新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 入社1年未満でも転職はできる?成功するための秘訣!

入社1年未満でも転職はできる?成功するための秘訣!

公開日:

最終更新日:

入社1年未満でも転職はできる?成功するための秘訣!の画像

【このページのまとめ】

  • ・1年未満の転職が不利な理由は、スキル不足やまた退職してしまうと思われがち
    ・1年未満で転職したい理由には、人間関係や仕事内容のミスマッチがある
    ・3年勤務してから退職したほうが良い理由は、経験や知識もあったほうが良いから
    ・勤続1年未満でも転職を成功させるためには、再度の自己分析と面接時の話し方が大切

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

社会人になってから1年未満でも転職しても大丈夫?次の就職活動はうまくいく?成功させるための秘訣をこのコラムで紹介します。転職が不利と思われる理由や退職したい理由を把握したうえで、次回の就職を成功させるために、自己分析をしてみることも大切です。次の会社で面接時に気をつけることを理解し、転職を成功させましょう。


ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

1年未満での転職が不利といわれる理由

社会人経験1年未満でも、「転職したい」と思ったことがありますか?勤続が短いと次の就職には不利になってしまうのでしょうか。その理由をいくつか紹介します。


前職で得たスキルが少ないから

1年未満で退職をしてしまうと、前職で得たスキルが少ないと思われる恐れがあります。業務の区切りは「1年」としている企業も多いことから、十分な教育期間を設けることができずに、経験も浅いと思われがち。1年未満でも身につけたスキルがあるなら、次の就職に活かしましょう。


「すぐ辞めてしまいそう」と思われる

1年未満で退職すると、「またすぐ辞めてしまうのではないか?」と思われることも。せっかく採用したら「長く働いてほしい」と考える企業はほとんどといえるでしょう。


転職理由が曖昧になりがちだから

1年未満で転職してしまうと、実務経験を多く積むことができないこともあり、自分の得意・不得意とする分野や適正を仕事で把握することも難しいといわれています。そのため、「なんとなく…」という曖昧な理由で退職したと思われがち。具体的に、どんなことが合わなかったのか、改善作を明確にすることで次の就職に臨みましょう。


積極性が足りないと思われるから

会社では上司の指示で仕事をすることも求められますが、自分で積極的に動くことも大切といえます。積極的に動くことで、知識や経験も増え、仕事を任されることも。そうしたなかで信頼が少しずつ得られます。1年未満で転職してしまうと、知識や経験などが浅いことから、積極性が足りないと思われるでしょう。

1年未満で退職したい理由

1年未満で退職したい理由には、どんなことがあるのでしょうか?よく知られている理由をいくつかお伝えします。


人間関係

働くうえで大切な人間関係。上司や同僚とうまくいかないことで退職へつながってしまうようです。困ったときに相談できる相手がいると、離職につながりにくいでしょう。


仕事内容

思っていた業務内容と違ってしまった、やりたいことが就活当時と違ってしまったなども退職の理由となるようです。また、やりたい仕事を任せてもらえないことも退職の理由となっていますが、経験や知識がないと任せられない仕事内容であったということもあるでしょう。

なるべく3年働いたほうがいい?

仕事を辞めたくなっても、「3年は勤務してから」といわれることが多いです。その理由としては、仕事を完璧に覚えるのに1~2年目に仕事をこなして、3年目にようやく会社全体が見えてくるという傾向があるからです。会社は中途採用者には知識や経験を求めていることがほとんどなので、3年間働いてからの転職のほうがうまくいくようです。


転職は3年働いてからといわれる理由

「石の上にも3年」ということわざにもあるように、勤務を続けることにも使われているようです。早く退職してしまうと、仕事の良さに気づけないこともありますし、嫌だと思っていた仕事が、実は自分に合っていた、ということもありえます。3年勤務することで、始めはうまくいかなかった人間関係も良好になることもあるでしょう。


福利厚生

退職金が支払われるのは、3年経ってからの企業が多いようです。有給休暇は半年後に取得可能という企業も多く、長く勤務することで福利厚生のメリットもあるでしょう。


退職してもいいケースもある

入社してから1年未満で退職してしまうと転職に不利になってしまうこともありますが、早期に退職したほうが良い場合もあります。


パワーハラスメント

言葉や身体的暴力があった場合には、早期に離職したほうが良いでしょう。また、無視や仲間はずれといった人間関係からの切り離しも、度が過ぎるとパワハラになります。上司から要求される仕事が過大であったり、逆に過小であったりすることもパワハラになり得ることです。そして、家族や自分のプライベートな内容に、過剰に踏み込むことも十分パワハラと捉えられることなので、転職活動を進めても良いでしょう。


勤続1年未満でも転職を成功させるためのポイント

転職を成功させるためのポイントは、就活前に行った自己分析を再度行うことや若さをアピールすることのほか、面接時に気をつけることを詳しく説明します。


まずは自己分析をしてみる

もう1度自己分析をしてみることが大切です。就活前と現在では、変わるところがあったから、転職したい気持ちになったのではないでしょうか。自己分析をしたら、自分が取り組めそうな職種を改めて考えていきます。そして、入社してからできるようになったことは何か?を考えましょう。


ポテンシャルをアピール

次の会社の面接では、若い人材特有の元気さ、素直さをアピールしましょう。1度社会人として働いた経験がある第二新卒の方は、全くの未経験者ではないのです。「短期離職に対する反省」や「反省から学んだこと」などを踏まえ、「新卒時と変わったのはどんなことか」「今の自分にできることは何か」を客観視してみましょう。「第二新卒」という今の自分の立場を理解したうえで、入社に対する意欲を積極的にアピールすることが大切です。


面接のときに気を付けること

1年未満で転職してしまう理由を面接で話すときに気をつける点をお伝えします。


面接官に今までのことを正直に話す

離職の理由は、「やりたい仕事ができなかった」「人間関係が良くなかった」「パワーハラスメントがあった」などとさまざまですが、その理由を面接のときに正直に話すことが大切でしょう。短期で離職した理由やその時に感じたこと、自分を客観的に見て、反省点や経験してきたことを次の就職先でどう活かすか、などが話せれば説得力のある内容になります。


その会社で働きたい思いをアピールする

経験や知識のあまりないことから、スキルをアピールできなくても、働きたい気持ちややる気でカバーすることはできます。言葉や行動で熱意を企業に伝えましょう。それにはまず、しっかりとした履歴書を作ること、企業のことをじっくり調べること、自身のはっきりしたキャリアプランがあること、などが挙げられるでしょう。


ミスマッチを防いで効率的に転職を進めるなら

短期離職を選択した人の中には、入社前の理想と入社後の仕事内容にミスマッチが生じたことが原因になった人も多くいます。転職を繰り返さないためにも、求人探しの段階で、応募先企業の事業内容や職種、業務内容について詳しく調べられていないと、上辺だけの情報で「理想」や「イメージ」を膨らませてしまい、入社後に理想と現実のギャップに苦しむ、ということになりがちです。そのため、入社後のミスマッチを防ぐためには、「情報収集」が非常に大切。選考に進む前に、「自分がやりたいこと」や「できること」が本当に応募先企業で実現できるのかどうかを、検討する必要があります。


転職支援サービスを提供するを行なうハタラクティブでは、ニーズに合った求人紹介はもちろん、紹介する企業の詳しい情報の提供、企業に合った応募書類作成や面接のコツのアドバイスが可能です。専任の就活アドバイザーが、面接のスケジュール調整や転職の悩み相談など、転職活動をフルサポートいたします。転職を成功させたい、効果的な転職活動をしたいという人は、ぜひハタラクティブまでご相談ください!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ