明日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事を辞めてから転職活動した人の割合は?就業までの期間も解説!

仕事を辞めてから転職活動した人の割合は?就業までの期間も解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事を辞めてから転職活動をする人の割合は25.8%
    ・仕事を辞めてからする転職活動のメリットは、面接の日時調整がしやすいこと
    ・デメリットは、収入がなく金銭面と精神面での不安があること
    ・転職活動のリスクを下げるために、在職中の転職活動も視野に入れる
    ・会社を辞めてからの転職活動は早めの行動が肝心

仕事を辞めてから転職活動した人の割合は?就業までの期間も解説!の画像

仕事を辞めてから転職活動したいと思っても、金銭面や精神面で不安を抱える人も多いのではないでしょうか。退職後の就職活動は、ブランク期間をできるだけ短く、効率よく進めるのが重要です。
ここでは退職してから転職活動をしたいと考えている方へ向けて、メリット・デメリットを踏まえながら転職活動を成功させるコツについて解説していきます。

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!


仕事を辞めてから転職活動する人の割合は?

実際に、仕事を辞めてから転職活動をする人はどのくらいいるのでしょうか。
ここでは、退職後に転職活動をする人の割合について解説します。


会社を退職してから転職活動をした人の割合

まず、厚労省のデータから退職後の就職活動の状況を見てみましょう。


「転職活動期間なし」が25.8%

厚労省「転職者実態調査の概況」では、転職活動を始めてから離職するまでの期間がない人の割合が25.8%となっています。これは、「在職中に転職活動をしていない」ということにあたるため、およそ3割弱の人が仕事を辞めてから転職活動をしているといえるでしょう。


退職後の転職活動…決まるまでの期間は?

次に、退職後に転職活動を始めてから転職先が決まるまでの期間について解説します。


最多は「1ヶ月未満」で29.4%

データによると、退職後に転職活動をする人のおよそ30%弱が1ヶ月未満で次の職場を決めていることになります。次いで「1ヶ月以上2ヶ月未満」が12.5%と、決まるまでの期間はおおむね短めであるといえるでしょう。


中には長期に渡ってしまうことも

しかし、退職してから次の職場が決まるまで「10ヶ月以上」が7.6%と、一部長期化している傾向も見られます。退職後の転職活動でブランクが空いてしまうと、経歴に不利になってしまう可能性があるうえ、金銭的にも精神的にも負担になってしまうので、長期化には注意しましょう。


参照元
厚生労働省
転職者実態調査の概況 p.22

仕事を辞めてから転職活動しても大丈夫?

それでは、仕事を辞めてから転職活動をしても良いのかどうか、そのメリットとデメリットについて解説します。


辞めてから転職活動しても良い

「在職中の転職活動はブランク期間がなく安心」といった意見がありつつも、辞めてからの転職活動にも、有意義に時間を使えるといった大きなメリットがあります。
しかし、気にかかるのは金銭面や精神面での不安という方も少なくありません。金銭面・精神面で不安にならないよう対策をすれば、辞めてから転職活動しても良いでしょう。


退職後に転職活動するメリット

まず、退職後に転職活動するメリットについて解説します。


しっかり準備ができる

退職後は自由な時間が大きく増えるため、企業研究や選考書類の推敲が余裕を持ってできます。


面接などのスケジュールが調整しやすい

在職中の転職活動では、仕事のスケジュールの調整が難しかったり、突発的な残業が発生したりと、応募先企業との面接のセッティングが難しいことも。しかし、退職後は自分の都合でスケジュールを動かせるため、日時調整がしやすいといえるでしょう。


すぐに入社できる

在職中での転職活動では、退職したいということを告げずに転職活動をしている人もいるので、退職日が未定という場合もあります。そんなときには、前職の退職日と新しい職場に入社するタイミングの調整が難しいことも。
しかし、退職後の転職活動では応募先企業の都合に合わせて入社できるという強みがあります。企業側も、中途採用ではすぐに入職してくれる人を求める傾向があるので、そのメリットは大きいといえるでしょう。


退職後に転職活動するデメリット

それでは、退職後に転職活動するデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。


金銭面と精神面で不安を抱きやすい

退職する際に十分な貯金があれば良いですが、退職時にそれほど貯金がない状態だと、生活面で不安になる可能性が。また、「いつまでも決まらなかったらどうしよう…」といった精神面での不安も抱いてしまう危険性もあります。
大きな不安を抱くと、選考に自信がなくなってうまくいかなくなったり、転職活動を続ける気力が減ってしまったりと、その悪影響は計り知れません。不安に飲み込まれないよう、自分の精神状態を安定させる必要があるといえるでしょう。


ブランク期間が長くなる恐れがある

一度退職すると、そのまま転職先が決まらずにブランク期間が長くなってしまう恐れがあります。そうすると、精神面や金銭面での不安に加え、転職活動でも不利になるというデメリットが。
ブランクが長期化すると面接でその理由を聞かれるので、できれば少なくしたいところです。退職後に転職活動を行う場合には、特に期間を決めて集中して取り組む必要があるといえるでしょう。


焦りから妥協して転職先を決める恐れがある

なかなか転職先が決まらず、金銭面・精神面での不安が高まってくると、徐々に焦りが見えはじめます。そうすると、「どこでも良いから早く決めたい!」という考えになり、自分が違和感を覚えたとしても、当初の条件を下げて転職先を決めてしまう恐れが。そうすると転職先でもまた不満を持ってしまい、結果として転職を繰り返してしまうことになります。


前職に戻りたくても戻れない

在職中の転職活動であれば、途中で現職の職場や仕事の良さに気づいたら、転職を思いとどまることができます。しかし、一度退職してしまうと後から「前職のほうが良かった」と思っても戻ることができません。
ある面では不満を持っていても、転職活動で他の企業を見ていたら自社の良さに気づいたという方もいます。退職の前に「漠然とした不満だけで転職しようとしていないか」を慎重に判断しましょう。

辞めてしまう前に…在職中の転職活動も考えてみよう

辞めてからの転職活動はメリットもありつつも、いろいろな面で不安になる恐れがあるのは見逃せません。勢いで辞めてしまう前に、在職中に転職活動ができないかどうか可能性を見てみましょう。


在職中に転職活動するメリットとデメリット

それでは、在職中に転職活動するメリットとデメリットについて解説します。


メリット

まず、在職中の転職活動のメリットには、どんなものがあるのでしょうか。


1.ブランク期間がない
まず1つ目のメリットは、ブランク期間がないことが挙げられるでしょう。ブランク期間がないので、履歴書で突っ込まれることもありません。また、転職先がなかなか決まらず「このまま決まらなかったらどうしよう」という不安も比較的少ないので安心です。


2.収入の心配をしなくて良い
十分な貯金がない場合、退職後の転職活動は収入がないことから金銭面で大きな心配をすることになります。その点、在職する限りは収入があるため、金銭的な不安が少ないといえるでしょう。
転職活動には何かとお金がかかるもの。思っていたよりも出費が多く、生活費にも困るようになった…とならないよう、貯金が心もとない場合は在職しつづけた方が良いでしょう。


デメリット

それでは、次に在職中の転職活動のデメリットを見てみましょう。


1.日中の仕事との両立がハード
日々忙しく仕事をしながらの転職活動は、体力的にも精神的にも大変なこと。平日のすき間時間や休日を転職活動の準備に当てざるを得ないので、疲労が溜まる人も多いでしょう。


2.面接など応募先企業との選考スケジュールが調整しにくい
平日は仕事があるため、選考の日時調整が難しいという方も多いです。応募先企業の提示する日時になかなか応えられず、焦ってしまう方も。


在職中に転職活動したほうが良い人

それでは、在籍中に転職活動をしたほうが良い人はどんな人なのでしょうか。その特徴を見てみましょう。


職歴が浅い人

職歴が浅い人はスキルをあまり持っていない傾向があるので、ブランク期間があると不利になりやすいです。一般的にブランク期間があるほど転職が不利になるので、職歴が浅い人は、できるだけ在職期間中に転職活動をする方が安心です。


貯金がない人

退職すると収入が絶たれるので、転職活動期間中の生活費や活動費の捻出が難しくなります。
貯金がない状態だと、「このまま決まらなかったらどうしよう」という不安が大きくなり、活動に支障をきたす可能性が。生活費や転職活動費は思ったより金額が大きくなりがちで、想定していたよりも早いペースでお金がなくなってしまう場合も多いです。
そのため、貯金額が心もとない人は在職中に転職活動することをおすすめします。


精神的に余裕がない人

退職してからの転職活動は、「決まらなかったらどうしよう」「金銭的に大丈夫だろうか」といった不安を持つ方が多いです。
精神的に余裕をなくしやすい人は特に大きな不安を抱えてしまい、転職活動自体に支障をきたしてしまう危険性があります。そのことから、さらに転職先が決まらないという悪循環に。精神的に余裕がない人は、在職中の転職活動で少しでも不安を少なくするほうが良いでしょう。

世代別!20代~30代の転職活動のコツ

ここでは、世代別の転職活動のコツについて解説します。


20代の転職活動

20代は、やる気とポテンシャルをアピールするのがコツです。
特に新卒から3年以内、または25歳くらいまでは第二新卒と呼ばれ、未経験の職種にもチャレンジしやすい年齢。自分の興味のある分野を改めて探してみるのも良いでしょう。
20代では業務経験が少ないので、仕事への取り組み方や責任感、誠実さを伝えるのも有効。また、早期離職せず、応募先企業で勤続するという強い意志を伝えるのもポイントです。


30代の転職活動

30代では「自分が今までの仕事で何をしてきたのか」「業務経験を活かして応募先企業でどのような仕事ができるか」について重点的に問われます。即戦力として期待されているので、スキルに加えてリーダーシップやコミュニケーション能力をアピールすると良いでしょう。
30代は、経験を活かすという意味で同じ職種を選ぶ方が多いです。しかし、専門的なスキル以外にも、今までの仕事で培ってきた能力をもとに、異業種を選ぶという選択肢もあります。幅広い視点で仕事探しをしてみると良いでしょう。

会社を辞めてからの転職活動は早めに動こう

退職後の転職活動は、ブランク期間を短縮するためにも早めの行動が必要です。ここでは、ブランク期間を短くするための方法をご紹介します。


在職中に志望業界・企業の目星をつける

退職してから改めて考えようとすると時間がかかるもの。在職中に、どんな志望業界や企業が自分に向いているか、興味があるのか考えておくと良いでしょう。


スケジュールを立てて行動する

まず、どのくらいの期間で転職を実現させたいかを決めて、そこから逆算して考えると良いでしょう。例えば3ヶ月以内に転職先を決めたいのならば、企業研究・応募書類作成で2週間、企業への応募・面接が1ヶ月から2ヶ月、内定から入社まで1ヶ月、というように、それぞれの目安を意識しながら行動することを意識してください。


転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談するメリットは、自分のキャリアの棚卸しを一緒にしてくれることと、希望に合った求人を紹介してくれること。特に、大量の求人から自分に合う求人を探すのは大変ですが、転職エージェントが探してくれるので、効率的に転職活動ができます。
また、第三者に相談すると自分の考えとは違った目線でのアドバイスがもらえたり、キャリアの悩みを相談できるのもメリットといえるでしょう。


20代・30代向け転職エージェントのハタラクティブでは、退職後の転職活動にお悩みの方に向けてキャリアのご相談や求人紹介を行っています。自社専属のキャリアアドバイザーに、転職活動で困っていることやキャリアに関するお悩みをお聞かせください。ご利用者のお悩みやご希望を丁寧にヒアリングしたうえで、向いている業界や職種、企業のアドバイス・求人紹介を行います。
ハタラクティブで扱う企業の求人は、優良企業200社以上。その中から、アドバイザーがあなたに合った求人を厳選してご紹介するので、就活のプロとともに転職活動を早く進めることができます。
これらはすべて無料のサービスですので、お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    カウンセラーの方が親身に最後までサポートしてくれたおかげもあり無事…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?