いい求人がない…ハローワークやエージェントで希望の仕事を見つけるコツ

条件に見合う求人がなかなか見つかりません。自分の希望に合う求人を見つけるには、どうやって探せばいいでしょうか?

複数の希望条件がある場合、すべてを満たす求人を見つけるのは難しくなります。自分の中で「譲れない条件」を絞りましょう。
また、企業も労働者に対して求めるスキルがあるため、良い条件の求人が見つかっても、自分が応募できる必須・歓迎条件に当てはまらないことも。「どのようなスキルを身につければ条件を選べるようになるか」と、視点を変えて考えてみることをおすすめします。

未経験OK多数!求人を見てみる

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

いい求人がない…ハローワークやエージェントで希望の仕事を見つけるコツ

自分に合う求人を見つけられず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。単に条件だけを見れば「良い求人」は見つかりますが、自分が応募条件に当てはまらなかったり、自分の希望に沿っていなかったりすることもあるでしょう。いい求人が見つからない場合は、原因を探ることが大切です。

「なぜいい求人と思えないのか」にフォーカスすることで、自分の本質や転職に向けた目的、理想などが見えてくるはず。就活アドバイザーが仕事探しに関するお悩みにお答えするので、ぜひ参考にしてみてください。

譲れない条件を「一つ」決めましょう

求人を探すときは、「これだけは譲れない」という条件をまず一つに絞ってください。ほかの条件については、優先順位を決めておきましょう。 誰もが、「給与が高い」「残業が少ない」「人間関係が良い」など、さまざまな条件がそろった会社から内定をもらいたいと考えがち。

しかし、このような好条件を満たす企業を就職活動を行うなかで探し、内定をもらうことは簡単ではありません。もし見つかったとしても、企業は好条件に見合う働きをしてくれる人物を求めるため、高いスキルが必要となるでしょう。

求人そのものは多くある!

転職サイトで条件を指定せずに仕事を探せば、膨大な求人が出てきます。つまり、仕事は選んだりしなければいくらでもあるということ。しかし、条件を定めすぎるため対象が狭くなり、「条件はいいけど地域が良くない」「家から近いけど希望とは違う」となる結果、「応募できる求人がない」という状態に陥ります。

就きたい仕事で活かせるスキルを身につけるのもおすすめ

気になる企業や業界で必要となるスキルを身につけておくと、比較的理想とする環境が整った求人を選ぶことができ、内定をもらえる可能性が高まるでしょう。「必要となるスキル」を持っている人は、その分自分の条件に近い就職先を選べる機会が多くなります。

とはいえ、スキルを身につけてから…と考え、就職活動を先送りにしてしまうと、就職できるタイミングを逃してしまうことも。譲れない条件を定めて就職活動を行い、まずは応募してみるなど、行動に移すことも大切です。

いい求人が見つからない3つの理由

自分に合う求人が見つからない原因は何かを把握しましょう。失敗を恐れ過ぎていたりすると、求人探しや就職活動がうまくいかない場合があります。

1.自分の強みが分からない

自分の強みが不明確だと、自分に合う求人が見つかりづらく「いい求人がない」となりやすいでしょう。原因については、「転職先が見つからない!原因と自分に合った求人の探し方を解説」も参考にしてください。

2.どの企業も同じだと思っている

「営業職ならどの会社もノルマが厳しい」「どの企業も事務職は定型的な仕事をする」など、世の中のイメージやこれまでの経験だけで仕事内容を決めていると、いい求人には出会えないでしょう。

企業が変われば社風やカルチャーも変わります。営業職でノルマがない会社もあれば、臨機応変な対応の多い事務職もあるはずです。職種やイメージだけで求人をとらえていると、「いい求人」には出会いにくくなるでしょう

3.就活している時期が良くない

就活している時期も、求人探しに影響します。1月や10月は企業が採用活動に力を入れはじめる時期のため、いい求人が見つかり内定をもらえる可能性が高まるでしょう。

反対に5月6月など、採用活動が一段落している時期では、いい求人を見つけることは難しくなる可能性が。時期が悪いと感じた方は、求職活動は控え目にして資格取得や収入アップにつながる行動に時間を割くのもおすすめです。

いい求人を見つける4つの方法

自分に合う求人を見つけ、内定をもらうには、自己分析を通して自身への理解を深め、面接でアピールすることも重要です。身につけたい能力や得意・不得意分野などが明確になれば、効果的に面接でアピールでき、内定に一歩近づくでしょう。

1.自己分析を徹底して行う

いい求人がないと思う人の多くは「自分にどのような仕事が合っているか」が分からない状態になっています。まずは自己分析を行って、仕事に対する考え方を明らかにしましょう。

また、自己分析を行うことで自分の強みも明確になり、より効果的なアピールにもつながります。自己分析については「自己分析とは?就活や転職でどう使う?基本的なやり方をご紹介」のコラムが参考になります。

2.希望条件を緩める

冒頭で述べたように、譲れない条件は1つにして、希望条件を緩めます。「通勤時間の許容範囲を30分から50分にする」「事務だけでなく営業事務も候補に入れる」など条件を緩めることで、より多くの求人や面接の機会を得ることができ、内定に一歩近づくでしょう。

特に給与については昇給なども考えられるため、条件に幅を持たせる対象にしやすいはずです。「転職で年収アップは見込める?職種や企業の選び方やポイントを解説」のコラムでも解説しています。

3.求人が増える時期を待つ

前述したように時期によって求人数は変わり、特に3月や9月は内定を狙いやすい時期です。いい求人を見つけ、面接の機会を増やしたいなら、これらの時期を狙うと良いでしょう。エージェントにもこれらの時期に相談すると、より多くの企業を紹介してもらえる可能性が高まります。「転職する時期は何月が良い?おすすめや避けるべきタイミングを解説」のコラムでも、転職時期について述べています。

4.仕事探しの方法を変える

求人サイトだけでなく転職エージェントを利用するなど、仕事探しの方法を変えるのもおすすめ。特に転職エージェントは、求人サイトには掲載されていない条件の求人が集まる傾向があります。面接の機会が増え、内定の可能性も上がるため、複数のエージェントやスカウトサービスを活用して、自分に合った求人を探し面接を行いましょう。

自己分析を深めて自分に合ういい求人を見つけよう

自分に合う求人とは、ただ条件が良いだけでなく価値観やスキルが会社と合うことも含まれます。自己分析から仕事をするうえで譲れない条件を洗い出し、優先順位をつけてみてください。そのうえで、志望する業種や企業の研究を行い、より相性度の高い求人を選ぶことで面接で自信を持ってアピールすることができます。

自己分析のやり方やコツが分からない、客観的に自分を判断してほしい、面接でのアピールポイントの見つけ方が分からない方におすすめなのが、転職エージェントのハタラクティブ。
ハタラクティブは、20代を中心としたフリーター・既卒・第二新卒などの就職を支援する就職・転職エージェントです。
専任のアドバイザーがつき、マンツーマンで悩みや希望をヒアリングしたうえで、面接でアピールするポイントも一緒に考え、あなたにぴったりのお仕事を紹介します。自己分析のやり方はもちろん、担当アドバイザーからの他己分析で、より客観的にご相談者を分析。適性に合った仕事の提案や優先すべき条件のアドバイスを行います。

応募書類の準備や面接対策も全力でサポート。「自分に合う求人が見つからない」とお悩みの方は、ぜひ一度ハタラクティブへご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ