新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職するべきかどうか分からない…職場を変えるメリットとデメリットとは

転職するべきかどうか分からない…職場を変えるメリットとデメリットとは

公開日:

最終更新日:

転職するべきかどうか分からない…職場を変えるメリットとデメリットとはの画像

【このページのまとめ】

  • ・転職するべきか悩んでいる人は、ポジティブな理由もネガティブな理由も抱えている
    ・スキルアップをしたい人や自分の市場価値を理解している人は転職するべき
    ・転職の目的がはっきりしていない人や自己分析ができていない人は転職に向いていない
    ・職場を変えるメリットとデメリットを理解して転職するべきかを判断しよう
    ・転職するべきかどうか悩んでいる人はエージェントを利用するのも一つの手

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

「スキルアップしたい」「社風が合わない」など、転職を検討する理由は人によってさまざま。
転職するべきかどうか、いまいち踏ん切りがつかない人もいるのではないでしょうか。
このコラムでは、転職するべき人とそうでない人の特徴をまとめました。
また、転職によって得られるメリットとデメリットについても解説。
転職するべきかどうかの診断基準を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。



ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

転職するべきかどうか悩んでいる人の理由

転職するべきかどうか悩んでいる人には、何かしらの理由があります。転職に迷っている人に見られる特徴は以下のとおりです。


・転職がうまくいくのか自信がない
・職場の人間関係で悩んでいる
・挑戦してみたい分野を任せてもらえない
・自分の能力がどこまで通用するのか知りたい
・職場にいるのがつらいと感じている
・社風や方針が合わない
・いまの仕事へ対するモチベーションが下がっている
・待遇の良いところで働きたい


転職したいと考えている人には、ポジティブな理由もネガティブな理由もあります。
いざ自分が転職するとなると、本当に仕事を変えても良いのか判断に迷うこともあるでしょう。



転職するべきかどうかの診断基準

転職を通して仕事における待遇や生活を変えられることがあります。
下記では、転職をするべき人の特徴についてご紹介。自分がどのような立ち位置にいるのか知りたい方はご一読ください。


スキルアップやキャリアアップを図りたい

自分に足りていないスキルを追求する姿勢は、転職活動において非常に重要です。
「現職ではこれ以上のスキルアップを期待できない」と感じたら、自分の希望する条件が満たせるところへ転職を検討してみてはいかがでしょうか。
スキルアップやキャリアアップを理由に転職する場合は志望動機にも絡めやすいので、熱意や意欲が評価されるはずです。


スキルアップやキャリアアップを望めない環境で長く働き続けると、自身の専門性を高めるチャンスを逃してしまう可能性があります。
やりたいことや挑戦したい分野があるのに我慢をしていれば、仕事に対するモチベーションが下がってしまうので注意が必要です。
転職するタイミングは人それぞれですが、意欲的に取り組みたいことがあるのなら早めに求職活動へ移すのが良いでしょう。


自分の強みや市場価値を理解している

自分の強みや市場価値についてきちんと理解していれば、企業の求める人物像に沿ったアピールが可能です。
転職市場では、これまでに培ってきた経験やスキルからノウハウを身につけ、自社で活躍を続けられる人が求められます。
転職市場における需要と供給を把握し、会社での成長力があることを伝えましょう。


志望する業界や職種で活用できる強みがあれば、転職先でも十分な能力を発揮できるはずです。
自分の強みを理解して希望条件に沿った職場に入れば頑張りが評価されやすく、転職の満足度が高く感じられるでしょう。


現在の職場で精神的な負担を感じている

職場のストレスや疲労によって心身の負担を感じている人は、早めに転職を検討した方が良いでしょう。
精神的なダメージが蓄積すると休日になっても心が休まらず、私生活にも影響を及ぼす可能性があります。


体調不良の原因を自覚したときには、長期間の休息が必要になってしまうことも。
転職をしないという選択肢によって心身に支障をきたしてしまっては元も子もありません。
上司に相談しても職場に改善が見られない場合は、一刻も早く転職活動に取り組みましょう。


転職するべきではない人

転職を希望していたとしても、現在の仕事を続けた方が良い人もいます。転職するべきではない人の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。


転職の目的が明確ではない

「知人が転職に成功したから」「ネームバリューのある会社で働きたい」といった理由では、転職の目的やビジョンが曖昧です。
転職そのものを目的としてしまうと、企業に魅力的なアピールができず、内定の取得ができません。


また、今後のキャリアをしっかり考えていなければ、転職できたとしても早期離職に繋がってしまう可能性があります。
現在抱えている問題を洗い出し、「なぜ転職したいのか」「転職先でどのような仕事に取り組みたいのか」を明確にしましょう。
数年後の自分をイメージし、どのようなキャリアを築いていきたいかを考えることが大切です。


正しい自己分析ができていない

自分の経歴や転職回数、スキルなどを正しく理解していなければ、転職活動の準備が整えられていないと判断されてしまいます。
自己分析は、転職活動に取り組むうえで重要な要素です。
自分は何を得意としているのかを掴めれば、これまで気づかなかった仕事を選択肢に含められる可能性があります。


現状を変えたいという気持ちがあるなら、「どのようなスキルをもっているのか」「志望する企業や業界にとってどれほどの価値があるか」を振り返るのがおすすめ。
キャリアの棚卸しをすることで、自分の経験を活かせる業種が見つかる場合もあります。


仕事に対する責任感がない

仕事に対する責任感から逃れる目的で転職してはいけません。社会人として働く以上、仕事には責任感がつきものです。
転職市場においても、組織の人間として役に立つことが求められます。


仕事に対する責任感がない状態で転職をしたら、「前の職場環境の方が良かった」と感じてしまう可能性も。
現職の責任感から逃れたい理由を明確にし、自分にとって感じるストレスが少ない仕事を見つけることが大切です。
そのうえで「転職したい」と感じたら、企業研究や業界研究に取り掛かり、業務内容に自分が責任を持てるかを分析しましょう。


転職するメリットとデメリット

転職にはメリットとデメリットがあります。以下の内容を参考にし、自分は転職するべきなのかを検討してみてください。


転職のメリット

希望条件に適した職場で働ける

現在の職場に不満がある場合は、転職をすることで待遇面の改善に期待できます。
職場を変えれば残業を減らしたり、固定の曜日で休日を取得できたりと、ワーク・ライフ・バランスを整えることも可能です。
このように、転職によって現在抱えている悩みが解消することもあります。職場環境が変化すれば、気持ちを入れ替えて業務に取り組めるでしょう。


自分のスキルを最大限に活かせる

現職で思うように活躍できていない方は、自分に合った企業に転職することで、培ってきたスキルを発揮して仕事に取り組めるはずです。
新卒の採用とは異なり、転職の場合はある程度のスキルや経験が備わっているので、即戦力としての活躍が実現できる場合も。
専門的な知識や技術を有している方は、転職市場においても引く手あまたです。


新しい挑戦によってスキルアップできる

新しい環境・業界・職種に就けば、新しいスキルを身につけたり専門性を向上させたりすることが可能です。
また、現職での経験を積み重ねておけば、新卒でチャレンジできなかった企業で働ける可能性も。
新しい業務に取り組むことで上位資格の取得が実現できたり、キャリア形成に繋がったりすることもメリットとして挙げられるでしょう。


転職のデメリット

収入が減少する可能性がある

基本給そのものが低くなったり、残業がなくなることで時間外手当の支給がなくなったりすると、転職前より収入が減る可能性もあります。
また、転職先の基本給が高くても、諸手当の支給は前職の方が手厚いことも。
転職後に月収が変化しても、私生活に影響の出ないよう注意が必要です。


特に未経験の業界へ挑戦する場合、現在の年収を維持するのは難しいでしょう。
業界や職種に成長性があれば、長く在籍することで収入面の問題は解決できる場合も考えられます。


人間関係の構築に時間がかかる

職場が変わると、人間関係を一から構築しなくてはなりません。
所属する部署やプロジェクトの人員が多いと、顔や名前を覚えるのにも時間がかかります。
人間関係が理由で転職した場合、新しい職場で良好な関係性が築けなければ同じような悩みを抱えてしまうので注意が必要です。


とはいえ、新しい人間関係を構築できれば縦横の繋がりが強化されることも。
会社の雰囲気が自分にあっていれば、新しい環境で上司や同僚とともに成長していけるでしょう。


社会的信用度が低くなる場合もある

特に大手企業から中小企業へ転職する場合は、社会的信用度が低くなってしまう可能性があります。
万が一社会的信用度が低くなると、ローン審査の通過が難しくなることも。
将来的に車や住宅などの購入を考えている場合は、契約がスムーズに進まない可能性も考えられるでしょう。


転職をすれば不安や悩みが改善できるというイメージを持っている人もいますが、リスクやデメリットがあることにも注意が必要です。
転職を検討する際は、今後のキャリアや仕事へのモチベーションについて考え、慎重に判断することが大切。
仕事内容や職場環境だけでなく、自分を取り巻く環境がどのように変化するのかを思い浮かべるようにしましょう。
メリットとデメリットの両方を照らし合わせたうえで、自身が転職するべきかどうかを総合的に判断します。


転職するべきかどうかのお悩みに関するQ&A

転職をするべきかどうかの考え方は人それぞれです。ここでは、転職に関するお悩みをQ&A方式で解決します。


未経験の業界や職種の収入アップは難しい?

未経験の分野では、転職後に収入を上げるのが難しい傾向にあります。 とはいえ、転職したからといって必ずしも収入が低くなるわけではありません。
一時的に給料が下がったとしても、長い目で見れば収入アップに繋がる可能性があります。
詳しくは「転職をすると給料は下がる?収入アップを目指すための交渉術」をご覧ください。


転職する勇気が出ません。

転職する勇気が出ない人は、「仕事と転職活動の両立ができるか不安」「転職先で活躍できるか分からない」といった悩みを抱えている場合があります。転職活動を前向きに取り組めれば、キャリアプランの実現に近づける可能性も。転職する勇気を出したい人は、「転職する勇気が出ない理由とそれを克服する方法」を参考にしてみてください。


転職活動には資格が必須になる?

資格を所持していなくても転職を実現することは可能です。採用担当者は、仕事に対する取り組み方や熱意を見ています。しかし、求人によっては応募条件に必須資格が書かれているのものがあるので注意が必要です。資格なしの転職の詳細は、「資格なしの転職は不利?企業が重視するポイントとは」をご一読ください。


転職に有利なタイミングはありますか?

転職活動に取り組むのにも、ベストなタイミングはあります。求人の多さを重視したいのか、競争相手が少ない時期を選びたいのか、希望によって転職のタイミングは異なるようです。転職時期について詳しく知りたい方は、「転職時期を見極めて就職活動を有利に進めよう!」をチェックしてみてください。


20代後半からの転職で注意すべきポイントとは?

20代後半は経験やスキルが積み重なり、キャリア形成を図り始める年代です。即戦力としての採用を検討している企業も多いため、自分が企業の求める人物像に沿っていることをアピールします。20代後半で転職を考えている方は、「28歳の就職は遅くない!就活を成功させる4つのポイント」を参考にしてみてはいかがでしょうか。スムーズな転職活動に取り組みたいなら、ハタラクティブにご相談ください。


転職するべきか相談するなら

「自分は転職するべきなのか分からない…」という方は、エージェントの利用を検討するのも一つの手です。
ハタラクティブでは、若年層に特化した転職支援サービスを提供しています。
専任のアドバイザーがあなたの経験やスキルをヒアリングし、適切な求人をご紹介。
ここにしかない非公開求人も多数有しているので、あなたの希望条件にぴったりの転職先がきっと見つかります。


ハタラクティブでは、履歴書や職務経歴書の書き方もしっかり指導。
本番を意識した面接対策も行っているので、的確な回答で採用担当者へあなたの魅力を伝えられます。
また、企業との交渉や転職後のアフターフォローにも対応しているため、転職が初めての方も安心です。


エージェントのサポートを最大限に活用すれば、自力で大変な思いをすることなく転職活動が行えます。
転職するべきか迷っている場合は、エージェントに相談するだけで気持ちの整理がつくことも。
転職に対して意欲的な方はもちろん、どうするか悩んでいるという方も、まずは気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ