1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 異業種への転職は若いほど有利?転職しやすい職種とは

異業種への転職は若いほど有利?転職しやすい職種とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・一般的に、異業種への転職は難易度が高め
    ・異業種への転職でも職種が同じであれば難易度は下がる
    ・急成長中の企業や新規事業を展開している企業は、異業種からの転職者を受け入れる傾向がある
    ・エンジニアや営業、販売職は未経験者OKの求人が多い、人手不足の介護業界は未経験者にチャンスあり
    ・異業種への転職のコツは、転職の動機を明確にし、異業種でも活かせるスキルをアピールすること
    ・第二新卒は異業種への転職でも有利になる傾向がある

一般には、異業種への転職は同業種の転職と比べてハードルが高いものとされています。

「今とは違う業界で働きたい」という方は、未経験者の採用が多い企業や職種について知っておきましょう。

今回のコラムでは、異業種からの採用を積極的に行っている会社の特徴と、転職する際のポイントをご説明します!異業種への転職を成功させるために、参考にしてみてください。

◆異業種への転職の難易度は?

一般的に、異業種への転職は同業種への転職に比べると難しいとされています。

中途採用は新卒採用とは異なり、前職での知識や経験がある即戦力となる人材を採用することが多いからです。そのため、異業種への転職は特に年齢が高くなるにつれて難しくなると言われています。

異業種でも今までと同じ職種であれば、難易度は比較的下がるでしょう。業界は違っても職種が同じだと、今までの経験やスキルをそのまま次の仕事に活かせるため、即戦力としてアピールできるからです。

異業種への転職の中でも最も難易度が高いのが「異業種かつ異職種」のパターン。これにあてはまる方は、転職活動が多少長引くことを考慮して仕事探しをする必要があります。

◆異業種転職者の採用が多い企業の特徴とは

前項では異業種への転職は通常の転職より難易度が上がるとお伝えしましたが、業界や企業によっては、未経験者を積極的に採用している企業や職種も存在します。

異業種への転職を考えている方は、志望する業界の状況ついて自分なりにリサーチしてみましょう。

ここからは、どのような業界・企業、職種が異業種からの転職者を歓迎するのかご説明していきます。

<急成長している企業・新規事業を展開する企業>

まず、急成長している企業では、人材不足のため経験者採用だけでは間に合わず、未経験者の採用を同時に行うことがあります。

また、新規事業を行う企業は、異業種からの転職者を歓迎することも。

新規事業が今まで展開していた分野と異なる場合、企業は異業種の人材が持つ知識や視点を取り入れたいと考えるためです。

<エンジニアやプログラマー> 

未経験者の採用が多い職種としては、エンジニアやプログラマーが挙げられます。

IT業界は現在伸び盛りといわれ、多くの人手を必要としてい る業界です。

知識がなくても、はじめはアシスタントのような仕事からスタートすることも多いため、吸収の早い若手が歓迎されています。

まったく知識がなくても1から育てる、という方針の企業もありますが、これらの専門職の場合、業務経験がない方は自宅で勉強するなど、ある程度の知識を持ってから応募した方が、選考でアピールしやすくなります。

また、趣味でプログラミングをしているという方は、スキルとしてアピールできるでしょう。

<営業職・販売職>

営業職や販売職は、未経験者でも積極的に採用される可能性が高い職種です。

特に営業職は、インセンティブ制度があるなど、成績次第で未経験者でも高い収入を得られる給与体制の企業が多数あります。

これらの職種では「元気がある」「コミュニケーション能力が高い」など、入社後の伸びしろに期待して採用するパターンも多いのが特徴。その時持っているスキルよりも、将来性を期待して採用することは『ポテンシャル採用』とも呼ばれます。

特に成長中のベンチャー企業では、未経験OKの求人が探しやすいのではないでしょうか。

営業職や販売職は売り上げノルマのある職場が多いため、「明確な目標を持って働きたい」「数字を意識した仕事がしたい」という人におすすめ。「人と競争するのが嫌い」という方には不向きかもしれません。

販売職は、能力・努力次第では店長やエリア長などへの昇格があるでしょう。

<福祉・介護業界>

高齢化が進んでいる今、福祉や介護の現場は人手不足を背景に未経験者が歓迎されやすい業界と言えます。

介護業界の仕事は、業内容務によっては資格が必要ですが、無資格者を採用している企業の中には、資格取得支援制度を設けている事業所が多くあります。未経験者であったとしても、資格取得支援制度のある企業に勤務すれば、働きながらスキルアップを目指せるでしょう。

<物流・運輸業界>

ネット通販が普及したせいもあり、物流業界は人手不足の状況が続いています。中でも配送スタッフを増員したい企業は多く、少し探せば未経験OKのドライバー求人を見つけられるのではないでしょうか。

<建設業界>

働き手の高齢化が進み、若手人材が求められています。2020年の東京オリンピックに向けて需要が高まっている業界でもあり、未経験者を歓迎する企業は多いでしょう。

建設と聞くと理系のイメージを持つ方がいるかもしれませんが、管理部門や営業では文系出身者が数多く活躍している業界です。

◆異業種への転職を成功させるコツは?

異業種からの転職を成功させるためには、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。

【下調べに時間をかける】

異業種への転職で最も避けるべきなのは、憧れやイメージだけで転職を決めてしまうこと。業界や職種への憧れが強いとついついその仕事の良い面だけを見てしまいますが、どんな仕事にも大変な面や苦労はあります。

未経験の分野に挑戦する際はかならずインターネットや書籍、知人への相談などを通して情報を集め、入社後に「思っていた仕事と違った」と後悔しないようにしましょう。

【転職理由を明確にする】

異業種からの転職希望者に対して、面接官は「どうしてうちの業界に?」という疑問を抱いているはずです。

もしかすると中には、「前職が嫌になった」というネガティブな気持ちがあるのではないかと、疑う面接官がいるかもしれません。

面接官は転職者が興味本位ではなく、本当に未経験の業界で仕事をする覚悟があるかを見極めようとしています。

異業種への転職を成功させるには、どういった経緯で異業種にチャレンジしようと思い立ったのか、面接官を納得させる志望動機が必要です。

「前職で培ったスキルが活かせる業界だったから」「これまでの経験を活かして新たなキャリアを築きたいから」といった転職活動の背景がイメージできる回答を準備しましょう。

【自分の中の課題を明らかにする】

面接では、異業種にチャレンジする応募者が自分の課題をきちんと把握できているかが見られています。

「異業種だけど自分の力なら何とかなる!」というアピールは一見力強いようで、具体性がない言葉は「無謀なだけでは?」という悪印象を与えることもあります。

異業種に挑戦するなら、今の自分に不足している点を正直に説明した上で、課題に対してどう取り組んでいくのかを説明することが大切です。

企業側は異業種からの転職者が、最初から完璧に仕事をこなすことは期待していません。

面接では応募者が冷静に自分の問題を理解し、入社後に主体的に動ける人材であるかどうかが問われるでしょう。

【異業種でも共通して活かせる強みをアピールする】

社会人としての経験をある程度積んだ方なら、チームをまとめる力やPCスキル、仕事へのこだわりなど、業種が変わっても共通して活かせるスキルがあるのではないでしょうか?

異業種への転職では、前職で身につけたスキルの中から、次の仕事でも役立つ内容をアピールするのがポイント。これまでの経験と入社後に必要なスキルの中から、共通する部分を見つけることが大切です。

ただし、異業種への転職では、スキル面での充分なアピールは難しいかもしれません。強みだけでなく、入社意欲や仕事への熱意もしっかり伝えるようにしましょう。

◆第二新卒は、未経験でも採用の可能性が高い!

一般に同業種・異業種問わず転職に有利と言われているのが、「第二新卒」という存在。

第二新卒とは、新卒で入社した会社を数年以内で辞めた人材を指す言葉で、ある程度の社会人経験がありながらも、若手ならではの柔軟性を備えている人材として重宝されています。

基本的なビジネスマナーが身についている第二新卒は、採用する企業にとっては教育コストが抑えられるメリットがあり、前の企業の色に染まりきっていないので職場への馴染みやすさも魅力です。

第二新卒の採用は、中途採用のように即戦力が求められるのではなく、仕事への熱意やポテンシャルが重視される傾向にあります。

第二新卒は、異業種に挑戦する大きなチャンス。第二新卒として転職活動ができるタイミングにある方は、早めに行動すると良いでしょう。

◆異業種への転職は、ハタラクティブに相談を!

ハタラクティブは20代を中心とする転職・就職支援のエージェントです。

ハタラクティブでは求職者と一緒に自己分析やキャリアの棚卸を行った上で、適性に合った正社員求人をご紹介。

経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンで、求職者の悩み相談に対応します。

また、求人の紹介だけではなく書類作成の指導や面接対策、企業とのやり取り代行などもサービス内容に含むのが特徴です。

一人では難しい異業種へのチャレンジ。ハタラクティブと一緒に転職活動を成功させませんか?

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる