職歴なしの20代が正社員になるための方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 職歴なしの20代が正社員になるための方法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・職歴がなくても20代にはチャンスがある。30代になると採用難易度が上がる傾向に
    ・若返りを図る企業にとっては、意欲のある20代は採用したい人材

    ・職歴にはアルバイトは含まれないことが多く、派遣社員の場合は含まれることが多い
    ・なるべく幅広い職種や業界を視野に入れて就活することが大切

職歴なしの20代が正社員になるための方法の画像

新卒の学生を除けば就職活動でものをいうのはこれまでの実績です。

それでは、20代後半になっても職歴がないという人は正社員として就職するのは可能なのでしょうか。 20代で職歴なしの場合の就職事情とその対策について解説していきます。

 

◆職歴なしでも正社員になれる?狙い目の企業とは

職歴なしの既卒者やフリーターは新卒や第二新卒に比べて就職が難しい印象がありますが、実際は20代のうちであればまだまだチャンスはあります。

しかし、年齢を重ねるほど難易度は上がっていく傾向に。「ずっと就職していないのは、本人になにか問題があるか、労働意欲が低いからではないのか」と採用者側に思われる可能性が高まってしまいます。
だからこそ、正社員を目指すなら早い段階で行動を起こしたほうが良いでしょう。

【未経験からの挑戦なら優良中小企業が狙い目】

中小企業の中には優良企業にも関わらず、応募者が少ないケースがあることをご存知でしょうか。 若い人材をほしがっている中小企業も少なくありません。特に、成長業界は未経験者に門戸が開かれているといえるでしょう。 

業界によっては将来的なことも視野に入れ、組織の若返りを図りたいと考えているところが多く、20代であればチャレンジできる分野も多いものに。
幅広い選択肢の中から進む道を選びたいのなら、20代のうちに就職活動をスタートさせることをおすすめします。

また、そのような企業では採用を決める際に、職歴よりも仕事に対する意欲や人柄を重視する傾向があるのも特徴です。

◆アルバイトや派遣の経験は職歴になる?

職歴というと基本的には正社員のものを指すことが多いイメージがありますが、アルバイトや派遣の経験は職歴としてみなされるのでしょうか?

 

【アルバイトの場合】

アルバイトの経験は、職歴とみなされない場合が多いでしょう。履歴書に書いてはいけないというわけではありませんが、あまり評価されないことも覚悟しておく必要があります。

ただし、応募した業種や職種に関連するアルバイトをしていた場合は、経験者として優遇される場合も。

例えば飲食店の求人に応募する場合、長年飲食アルバイトを続けていたという経験が評価されることもあります。

 

【派遣社員の場合】

派遣社員としての勤務経験は職歴とみなされることがほとんど。履歴書や職務経歴書にもしっかり記載しましょう。

その際には、「どんな業務を担当していたのか」をわかりやすく書くことで、採用担当者が仕事ぶりを想像することができます。

◆職歴なしだと30代からの就職は厳しくなる

30代になると正社員のチャンスは減る傾向にの画像

「人柄重視の求人であれば、30代になっても大丈夫では?」と思われる方もいるかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて、下記の理由から応募できる求人が少なくなります。

・30代からは経験者のみを対象とした中途採用が増える
・年齢から「人間関係の構築が難しそう」という印象を持たれる
・職歴なしの期間が長いため、採用難易度が上がる

30代になると未経験者歓迎の求人自体が20代と比べて少なくなるため、単純に応募求人数も減ってしまいます。正社員におけるキャリアの観点から見ると、20代はさまざまな業務にチャレンジする時期、30代は専門性を高める時期と言われているので、年齢を重ねるごとに未経験者を歓迎する求人が減ってくるのも頷けるでしょう。

また、30代という年齢から、企業によっては「上司が20代になるから採用しづらい」「人間関係に問題が起きないか不安」という思いを抱くこともあるようです。
20代よりも職歴なしの期間が長くなるため、納得できるような理由を回答できないと採用にはつながらない可能性が高いでしょう。

◆職歴なしから正社員を目指す!採用の可能性を高めるコツ

職歴なしでも、20代なら正社員になれるチャンスは少なくありません。
とはいえ、あまり条件を限定してしまっては選択肢がなくなってしまいます。

「完全週休二日制」「残業はなるべく少なく」「やりがいがある仕事」「年収は○○万円以上」など、希望はいろいろあるかもしれませんが、実際に目標とする条件は「これだけは絶対に譲れない」というものだけに絞り、それ以外は妥協することも必要かもしれません。

また、たとえ希望の職種があったとしても、最初からそれだけに限定してしまうと自ら可能性を狭めてしまうことになります。 

意外な仕事が自分に合っていたということは決して珍しいことではありません。なるべく幅広い職種や業界から仕事を探してみることが大切です。 

また、いくら経験よりもポテンシャル重視の企業を選んで応募したとしても、なにもせずに内定をもらえるわけではありません。

履歴書作成や面接の対策をしっかり行い、基本的なマナーを身につける努力は必要でしょう。その上で内定獲得を目指してください。

◆職歴なしでも大丈夫?就職活動に不安を感じるときは

就職活動に不安を感じる人の心強い味方とは?の画像

職歴なしで就職活動を行うのはなにかと不安も多いもの。そこで、おすすめしたいのが転職エージェントの活用です。

転職エージェントは求職者に求人を紹介するサービスですが、それだけではなく、履歴書の作成や面接対策を含めた就職活動全般をサポートしてくれます。就職活動の経験があまりない人にとっては心強い味方になってくれるでしょう。 

同時に、転職エージェントは求人誌や求人サイトには掲載されていない非公開求人も保持しているため、独力で仕事を探すよりも自分に合った仕事に巡り合える可能性が高くなります。
ただし、正社員経験者の転職をメインで扱っているサービスでは、職歴なしの人が選べる求人はあまり多くない場合も。 職歴のない方が転職エージェントを利用する際は、既卒者やフリーター向けの求人が豊富なところを選ぶとよいでしょう。


ハタラクティブは20代中心の既卒、フリーター、第二新卒を対象とした就活支援サービスです。 
常に1,000件以上の求人を用意しており、その中には非公開求人や未経験者歓迎のものも数多く含まれています。

ハタラクティブでは経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマン体制で対応し、相談者の長所と適性を引き出した上で、その人にマッチした仕事を紹介しているのが特徴。就職活動に不安がある方やご自身の強みがわからないという方にもぴったりです。
サービスはすべて無料ですので、まずはお気軽に相談してください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ