社会人3年目は転職のチャンス?貯金がない・やる気が出ない悩みの対処法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 社会人3年目は転職のチャンス?貯金がない・やる気が出ない悩みの対処法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・社会人3年目の人に悩みが多いのは、継続して働いたことにより視野が広がったため
    ・社会人3年目によくある悩みは、「年収が低く貯金がない」「新たな目標がない」など
    ・入社3年目の人は、第二新卒として転職活動できる場合がある
    ・社会人3年目で転職すべきでないのは、将来の目標設定ができていない人
    ・社会人3年目の転職を成功させるなら、長く働ける仕事を選ぶのがポイント

社会人3年目は転職のチャンス?貯金がない・やる気が出ない悩みの対処法の画像

社会人3年目はある程度仕事に慣れてくる一方で、年収に不満を感じたりモチベーションの低下に悩んだりすることもあるのではないでしょうか。
今の状況に不安を感じている方は、自分の悩みを明確にし、対策を取ることが大切です。
このコラムでは、社会人3年目の方向けに、悩みがちな要因や転職の必要性などを解説しています。社会人3年目の方は、これからの将来を考える参考にしてみてください。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

社会人3年目は悩みが多いタイミング

社会人3年目になると仕事に慣れてくる反面、「仕事を辞めたい」「モチベーションが維持できない」など、悩みを抱える人も増えてくるようです。


悩むのは3年間続けたからこそ

社会人3年目の方が悩むのは、3年間継続して働いた経験があるからこそです。
入社してすぐは目の前のことに一生懸命になり、周りが見えていない人が多いもの。しかし入社して3年もすれば徐々に視野が広がり、今の仕事が自分に合っているのか、これからどんなことに挑戦できそうかといった実態が見えてくるようになります。
また、「入社1年目で仕事を辞めたい」と考える社員に対し、「とりあえず3年は頑張ってみよう」とアドバイスをする先輩・上司などは多いでしょう。理由として考えられるのは、入社後数ヶ月から1年程度の場合、仕事に不慣れなことが原因で仕事と理想とのギャップを感じている可能性があるためです。「本当に仕事を辞めたいのか」という答えは、ある程度経験を重ねなければ分かりません。一定期間働いた社会人3年目頃に仕事に関する悩みが出てくるのは、自然な流れといえるでしょう。


まずは自分の悩みをはっきりさせよう

社会人3年目で漠然と不安を感じているのなら、まずは自分の悩みがどんなものなのかをはっきりさせることから始めてみましょう。悩みが明確になれば、転職が必要なのか、今の場所で頑張るべきなのかといった対処法が見えてきます。
悩みを抱えたまま仕事を続けるのは、モチベーションの低下や目的意識を見失う原因になる場合も。放置して状況が改善するものではありませんので、今の自分としっかり向き合いましょう。

社会人3年目で悩みがちな5つの要因

ここでは、社会人3年目で悩みがちな要因と対処法をご紹介しています。
漠然とした不安を感じている人は、今の自分の気持ちに近い内容をチェックしてみてください。


1.年収・手取りが少なく貯金ができない

社会人3年目で悩みがちなものの1つは、収入面に対する不満です。入社したばかりで賃金についてよく分かっていなかった人も、入社3年目頃には周りと比較できるようになるため、「年収が低い」「手取りが少ない」などの実態が見えてくるでしょう。
そもそも、大学卒業後に新卒として入社した場合の年齢は25歳前後です。厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、25~29歳の平均賃金は、男性約25万円、女性約23万円程度。20~24歳の平均賃金は男女とも約21万円であることから、初任給から2~4万円程度アップしてれば社会人3年目の妥当な収入であると考えられます。
自分の収入が平均より低く、今のままでは収入アップが見込めないと感じる人は、条件の良い会社へ転職するのも1つの方法です。


2.仕事に慣れたものの新たな目標がない

入社時は「業務を覚える」「独り立ちする」といった目標を掲げていた人も、入社3年目頃になるとすべて達成してしまい、「何に向かって頑張れば良いか分からない」とトーンダウンしてしまうことがあるようです。
社会人3年目はまだまだ若手の位置づけですが、学ぶことがないわけではありません。「資格の取得」や「前年比◯%アップ」など、ステップアップのための目標を考え、モチベーションをキープしましょう。


3.キャリアアップが見込めずやる気がでない

「今の環境ではこれ以上のキャリアアップが望めない」と、仕事に対するやる気が出なくなる人もいます。特に中小企業では、現役職者が退職しない限り、次のキャリアが望めない場合も多いようです。実績を作っても、キャリアアップが見込めないという状況に不満を感じる場合は、社員のキャリア形成に力をいれている会社へ転職してみることをおすすめします。


4.求められることが増えて仕事が辛い

自分のスキルと業務のバランスが合わなければ、辛いと感じることもあるでしょう。
入社3年目になると求められるレベルが上がり、仕事の難易度や責任感も上がっていくのが自然な流れ。しかし、求められることが増える度にプレッシャーやストレスを抱えてしまう人もいます。プレッシャーが大きくなれば、人によっては限界を感じてしまうことも。心身に支障が出る前に、業務量などを上司へ相談したほうが良いでしょう。


5.周りに結婚・妊娠する人が増えた

20代中盤を過ぎて周りに結婚・妊娠・出産する人が増えると、ライフイベントを意識するようになるでしょう。「自分もそろそろ結婚したい」と考える人の中には、自分の収入や仕事内容などを見直す人も。現在結婚相手がいないのであれば慌てる必要はありませんが、今の仕事を将来続けていけるかどうかは、社会人3年目頃から考え始めても良いでしょう。


参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 賃金の分布

社会人3年目で転職するのはあり?

今の仕事に不安や不満を感じているのなら、社会人3年目は転職する良い機会といえます。
入社3年目が転職の好機といわれる理由には次のようなものがあるので、1つずつ確認していきましょう。


明確なビジョンがあるなら転職メリットは大きい

「自分に合った企業で力を発揮したい」「キャリアアップの見込める企業で働きたい」など、明確な目的があり、今の会社ではどうしても叶えられないという場合は、転職メリットが大きいでしょう。
入社時に分からなかったことが、実際に社会人として経験を積むうちに見えてくることは多いです。「今の仕事が自分に合わない」「月収が思ったより少ない」など、違和感を抱えたまま仕事を続けるのは、10年・20年経ってから「あのとき転職していれば良かった」と後悔する恐れも。入社3年目なら、キャリア構築に十分な期間があります。悔いが残らないよう、前向きに行動しましょう。


第二新卒として転職するチャンスでもある

入社3年目は、第二新卒として転職できる最後のチャンスといえます。
第二新卒とは、新卒入社後数年以内に離職した求職者のこと。一般的な中途採用とは異なり、新卒と同じような若さやポテンシャルが評価されやすいのが特徴です。
社会人経験が3年あれば、基本的なビジネスマナーはもちろん、業務経験が評価されやすくなります。若さとスキルの両方が評価される第二新卒の時期を逃さない手はありません。


未経験業界にチャレンジしやすい

社会人3年目は、まだまだ若い年齢なので、未経験業界に挑戦しやすいでしょう。
未経験業界にチャレンジする場合、受け入れる企業は社員を1から教育する必要があります。年齢が若く、柔軟性や対応力のある社会人3年目であれば、長期的な教育プランも立てやすく、採用ハードルはそれほど高くないのが実情です。
その反面、社会人5年目以降は経験が重視されてくるため、未経験業界への採用ハードルは徐々に高まります。異業種への転職を叶えるなら、第二新卒である今が良いタイミングになるでしょう。

転職をしないほうが良い場合はこんなとき

社会人3年目で転職をしないほうが良い場合もあるので、ここで確認しておきましょう。
先述したように入社3年目の方には転職メリットが多い一方で、転職するデメリットも存在しています。退職を決意する前に、以下のデメリットを必ずチェックしてください。

 

将来の目標設定ができていない

将来の目標設定ができていない状態での転職は避けましょう。
将来のビジョンが不明瞭なままでは、企業選びを誤ってしまう恐れがあるうえ、面接で志望動機や退職理由を聞かれた際に、「何を答えればいいのか分からない」と困ってしまうリスクがあります。
また、後先考えずに退職してしまった場合、転職先がすぐに見つからなければ経済的に苦労する場合もあるでしょう。
転職を考える際は、将来の目標設定はもちろん、求職活動の方向性を決める「軸」を定めておくのが重要。「なぜ転職が必要なのか」「転職先でどんなことを叶えたいのか」「働くうえで大切にしたい条件は何か」を明確にしてから行動に移しましょう。

 

部署間の異動などで不満が解消される

部署間の異動などで現在抱えている不満が解消される場合は、今すぐ転職する必要はありません。
たとえば、「自分に合わない店舗で働くのが辛い」という不満を抱えている販売職の場合、上司へほかの店舗や部署への異動を相談してみる方法があります。
相談する場合は、「ほかの店舗(部署)での経験を積みたい」といった前向きな理由にするのがおすすめ。自分のキャリアや仕事に対する意欲をアピールすれば、上司の心を動かせるはずです。
とはいえ、上司に相談しても異動が実現しない場合は、転職を検討してみても良いでしょう。異動や転職はデリケートな話題なので、決定するまでは同僚に気づかれないよう慎重に行動してください。

社会人3年目の転職を成功させる3つのコツ!

最後に、社会人3年目の方が転職を成功させるコツを3点ご紹介します。
転職活動をする際は、自分に取り入れられそうなものから試してみてください。

 

1.長く働ける仕事を見つける

社会人3年目で転職するのなら、長く働ける仕事を見つけましょう。
キャリア形成の観点から、短いスパンで転職を繰り返すのはNG。たとえ大きなプロジェクトを任せられるようになっていても、未経験業界へ転職すれば1から学び直さなければならず、キャリアアップの道が遠のいてしまいます。
また、転職回数が多いのは採用選考でマイナスイメージに。転職を繰り返す人は「採用してもすぐに辞めてしまいそう」と考えられ、今後の転職活動に悪影響を及ぼす恐れがあります。
長く働ける会社、つまり自分の適性や価値観にマッチした企業を探すには、自己分析や業界・企業研究を徹底して行うのが効果的。業界や企業が求める人物像と自分の強みを照らし合わせて、自分のスキルが活かせる、かつ長期的にキャリアを築ける仕事を探しましょう。

 

2.在職中に転職活動をする

今の仕事を続けながら転職活動をしましょう。
退職後の転職活動をする場合、収入が途切れる不安からあせってしまい、妥協して入社を決めてしまう人がしばしば見受けられます。退職前に十分な貯金をしていたり、失業手当を受給できる場合であったりしても、転職活動が長期化してしまうと経済的に厳しくなるでしょう。
今すぐ辞めなければならない事情がないのなら、転職先を決めてから退職するのがおすすめ。在職中の転職活動は、退勤後や休日、すき間時間を利用して、効率よく進めましょう。

 

3.転職支援サービスを活用する

求職活動を効率良く進めたい人は、転職支援サービスを活用すると良いでしょう。
転職活動を1人で行うことも可能ですが、転職サイトの求人は膨大で、その中から自分の適性に合った企業を探すのは一苦労です。
特に在職中に転職活動をする場合は、求職活動に費やせる時間がある程度限定されます。求人を1件ずつ見ていくには時間がかかり、「気づいたら募集が終了していた」ということにもなりかねません。
その点、転職支援サービスを活用すれば、就職のプロから適性に沿った求人を紹介してもらえます。アドバイザーに転職相談もできるため、求職活動中の悩みや不安のスムーズな解消にもつながるでしょう。

 

ハタラクティブは、若年層を中心に就職・転職のトータルサポートを行うエージェントです。ご利用者には第二新卒の方も多いので、社会人3年目の方も安心してご活用いただけます。
サポートの流れは、専任のアドバイザーによる丁寧なカウンセリングの後、希望や適性に沿った求人をご紹介。また、サービスの一環として、応募書類の添削や面接対策のアドバイスなども実施しているため、初めての方も効果的に転職活動を進められます。
さらに、面接のスケジュール調整や企業との難しい交渉もハタラクティブが代行。在職中でスケジュール調整が難しいといったお悩みも解消されます。
サポートはすべて無料。就職のプロと一緒に、新たなスタートを切りましょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ