転職は何回までなら許容範囲?マイナスイメージを持たれないポイントとは

転職は何回までなら許容範囲?マイナスイメージを持たれないポイントとはの画像

この記事のまとめ

  • 転職回数は20代の場合は2回、30代以上では3回までは許容範囲とされる事が多い
  • 転職回数が多い求職者に対して、マイナスイメージを抱く企業は少なくない
  • 1社あたりの在籍期間が長い、キャリアプランが明確などの場合はマイナスになりにくい
  • 転職回数が多い人は、職務経歴書や面接練習などの選考対策をしっかり進めよう

転職を経験し、再び転職を考えている人の中には、「転職は何回までなら大丈夫なのか?」と不安を覚える人もいるでしょう。一般的に、転職回数が多いと企業側は採用に対して否定的になるといわれていますが、中にはマイナスにならない転職もあります。この記事では、許容範囲とされる回数の目安、転職が多い場合の選考対策などをまとめています。転職を検討している人は今後の参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職は何回までが許容範囲?年代別に解説

一般的には、転職回数が3回以上になると、人事担当者から「転職が多いな」と思われ始めることが多いといわれます。求職者の年代によっても若干差があるので、覚えておくとよいでしょう。
なお、転職回数は正社員としての勤務が対象。在籍企業数マイナス1が転職回数です。パートやアルバイト、派遣といった職種は転職に含まれないので注意してください。

20代の転職は2回まで

20代の場合、1~2回程度の転職は一般的な範囲とされ、3回になると、「多い」という印象を持たれがちです。20代で複数回転職を繰り返していると、「ジョブホッパー」と認識され、マイナスイメージを持たれやすいということを念頭に置いておきましょう。

ジョブホッパーとは

ジョブホッパーとは、2~3年単位の短いスパンで転職を繰り返す人のことを指します。転職を繰り返す「ジョブホッピング」という言葉が由来です。「ジョブホッパーとは?転職を繰り返すメリットと働き方の特徴」に詳しい内容が書かれてありますので、合わせてお読みください。

30代~40代は3回まで

30代や40代は、結婚や出産、介護などのプライベートの事情で一度退職し再び働く人も多い年代です。そのため、1~3回程度の転職もネガティブなイメージは持たれにくいでしょう。4回以上になると、「多い」という印象になります。

転職3回目は厳しい?20代と30代でアプローチは変わる?志望動機の考え方も解説」でも、転職回数の影響を年代別に紹介しているので、参考になさってください。

未経験OK多数!求人を見てみる

転職回数が多いと不利になる理由

転職回数が多いと不利になるのは、転職回数が多い求職者に対して、企業がマイナスイメージを抱くから。転職回数が多いことに対して「自分を正しく理解できていない」「事前に企業について調べられていない」といった印象を抱く採用担当者は多いでしょう。
また、「飽き性なのでは」「採用してもすぐに辞められたら困る」「責任感が薄いのでは」といった仕事に対する意欲や適性に対して不安視することも。コストをかけて採用した人材にはできるだけ長く働いて欲しいと考える企業が多いため、転職回数が多いと「定着率が低い」と捉える企業は多いようです。

転職回数がマイナスにならないケース

マイナスイメージが強い「転職回数の多さ」ですが、中には、転職の回数よりも実務経験やスキルを重視したり、先入観で相手を判断しないと決めていたりする企業もあります。
理由によっては転職が多くてもマイナスにならないケースも見受けられるので、確認しておきましょう。

1社あたりの就業期間が長い

企業側はあくまでも「短期間での転職回数」を気にしており、それぞれの企業での在籍期間が長ければ短期離職の可能性は低いと考えます。
たとえば、これまで3社に勤務した経験がある人でも、1社あたりが3年の場合と3ヶ月の場合では受ける印象は全く異なるでしょう。
また、1社あたりの経歴がながければ、それぞれの会社で得た経験や学び、職務に必要とされるスキルが身についていると評価されるようです。

キャリアプランが明確

入社後のキャリアプランが明確であり、会社に貢献するという意欲が強い場合も、マイナスイメージを持たれにくいでしょう。企業や部署の考え方と求職者の考え方がマッチしていたりする場合も、マイナスイメージは抱かれにくいです。

退職理由が納得できる

転職回数が多くても、「会社の経営状態が悪くなった」「勤務環境が劣悪だった」「ハラスメントを受けていた」など、納得できる退職理由や会社側に理由のある原因であれば、そこまで問題視されないようです。

転職回数が多い人の選考対策

一般的に転職回数が多いと選考で不利になりやすいと言われていますが、有効な対策法はあるのでしょうか。回数が多いことで選考が進まない…とお悩みの人は、以下を参考にしてみてください。

職務経歴書での注意点

職務経歴書は、あまりに長いと、最後まで担当者に読まれない可能性があります。そのため、A4用紙1~2枚程度にまとめて読みやすくするように工夫しましょう。転職回数が多い場合は時系列ごとの記載ではなく、職務分野別に記載することをおすすめします。
転職回数が多い場合、キャリアの一貫性をPRすることが大切。それに加え、今までの転職で培ってきたスキルや貢献できることを伝えましょう。
職務経歴書の書き方やフォーマットについては「職務経歴書を簡単に作成するための方法を解説!転職を有利に進めよう」を参考にしてください。

面接時の注意点

面接時に効果が期待できるのが、これまでに学んだことを応募先でどう活かせるかをしっかりと説明することです。自分の強みを明確に把握し、それをアピールにつなげるのも効果的でしょう。
面接では、転職回数に関わらず理由について必ず訊かれます。職歴をまとめ、理由を明確に答えられるように整えておきましょう。

転職理由は「自分の頑張りが成果として分かる仕事がしたい」「適性が活かせる仕事が分かったため」などポジティブな回答を意識し、転職回数が多い理由の説明を加えます。
これまでの反省点を踏まえ、今度こそ腰を据えて働くという意欲を示すのも良いでしょう。今まで在籍した職場を悪く言うのはNGです。
職務経歴書の書き方を知りたい、面接の指導を受けたいという場合は、転職エージェントの利用もおすすめです。

転職回数がマイナスになりにくい業界を視野に入れよう

どうしてもスキルや経験が乏しかったり、これまでの転職に一貫性がなかったりする場合は、IT業界や外資系企業といった転職回数にこだわらない業界や、物流や建設、介護、医療、福祉など人材不足の業界を狙うのもおすすめです。
もし、今までに経験のない職種を検討するのであれば、「異業種への転職は若いほど有利?転職しやすい職種とは」が参考になります。

転職回数がネックになってなかなか次の就職先が見つからないなど転職に関するお悩みなら、エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、就職のプロによるカウンセリングや適性診断、これまでの経験やスキルを踏まえた求人の紹介といったサービスを実施しています。
転職理由をポジティブに伝えられない、一貫したキャリアではないのでアピールポイントが分からないという方におすすめ。経験豊富なアドバイザーがあなた専任となって、親身にサポートいたします。すべてのサービスは無料でご利用可能。お気軽にお問い合わせください。

転職回数と未経験職種への転職に関するFAQ

転職の回数や、未経験職種への転職については、疑問に感じる方も多いことでしょう。今回はその中でもよく聞かれる質問に対してQ&A方式でお答えします。

転職で失敗した経験はどのように説明するといい?

転職での失敗がある場合は、無理にとりつくろわずに正直に話すのも1つの方法です。加えて、「失敗からの学び」も伝えられるようにしておくとよいでしょう。誠実な姿勢や積極的に学びを得ようとする姿勢が好印象を与えやすいと言えます。

20代前半で3回目の転職はマイナスになりやすい?

20代前半の場合も、3回以上の転職になるとマイナスイメージを向けられる可能性が高いでしょう。転職理由の伝え方を工夫する必要があります。不本意な転職であった場合は、その点を反映し、今後転職先での貢献について伝えるとよいでしょう。「20代前半で転職回数が多いと不利?好印象を与える5つのコツ」も合わせてご覧ください。

未経験で介護職に転職は可能?

介護職は経験や資格がなくても働けることが多い職種です。求人票に「未経験者OK」と掛かれていたり、就職後に研修を受けられる体制が整っていたりするところを選ぶとよいでしょう。詳しくは、「未経験から介護職に転職したい!無資格も大丈夫?仕事内容も紹介」をご覧ください。

この記事に関連するタグ