自分に合う求人が見つからない…どうやって仕事を探せばいい?

条件に見合う求人がなかなか見つかりません。自分の条件に合う求人を見つけるには、どうやって探せばいいでしょうか?

複数の希望条件があると、すべての条件を満たす求人を見つけるのは難しい場合が多いです。自分の中で「譲れない条件」を絞りましょう。また、企業も労働者に対して求めるスキルがあります。良い条件の求人が見つかっても、応募できる必須・歓迎条件が自分にないスキルであることも。「どのようなスキルを身につければ条件を選べるようになるか」も考えてみることをおすすめします。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

自分に合う求人を見つけられず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。就活アドバイザーが仕事探しに関するお悩みにお答えするので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に合う求人が見つからない…どうやって仕事を探せばいい?

絶対に譲れない条件を「一つ」決める

自分に合う求人を探そうとする前に、これだけは譲れないという条件をまず一つに絞ってください。 ほかの条件については、優先順位を決めておきましょう。
仕事探しをしていると、自分の人生を豊かなものにするために「給与が高い」「残業が少ない」「人間関係が良い」「福利厚生が充実している」など、さまざまな条件がそろった会社に就職したいと考えがち。しかし、このような好条件を満たす企業を探すことは簡単ではありません。もし見つかったとしても、企業は好条件に見合う働きをしてくれる人物を求めるため、それなりの高いスキルが必要となるでしょう。

就きたい仕事で活かせるスキルを身につける

気になる企業や業界、職種で必要とされるスキルを見極めて身につけておくと、比較的理想とする環境が整った自分に合う求人を選べる可能性が高まるでしょう。「会社に必要とされるスキル」を持っている人は、その分自分の条件に近い就職先を選べる機会が多くなります。
とはいえ、スキルを身につけたり資格を取得したりしてから…と考え、就職活動を先送りにしてしまうと、就職できるタイミングを逃してしまうことも。早く正社員になるためには、譲れない条件を定めて求人を探し、まずは応募してみるといった行動に移すことも大切です。

自分に合う求人が見つけられずお悩みの方は、「自分に合った仕事の見つけ方を解説!軸を決めて自己診断してみよう」もあわせてご覧ください。

自分に合う求人が見つからない3つの理由

まずは、自分に合う求人が見つからない原因は何かを把握しましょう。自己分析が不十分だったり、失敗を恐れ過ぎていたりすると、求人探しがうまくいかない場合があります。

1.失敗することを恐れている

「絶対に失敗したくない!」という心構えで求人を探すと、慎重になり過ぎてチャンスが目の前にあっても逃してしまうことがあるでしょう。自分に合う求人を見つけるためには、何事にも挑戦する前向きさが必要です。失敗を恐れずに前進し続ければ、適職や天職に巡り会える可能性が高まります。

2.自分の強みが分からない

自分にどのような強みがあるか不明確だと、自分に合う求人が見つかりづらくなる場合もあります。自分の能力を活かせる仕事をするには、自分の長所や得意・不得意を把握することが不可欠です。自分にはどのような能力があるか分からない方は、改めて自己分析をしてみましょう。他人に褒められたことを思い出してみるのも一つの方法です。自分では気づきにくい自身の長所を見出しやすくなるでしょう。時間を掛けて自分が持っている強みを探っていくうちに、「これだ!」と思える仕事に出会える可能性もあります。

3.転職に期待し過ぎている

転職をする方の場合、「今の仕事よりも好待遇で自分に合う求人を探したい」と思い過ぎて、職場に求める条件が多くなってしまう場合もあるようです。しかし、自分の希望が100%叶う完璧な職場に出会うのは難しいもの。前述したように、まずはどうしても譲れない条件から優先順位をつけるのがおすすめです。そのうえで、より自分の理想に近い職場を探してみましょう。

自分に合う求人が見つからない原因については、「転職先が見つからない!原因と自分に合った求人の探し方を解説」もぜひ参考にしてください。

自己分析しよう!自分に合う求人を見つける5つの方法

自分に合う求人を見つけるには、自己分析を通して自身への理解を深めることが重要です。身につけたい能力やすでに持っているスキル、得意・不得意分野などが明確になると、仕事が探しやすくなります。適職を見つける方法を以下でチェックし、仕事探しの参考にしてください。

1.どのような能力を身につけたいかで求人を探す

これからも伸ばしたい長所やスキル、目標のために克服したい短所やスキルなどを洗い出し、それらを基準をもとに自分に合う求人を探す方法があります。たとえば、将来やりたい仕事があるけれどスキルが足りないのであれば、逆算すると今やるべきことが見えてくるでしょう。このような場合、足りないスキルを身につけられる就職先を探すのも一つの手です。一方、自己分析した結果、現職で頑張り続けたほうがメリットがあると気づくこともあるでしょう。

2.人に感謝されて嬉しかった経験から求人を探す

今までどのような場面で人から感謝されて、自分も嬉しいと感じたかを思い出してみましょう。人の役に立っている実感を得ることが、仕事のやりがいにつながることもあります。過去の経験を洗い出せば、自分に合う仕事のヒントが隠れている場合があるでしょう。

3.自分が興味のあることから求人を探す

自分に合う求人を見つけるために、自分が興味のある分野を軸にして仕事を探すのも良いでしょう。自分が関心を持てることや好きなことを仕事にできれば、楽しく仕事と向き合える可能性があります。今までの趣味や印象に残っている経験を思いつく限りリストアップしてみてください。転職を機に小さいころの夢を思い出して、挑戦してみるのもおすすめです。苦手なことや興味のないことを仕事にするよりも、好きなことを仕事にすれば意欲を持って取り組めるでしょう。

4.転職したい理由から求人を探す

現職に不満があり転職したいと考えているなら、今の仕事を離れたいと思った理由を分析してみましょう。転職理由から自分には向いていないことを明確にして仕事選びに活かせば、自分に合う求人を見つけやすくなり、転職後に同じ理由で退職するリスクを下げられます。

5.譲れない条件をリストアップして求人を探す

希望条件で譲れないポイントをリストアップしたうえで、自分に合う求人を探しましょう。特に福利厚生や給与面などの認識違いが、入社後のトラブルにつながることもあるようです。求人広告とは別の条件が提示される場合もあるため、選考段階で確認する必要があります。また、会社へのアクセスが悪いと転職後長く働けない可能性も。企業の採用ニーズと自分の求める働き方が合っているかを事前によく照らし合わせましょう。

自己分析をしたうえで企業のリサーチを行おう
自分に合う求人先の企業に就職するには、自己分析が欠かせません。自己分析を通して、「自分がどのようなことなら耐えられるか」「どうしても避けたいことは何か」などをあらかじめ把握することが大切です。そのうえで、企業の情報収集を綿密に行えば、自分に合う求人に巡り会いやすくなるでしょう。
自己分析の概要ややり方の詳細は、「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」をぜひご覧ください。

自分に合う求人かどうかを見極める8つの方法

ここでは、自分に合う求人かどうかを見極める主な方法をご紹介します。入社後に「こんなはずではなかった…」と後悔しないために、働いている人に直接話を聞いたり、事前リサーチで社風を把握するよう努めましょう。

1.面接で仕事の進め方を聞く

面接で社員の1日のスケジュールについて質問してみましょう。社員の働き方から、仕事の進め方、朝礼や残業の有無などが分かり、企業風土が見えやすくなります。1日のスケジュールは繁忙期と閑散期で異なる場合もあるため、マンスリーやクオーターごとの忙しさや業務内容も聞いておくのがおすすめです。また、飲み会や社内旅行など業務時間外のイベントの有無も聞ければ、社風の全体像をより明確にできて、自分に合う求人かどうかを見極めやすくなるでしょう。

2.面接で所属予定先に関することを聞く

自分に合う求人かを見極めるために、面接で入社後に配置される所属部署について聞いておくのもポイントです。就職先で自分の能力を発揮できるかは、配属予定先の雰囲気や人間関係の良さも重要といえます。チームの人数、平均年齢、男女比を含めて、メンバー一人ひとりの経歴や保有するスキルなどを事前に把握できれば、自分にとって働きやすい環境か否かの判断材料になるでしょう。

3.求人情報で強調されていることは何かを確認する

求人情報から、企業が大事にしている価値観や社員に求めている資質を把握できる場合もあります。求人情報で強調されている企業の特徴は、「成長できる環境」「フラットな人間関係」「ブランド認知度」などさまざま。それらを吟味したうえで自分に合う求人かを見極めると良いでしょう。

4.代表や社長の考えを企業のWebサイトで調べる

企業のホームページに掲載されている代表や社長のメッセージを確認することも、自分に合う求人かどうかを見極めるために有効です。会社の方向性や企業風土は、代表のメッセージやプロフィールからも読み取れます。文章に人柄や考え方が表れていたり、経歴から生き方や仕事で強みを持つ分野などが垣間見れたりするでしょう。

5.実際に働いている社員から話を聞く

興味のある求人先企業で実際に働いている社員の方と会って、話を聞くのも良いでしょう。求人広告には載っていないリアルな情報を得られれば、自分に合う求人かどうかを判断しやすくなります。社員の方に会うには、会社説明会や異業種交流会に参加するのが一つの方法です。そのほか、面接時にお願いしてみたり、企業や部署を特定できればSNSを使ってコンタクトを取ってみたりするのも良いでしょう。

6.事業展開の仕方を調べる

事業展開の方法から企業が社員に求めている資質が分かる場合もあるでしょう。行動力がありアグレッシブな人材を求めている企業では、新規事業が次々と立ち上がるケースが多い傾向にあります。他方、慎重さや正確さが評価されやすい職場の場合、企業は製品やサービスの安全性、信頼性を強調している可能性が高いことも。求人先の企業が扱っている商品やサービスをよく分析すると、企業の特色が見えてきて、自分に合う求人かを見極めやすくなるでしょう。

7.インターネットで企業の評判を調べる

インターネットの情報はすべてが正しいとは言い切れません。しかし、自分に合う求人かどうかを見極めるために、事前にリサーチする参考材料としては有効でしょう。特に口コミは良い評判よりもマイナスのコメントを重要視します。懸念点があれば、面接時に質問して払拭できるよう準備しておきましょう。

8.企業の給与体系や福利厚生を調べる

企業の給与体系や福利厚生を調べて、自分に合う求人かを確認するのも一つの方法です。社員がどのようなモチベーションを持って企業で働いているかは、給与体系や福利厚生からも分かることがあります。たとえば、成果報酬型の企業では、成果を出した分だけ報酬が上がることが社員のやる気につながっている可能性があるでしょう。求人先の企業が社員の意欲向上を目的にどのような施策を打っているかを把握することで、自分が求める働き方とマッチするかを確認できます。

自分に合う求人の見極め方については、「仕事探しで迷わない、求人選びの注意点」もぜひご参照ください。

自分に合う求人先に就職すべく注意したい4つのこと

自分に合う求人へ就職するための注意点としては、「企業との相性を吟味しない」「志望する仕事と自分の適性が合っていない」などが挙げられます。以下の注意点に気をつけながら就職活動を行い、自分に合う求人先の企業に就職できるようにしましょう。

1.企業との相性を吟味せずに入社する

自分に合う求人かを重視せず、企業との相性を吟味しないまま就職を決めてしまうと、入社後にミスマッチが生じる恐れがあります。特に「やっと内定をもらえた企業だから」「転職活動の期間にあまり余裕がないから」などを理由に、焦って入社するのは避けましょう。また、自分の適性や望む働き方とのマッチ度を考えずに待遇や収入だけで企業選びをすると、ギャップが生まれて入社後に後悔する場合もあるので注意が必要です。

2.企業の規模が前職と比べて大きく違う

転職する方の場合、企業規模が前職と比べて大きく違うことで、「自分に合わない」と感じてしまうこともあるようです。
大企業と中小企業では、社員数をはじめとして、一人ひとりが任される仕事の量や仕事の進め方など働く環境に差異があることが多いでしょう。規模が異なる企業に転職すると、企業文化の違いで戸惑う可能性もあるため、環境の急激な変化を念頭に入れておく必要があります。

3.志望職種が自分の適性と合っていない

志望職種が自分の適性とミスマッチしていると、自分に合わない職場に就職してしまう可能性があります。
職種によって、仕事に求められる素養やコミュニケーション頻度は異なるものです。チームワークが必須とされる職種では、人間関係が密になる場合もあり、飲み会や交流会など勤務時間外も職場の人と過ごす機会が多い可能性も。一方、個人の裁量で進められる職種では、同僚と関わる頻度が少ない傾向にあると考えられます。志望している職種では何が求められているかをリサーチすれば、自分に合う求人とマッチングしやすくなるでしょう。

4.志望業界が自分の適性と合っていない

志望業界の風土が自分の適性とミスマッチしていると、自分に合わない職場に就職してしまう可能性があります。
トライ&エラーの精神を歓迎する業界もあれば、ミスは許されず堅実さが求められる業界もあるでしょう。業界の風土が、年功序列か実力主義かといった社風に影響する場合も。自分に合う求人先の企業に入社できるよう、志望している業界の風土と自分の能力や望む働き方がマッチしているかをリサーチすることをおすすめします。

自己分析を深めて自分に合う求人を見つけよう

自分に合う求人を見つけるには、自己分析を深めることが重要です。また、自己分析から自分が仕事をするうえで譲れない条件を洗い出し、優先順位をつけてみてください。そのうえで、志望する業種や企業の研究を行い、より相性度の高い求人を選ぶと良いでしょう。

ハタラクティブは、20代を中心としたフリーター・既卒・第二新卒などの就職を支援する就職・転職エージェントです。
専任のアドバイザーがつき、マンツーマンで悩みや希望をヒアリングしたうえで、あなたにぴったりのお仕事をご紹介します。応募書類の準備や面接対策も全力でサポート。一緒に就職活動を成功させる伴奏者としてコーディネートさせていただきます。サービスはすべて無料で利用可能です。
「自分に合う求人が見つからない」とお悩みの方は、ぜひ一度ハタラクティブへご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION