転職エージェントとの電話面談の方法を解説!必要な準備も紹介

転職エージェントとの電話面談の方法を解説!必要な準備も紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職エージェントとの電話や面談の目的は、自分の強みを明確にして情報を共有すること
  • ・転職エージェントと電話面談することで、効率よく求人情報を得ることができる
  • ・転職エージェントとの電話や面談する前に希望や問題点などを整理しておくことが大事
  • ・転職エージェントと電話や面談する際には、自分の希望条件を明確にしっかり伝えよう

転職エージェントとの電話や面談の方法が良く分からなくて困っている方に向けて、転職エージェントの探し方や、自分に合った職場を見つける方法を紹介します。
電話面談を行う利点や、転職エージェントを利用するときに準備しておくべきもの、伝えるべきことなどもまとめているので、今よりも働きやすい職場を見つけたい方はぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職エージェントとの面談は電話でも良い?

就職活動のサポートをしてくれる転職エージェントとの面談は、電話などのオンラインでも構いません。
個人がスマートフォン・パソコンを所有していることや、転職活動では自由に時間を確保しづらいことなどから、電話やビデオ通話などを使用したオンライン面談に対応している転職エージェントが増えています。ぜひ活用しましょう。

転職エージェントと電話面談を行う目的

転職エージェントと電話面談を行う目的は、求職状況や求職者の情報を双方で共有することです。
転職エージェントに希望やスキル・資格、これまでのキャリアなどを伝えることにより、キャリアアドバイザーが自分に合った転職先を探して案内できるようになります。
これまでたくさんの求職者に希望の職場を紹介してきたキャリアアドバイザーは、本人が気づいていない適性やアピールポイントなども見つけ出してくれるでしょう。

また、電話や面談では転職に関する疑問に答えてもらえたり、アドバイスを受けたりすることも可能です。
それにより不安を解消した状態で選考に臨めたり、転職活動を有利に進められる情報を得られたりします。

転職エージェント受けられるサービスについて詳しく知りたい方は、転職エージェントを利用するメリットを紹介しているコラム「転職エージェント利用のメリット」をチェックしてみてください。
また、転職サイトの使い方や選び方がよく分からないという方は、「転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」のコラムもおすすめです。

転職エージェントとの電話面談の方法

転職エージェントと電話面談を行うには、まず利用するエージェントを決めて登録しましょう。利用先はインターネットで検索すれば容易に見つけることができます。
転職エージェントの利用は、基本的に無料としているところが多いようです。

転職エージェントを大別すると、業界を取り扱っている「総合転職エージェント」と、特定の業界のみを扱う「特化型転職エージェント」の2種類あります。
利用するエージェントによって案内してもらえる業界・職種が異なるため、自分の希望に合いそうな利用先を決定しましょう。
転職エージェントは一度に複数利用しても良いので、ある程度の候補を絞ったら掛け持ちして職場探しをするのもおすすめの方法です。
転職エージェントへの登録は、インターネットから簡単に行うことができます。

転職エージェントのWebサイトで登録を済ませてすぐに転職活動を開始したい場合は、電話やメールなどで面談の日程を調整してください。
その後、約束した日時にキャリアアドバイザーと面談します。

電話面談のメリットとデメリット

電話面談のメリットとデメリットは以下のとおりです。

電話面談の3つのメリット

電話面談には主に3つのメリットがあります。

1.忙しくても短時間で相談できる

電話面談の最大のメリットは、時間がなかなかとれない方でも短時間で知りたいことを教えてもらえることです。些細な質問も比較的しやすいでしょう。

2転職エージェント訪問のための費用を節約できる

電話面談なら、わざわざ転職エージェントのオフィスなどに出向く必要がありません。特に遠方に住んでいる方にとっては、交通費を0にできるのは大きなメリットです。

3効率良く求人情報を案内してもらえる

電話面談なら、効率良く自分に合った職場を案内してもらうことができます。仕事をしながら忙しい中で転職活動をしている人にとって、大きなメリットの一つだといえるでしょう。
隙間時間などに合わせて相談をしたり希望条件を伝えたりして、最新の転職市場の情報やいろいろな転職先を案内してもらえます。

電話面談の3つのデメリット

一方、電話面談の主なデメリットは以下の3つです。

1.相談相手の人柄が分かりにくい

これからお世話になるキャリアアドバイザーの人柄が分かりにくいことはデメリットになります。転職を成功させるにあたり、キャリアアドバイザーは非常に重要な存在です。
電話でもある程度の判断はできますが、直接対面してみなければ分からないこともあり、意思の疎通が上手くいかないこともあります。

2具体的な指導が受けられない

電話では履歴書や職務経歴書を一緒に目で確認して、具体的な面接指導などを受けられないこともデメリットとして挙げられます。
あらかじめ書類を送っておけばスムーズなやりとりを行えないわけではありませんが、直接書類の書き方や修正などをしてもらうことは難しく、特に面接指導は電話では完璧に行うことができません。

3.本気度が伝わりにくい

直接会って話さないと転職への熱意や本気度が伝わりにくかったり、電話ではいろいろなことを相談しても口頭でのアドバイスだけになったりしてしまうことなども、場合によってはデメリットとなります。

電話面談の流れについて

ここでは、電話面談の流れについて紹介します。

利用するエージェントを決めて登録する

まずは、インターネットなどで利用する転職エージェントを探して、登録を行います。
登録方法はエージェントによって異なりますが、指示通りに名前や連絡先などを打ち込めば、大概は数分で完了します。

面談の日時を決める

登録が完了したら、エージェントと連絡を取り合います。メールや電話など、都合の良い方法で面談のスケジュールを調整してください。

自己紹介

面談当日に、求職者とキャリアアドバイザーがお互いに自己紹介をします。
このときに、担当者のこれまでの経歴や得意な業界や職種などを確認することが大事です。

口コミなどの評判も転職エージェント選びの重要なポイントですが、最も大切なのは自分を担当するキャリアアドバイザーの能力です。
遠慮しないで聞きたいことをどんどん質問して、頼りにならなかったり信用できないと思ったりした場合は、担当者の変更を申し出るか、他のエージェントをあたりましょう。

キャリアの確認

自己紹介を終えたら、求職者のこれまでのキャリアの確認作業を行います。このときに、前職での成果や資格やスキルや強みをアピールします。

転職理由の確認

転職理由を伝えて、次の職場に求めることや重視することを明確にします。
転職後にどのようなキャリアを積んでいきたいかについてもしっかり伝えましょう。

希望条件の確認

勤務時間や収入面や勤務スタイルなど、具体的に次の職場に求める条件をキャリアアドバイザーと共有します。

求人情報の紹介

転職エージェントがもっている求人情報の中から、求職者の条件や適正に合った求人情報を紹介してくれます。
あくまでの候補であるため、紹介されたものに必ず応募する必要はありません。紹介してもらった中で魅力的に感じた求人への応募を検討しましょう。

転職サイトの使い方について迷っている方には、自分に合ったエージェントの見つけ方や効果的な使い方などを紹介しているコラム「攻略!転職エージェントの使い方」がおすすめです。

また、転職エージェントと面談する際にどう対応すれば良いか分からない方は、面談時に必要なマナーについても記載しているコラム「転職エージェントとの面談時のマナーや注意点をご紹介!」をチェックしてみてください。

転職エージェントと電話面談を行うための4つの準備

転職エージェントと電話面談を行う前にしておくべき準備を4点紹介します。
当日になって慌てないことも、転職を成功させるための重要な要素です。しっかり準備をしておきましょう。

1.面談の手順を確認しておく

面談の手順を今一度確認しておきましょう。電話面談であれば、面談を行うための電話番号を確認します。そのほかのオンライン面談ツールを使用する場合は、面談を行うURLやログイン方法などを確認してください。
じっくり面談を行うためにも、当日スムーズにアクセスできるように準備しましょう。

2.履歴書や職務経歴書を用意する

電話面談を行う際に使用する履歴書や職務経歴書などは事前に転職エージェントに送付して、自分で確認する分を当日用意するのが基本です。
他にもエージェント側から指定されたものがあれば、それも忘れず持参して、メモができるノートや筆記用具も忘れないでください。

3.希望や問題点などを整理しておく

希望や問題に感じていることなど、当日伝えたいことを事前に頭の中で整理して、忘れないように書き出しておきましょう。
特にキャリアアドバイザーとはじめて電話面談する方は、緊張のために伝えたいことを忘れてしまうことがあるので、メモしておくと安心です。

4.服装を決めておく

電話面談をする際の服装を決めておきましょう。
もしビデオ通話ではなく、電話のみの面談であれば、それほど服装を気にする必要はありません。しかし、気のゆるみにつながることがあるので、最低限身なりは整えておくのがおすすめです。
過度に派手な服装や、露出の多い服は避けましょう。社会人として常識のある範囲で服装を選んでください。

第二新卒者で転職を考えていて、転職エージェントの活用方法や事前にすべき準備について知りたい方は「第二新卒の転職で大切な転職準備とは」をご覧ください。

転職を成功させるためにはどのような準備をすれば良いか分からないという方は、転職に必要なスケジュールや準備について記載しているコラム「転職活動の成功のカギは、事前の万全な準備にあり!」を参考にしましょう。

転職エージェントとの電話面談で伝えるべきこと

転職エージェントと電話や面談するときには、自分の希望条件を明確にしっかり伝えることが大事です。キャリアアドバイザーに何を伝えるかで、転職を成功させられるかが大きく左右されます。
たとえ失敗しても、次にもチャンスはありますが、転職を繰り返すことはキャリアを積み重ねる以外には良い方向に進まない可能性を高めてしまいます。

年収の最低ラインや勤務時間の許容範囲などを、数字で示してはっきりさせて、将来の目標も明確に伝えてください。希望や目的が漠然としていれば、転職先を紹介する転職エージェント側も適切な職場を案内することが難しくなってしまいます。
資格やスキルのほか、自分が積み上げてきたキャリアも詳細に伝えてください。

若年層の就職や転職をサポートしているハタラクティブでは、はじめての転職で悩んでいる方の相談にも、豊富な経験をもつキャリアアドバイザーが丁寧に対応いたします。
時間を掛けてじっくり話を聞くことにより、求職者本人が気づいてないアピールポイントを引き出すことも可能です。
希望条件やそれぞれの適性に合わせた職場を、豊富な求人情報の中からピックアップして、理想の職場が見つかる最後までフルサポートいたします。
サービスの利用は無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

室谷彩依

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A