転職者より忍耐力を評価されやすいというメリットも。職歴が浅い転職者は、「またすぐに辞めてしまうのでは」と企業側から早期退職を懸念されやすい傾向にあります。3年間勤務した忍耐力が評価されれば企業側が抱く不安が払拭でき、選考を有利に進められるでしょう。

4.社会人3年目は未経験の業界にもチャレンジしやすい

社会人3年目はまだまだ若い年齢なので、未経験業界に挑戦しやすいといえます。未経験者の場合、入社後一からの教育が必要なため、採用に慎重になる企業が多いのが実情。ただし、年齢が若く柔軟性や対応力のある社会人3年目であれば、長期的な教育プランを立てやすいため採用ハードルはそれほど高くないようです。
一方で、年齢を重ねた転職では即戦力として活かせる経験が重視されるため、未経験業界へ挑戦するハードルは上昇傾向に。異業種への転職を叶えるなら、社会人3年目の今が良いタイミングといえるでしょう。

要件を満たせば公務員を目指すことも可能

社会人3年目も試験を受けて合格すれば、公務員への転職が可能です。ただし、試験には年齢制限があり、種類によって上限が違います。上限を超えれば受験資格が失われてしまうため、事前にしっかり確認しておきましょう。公務員への転職を検討している方は、「第二新卒が公務員を目指すのは不利?種類や採用試験について解説」を参考にしてみてください。

社会人3年目の転職が失敗する4つの原因

転職に適したタイミングである社会人3年目でも、自己分析が不十分だったり退職理由がネガティブだったりすると失敗してしまう可能性があります。以下で転職で失敗しやすい4つのパターンについて解説していますので、自身の行動と照らし合わせてみてください。

1.自己分析が足りない

自己分析が足りず自分の適性や価値観が把握できないまま転職活動を進めると、企業選びを誤る恐れがあります。転職後に仕事内容や職場環境が「自分には合わない」と感じ、早期離職につながってしまうことも。「新卒のときにやったから」といい加減にこなさず、社会人3年目で転職する際にも入念に自己分析することが大切です。
転職の失敗を回避するために、まずは3年間の社会人経験を振り返って、転職先で役立ちそうな経験や成果などを整理しましょう。得意なことや不得意なこと、強みとなるスキルを理解できれば、自分に合った仕事を探しやすくなるはずです。

2.退職理由を他者のせいにしている

「給料が低かったから」や「人間関係に不満があったから」など、退職理由を他者のせいにすることも、転職失敗の原因になるようです。退職理由として他者への不満ばかりを述べると、「嫌になったらすぐ投げ出す人なのでは」とネガティブな印象を与えてしまう可能性も。早期退職の心配を払拭できなければ、転職しやすい社会人3年目でも採用を見送られてしまう恐れがあります。
退職理由を述べる際は、将来性を感じさせるポジティブな内容に変換することが大切。問題に対処するために自分が取った行動や、転職先の会社でどのように改善を図りたいかを述べましょう。

部署異動で不満が解消されることもある

部署の異動によって、仕事内容や職場環境が変われば、抱えている不満を解消できる場合があります。同じ社内での異動なので、積み上げた実績もそのまま評価されやすいというメリットも。社会人3年目で転職を考えている人は、まず部署異動を検討してみるのも良いでしょう。

3.年収や福利厚生だけを重視し過ぎている

年収や福利厚生だけを重視して転職先を選んでいる社会人3年目も、転職で失敗する可能性があります。高い給料や充実した福利厚生が整っている分、仕事量や残業が多く、責任も重いという仕事は少なくありません。仕事の忙しさについていけず、再び転職せざるを得ない可能性が考えられます。
さらに、雇用条件だけしか調べていなければ、面接で説得力のある志望動機を述べることも難しいでしょう。転職先を探す際は、仕事内容や社風、業界内での立ち位置などの細かい部分まで調査を徹底することが大切です。

4.スキルに見合わない仕事を志望している

社会人3年目のスキルに見合わない仕事を志望している人も、転職が失敗しやすくなります。即戦力となる高度な技術や経験が求められる中途採用枠では、経験を積んだ人材のほうが有利になるからです。3年間の社会人経験があるとはいえ、中途採用枠での就職はハードルが高いといえるでしょう。

社会人3年目の転職を成功させる3つのコツ

社会人3年目の転職を成功させるコツは、「企業研究をしっかり行う」「焦らずに転職活動する」「転職支援サービスを活用する」の3つです。以下で解説しますので、実践できそうなものから試してみてください。

1.企業研究をしっかり行う

社会人3年目の転職では、企業研究をしっかり行うことが大切です。会社概要や事業内容などの基本情報だけでなく、市場環境や競合企業についても調べましょう。市場での立ち位置や競合との違いは、説得力のある志望動機を考えるのにも役立ちます。また、企業について事前に詳しく調べておくことで、入社後のミスマッチも防止できるでしょう。企業研究のやり方は、「企業研究によって転職を成功させる方法を解説!情報の集め方も詳しく紹介」で解説しているので、ご一読ください。

社会人3年目は転職サイトで情報収集するのもおすすめ

転職サイトには豊富な種類の求人が掲載されているので、情報収集に用いるのがおすすめです。スマートフォンやパソコンからもアクセスできるので、すきま時間を使って手軽に就活準備が進められます。「第二新卒」や「未経験歓迎」などの条件で検索すれば、自分に合った求人が見つけやすくなるでしょう。

2.退職するのは転職先が決まってからにする

社会人3年目が退職するタイミングは、転職先が決まってからが無難です。退職後に転職活動をすると、収入が途切れる不安から、焦って就職先を選んでしまうことも。十分な貯金があったり、失業手当を受給できたりしても、転職活動が長引けば経済的な不安は大きくなるでしょう。転職先選びで妥協してしまうと、早期離職につながる恐れがあります。
そのため、転職活動は前職と平行して行うのがおすすめ。退勤後や休日などを利用して効率良く進める必要があるため、最初に転職活動のスケジュールを立てておきましょう。

3.転職支援サービスを活用する

社会人3年目の求職活動をスムーズに進めたい人は、転職支援サービスを活用すると良いでしょう。転職支援サービスとは、求人紹介や就職相談、選考対策などの一貫したサポート体制のこと。アドバイザーへの相談もできるため、求職活動中の悩みや不安を解消しやすくなります。代表的な転職支援サービスとしては、「ハローワーク」と「転職エージェント」が挙げられます。

ハローワーク

ハローワークとは、厚生労働省が全都道府県に設置する公共職業安定所のこと。求人情報の閲覧だけでなく、求職相談や面接指導などのサポートが受けられます。開庁時間は、原則として午前8時30分~午後5時15分。仕事で平日の利用が難しいという人は、夜間や土曜日に開いている窓口を利用しましょう。最寄りのハローワークの開庁時間は、厚生労働省の「全国ハローワークの所在案内」でご確認いただけます。
ハローワークで受けられるサービスや利用方法は、「ハローワークとはどんなところ?サービス内容と利用の流れを解説!」で解説しているので、ご一読ください。

転職エージェント

転職エージェントは民間企業が運営するサービスで、担当のアドバイザーが求人紹介から就職までをサポートするのが特徴です。企業との条件交渉や面接の日程調整などもアドバイザーが行ってくれるため、ハローワークよりもきめ細かいサポートが期待できます。対象者や扱っている求人の種類は媒体によって違うため、利用する際は社会人3年目に合った転職エージェントを選ぶように注意しましょう。

社会人3年目での転職を検討している方は、ぜひハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒などの若年層に特化した転職・就職エージェント。カウンセリングにもとづく求人紹介や応募書類の添削、面接対策などであなたの転職活動をサポートいたします。さらに、面接のスケジュール調整や企業との交渉も専任のアドバイザーが代行。在職中でスケジュール調整が難しいという方も、安心して転職活動を進められます。サポートはすべて無料なので、まずはご相談ください。