転職エージェントの電話面談で聞かれることは?準備や場所について確認しよう

転職エージェントの電話面談で聞かれることは?準備や場所について確認しようの画像

この記事のまとめ

  • 転職エージェントとの電話面談では現在の状況や希望条件を聞かれる
  • 転職エージェントの電話面談は訪問の必要がなく遠方でも利用できるのがメリット
  • 電話だと担当者の人柄をつかみにくいのがデメリット
  • 転職エージェントとの電話面談の前に、自分の経歴やスキルをまとめておこう

「転職エージェントの電話面談の利用を検討したいけど、よく分からない」という方もいるでしょう。転職エージェントとの電話面談は、場所や時間を問わずにアドバイザーと面談できるといったメリットがあります。このコラムでは、利用の流れや有効活用する方法など、転職エージェントの電話面談について解説。転職エージェントを活用して新しい職場を見つけたい方は、ご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職エージェントの電話面談で聞かれること

転職エージェントと電話面談するときは、自己紹介のあとに具体的な質問をされるのが一般的です。これからエージェントを利用して転職活動を進めるうえで必要になる情報を聞かれるため、正直にしっかり伝えましょう。

転職活動の状況

転職エージェントを利用するということは、転職を検討もしくはスタートさせている状態。電話面談では転職活動の状況について確認されます。具体的には下記の質問が想定できるでしょう。

・いつ頃の転職を希望していますか
・ほかのエージェントを利用していますか
・すでに応募はしていますか

利用者の現在の状況や今後の予定を正しく把握することで、よりマッチしたサポートを行うための質問です。嘘をつく必要はありませんが、意欲を示したほうが積極的なサポートが期待できるため、明確な時期に希望がなければ「良い企業があればすぐにでも転職したい」と回答するのもおすすめです。

これまでの経歴

この質問も、利用者の経歴を正しく把握して的確なサポートや適正に合う転職先を紹介するための質問。具体的な質問は下記が想定できます。

・これまでの経歴を簡単に教えてください
・お持ちの資格や免許はありますか
・資格などは無くても強みといえるスキルはありますか

電話面談で経歴やスキルを端的かつ正しく伝えれば、次のエージェント利用時には求人を紹介してもらえる可能性が高まります。これまでの経歴を簡単にまとめておく、資格やスキルを洗い出しておくといった準備をしておきましょう。

転職の希望条件

エージェントはスキルや経験だけで求人を紹介するわけではありません。もちろん考慮はされますが、利用者の希望も取り入れないとミスマッチを起こしやすくなるため、希望条件も電話面談で確認されます。

・絶対に譲れない条件はありますか
・希望収入はありますか
・業界や職種は変えることを検討していますか

伝えるポイントとなるのは、「希望」と「絶対条件」を明確に分けておくこと。すべての希望を叶える転職先はなかなか見つからないため、「転勤がないことが絶対条件、その他は希望」など絶対条件をひとつに絞って伝えましょう

不安や確認したいこと

転職エージェントを利用するにあたって不安や確認したいことも、電話面談で聞かれます。
「なにか質問はありますか?」といった逆質問が多いため、気になることはリストアップしておくのがおすすめ。転職がはじめてなら具体的な流れ、経歴やスキルにおいて懸念点はあるか、市場価値としてどの程度なのかなど、疑問をしっかり解消する機会です。

転職エージェントと電話面談を行う4つのメリット

転職エージェントとの電話面談には、「空き時間を活用できる」「遠方からでも利用できる」といったメリットがあります。下記で4つのメリットについて詳しく解説しているので、ぜひ利用を検討してみてください。

1.空いた時間で相談できる

空いた時間を使って相談しやすいのが、転職エージェントと電話面談を行うメリットの一つです。直接出向く必要がなく時間の融通も効きやすいため、自分の都合に合わせて転職の相談ができるでしょう。

2.遠方でも転職エージェントを利用しやすい

先述したように、電話面談であれば直接アドバイザーに会う必要がないため、遠方からでも転職エージェントを利用しやすくなります。「転職エージェントに相談してみたいけど、場所が遠くて行けない」という方は、電話面談を活用すると良いでしょう。また、電話のみの相談なので、交通費の節約にもなります。

3.自分のキャリアを客観視できる

転職エージェントの電話面談を受けることで、自分のキャリアを客観視しやすくなります。
一人での転職活動は自分の人間性やアピールポイントを客観視しにくいため、視野が狭くなり仕事探しの幅が狭まってしまう可能性も。転職エージェントはアドバイザーが求職者の話を聞きながら人間性や適性などを分析してくれるため、自分を客観視でき、マッチする仕事を見つけやすくなるでしょう。

4.効率的に求人の紹介を受けられる

転職エージェントの電話面談なら、スキマ時間に合わせて相談でき、効率良く自分に合った職場を案内してもらえます。仕事で忙しいなか転職活動をしている人にとって、大きなメリットの一つといえるでしょう。
また、希望条件の業界や職種を伝えれば、最新の転職市場の情報や豊富な転職先を案内してもらえます。

転職エージェントとの電話面談の流れ

ここでは、転職エージェントとの電話面談の流れについて解説します。はじめてエージェントを利用する場合は確認しておきましょう。エージェントにもよりますが、30分~1時間ほどかかることが多いようです。

利用エージェントの登録

まずは利用する転職エージェントを探し、登録を行います。登録方法はエージェントによって異なりますが、指示通りに名前や連絡先などを打ち込めば、数分で登録できるのが一般的です。
どのエージェントを利用するか悩んだら複数に登録しても問題ありません。「転職エージェントとは?複数に登録すべき?使うメリットや比較方法も紹介」のコラムを参考に利用メリットを改めて確認してみましょう。

面談日時の決定

登録が完了したら、エージェントと連絡を取り合い、面談日時を決定します。メールや電話など、都合の良い方法で面談のスケジュールを調整してください。

自己紹介

電話面談の初めに、求職者とキャリアアドバイザーがお互いに自己紹介をします。このとき担当者のこれまでの経歴や得意な業界や職種などを確認することが大事。口コミなどの評判も転職エージェント選びの重要なポイントですが、大切なのは自分を担当するキャリアアドバイザーの人柄や能力といえます。遠慮せずに聞きたいことは質問して、自分に合っているか、信頼関係を築けるかをチェックしましょう。

キャリア・転職理由・希望条件の確認

自己紹介を終えたら、求職者のこれまでのキャリアや転職理由、希望条件の確認作業を行います。「転職エージェントの電話面談で聞かれること」の内容を参考に、自分の希望や経歴をしっかり伝えることが大切です。

求人紹介・転職へのアドバイス

電話面談を終えてから日を空けて、転職エージェントが持っている求人情報の中から、求職者の条件や適性に合った求人情報を紹介してくれます。あくまでの候補であるため、紹介されたものに必ず応募する必要はありません。そのなかで魅力的に感じた求人への応募を検討しましょう。

転職エージェントとの電話面談で注意したいこと

転職エージェントとの電話面談には、「転職に対する熱意がアピールしにくい」「直接会わない分アドバイスが分かりにくいことがある」といったデメリットもあります。下記で具体的に述べているので、デメリットも把握したうえで利用を検討してみると良いでしょう。

転職に対する熱意が伝わりにくい

転職エージェントの電話相談には、転職への熱意や本気度が伝わりにくいのがデメリットになります。電話相談はアドバイザーと直接会うわけではないため、お互いの表情が読み取れません。そのため、自身では転職への意気込みを伝えたつもりでも、相手に伝えきれていない可能性もあります。

担当アドバイザーの人柄を掴むのが難しい

これからお世話になるアドバイザーの人柄が分かりにくいことは、電話相談のデメリットといえます。転職を成功させるにあたり、アドバイザーは非常に重要な存在です。電話でもある程度の判断はできますが、直接対面してみなければ分からないこともあり、意思の疎通が上手くいかないこともあります。

具体的な指導・アドバイスを受けにくい

電話では履歴書や職務経歴書を一緒に目で確認して、具体的な面接指導などを受けられないこともデメリットとして挙げられます。あらかじめ書類を送っておけばやりとりは行えますが、直接書類の書き方や修正などをしてもらうのは難しいもの。特に面接指導は、電話では思ったとおりの指導を受けるのは困難でしょう。

近年はWeb面談も増えている

近年ではWeb会議ツールやビデオ通話機能を使用して面談するエージェントも増えています。
画面越しではあるものの、担当者と顔を合わせて面談できるため、人柄や雰囲気は電話よりつかみやすいでしょう。「web面談とは?スマホでもOK?聞かれることや服装・背景の注意点を解説」もご確認ください。

押さえておきたい!電話面談のマナー

電話面談にはメリットもデメリットもあります。電話に慣れていない、電話が苦手といった方も多いようですが、電話面談を有効活用するには基本的なマナーを守ることも大切。本項目では、電話面談の際に知っておきたいマナーを5つ紹介します。電話面談はもちろん、 業務上で電話対応する機会があった時にも活用できます。

環境を整えておく

電話面談を行う際は、 電波の状態が良く静かな場所を選択します。どれだけ伝えたことを整理していても、声が届かなければ意味がありません。飲食店や屋外での対応は控え、できれば自宅で電話面談を行いましょう。

メモの準備

電話面談を行う際は、手元にメモの準備をします。電話面談中は常にメモをとりながら話を聞くようにしましょう。メモをすることで自分の頭の中に情報がインプットされたり、後から必要な情報を見直したりすることができます。
また、電話面談を行う前は自分が伝えたい情報をまとめておくことも大切。自分が持っている資格やこれまでの経歴、希望する求人の情報など電話で伝えたい内容をリストアップしておくことで伝え漏れを防げます。特に、電話で緊張しやすい場合は、細かなメモを作っておくと、伝えたいことを確実に伝えられます。

はっきりとした口調

電話では、対面で話す以上にはっきりとした口調を心がけましょう。また、早口で話してしまうと、相手が聞き取れなかったり間違った情報を与えたりする可能性も。そのため、電話面談の際は「 はっきり・ゆっくり」の話し方を意識します。
はっきりとした口調で話すと、「明るい人だな」「はっきりと自分の意思を言える人だな」と、プラスのイメージを持ってもらえる可能性もあります。電話だけでなく実際に対面の場でもぜひ意識してみましょう。

繰り返しの確認

電話面談では随時メモをとることと同時に、話の節々で内容の確認を取りましょう。たとえば、電話面談でこれからの流れを教えてもらった時には「この電話の後に求人を探していただき、そこから私の方に連絡が来るという認識でよろしいでしょうか」など確認することで、トラブルを防げます。

転職エージェントとの電話面談を有効活用するには?

転職エージェントとの電話面談を有効活用するためには、事前準備やアドバイザーとの綿密なコミュニケーションなどが大切です。下記を参考に、電話でのやり取りをスムーズに行いましょう。

事前準備を行う

転職エージェントとの電話面談をスムーズに進めるには、事前準備をしておくことが大切です。
まずは面談の手順を確認しておきましょう。電話の場合は電話番号、オンラインの場合はURLやログイン方法をチェックしておきます。ほかにも、履歴書や職務経歴書の送付、アドバイザーに相談したいことの整理も忘れないようにしましょう。また、オンライン面談の際はビデオ通話になるため、服装にも気を配るのが基本です。

担当アドバイザーと綿密にコミュニケーションを取る

転職エージェントとの電話面談では、担当アドバイザーと綿密なコミュニケーションを取りましょう。適切なサポートを受けるには、アドバイザーに自分の希望やキャリアプランなどをきちんと伝えておく必要があります。受け身の姿勢でアドバイザーに任せきりにしてしまうと、就職後にミスマッチが生じる可能性があるからです。後悔のないよう、アドバイザーに転職に対する思いを遠慮せず伝えましょう。

ネガティブな情報を伝えすぎない

今の仕事に対してネガティブな感情を抱いて転職を希望する場合、現職に対する愚痴や不安を伝えることもあるでしょう。伝えること自体は問題ありませんが、あまりにもネガティブな情報が多すぎると、エージェントは利用者に対してもネガティブな印象を抱きやすくなってしまいます。
また、「自分にできる仕事はない」「長く働くのが苦手」といった内容も控えましょう。

ミスマッチを感じたらアドバイザーを変更してもらう

転職エージェントの電話面談で担当アドバイザーとの相性が合わないと感じた場合は、できるだけ早めに変更してもらいましょう。転職エージェントを利用するなら、担当アドバイザーとの相性は重要です。相性が合わないアドバイザーのままだと、ストレスや紹介求人のミスマッチなど、今後の転職活動に支障をきたす恐れがあります。そのため、電話面談の段階でアドバイザーと合わないと感じたら、窓口に担当者変更の相談をしましょう

転職エージェントは電話面談のほかにも、面接対策や応募書類の添削など、さまざまなサービスを実施しているので、ぜひご活用ください。
若年層の就職や転職をサポートしているハタラクティブでは、初めての転職で悩んでいる方の相談にも、豊富な経験をもつキャリアアドバイザーが丁寧に対応いたします。時間を掛けてじっくり話を聞くことにより、求職者本人が気づいていないアピールポイントを引き出すことも可能です。希望条件や適性に合わせた職場を、豊富な求人情報の中からピックアップ。理想の職場が見つかるまでサポートいたします。サービスの利用は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

転職エージェントとの電話面談に関するQ&A

転職エージェントとの電話面談の利用を検討している方の疑問やお悩みに、Q&A形式でお答えします。ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントとの電話面談とは?

転職エージェントとの電話面談とは、言葉のとおりアドバイザーとの面談を電話で行うことです。電話面談は直接来社する必要がないため、場所や時間を気にせずに相談できます。「転職エージェントを利用してみたいけど、忙しくて面談の時間が取れない」「遠方に住んでいて来社できない」といった方は、電話面談を検討してみると良いでしょう。

転職エージェントとの電話面談での注意点は?

転職エージェントとの電話面談では、周囲の環境や話す内容などに注意しましょう。まずは電波状態を確認し、スムーズに話せるようにしておきます。また、周囲の物音や、携帯電話の場合は充電などもチェックしておきましょう。また、アドバイザーと話す際は遠慮し過ぎず、自分の希望や悩みをきちんと伝えることが大切です。転職エージェントとの電話面談の注意点については、「転職エージェントとの電話面談を有効活用するには?」をご覧ください。

転職エージェントと電話面談よりも直接会いたいです。

昨今は電話面談をメインにしている転職エージェントが増えてきていますが、直接の面談に対応している場合もあります。ただし、スマートフォンやパソコンの普及や、就活生の時間確保などの事情から、電話面談やオンライン面談が多いのは現状です。転職エージェントのハタラクティブでは、オンライン面談はもちろん、来社面談にも対応しています。アドバイザーと直接じっくり話したい方は、お気軽にご相談ください。

電話面談で担当者と合わなかった場合は?

転職エージェントとの電話面談で担当者とのミスマッチを感じた場合は、窓口に相談して変更してもらうと良いでしょう。転職エージェントを利用して転職活動をするなら、担当者との相性も大切です。余計なストレスを感じて転職活動に支障が出ないよう、早めに対応しましょう。

この記事に関連するタグ