転職したいけど勇気が出ない…ためらう理由や不安と解消法

転職したいけど勇気が出ない…ためらう理由や不安と解消法の画像

この記事のまとめ

  • 転職に対して「仕事が見つかるか分からない」など不安を抱く人は多い
  • 転職をする勇気が出ないときは、「転職する目的や理由」を明らかにしよう
  • 勇気を持って転職すると収入アップや新たな出会いに期待できる

転職する勇気が出ないときはどうすれば良いかお悩みの方は多いのではないでしょうか?現職に留まるべきか、思い切って転職に踏み出すべきかで迷ってしまうもの。しかし、転職することによって、大きくキャリアアップできる可能性があります。このコラムでは、転職の勇気が出ないときの対処法を解説。ぜひこのコラムを参考に、転職に向けたスタートを切ってください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職の勇気が出ない理由は?よくある不安と対処法

転職を考えているものの実行する勇気が出ない理由で多いのが、自分に合った転職先が見つかるか不安だから。また、転職をしても仕事を覚えられるか、人間関係を築けるか不安に感じて実行に移せない方もいるようです。

自分に合った転職先が見つかるか分からない

転職を考えているものの、自分の希望や適性に合った転職先が見つかるか不安で勇気が出ない、という方は多いようです。

とりあえず転職活動をしてみる

自分に合った転職先が見つかるか不安で転職の勇気が出ないなら、とりあえず転職サイトに登録したり、興味のある業界や仕事を調べてみたりしましょう。具体的にどんな求人があるのか、自分が転職できそうかを把握することで、転職に対して勇気を持って取り組めるようになるでしょう。

転職先でうまくやれるか分からない

転職をしても仕事を覚えられるか、良好な人間関係を築けるかなどに対して不安を抱く方もいるでしょう。たとえ同じ業界や職種の仕事に転職しても、企業が変わればやり方も変わります。環境の変化に対して不安を抱き、転職の勇気が出ないのはよくあることと言えるでしょう。

事前に対策を考えておく

仕事を覚えられるか不安なら、「仕事が覚えられない!原因と対処法を解説」のコラムを参考に自分の傾向を把握して対策しておくべき。
人間関係に対して不安を抱いているなら、挨拶やコミュニケーション、適度な距離を意識して付き合ってみましょう。「仕事の人間関係のトラブルは解決できる!?」のコラムでも説明しているように、社内のコミュニケーションの距離をしっかり掴むことが、円滑な人間関係を築くコツです。

今の仕事を辞めて転職すべきか分からない

そもそも今の仕事を辞めて転職すべきかどうか分からない、という方もいるでしょう。周囲が転職をしたから、なんとなく転職したいからなど明確な理由のない転職は、目的や目標がないため失敗しやすいです。

自分の市場価値を確認する

今の仕事に特に不満などはなくても転職を考えているなら、自分の市場価値を確認するのがおすすめ。自分はどんなスキルや経験を持っているのか、これらを活用するとどんなキャリアや選択肢があるのかを知ることで、進むべき道が見えてくることもあります。

勇気が出ないからと転職を先送りにするリスク

「言い出す勇気がないから」と転職を希望しているにも関わらず先送りにしていると、以下のリスクを負う可能性が高まります。

年齢に応じて求められるスキルは高くなる

20代と30代では、企業が従業員に求めることは変わります。一般的に、20代は「若さ」や「ポテンシャル」を評価されるため、経験やスキルが浅くても転職が叶うこともあるでしょう。しかし、30代に対しては「これまでの実績」「マネジメントスキル」など、より実践的かつ即戦力になる人材を求める企業が増えてきます。未経験の業界や職種へ転職を検討しているなら、先延ばしにせず若いうちのほうが転職チャンスは多いでしょう。

転職が難しい状況になる可能性がある

「◯年後に転職しよう」と考えていても、社会情勢や経済状況によっては計画通りいかないことも。自分のなかで立てている転職計画通りにいかず、タイミングを逃す可能性があります。転職する勇気がでなくて悩んでいる人は「仕事を辞めたいけど転職できるか不安…気がかりの解消法を紹介」もあわせてチェックしてみてください。

自分を取り巻く環境が変わって転職が難しくなる恐れがある

転職を決断する勇気が出ずに迷っている間に、転勤や異動になったり、長時間を要するプロジェクト担当になったりして転職自体が難しくなることも考えられるでしょう。

転職で悩んだときに考えること

転職に対して勇気が出ない、不安があって踏み出せない、そもそも転職すべきか悩んでいるといった場合は、安易に転職せず「なぜ転職したいのか」「転職しないと解決しないのか」を考えることが大切です。

転職につながる理由や原因を改めて整理する

転職したい原因が「今の仕事に飽きてきた」「毎日が充実していない」など曖昧な場合は、明確な目的のない転職となってしまうため失敗する可能性が高まります。転職すべきか悩んだら、「なぜ転職したいのか」を考え、転職によって叶えたいことを整理してみましょう。具体的には以下が挙げられます。

・給料や待遇が悪い
・休みが少ない
・上司とうまくいっていない
・会社の将来が不安
・現在の仕事が合わない

このように原因がはっきりとわかってくると、どうすればいいのか、転職すべきかの判断がしやすくなるでしょう。そのうえで、現状を変えるためには転職しかないと決断できれば、勇気も湧いてくるはずです。

現職で問題解決できないか考える

転職の理由や原因が分かっても、転職だけが解決策ではありません。
まずは転職せずに現職で改善できないかを考えてみましょう。例えば人間関係が原因で転職を検討しているなら、配置換えや異動、転勤によって解決する可能性があります。残業の多さや休日の少なさは、上司や同僚に相談して仕事量を調整してもらったり、自分で業務効率化を意識してみましょう。
会社全体の問題や自分ではどうにもできないと判断したら、転職を具体的に考えてみてください。

今自分にできることは何か考えてみよう

転職を決断する前に、今の自分にできることは何かを考えることが大事です。自分の現況を多角的に見て、転職が必要と感じたら行動に移しましょう。
転職を決断すべきか否か迷った時に考えるべきこととは?」でも詳しくご紹介しているので、ぜひご一読ください。

勇気を持って転職に踏み切るメリット

転職に対して期待することは人によって異なりますが、ほとんどの人が「今より良い条件・環境」を求めて転職するはず。転職の具体的なメリットをまとめました。

収入アップ

転職により収入アップが期待できます。特に、専門的なスキルを持っている方であれば、今よりも収入の高い企業に転職できる可能性は高いといえるでしょう。また、専門的なスキルを持ってない方でも、インセンティブ等で収入アップを期待できる企業に転職可能です。「今の収入が低い」と悩んでいる方は、ぜひ勇気を出して転職に踏み出してみましょう。

収入がダウンする転職もある

転職をすると給料は下がる?収入アップを目指すための交渉術」のコラムでも説明しているように、頻繁な転職やキャリアチェンジの場合は収入が下がる可能性があります。

新たな出会い

勇気を出して転職すれば新たな出会いが待っています。転職の勇気が出ないという方の中には、慣れ親しんだ人間関係と離れるのが不安という方もいるのではないでしょうか。しかし、新しい出会いはあなたの価値観や人生を変えるかもしれないチャンス。今の職場では出会えない人に出会えるのも、転職の大きなメリットだといえるでしょう。

自分の生活や価値観とマッチした職場で働ける

最後に、自分の生活や価値観とマッチした職場で働けるようになることも大きなメリットです。現状の職場に不満を感じている方は、転職して自分にマッチした企業に入社できれば、そのような悩みも解決できるので、大きなメリットだといえるでしょう。

勇気を出して転職しても事態が好転するとは限らない

転職には大きなメリットがある一方で、問題や原因が必ず解決するとは限りません。転職を成功させるには、十分な企業研究や情報収集が重要。企業名やイメージだけで転職し、実際に働いて「思っていたのと違った」「前職の方が良かった」となってしまうと、また短期間で転職することになるでしょう。転職で失敗を避けるには、「人に教えたくない!転職成功のポイントとは?」のコラムを参考に情報収集や自己分析をしっかり行ってください。

転職回数が評価に影響することもある

近年では転職が一般的になっているものの、多すぎる転職回数は評価に影響することがほとんど。特に「若いのに転職回数が多い」「短期間で転職を繰り返している」場合はマイナス評価につながります。詳しくは「転職回数が多いと不利?就活への影響と対策」のコラムをご覧ください。

転職を決心したらやるべき4つのこと

転職の勇気が湧いて決心ができたら、実際に行動を起こしましょう。ここでは、転職を決心したときにやるべきことをまとめたので、ぜひ実行してみてください。

1.円満に退社できる方法を考える

気まずいから、とギリギリに退職を伝えたり、退職が決まったとたんに残りの仕事を適当に行ったりすると、退職トラブルにつながります。トラブルが発生すると退職日に退職できず転職先に迷惑がかかったり、悪い評判が業界内で流れたりと不利益を被ることもあるでしょう。
退職を伝えづらいなら先に転職先を決める、ポジティブな退職理由を伝えるなど円満退社を叶える方法は多くあります。「円満退職成功のための10のコツを解説!言いづらいときはどうする?」のコラムを参考に退職準備を進めましょう。

2.転職する時期を考える

転職活動を始めてから実際に新しい会社に入社するまでには、一定の期間が必要です。その期間がどれくらいになるかを予測して転職時期を考えておきましょう。
やみくもに転職活動を始めても、転職先と現職の退職スケジュールが合わないとトラブルになる可能性があります。また、「仕事を辞めてから転職活動しよう」と安易に仕事を辞めてしまうと、転職活動が長引いたり無収入が続いたりして満足できる転職が叶わないことも。
一つの方法としておすすめできるのが逆算スケジュールです。転職する時期を決めておき、さかのぼって活動開始時期を判断します。スケジュールを考える際は、「転職活動にはどれくらいかかる?長引く要因や短期間で終わらせるコツを解説」のコラムも参考にしてください。

3.転職成功に向けた情報収集をする

転職を決心した際にやるべきことが情報収集です。まず求人情報をチェックし、良いと思える会社が見つかったら、その会社のWebサイトを訪れてみます。
Webサイトには、会社の基本情報だけではなく、社員紹介やインタビューなども掲載されていることがあるため、どんな雰囲気で働いているのかが掴めるでしょう。
Webサイト以外では、転職イベントやセミナー、合同企業説明会などで情報収集する方法があります。特に合同企業説明会では、たくさんの企業からの情報収集が可能です。また、採用担当者の直接の声も聞ける貴重な機会でもあります。

4.転職先に求める優先順位を決める

「転職の軸」と呼ばれる、次の仕事を選ぶときに重視する条件を決めて優先順位を考えましょう。転職の軸となる条件には次のようなものがあります。

・仕事内容に関する条件
・収入に関する条件
・就業環境に関する条件
・勤務日や時間に関する条件
・福利厚生に関する条件
・昇進や昇給に関する条件
・経営方針に関する条件

以上のような条件について、転職先に求める優先順位を決めておくことで、より具体的な候補を見出せるでしょう。

転職する勇気を出して一歩を踏み出そう

転職先に対する不安や現職を辞めるべきか悩むなど、勇気が出ずに転職を先延ばしにしたり諦めたりする方もいるでしょう。しかし、転職したい気持ちがあるにも関わらず実行しないことで、チャンスを逃すことに。「転職する勇気が出ない」「どう転職活動を進めれば良いかわからない」という場合は、ぜひハタラクティブをご利用ください。経験豊かな就活アドバイザーが一人ひとりに有益なアドバイスをいたします。

この記事に関連するタグ