自分の条件に合う求人を見つけるにはどうやって探せば良いでしょうか?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自分の条件に合う求人を見つけるにはどうやって探せば良いでしょうか?

公開日:

最終更新日:

条件に見合う求人が中々見つかりません。自分の条件に合う求人を見つけるにはどうやって探せば良いでしょうか?

複数の希望条件があると、全ての条件を満たす求人を見つけるのは難しい場合が多いです。これは譲れないという条件を絞りましょう。また、企業も労働者に対して“求めるスキル”はあります。良い条件の求人が見つかっても、応募できる必須・歓迎条件が自分にないスキルであることも。どんなスキルを身に着ければ条件を選べるようになるかも考えてみることをおすすめします。

 

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!


◆絶対に譲れない条件を"一つ"決める


自分の人生を豊かなものにするためには、給与が高い、残業が少ない、業務は自分がやりたいことで負担が大きすぎない内容、人間関係が良い、福利厚生が充実している、通勤が楽な立地、…など、さまざまな条件が揃った会社に就職したい、と考えてしまいがち。

このような好条件が揃う企業は、現在の日本では探すのは困難です。もし見つかったとしても、企業は好条件に見合う働きをしてくれる人物を求めるため、それなりの高いスキルが必要となるでしょう。
求人を探す前に、これだけは譲れないという条件をまず一つに絞ってください。 ほかの条件については、優先順位を決めておきましょう。

 

◆条件を選ぶことができる人になることを意識する


「この求人が気になる」と思っても、応募条件で自分が持っていないスキルや資格が提示されていた、という経験がある人もいるのではないでしょうか。

好条件が揃っている企業は、個人の成果と報酬が見合った給与体系・労働環境を整えていることが多いです。 それだけ労働者に求めるスキルが高くなっています。
たとえば残業が少ない企業であれば、社員1人ひとりがどのように作業を進めれば効率良く業務が遂行できるのか常時考えながら行動していたり、給与水準が高い企業であれば1人あたりの成果もそれなりの数値を求めたりしています。

つまり、“会社に必要とされるスキル”を持っている人はそれだけ自分の条件に近い就職先を選ぶことができるということ。気になる企業や業界、職種で必要とされるスキルを見極めて身につけておくと、比較的理想とする環境が整っている求人を選ぶことができるようになるでしょう。

とはいえ、スキルを身に着けたり資格を取得してから…と思うと、就職するまでの時間が余分にかかってしまいます。 やはり、早く正社員になるためにはまず譲れない条件から求人を探し、応募してみるのがベストといえるでしょう。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ