転職先が見つからない!原因と自分に合った求人の探し方を解説

転職先が見つからない!原因と自分に合った求人の探し方を解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職先が見つからない人は、原因を追求するのがおすすめ
  • 転職先が見つからないときは、今までのキャリアや職場への不満を明らかにする
  • 転職先が見つからないときは、企業に求める条件を洗い出して優先順位をつける
  • 現職と転職先候補の希望条件の満足度を数値化すると、応募する基準が定められる
  • 求人探しの媒体はそれぞれ特徴が異なるため、自分の活動スタイルに合うものを選ぶ

「自分に合う仕事が見つからない」「希望に合う求人がない」と感じている方もいるでしょう。希望条件が多過ぎたり、大手企業や有名企業に固執していたりと、その原因はさまざまです。このコラムでは、転職先が見つからない原因や、希望条件を整理して応募の基準を定める方法を解説します。求人の探し方も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職先が見つからない理由

転職先が見つからない理由の画像

転職先が見つからないのは、自己分析の不足や転職先へのこだわりが多いことが原因の可能性があります。「転職できない...」と感じている原因を知り、適切に対処していきましょう。

自己分析が不足している

応募企業を見つけるには、自己分析をして「転職をすることによって自分は何を実現したいのか」を判明させておくことが大切です。「今の会社ではなぜ実現できないのか」「どのようなところに不満を感じているのか」などといった点を整理することで、転職先に求める譲れない条件などが見えてくるでしょう。

条件が多過ぎる

企業に求める条件は人それぞれですが、条件が多ければ多いほどすべてを満たす求人は少なくなります。そのため、条件の優先順位を明確にしておくことが大切です。自分が転職先に求める条件は何かを洗い出した後は、優先順位をつけましょう。

大手企業や有名企業にこだわっている

大手企業や有名な企業のみにこだわり過ぎていると、自分に合った会社を見落としてしまう恐れがあります。大手企業や有名企業に転職したいという考え自体は悪いことではありません。しかし、大手以外にも働きやすい優良企業は多いため、応募先を絞り過ぎず、中小企業の求人にも目を向けることも大切です。

転職理由が曖昧

「今の職場にいたくない」や「仕事内容が気に入らない」など、現状への不満は転職理由として曖昧です。面接で曖昧な転職理由を説明すると、「努力せずにすぐ諦める」という印象を持たれてしまう恐れもあります。現状を変えたい気持ちだけではなく、「どう変えたいのか」「転職先で何をしたいのか」を考えましょう。
転職理由の伝え方は、「面接ではポジティブな転職理由を伝えるべき?適切に言い換える方法とは?」のコラムもあわせて参考にしてみてください。

失敗するのを恐れている

「転職先が自分に合わず失敗してしまったら?」や「転職先が見つからなかったら?」など、ネガティブな考え方をしてしまうと、心配事や恐怖心から不安が生まれます。不安で慎重になり過ぎると、転職先が見つからない状況が続くことも。失敗を恐れずに探してみましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

自分に合う転職先を見つける3つのポイント

自分に合う転職先を見つける3つのポイントの画像

自分に合う転職先を見つけるには、求める条件をはっきりさせることや業界・業種を絞り過ぎないこと、企業を知ることが大切です。ここでは、3つのポイントを詳しく解説します。

転職先に求めることを明確にする

給与面や年間休日数、福利厚生、仕事内容など、転職先に求めることを明確にしましょう。
先述したように、求める条件が複数ある場合は優先順位をつけ、譲れない条件が何かをあらかじめ考えておきましょう。すべての条件を満たす求人だけに応募しようと思うと、選択肢は少なくなります。しかし、優先順位をつけていれば、全条件を満たしていなくともどれだけ自分にマッチしているかが分かりやすくなるため、応募の幅が広がります。

業界や業種を絞り過ぎない

なかなか理想の転職先に出会えないという方は、業界や業種を絞り過ぎている可能性が高いでしょう。業界を絞り過ぎていると、自分の適性を見逃してしまうことも。1つの業界に絞るのではなく、関連する業界に広げてみることも大切です。たとえば、「暮らしを快適にする手助けをしたい」という考えのもと転職先を探す場合は、建設業だけでなく、快適な暮らしを提案する不動産業も当てはまるといえるでしょう。やりたいことや興味があることを軸に、志望業界を広げてみるのがおすすめです。

企業の雰囲気を確かめる

可能であれば職場見学をして、実際の職場の様子を確かめましょう。また、対面での面談やオンライン上で行うWed面接も、企業の雰囲気を確認する手段の一つです。採用担当者の雰囲気を通して、自分に合うかどうかを考えてみましょう。知り合いに転職したい企業で働いている人がいれば、OG・OB訪問をしてみるのもおすすめです。
企業訪問する際のマナーや注意事項は「企業訪問のメールマナーを確認しよう!お礼や返信はどうする?」のコラムでも解説しています。企業訪問をする前にぜひご一読ください。

自己分析をして転職先に求める条件を整理しよう

自己分析をして転職先に求める条件を整理しようの画像

転職活動に迷いが生じたり、転職先が見つからなかったりする状況なのであれば、自己分析が足りていない可能性があります。自己分析を行い、今まで培った経験やスキル、自分の強み、今後のキャリアプランなどを明確にしましょう。

今までの経験を振り返る

自分に合った業界や職種を知るためには、これまでの経験を振り返ることが大切です。自分の過去や現在を見つめ直し、長所や短所、得手不得手、好きなこと、嫌いなことを洗い出しましょう。過去の経験をどう活かしたいか、将来どうなっていたいかを考えると、やりたいことが見えてくる場合があります。まずは、自分のこれまでの人生を振り返ってみましょう。

前職や現職への不満を明らかにする

現職への不満を明らかにすることによって、転職先で何をしたいのか、何を実現したいのかを知れます。仕事内容が不満なのであれば、なぜ不満なのか、転職したら不満は解消されるのかを考えてみましょう。自分が転職することによって何を変えたいのかを分析することが大切です。
転職理由を明らかにするには「転職理由と退職理由に違いはある?思いつかないときの対処法も解説」のコラムも役立つので、ぜひ参考にしてみてください。

現職と転職先候補の希望条件を比べてみよう

応募先を見つけるために、現職と候補先を比べてみましょう。すべての希望条件に合った求人を見つけようとすると、応募できる数が少なくなる可能性が高まります。1つの条件が合わないからといって候補から外すのではなく、希望条件を数値化し、一定の判断基準を設けて応募してみましょう。ここでは、希望条件を数値化する方法を紹介します。

1.転職先候補をリストアップする

気になる求人を書き出してみましょう。この段階では条件で厳しく絞ることはせずに、自分が良いと思った求人はすべてリストに挙げます。

2.現職と転職先候補の希望条件の満足度を数値化する

転職先候補をリストアップしたら、優先順位が高い条件を5つほど挙げて、その条件を判断基準にします。たとえば、給与や業務内容、年間休日数、福利厚生などが項目として挙げられるでしょう。次に、希望条件と転職先候補の合致度を点数化して評価を行います。現職と転職先候補の情報を確認し、それぞれの条件ごとにポイントを付けましょう。なお、あまりにも点数を細かく分けると何点を付けるか迷ってしまう可能性があるので、5段階評価程度にするのがおすすめです。

3.数値を基準にして応募するかどうかを判断する

ポイントを付けたら、現職と転職先候補の点数を確認します。「現職より点数が上なら応募する」「合計点が15点以上なら応募する」など、自分で判断するラインを決めて、基準を満たした求人に応募しましょう。

転職先の探し方

ここでは、求人を探す手段を紹介します。手段ごとに特徴が異なるので、自分の転職活動のスタイルに合ったものを選びましょう。

転職求人サイトで探す

掲載されている求人数が多く、希望の検索条件で自由に求人検索ができます。希望条件が明確になっている状態から自分のペースで求人を探したいという方におすすめです。求人探しや企業との調整は自分で行う必要があります。

ハローワークを利用する

地域密着型の中小企業の求人が多く、「地元で働きたい」と考えている人にとって有益な情報が得られるのがハローワークです。仕事を探している人はだれでも求人紹介や面接対策、就活・転職についての相談などのサービスを受けられます。ハローワークを利用する詳しい流れは「ハローワークを利用する流れは?初めての応募申し込みや失業保険の申請方法」でも解説していますので、ぜひご覧ください。

転職エージェントを利用する

転職エージェントでは、一般的な求人サイトには掲載されない非公開求人を紹介してもらえることがあります。好条件な求人に出会える可能性が高くなるといえるでしょう。また、プロのアドバイザーからサポートを受けられるので、現職が忙しくて転職活動の時間が確保できない人にもおすすめです。

若年層向けの就活・転職エージェントのハタラクティブでは、転職希望者の希望条件に合わせた求人をご紹介しています。「やりたいことがわからない…」という方もぜひお問い合わせください。一人ひとりに合った仕事を見つけるために、専任のアドバイザーがあなたの適性・スキル・要望をヒアリング。また、自己分析のやり方や面接対策、書類作成なども行っています。すべてのサービスは無料でご利用いただけるので、まずはお気軽にご相談ください。

転職先が見つからないときのQ&A

ここでは、転職先が見つからないときによくある疑問をQ&A方式でご紹介します。転職する時期や、転職活動における年齢についても解説していますので、ぜひご覧ください。

辞めたいけど良い転職先がないです。ここで辞めるのはだめですか?

心身が健康な状態であれば、転職先を見つけてから現職を辞めるのが良いでしょう。退職してから次の就労までに期間が開く際は、失業保険を受給するのがおすすめです。失業保険については「失業保険の受給条件は?自己都合と会社都合で異なる?」で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

転職するのに人よりも時間がかかっている気がします

転職活動の進め方は人それぞれですが、期間よりも、納得のいく転職先に出会えたかが重要です。現職での不満や悩みがクリアになる転職先かどうかを見極めて、後悔が残らないようにしましょう。「納得いく転職とは?妥協によるメリットとデメリット」のコラムで、納得のいく転職活動について紹介していますので、ぜひご一読ください。

転職先が決まらないのは年齢やスキルのせいですか?

20代のうちはポテンシャルを評価してもらえることがありますが、30代以降はスキルや経験を重視されるようになるため、熱意だけでは採用されなくなっていく可能性が高くなります。スキルや経験が足りない場合は、現職で経験を積んでから改めて転職に挑戦するのも良いでしょう。

効率良く転職先を見つけたいですが、メンタル的に疲れています

転職先の探し方」でも述べたように、第三者に頼るのも一つの手です。20代のフリーター・既卒・第二新卒の転職を支援するハタラクティブでは、専任アドバイザーが無料で転職先探しをサポートします。効率良く満足できる転職先を見つけたい方は、ぜひお問い合わせください。

この記事に関連するタグ