30代業界未経験…それでも転職できる?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・30代の未経験業界への転職は、20代に比べて難しいといわれている
    ・やる気次第では未経験業界への転職は可能で、30代はキャリア転換のラストチャンス
    ・選考では、資格や異業種でも活かせるスキルをアピールしよう
    ・確実に転職を成功させたい人は、エージェントを活用するのがおすすめ

30代になると、未経験業種への転職成功は20代の頃より難しくなります。というのも、一般的に20代の方が若く柔軟で、企業にとって魅力的に映るからです。
といっても、30代は憧れの仕事にチャレンジできる最後のチャンス。転職したいと思ったら、早めに行動に移すのが得策です。
今回のコラムでは未経験業種に転職する方法をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

 

◆業界未経験の30代で転職はできる?

一般に、30代が未経験の業種に転職するのは20代に比べてハードルが上がるといわれています。
30代の転職が難しいといわれるのには、以下のような理由があるようです。

・20代の方が吸収が早い

20代と30代、同じ正社員未経験者であるならば、仕事のやり方にも柔軟な対応が期待できる20代を求める企業が多いのが現状です。
30代はある程度生き方や仕事への考え方が確立されていることが考えられ、教育するのが難しいと思われる傾向にあります。

・年相応のキャリアを求められる

早い人であれば、30代前半は管理職になっている世代。
企業は30代には知識や経験を期待し、即戦力や管理職の候補として採用することを考えます。 
志望する業界での経験があったり、困難な状況を乗り越えた実績があれば、30代でも転職できる見込みはあるかもしれません。


このように、30代での未経験業種への転職は難しいのが実情。

特に、全く違う分野に挑戦したい!という場合には、可能であればポテンシャルで評価される20代のうちに行動に移したほうが有利でしょう。

とはいえ、30代が未経験業種へ転職することが不可能というわけではありません。

次の項目では、30代前半と後半、それぞれの段階でのアドバイスを紹介します。

 

◆30代前半は転職のチャンス!30代後半は…?

30代は20代と比べて異業種への転職が難しいとご説明しましたが、30代前半の人材に対しては、まだポテンシャルや意欲、人柄を評価して採用を行う企業が少なくありません。
即戦力となるスキルがなくても、今までの仕事を通して培った価値観が応募先企業の方針と一致していること、入社後に意欲的に学んでいく姿勢などを示せれば、企業にとっては魅力的な人材と映る可能性があるからです。

一方で、30代後半には一定以上の実務スキルが求められると考えた方が良いでしょう。未経験の仕事で即戦力になるのは難しいかもしれませんが、今までに得たスキルから応募先企業の業務で活かせるものをアピールできれば良いでしょう。

また、30代後半からはリーダーとしての活躍が期待されるため、マネジメント経験がある人はその点を強調します。
このように、異業種でもあっても活かせる要素があれば、プラスに働くと考え積極的にアピールしていくことが大切です。
ただし、30代後半で未経験職種を目指す場合、転職活動が長期化することはあらかじめ覚悟しておいた方が良いでしょう。

◆未経験の業界に正社員として就職するには?

今までと違う業種・職種への転職は難しいという話もありますが、実際に転職の難易度は個人のやる気やスキルによっても異なるものです。
異業種であっても今までの経験や考え方が活かせることもありますし、覚悟がある人は比較的容易に憧れの職種に転職できるかもしれません。

 

ただし、未経験の分野に転職する場合、年収が下がることは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

未経験の分野では、それまでに築いてきたキャリアを活かすことができず、まずは新しい分野の内容を覚えるところから始まるのが一般的。そのため、基本的に給料はそれまでよりも下がる傾向にあります。

30代の転職の場合、前職では役職についていた、昇給があって給料が上がっていた…という人も多いでしょう。そういった環境を捨てて1からやり直しても後悔しないか、きちんと考えた上で行動に移す必要があります。


30代の未経験業界への転職は20代より難しくなるのは確かですが、キャリア転換するのなら30代は最後のチャンス。

今の仕事に問題があり、10年、20年後に同じ環境にいることが耐えられないという人は、前向きに転職を検討した方が良いでしょう。
未経験分野への転職を有利にするコツをお教えしますので、参考にしてみてください。

【転職に役立つ資格を取得する】 

一口に資格と言っても、業務に役立つ資格や就職・仕事には全く関係ないものまでさまざま。もし取得する際は、志望企業や希望職種で役立つ資格を選ぶのがおすすめです。
選考時は、ただ取得した事実を伝えるのではなく、勉強方法や取得までの期間を押さえておきましょう。効率的に仕事ができる、集中力があるなど、自分の長所としてアピールできます。

【アルバイトや契約社員から正社員登用を目指す】

最初は雇用形態にこだわらず、働きながら同僚の信頼を得て正社員を目指すという方法もあります。 
ただし、求人に「正社員登用前提」「正社員登用あり」と記されていても、保障されているものではありません。
面接時に具体的に正社員登用制度を利用した人数や、近年で利用した人の話を聞いてみるなどの対処が必要な場合もあるでしょう。
しっかり将来を見据えて、入社後も努力を怠らないようすることも大切です。

【仕事に繋がる人脈を形成する】

同窓会や異業種交流会などで、仕事を探していることをアピールしていると声をかけてもらえるかもしれません。 
そのためには、自分の特技やコミュニケーションスキルを磨いて、他人から見て紹介したくなる人物になれるよう努力する必要があります。 

【今までの経験を活かす】

未経験業界への転職では、確かに仕事の専門的なスキルは不足しているかもしれません。しかし、今までの自分の経験を振り返ると、転職先でも共通して活かせそうな部分が見つかるのではないでしょうか?
例えば前職でリーダー的なポジションにあった人は、マネジメント能力をアピールできます。
また、効率的に仕事をこなすノウハウや考え方は、別の職種でも活かせるかもしれません。
「未経験業界への転職だから、今までの経験は役に立たない」と考えず、応募書類や面接では、これまであなたが培ってきた力を自信を持ってアピールしましょう。

【エージェントを利用する】

転職では、未経験者を歓迎する条件の良い求人を探すだけでも一苦労です。さらに未経験者OKとはいっても、経験者が応募してきた時に未経験者が採用されるのは難しいでしょう。

未経験業種・職種への転職は、アピールの仕方や求人の探し方にコツがあり、転職の成功率を高めたいならプロに頼るのがおすすめです。

◆転職活動は在職中がおすすめ

転職活動を在職中にするか退職後にするか悩む方がいますが、未経験業種への転職活動は長期化することがあるため、できれば在職中がおすすめ。
在職中であれば収入があるので焦って不本意な転職先に決めてしまうことがなく、転職が長期化してもブランク(無職期間)ができません。

半年以上のブランクは、「働く意欲がないのでは?」「何か問題のある人材なのでは?」というマイナスイメージを持たれる可能性があるので、注意が必要。

在職中の転職活動は仕事との両立や面接の日程調整に苦労がありますが、いざという時のリスクを抑えることができます。

◆未経験者の転職に強い、転職エージェントを利用しませんか?

未経験の業種や職種に転職するには、転職に関する知識や豊富な求人情報が必要となります。

自分のこれまでの経験の棚卸しや十分な企業研究を行うためにも、転職に強いエージェントを活用してみてはいかがですか?


ハタラクティブでは、若年層向け就職・転職支援サービスを提供しています。

当サービスでは、転職が初めてという方がスムーズに転職活動できるよう、アドバイザーが丁寧なカウンセリングを実施。ご希望をヒアリングした上で求人提案をするので、1人では見つけられなかった理想のお仕事と出会える可能性が高まります。

また、ハタラクティブでは企業とのやり取りや面接の日程調整を全て代行するため、在職中で忙しい方も安心。

その時々のお悩みやご希望をお聞きしながら、理想の転職先が見つかるようサポートしていきます。

ハタラクティブのサービスは全て無料。書類対策や面接指導も行っているので、充分に準備を整えて選考に臨むことが可能です!

転職するか悩んでいる、未経験の仕事に挑戦できるか不安…そんなお悩みを抱えている方は、まずはお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ