30代男性は転職できる?スキルなしや高卒など状況ごとの対策を確認しよう

30代男性は転職できる?スキルなしや高卒など状況ごとの対策を確認しようの画像

この記事のまとめ

  • 30代男性は転職市場で即戦力として企業から高い評価を受けやすい
  • 30代に見合った経験やスキルがないと、転職は難しくなる可能性がある
  • 30代から未経験の職種に転職したい場合は、アピールの方法や仕事探しに工夫が必要
  • 30代で転職を検討しているなら、在職中から仕事探しを始めるのがおすすめ

30代男性のなかには、「転職したいけど成功するのかな…」と不安に感じている方も多いでしょう。ある程度のキャリアや経験を積んでいる30代も、転職の対策はしっかりと練ることが大切です。このコラムでは、転職活動のコツや30代男性の転職事情をまとめています。「スキルがない」「未経験の仕事に挑戦したい」といった方向けに転職を成功させる方法も解説。今後のキャリアについて考える際の参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

30代男性の転職は難しい?

30代男性の転職は難しい?の画像

30代の男性が転職するのは、決して難しくはありません。30代は、新卒入社していれば10年ほどの社会人経験を持っています。労働力不足により即戦力を求める企業が増えていることから、すぐの活躍を期待できる30代に対して好意的に捉える企業は多いでしょう。

30代前半と後半の転職活動における違い

同じ30代の男性であっても、前半と後半では企業からの評価や求められる内容が異なります。30代前半なら、若手としてのポテンシャルを評価してくれる企業も少なくありません。また、年齢に即したスキルがあれば、「即戦力になる若手人材」として高評価を受けることもあるでしょう。
一方、30代後半の男性になると、既存社員とのバランスを考えた収入やポテンシャルの面から、期待以上のスキルや経験がないと転職が難しくなる可能性が高まります。たとえ転職者本人が「収入は低くて問題ない」と言っても、既存の年下の社員より収入を低く設定するのは難しい場合も。企業側は収入に見合ったスキルや経験があるかなど複合的に判断する必要があるため、30代後半での転職はハードルが上がる傾向にあるようです

中卒・高卒の場合は転職がより難しくなる傾向も

30代になると学歴よりもスキルや経験を重視されることが増えますが、なかには大卒・高卒などで判断する企業もあるようです。また、募集要項に「大卒以上」の学歴制限があると、中卒・高卒の男性は応募できません。とはいえ、学歴を問わない求人も世の中には数多くあります。人柄ややる気、ポテンシャル重視で採用活動を行う企業もあるため、幅広く仕事を探すのが転職成功のカギといえるでしょう。
高卒の転職事情が知りたい方は、「高卒の転職は厳しい?おすすめの仕事は?内定のコツや求人の探し方も紹介!」もあわせてご覧ください。

30代男性は公務員に転職できる?

公務員試験に合格すれば転職は可能です。ただし、公務員試験には年齢制限が設けられています。採用枠や自治体によって異なりますが、30歳前後を上限としているのが一般的。公務員に転職したい30代男性は、自分の年齢で受験可能かどうかを事前に確認しましょう。公務員試験については、「公務員に転職したい!応募条件や成功のポイントを解説」も参考にしてみてください。

企業が転職希望の30代男性に期待する3つの要素

企業が転職希望の30代男性に期待する3つの要素の画像

企業は、30代の転職者に対して「年齢相応のコミュニケーション力」「即戦力」「マネジメント能力」などを求めています。

1.30代相応のコミュニケーション力

30代男性の転職活動では、年齢相応のコミュニケーション力が問われるでしょう。厚生労働省の「平成30年若年者雇用実態調査の概況(7p)」によると、企業が中途採用者を正社員採用するにあたって重要視したことの2位は「コミュニケーション能力」でした。基本的な挨拶や振る舞いをはじめ、社会人としてビジネスシーンを意識した対応ができれば、採用担当者からの評価を高められるでしょう。

参照元
厚生労働省
平成30年若年者雇用実態調査の概況

2.即戦力(年齢に即した経験とスキル)

30代男性の転職者が仕事で培ったスキルや経験に期待する企業は多いようです。実践で身につけたスキルや経験は、会社が変わっても活用できるはず。社会人経験が浅い20代のように基礎的な研修も必要としないため、30代には即戦力としての活躍が期待されるでしょう。前出した厚生労働省の資料(7p)を見ても、新卒者より中途採用者のほうが「業務に役立つ職業経験・訓練経験」が求められていることが分かります。

参照元
厚生労働省
平成30年若年者雇用実態調査の概況

3.マネジメント能力と将来性

30代の人材は中堅といわれるため、チームリーダーやマネジメント能力に期待する企業も多い傾向にあります。また、労働年齢が高くなっていることから、30代の男性を「若手で伸びしろがある」と転職活動で評価する企業も。役職者やリーダー候補として、将来性を期待されることもあるでしょう。

30代男性で転職活動に苦戦…考えられる原因は?

30代男性で転職活動に苦戦…考えられる原因は?の画像

30代の男性は転職市場で企業のニーズが見込める傾向にあるものの、転職回数が多いとネガティブな印象を与えたり、「年齢相応のスキルがないのでは?」と思われたりして苦戦する可能性があります。また、転職や将来の目的・目標を持っておらず曖昧な理由で転職活動をしている場合も、採用担当者からの評価を得にくいでしょう。

転職回数が多い

年齢に対して明らかに転職回数が多い、短期間で転職を繰り返しているといった場合は、「物事を続けることが苦手なのでは?」「年齢に応じたスキルが身についていないのでは」「採用してもすぐ辞めるのでは」と採用担当者にネガティブな印象を抱かれる恐れがあります。
転職回数が選考に及ぼす影響について詳しく知りたい30代の男性は、「転職回数が多いと不利?就活への影響と対策」のコラムでご確認ください。

転職活動に伴うキャリアプランが曖昧

30代の男性でキャリアプランが曖昧だと、今後の計画やビジョンを持てていないことが多いようです。転職活動で採用担当者に「目標に向けた具体的な行動や指針がない」と思われれば、内定が遠のく恐れがあります。転職するにあたって、「40歳には○○をしたいので、30代後半までに△△、30代前半では✕✕を行う」のように、具体的なキャリアプランを考えておくのがおすすめです。

30代転職者として求められるスキルがない

前述したように、30代男性の場合、社会人としての基礎や経験があると期待されるのが一般的です。企業が求める人材に見合わない、30代として身につけておくべきスキルが足りないといった状態だと、転職は成功しにくいでしょう。

30代の男性が未経験の職種に転職することは可能?

30代の男性が未経験の職種に転職することは可能?の画像

企業は30代の求職者に即戦力を求めているため、30代の男性が未経験の仕事に転職するのは簡単ではないでしょう。未経験の仕事だとこれまでの経験やスキルを発揮しにくく、企業側に教育・研修コストがかかります。また、就業経験がある分自分の考えが確立され柔軟性に欠けたり、指導担当の社員が年下になったりする状況も考えられるため、30代の未経験者は採用されにくい実情があるようです。30代男性が未経験の仕事に挑戦するなら、自己アピールや仕事の探し方を工夫することをおすすめします

未経験の仕事で評価される30代のスキル

ここでは、30代の男性が未経験の仕事に挑戦する場合、転職活動でアピールできるスキルについてまとめました。

仕事に対する姿勢

30代男性が転職活動で未経験職種にチャレンジするなら、新しい仕事に意欲的に取り組む姿勢、新しいことを学ぶ積極性などをアピールすると良いでしょう。未経験の仕事に対して意欲的に取り組む姿勢は、年齢を問わず評価される可能性があります。

マネジメントスキル

仕事そのものは未経験だったとしても、これまでに身につけてきたビジネスの基礎やマネジメントスキルは十分に活用できます。「マネジメント経験とは?転職時にアピールするコツと例文」のコラムもぜひご覧ください。

柔軟性

業務経験がなくても、新しい環境や仕事に柔軟に取り組めるスキルは重要です。30代の男性が未経験の仕事に就くと、年下の上司もいるでしょう。年齢や考え方にとらわれず、柔軟に周囲と円滑なコミュニケーションを取れると転職活動でアピールできれば、採用の確率を高められます。

30代未経験で転職しやすい仕事

30代の男性が未経験から挑戦しやすいのは、特別なスキルや経験、資格なしで就ける仕事といえます。また、人材不足の傾向にある業界も採用されやすいため、未経験から挑戦するのにおすすめです。

接客業

これまで営業職などをしていた30代男性には、接客業がおすすめ。飲食や宿泊、販売など仕事の種類は多岐にわたり、未経験・無資格で就ける求人が多いのが特徴です。接客業は丁寧な対応が求められるため、転職すれば社会人として身につけてきたマナーや立ち居振る舞いを活用できるでしょう。「接客業とは?どんな職種がある?必要なスキルや志望動機の書き方も解説」のコラムもご確認ください。

接客業への転職に興味がある方向けの

求人一覧はこちらから

運輸業

インターネットショッピングなどの普及により人手不足の傾向にある運輸業は、未経験者も採用されやすい仕事の一つです。具体的にはタクシー運転手や配達ドライバーなど。該当する車の運転免許があれば、30代男性も挑戦できます。運輸業界については「運輸業界の仕事」で詳しく解説しているのでご確認ください。

運輸業への転職に興味がある方向けの

求人一覧はこちらから

福祉業界

高齢化の影響に伴って、介護・福祉の仕事も需要が高まっています。専門的な仕事ではあるものの、未経験・無資格からスタートできるのが特徴です。30代で転職し、働きながら資格取得を目指すことも可能でしょう。介護・福祉関連の求人に興味がある30代男性は、「就活アドバイザーが教える!社会福祉士・介護士・ホームヘルパーのお仕事」のコラムを参考にしてみてください。

福祉業界への転職に興味がある方向けの

求人一覧はこちらから

建設業界

職人の高齢化などに伴い、建設業界も人手不足の傾向にあります。ただし、建設業界は若いうちから働き始める方も多いため、30代男性が未経験で挑戦するなら資格を取得するといった対策をしておくのがおすすめです。「施工管理技士とはどんな資格?級による違いや難易度を詳しく解説」のコラムでは、建設業界の代表的な資格である施工管理技士についてまとめているのでぜひご覧ください。

建設業界への転職に興味がある方向けの

求人一覧はこちらから

上記のほか、30代で挑戦しやすい仕事には、ITエンジニアや工場作業員などの職種も挙げられます。「30代の未経験転職は厳しい?成功のコツやおすすめの職種・資格をご紹介」のコラムで詳しく紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

30代男性が転職活動の企業選びで重視する内容は?

30代男性が転職活動の企業選びで重視する内容は?の画像

30代の転職では、「スキルの活用」「仕事に対するやりがい」「勤務条件や待遇(ワーク・ライフ・バランス)」などに重点を置いて仕事を選ぶ人が多いようです。厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況」によると、男性の転職者(全年齢)が現在の勤務先を選んだ一番の理由(その他を除く)は、以下のとおりでした。

  現在の勤め先を選んだ一番の理由
1位 自分の技能・能力が活かせるから
(21.7%)
2位 仕事の内容・職種に満足がいくから
(17.7%)
3位 労働条件(賃金以外)がよいから
(11.2%)

引用:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況(22p、表21-2)

上の表から、「自分のスキルを転職先で活かしたい」「自分が満足できる仕事がしたい」と考える男性が多いことが分かります。なお、同資料における女性の1位は「仕事の内容・職種に満足がいくから」でした。次いで、「労働条件(賃金以外)がよいから」「自分の技能・能力が活かせるから」となっています。男性・女性で仕事選びの基準に多少の違いがあるようです。

参照元
厚生労働省
令和2年転職者実態調査の概況

転職で重視すること1:スキルの活用

「自分の経験やスキルが活かせる職場に転職したい」と思う30代の男性は多いようです。新卒入社してから30代になるまでに培った経験やスキルは転職活動での強みになります。スキルアップ目的やチャレンジ精神から、新たなステージで自分の力を発揮したいと考える人もいるでしょう。

転職で重視すること2:仕事のやりがい

30代男性のなかには、仕事に対してやりがいを持てる、熱意を持って取り組めるという点を重視する方もいるでしょう。どれだけ給与が良かったり休日が充実していたりと条件が良くても、仕事にやりがいが持てなければモチベーションを維持しにくくなり、また転職を繰り返す可能性も。前述したように、転職回数が多いと就活で不利になることもあるため、仕事選びでは「自分に合っているか」「長く働けそうか」といった点にも目を向けましょう

転職で重視すること3:勤務条件や待遇

今より良い勤務条件・待遇を求めて転職する方は多いでしょう。30代の男性になると家庭を持つ人の割合も増えるため、この傾向は強まると考えられます。そのため、「今の仕事は残業が多い」「休日も仕事で潰れてしまう」といった理由で転職を決意する方も少なくないようです。「転職してみたものの、プライベートとのバランスが取れない」となっては働き続けるのが難しくなる恐れもあるでしょう。「仕事と生活に充足感を与えるワークライフバランスとは?」のコラムもぜひ参考にしてください。

条件や転職先によっては年収ダウンになる可能性もある

「転職=収入アップ」と考える方が多いようですが、条件によっては収入ダウンになることも想定しておきましょう。「転職をすると給料は下がる?収入アップを目指すための交渉術」でも説明しているように、未経験の仕事に挑戦したり、インセンティブの割合が大きい会社に転職したりすると収入は下がる傾向があります。

30代男性が転職成功のためにやるべき5つのこと

30代男性が転職成功のためにやるべき5つのことの画像

30代の男性が転職を決意したら、しっかり準備を行うことが大切です。やみくもな転職活動は失敗につながります。まずは計画を立て、いつまでに転職するのかを決めましょう。

1.転職活動の計画を立てる

転職にかかる期間はどのくらい?転職期間と準備方法」のコラムでも説明しているように、一般的に転職にかかる期間は3ヶ月前後。これを踏まえて「いつまでに転職するか」を定め、逆算で計画を立てましょう。なお、多くの企業では退職希望の1~3ヶ月前に伝えるよう就業規則で定められています。これも考慮し、早めに転職活動を始めましょう。

転職先は在職中に決めるのがおすすめ

「退職してからゆっくり転職先を探したい」と考える人もいるでしょう。しかし、30代男性の転職なら在職中に決めておくのがおすすめ。収入が途絶えるのはもちろん、退職してしまうと転職するまでは空白期間になってしまいます。30代で空白期間があると採用担当者からはマイナスイメージを抱かれやすくなるため、期間を空けない転職が望ましいでしょう。

2.業界・企業研究を徹底する

業界や企業研究をしっかりと行い、自分のスキルや経験が活用できるのか、企業が求める人材に合致しているのかを確認します。30代の男性は即戦力を期待されて採用されることが多いため、「教えてもらう姿勢」はあまり歓迎されないでしょう。業務で必要な知識についてあらかじめ調べておくなど、しっかりと企業研究を行いましょう。

3.自己分析で転職の目的を再確認する

なぜ転職を希望しているのか、なぜ数あるなかでその企業への入社を希望しているのかなどを、30代の目線から考えて自己分析しましょう。転職の目的を改めて確認することで、志望動機や自己PRに一貫性が生まれて信憑性も高まります。「前職は仕事が合わなかったから」「人間関係が良くなかったから」などのネガティブな理由は志望動機として避けるべき。これまでの社会人経験を振り返って自己分析を行い、転職活動ではビジネスシーンを意識した受け答えができるようにしておきましょう。

リーダー経験は深堀りしよう

自己分析のなかでも、30代で重視されるリーダー経験についてはしっかり深堀りしましょう。マネジメント経験があるのが理想ですが、プロジェクトリーダーやチームリーダーといった「人を引っ張る立場」の経験も転職活動での大きなアピール材料になります。

4.応募書類の確認は入念に行う

応募先企業に合った内容になっているか、職務経歴書の内容は分かりやすいかなど、書類の確認も必ず行ってください。30代男性でこれまでに転職経験があっても、応募企業ごとに書類の内容はチェックしましょう。

5.転職サイトやエージェントに登録してみる

30代の男性は、転職サイトや転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。転職サイトは求人数が多いため、「どのような仕事があるか」を知るためにも役立ちます。転職エージェントではアドバイザーがマンツーマンで就活をサポートしてくれるのが魅力。「自分に合った仕事が知りたい」「転職活動の進め方に不安がある」「数ある求人から応募先を絞れない」といった人に向いているでしょう。

30代での転職活動を検討している方は、ハタラクティブにお任せください!
ハタラクティブでは、専任アドバイザーによる転職カウンセリングを実施しており、ご希望や適性に合った求人をご紹介いたします。また、書類添削や面接対策といったサポートも充実。「初めての転職でどうしたらいいか分からない…」「応募する求人選びに苦戦している」といったお悩みもぜひお聞かせください。

30代男性の転職に関するFAQ

ここでは、30代の男性が転職活動で抱きがちな疑問やお悩みをFAQ形式で解決していきます。

30代でスキルなしで転職するのは難しいですか?

仕事を通じて培ったスキルや経験がないと、30代での転職は苦戦する可能性があるでしょう。30代の転職では、仕事上の実績や即戦力が問われる傾向にあります。そのため、30代男性で強みといえるスキルがない場合は、自己アピールや仕事探しのやり方を工夫することが大切です。30代からの転職が可能か知りたい方は、「未経験の職種は無理?30歳からの転職事情」をご覧ください。

転職活動は在職中と退職後のどちらがいい?

可能であれば、在職中に転職活動を行うのがおすすめです。退職後の転職活動だと、金銭面で不安を感じたり、なかなか仕事が決まらない場合に焦ったりする可能性があります。転職活動を始めるタイミングに迷っている30代の男性は、「転職活動は在職中と退職後のどちらですべき?伝えるタイミングはいつ?」も参考にしてみてください。

30代男性の転職活動の面接に適した服装は?

30代男性が転職活動をする場合、面接ではスーツを着るのが基本です。紺や濃いグレーなど落ち着いた色合いのものを選びましょう。Yシャツは白色のシンプルな形がおすすめ。ネクタイも派手なデザインは避け、無地やストライプ柄などが良いでしょう。詳しくは、「転職時の面接に適した服装とは?スーツが良い?ポイントを男女別に解説」をチェックしてみてください。

30代男性が転職活動でアピールできる強みは?

30代男性の転職活動における強みは、前職を通じて得た経験やスキルなどです。リーダーや管理職の経験があるなら、マネジメント能力もアピールできます。このコラムの「企業が転職希望の30代男性に期待する3つの要素」でも説明しているとおり、30代に対して中堅的な立場での活躍を期待する企業は多いでしょう。転職エージェントのハタラクティブでは、アドバイザーが丁寧なヒアリングを行ったうえで、一人ひとりの適性や強みを探すお手伝いをしています。転職活動でのアピール方法に悩んでいる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ