転職で勇気が出ないときの対処法とは?決心後のとるべき行動も解説!

転職で勇気が出ないときの対処法とは?決心後のとるべき行動も解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職で勇気が出ないのはリスクが不安だから
  • ・転職で勇気が出ないときは、転職することのメリットを整理しよう
  • ・転職の勇気と決心ができたらロードマップを作成する

転職する勇気が出ないときはどうすれば良いかお悩みの方は多いのではないでしょうか?
現職に留まるべきか、思い切って転職に踏み出すべきかで迷ってしまうもの。しかし、転職することによって、大きくキャリアアップできる可能性があります。
このコラムでは、転職の勇気が出ないときの対処法を解説。ぜひこのコラムを参考に、転職に向けたスタートを切ってください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職で勇気が出ないときの8つの対処法

転職で勇気が出ないときは、「現在の仕事を見つめ直す」「第三者に相談する」などが有効です。
転職の勇気をどう振り絞ったらいいか、悩んでいる方も多いはず。この項目では、転職で勇気が出ないときの対処法をご紹介します。転職に迷っている方はぜひ参考にして、一歩前へ踏み出してください。

1.現在の仕事を見つめ直す

転職に勇気が出ない場合は、まず現在の仕事を見つめ直してみましょう。現職で転職に求める条件が満たされるのか満たされないのかよく考えてみて、そのうえで判断してみてください。
たとえば、転職で年収50万円アップを目標とした場合、現在の仕事でも達成できそうというのなら、無理に転職する必要はありません。しかし、どうも無理そうだということなら、転職に向かって踏み出す準備が必要です。
現職を続けるべきか転職すべきか、現在の仕事を見つめ直すことで、行動に移る気持ちが生まれるでしょう。

2.知り合いや友人に相談する

転職の勇気が出ないときは、知り合いや友人に相談してみましょう。特に、転職先として考えている業界や職種に関わっている知り合いや友人に相談すると、有益なアドバイスをもらえる可能性があります。
また、業界の動向はもちろん、今後伸びる可能性のある会社や中途採用に積極的な会社の情報も提供してくれる場合もあるでしょう。

3.転職のメリットを整理する

転職にはデメリットもありますが、そればかり考えていたのでは勇気も出ません。そこで、考え方を変えて、転職することのメリットを整理してみましょう。
その際は、具体的なイメージを持つことが大事。「転職先の候補としている会社は平均年収が高いので給料が上がりそう」「子育てしながら勤めている社員が多い会社なら、今よりも良い環境で仕事ができそう」などのように考えていけば、転職に積極的になれます。
転職のメリットを考えるうえで必要なことは、確かな情報収集をすることです。そのうえで、良いところをたくさん探して見出せれば、転職の勇気も湧いてくるでしょう。

4.ポジティブシンキングを心掛ける

転職に勇気が出ないときは、ポジティブシンキングを心掛けてください。
転職する理由として挙げられるのは、主に「給料が安い」「人間関係がつらい」「仕事が自分に向いていない」など。しかし、転職先でも同じ悩みが生じるのではと不安になり、転職の勇気が出てこない可能性もあります。
このようなネガティブシンキングを繰り返していては、前へは進めません。そこでポジティブシンキングを心掛けるためにも、まずは言葉をポジティブなものに変えてみましょう。
ネガティブな言葉を浮かんできたら、どうしてそう思うのか理由を考えて、克服方法を見つけていくのです。
「転職で給料を上げたい」「転職で良い人間関係を築きたい」という願望に対して、「無理かもしれない」「そううまくは行かない」などネガティブな言葉が出てきたら、そう考える理由を分析して、どのような行動に移れば良いのかを検討しましょう。
これを一つずつやることで、ポジティブシンキングに変わっていきます。そのうえで、転職に臨めば、勇気も湧いて活発に行動ができるでしょう。

5.転職エージェントに相談する

転職の勇気が湧かないときに有効な方法が転職エージェントに相談することです。転職エージェントは、豊富な専門的知見に基づいた的確なアドバイスをしてくれます。
転職エージェントに相談したからといって、踏み出さなければいけないというわけではありません。転職活動に乗り出す前の段階のいろいろな相談ができます。具体的には次のような相談ができるでしょう。

・現在の職場の不満について
・今後のキャリアプランの立て方について
・業界の動向について
・転職市場について
・競合他社での働き方について

このように転職エージェントと話をすることで、転職に対する新たな視点も生まれて、勇気が出てくる可能性があります。

6.転職したい原因を見直す

転職したい原因が「今の仕事に飽きてきた」「毎日が充実していない」など曖昧な場合は、あまり積極的に活動に取り組む気がしないものです。さらに詳しく転職したい原因を分析しなければいけません。原因として以下のようなことが考えられます。

・給料や待遇が悪い
・休みが少ない
・上司とうまくいっていない
・会社の将来が不安
・現在の仕事が嫌い

このように原因がはっきりとわかってくると、ではどうすればいいのか、転職すべきかの判断がしやすくなるでしょう。そのうえで、現状を変えるためには転職しかないと思うようになれば、勇気も湧いてくるはずです。

7.自分の人生・キャリアの優先順位をつける

人生やキャリアにおいてはすべてを獲得することはできないので、優先順位を定める必要があります何を先に目指すべきか、何は妥協して良いのかを決めることが大切です。
転職について漠然としたイメージしか持っていない段階では、具体的な転職活動には繋がりません。
そこで、自分の人生・キャリアにおいて、ここは優先したいという順位を明確にする必要があります。それができれば、転職活動のイメージを作りやすくなって、勇気も得られるでしょう。

8.キャリアアドバイザーに相談する

転職エージェントに相談すれば、勇気も湧いてくることがありますが、話をする相手はキャリアアドバイザーになります。キャリアアドバイザーは転職のプロですから、自分では得られない情報や知識を持っているため参考になるはずです。

転職する勇気が出ないときの対処法については、「転職する勇気が出ない…そんなときはどうする?」でも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

転職はキャリアアップの機会?

転職に対するイメージも最近は大きく変化し、キャリアアップのためにあえて違う職場を探すという人も増えてきています。

以前の日本では、年功序列、終身雇用制度が定着していたこともあり、転職することなく1社に勤め続けるのが一般的でした。同じ会社でキャリアアップを目指していくという風潮だったのです。

しかし、時代は変わって企業の置かれた状況も厳しくなり、年功序列、終身雇用制度も維持しにくくなってきました。また、外資系企業の影響もあり、生涯1社に勤めるという慣習も変わってきたのです。

転職で勇気が出ない8つの理由

転職に対するイメージが変わりつつあるとはいっても、実際にやろうとすると、勇気が出ないこともよくあります。では、なぜ転職で勇気が出ないのか、その理由を分析してみましょう。ここでは8つの理由を挙げてみます。

1.転職活動についてよく知らない

転職で勇気が出ない理由の一つとして、よく内容を掴めていないことが考えられます。退職して再就職するまでには多くのステップがありますが、そのことについて知らない場合は、転職しようという気持ちが出にくいものです。
転職活動についてよく知らないと、何から始めれば良いのかも分かりません。これでは勇気も出ないでしょう。そこでまずは、転職活動について一から学ぶことが必要になります。

2.慣れた環境から離れるのが不安

慣れた環境から離れることの不安が、勇気が出にくい理由になっている可能性もあります。
これまで勤めてきた会社の環境にはすっかり慣れていることでしょう。仕事の仕方も習得し、友人もたくさんできたはずです。
そんな慣れた環境から離れるには勇気がいるので、すぐに転職という気にもならず、どうするか迷うこともあるでしょう。

3.経済状況の変化が不安

転職によって、収入がアップし、経済状況が以前よりも良くなるという保証はありません。かえって収入がダウンする可能性もあるでしょう。
また、前の仕事を辞めて、再就職先を見つけるまでの間に必要な費用の問題もあります。そう考えると、どうしても転職に勇気が出ないということにも繋がるでしょう。

4.転職が最善の解決策か分からない

転職することが最善の解決策であるか分からないことで勇気が出ない場合もあります。
転職によって今まで抱えていた問題が解決するとは限らず、かえって状況が悪化する場合もあるでしょう
たとえば、職場の人間関係の悩みを抱えていた人が、転職先でも同じ問題を持ち続ける可能性も。長時間労働に苦労していた人が、次の職場でも残業や休日出勤を命じられることもあるでしょう。
つまり、転職が最善の解決策かどうかは、実際に実行してみるまでは分からないのです。

5.退職を伝える勇気がない

転職のために会社を退職しようという場合、上司がどう反応するだろうか、引き留められるだろうかなどの思いが先立ち、なかなか言い出す勇気が出ないものです。どうしても上司の反応が気になってしまい、自分の方から伝えられないことがあります。
実際に、退職を切り出して叱られた、脅されたということもあるようです。中には、退職自体を受け付けてくれない上司もいるでしょう。そんな例があると聞くと、退職を伝える勇気もなくなり、転職が前に進行しにくくなります。

6.転職に失敗するリスクが不安

転職したら、必ずしも状況が改善すると保証されているわけではありません。転職が失敗し、今よりも悪い環境で仕事をするリスクもあります
たとえば、大幅な年収減少やブラック企業への転職、人間関係の悪化、休日が少なくなるなど。このようなリスクが不安で、転職する勇気が出なくなることもあるでしょう。

7.周囲の理解が得られるか不安

転職という行為は自分自身だけでなく、周囲、特に家族にも大きな影響が及びます。それだけに、理解が簡単に得られない場合も考えられるでしょう。
転職を周囲に反対されてしまう場合もも。「今の会社で頑張った方が良いのでは?」と言われる可能性もあるでしょう。
そんなことを考えているうちに、転職の勇気が失せてしまうこともあります。それを避けるためにも、しっかりとした転職プランを伝えて、周囲の理解を得る必要があるでしょう。

8.新たなことに挑戦する勇気がない

新たなことに挑戦する勇気が出ず、転職に踏み切れない場合もあります。
多くの人にとっては、現状維持の方が楽です。現状維持なら、新しいことを覚える必要もなく、これまでとは違う人間関係で苦労することもなくなります。しかし、転職では新しい職場で仕事を一から覚える必要があり、新たなことに挑戦する勇気がないと、転職への一歩を踏み出せなくなくなります。

転職する勇気がでなくて悩んでいる人は「転職に対する不安とその解消法」もあわせてチェックしてみてください。

転職を決心したらやるべき7つのこと

転職の勇気が湧いて決心ができたら、実際に行動を起こしましょう。ここでは、転職を決心したときにやるべきことをまとめたので、ぜひ実行してみてください。

1.円満に退社できる方法を考える

転職する際は、前の会社を退社することになりますが、円満に進むようにしなければいけません。円満退社により、嫌な思いをすることなく事務手続きがスムーズに行われ、モチベーションも下がらずに済みます。
円満退社するには、退社(退職)理由をポジティブにすること。会社への不満などは述べずに、「将来のためのスキルを身に付けたいので」「次のステップに進むためです」などのように、相手を傷つけないような配慮をする必要があります。
また、社員が退社ともなれば、引継ぎを含めて会社側にも準備があるので、できるだけ早く意思を伝えることも大切です。

2.転職までのロードマップを作成する

転職への決心がついたときに大事なのがロードマップの作成です。計画性を持って、手順よく進めていくためです。
ロードマップ作成では、まずいつまでに内定を獲得すればいいかを設定しておきます。この設定ができると、転職活動を開始すべき時期、前の会社からの退社時期、それまでにしておいた方が良いことなどが明確になってくるでしょう。
ロードマップの作成がうまくいき、前の会社からの退社から再就職までスムーズに進めば、無収入期間も短くなり、生活状態も安定します。

3.転職する時期を考える

転職活動を始めて、実際に新しい会社に入社するまでに一定の期間が必要です。その期間がどれくらいになるかを予測して、転職をする時期を考えておきましょう。
一つの方法としておすすめできるのが逆算スケジュールです。転職する時期を決めておき、さかのぼって活動開始時期を判断します。
ロードマップの作成の項目にも通じることですが、ただやみくもに転職活動を始めて進めていくよりも、逆算スケジュールで限られた時間を効率的に使うようにした方が良いでしょう。

4.自分の能力を整理する

転職を決心したら、自分の能力を整理してみましょう。その際は、客観性を失わないようにすることが大切です。ポイントは、謙遜し過ぎないことや苦戦したことも取り上げることなどです。
自分で自分の能力が整理できるようになると、履歴書や職務経歴書の作成、面接の際に役立つでしょう。アピールポイントとして訴えることができれば、担当者に良い印象を残すこともできます。

5.転職成功に向けた情報収集をする

転職を決心した際にやるべきことが情報収集です。まず求人情報をチェックし、良いと思える会社が見つかったら、その会社のWebサイトを訪れてみます。
Webサイトには、会社の基本情報だけではなく、社員紹介やインタビューなども掲載されていることがあるため、どんな雰囲気で働いているのかが掴めるでしょう。
Webサイト以外では、転職イベントやセミナー、合同企業説明会などで情報収集する方法があります。特に合同企業説明会では、たくさんの企業からの情報収集が可能です。また、採用担当者の直接の声も聞ける貴重な機会でもあります。

6.転職先に求める優先順位を決める

転職活動をする際には、よく「転職の軸を決めよう」と言います。転職の軸とは、次の仕事を選ぶときに重視する条件です。つまり、何を優先すべきかということであり、軸が定まるとどのような会社や業界を転職先とすべきかが見えてきます。
転職の軸となる条件には次のようなものがあります。

・仕事内容に関する条件
・収入に関する条件
・就業環境に関する条件
・勤務日や時間に関する条件
・福利厚生に関する条件
・昇進や昇給に関する条件
・経営方針に関する条件

以上のような条件について、転職先に求める優先順位を決めておくことで、より具体的な候補を見出せるでしょう。

7.転職サイトに登録する

転職しようということなら、転職サイトに登録しましょう。無料で登録でき、求人情報の検索ができます。登録だけして転職しなくても問題はありません。
転職サイトに登録する際に気になるのが会社にばれないかです。多くの人は会社に在籍したままで転職活動を行うので、登録がばれると気まずい思いもします。
会社にばれないためのポイントは以下のようなものです。

・同僚に言わない
・情報管理がしっかりしている転職サイトを使う
・細かい情報を書き過ぎない
・会社のパソコンやアドレスは使わない

以上のようなことに注意しておけば、転職サイト利用によって大きなメリットを得られるでしょう。

今自分にできることは何か考えることが大事
転職を決断する前に、今の自分にできることは何かを考えることが大事です。自分の現況を多角的に見て、転職が必要と感じたら行動に移しましょう。
転職を決断すべきか否か迷った時に考えるべきこととは?」でも詳しくご紹介しているので、ぜひご一読ください。

転職する勇気を出して一歩を踏み出そう

転職する勇気がなかなか出ないことがあります。さまざまな理由によりますが、転職の必要性を感じたら、気持ちをそちらに向けなければいけません。
「転職する勇気が出ない」「どう転職活動を進めれば良いかわからない」という場合は、ぜひハタラクティブをご利用ください。経験豊かな就活アドバイザーが一人ひとりに有益なアドバイスをします。
また、非公開求人情報や未経験者OKな転職先も用意しているため、ご自分にぴったりマッチする候補も見つけやすいでしょう。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION