新しい環境で不安を解消する14の方法を解説!ストレスを発散しよう

新しい環境で不安を解消する14の方法を解説!ストレスを発散しようの画像

この記事のまとめ

  • 転職や人事異動で新しい環境に身を置くことにより、ストレスや不安を感じる場合がある
  • 新しい環境に不安を感じるのは、人間関係へのプレッシャーも原因の一つ
  • 新しい環境への不安を解消する方法の一つは、物事をポジティブに考えること
  • 新しい環境への不安が強すぎると心身に影響を及ぼす可能性があるので注意が必要

転職や人事異動などで新しい環境に身を置く場合、不安やストレスを感じてしまうという方は多いでしょう。新しい環境への不安が強過ぎると、心身に支障を来す恐れがあります。このコラムでは新しい環境に対して不安を感じる理由や不安を解消する方法などを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。新しい環境への不安を解消し、心にゆとりのある日々にしていきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事における新しい環境とはどんな状況?

転職や人事異動、新卒入社などの事情で、新しい環境に身を置かなければいけなくなることがあります。このように新しい環境になると、不安やストレスを感じる人もいるでしょう。このように仕事で新しい環境になってから3ヵ月程度の時期は、ストレスを抱えやすい傾向にあるようです。

新しい環境に不安を感じる5つの理由

新しい環境に不安を感じる理由が分からないままだと、いつまでたっても慣れることはできません。ここでは新しい環境に不安を感じる理由について解説するので、参考にしてください。

1.転職で知らない業界や職種へ参入することへの恐怖

多くの人にとって、自分の知らないことや分からないことは恐怖に繋がります。分からないことに関わるということは、多少なりともリスクを負う行為でもあるからです。そのため、転職によっていざ知らない業界や職種に乗り込んだときに、漠然とした不安に襲われることになります。このようなパターンでは、時間の経過によって新しい環境に慣れていき、知らないことが減っていくため、不安も解消されていくでしょう。

2.以前の環境が良好だった

誰でも新しい環境に慣れないうちは、以前の自分にとって慣れ親しんだ環境のほうが好ましいと感じるものです。何年も同じ職場で仕事をしていれば、そこが心が安らぐ場所になっているということもあるでしょう。そのため、たとえ自分で望んだ環境の変化だったとしても「前の職場はこうだったのに」というように、以前の環境と今の新しい環境を比較して落ち込んでしまうことも。このよう場合は、新しい環境が今の自分の居場所だと思えるようになることが大切です。

3.人間関係を新しく作ることへのプレッシャー

新しい環境に身を置けば周囲を取り巻く人も変わるため、人と関わることが苦手な人にとっては、人間関係を新しく構築しなければいけないという点が大きな問題となります。知らない人々とコミュニティを築くには気をつけなければいけない点も多いため、それ自体がプレッシャーとなることもあるでしょう。新しい環境で人とうまく関わっていくことで、不安の解消に繋がります。

4.周囲からの目が気になる

新しい環境下で、周囲からの目が気になってストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。自分への評価が過剰に気になり、常に落ち着かない気持ちになります。また、このような人は周りの人が残業していると帰りづらさを感じてしまい、しなくても良い残業をするということもあるでしょう。あまり悩みを抱え込まないよう、周囲に相談することも大切です。

5.新しい環境は自分が望んでいない

環境の変化は自分が望んだものとは限りません。人員などの問題から、自分の意思とは無関係に配置換えが行われることもあるでしょう。仕方がないことだと頭では分かっていても理不尽に感じたり、不安やストレスを抱えてしまう人もいます。このような場合、新しい環境になったことのメリットを見つけていくことが大切です。自分にとってのメリットを意識してポジティブに考えられるようになれば、ストレスからも解放されるでしょう。

仕事での新しい環境に不安を感じる理由は、「就職が怖い理由とは?不安が和らぐ方法を知ろう!」でも紹介しています。

新しい環境への不安を解消する14の方法

新しい環境への不安を解消したいときは、下記の方法を実践してみましょう。

1.ポジティブに考える

ネガティブに考えていると、不安はどんどん増幅していきます。「どんな人がいるんだろう」「どんな仕事なんだろう」など、不安に思っていることを期待に変えてみましょう。不安なときほど、物事をポジティブに捉えることが大切です。

2.礼儀正しくいることを意識する

新しい環境で一から人間関係を築くためには、常に礼儀正しくすることが基本です。たとえ相手が同世代であっても、最初のうちは敬語でコミュニケーションを取ることを心がけます。周囲の人に礼儀正しく接していれば、時間がかかっても徐々に新しい人間関係を構築していくことができるでしょう。

3.誰かに相談する

上司や先輩に相談するのは引け目を感じることがあるかもしれませんが、悩みを抱えたままでは何も進展しません。不安な気持ちを一人だけで抱え込まず、頼れる人に相談してみましょう。誰かに話を聞いてもらうことで、気持ちが軽くなる場合もあります。

4.準備をしておく

事前の準備が不足していると、「できないかも」と不安になるのは必然といえます。スキルアップをしたり、生活環境を充実させたり、できることから始めてみましょう。万全の準備がことの運びをスムーズにします。

5.とりあえずやってみる

ただ悩んでいるだけでは、解決には近づきません。「どうしよう」と考え込むよりも、「ひとまずやってみよう」の精神で行動に移してみましょう。実際にやってみることで、意外と大丈夫だと思える可能性も。また、場数を踏んで慣れることで不安が解消される場合もあるので、チャレンジ精神を持つことが大切です。

6.弱みを強みとしてアピールする

知らない人に自分の弱みを見せることは、誰にとっても怖いことです。しかし、自分を偽って新しい環境に馴染もうとしても、逆に追い詰められてしまう恐れがあります。弱みを隠さないことが、知らない人と距離を近づけていくコツです。素直に弱さを見せられる人であれば、相性の良い人とも出会いやすくなるでしょう。

7.毎日小さな目標を作って少しずつ乗り越える

新しい環境に身を置くと、周囲から自分一人だけが取り残されているような孤独感を覚えることもあるでしょう。このような状態になっても、毎日小さな目標を作って乗り越えていくことで、少しずつ世界は広がっていきます。いきなり新しい環境に慣れるのは無理でも、隣の人に話しかけたり、職場への新しいルートを見つけてみたりすることで、積み重なった小さな成功体験が自信を持たせてくれるでしょう。

8.自分ばかりが不安ではないと思うようにする

新しい環境が不安なのは自分だけではありません。環境が変わるのは多くの人が不安になります。これまでにも何度も経験し、通ってきた道であることを思い出して、いつまでもこのような状況は続かないとポジティブに考えるようにしましょう。

9.新しい環境は怖いものだけではないと意識する

新しい環境で知らない人に出会ったり、新しいチャレンジを行ったりすることは、人生の中でも大きな価値のある体験です。このように貴重な体験を怖がってばかりいるのはもったいないことでもあります。怖いと思うことでもポジティブな気持ちで挑めば、いつの間にか新しい環境にも慣れて、次のステージへ進んでいけるようになるでしょう。

10.周囲から話しかけやすい態度を取る

自分から話しかけることができなくても、周囲から話しかけられやすい態度を取ることは可能です。たとえば同僚が集まっている場所に近づいてみたり、話しかけてほしいとアピールしたりすることで、周りから声をかけてくれるようになるでしょう。

11.気が合いそうな人や頻繁に関わる人を見つける

新しい環境で頼りにできる人がいない状況だと不安になるでしょう。そのため、気が合いそうな人や、頻繁に関わる人が誰なのか早い段階で見つけておくのがベターです。悩みの相談ができる相手が職場にいれば、それだけでストレスも軽くなります。

12.自分のことを発信して相手の警戒心を解く

人は知らないことや分からないことに恐れを抱く生き物ですが、それは新しい環境に身を置いた本人だけではありません。周囲の人も新しく入ってきた見知らぬ人に対して未知を感じ、戸惑っています。そのため、周囲の人とコミュニケーションを取るなかで自分のことを発信していき、相手の警戒心を解いていきましょう。ただし、自分のことばかり話すのではなく、あくまで会話のなかで自然に発信していくことが大切です。

13.ストレス発散できるような趣味や場所を見つける

新しい環境に慣れないうちは、どうしてもストレスを抱え込みがちになります。そのため、新しい職場の近くにお気に入りのカフェや公園などの場所を見つけてみましょう。新しい日常のなかでいつでも立ち寄れるようなお気に入りの場所があれば、毎日の楽しみとしてストレスを軽減することができます。オンとオフの切り替えにもおすすめです。

14.業務を楽しむ要素を探す

新しい環境で慣れない仕事を任されるのは、大きなプレッシャーになるでしょう。そのため、業務を楽しめる要素を探しながらチャレンジするようにします。新しい環境にストレスを感じているのに、仕事も楽しくできなければ長続きもしないでしょう。しかし、仕事が楽しめるようになれば、新しい環境も徐々に受け入れられるようになっていきます。何事にも前向きに挑戦するということが重要です。

新しい環境への不安を払拭する方法については、「新しい環境に不安を感じるときにやるとよいこと」でも紹介しているので、あわせて参考にしてください。

新しい環境への不安における注意点

新しい生活や新しい仕事など、新たなことを始めるときは誰でも不安を抱くものです。しかし、新しい環境への不安が強過ぎて「怖い」とまで感じている場合は、注意をする必要があります。ストレスを溜め込むのは、心身の健康状態に影響することもあるので、良くありません。場合によっては、日常生活や仕事に支障を来す可能性もあります。せっかく新生活を送るなら、心身ともに万全の状態が理想的です。一度気持ちを落ち着けて、不安を解消する方法をいろいろと試してみましょう。自分に合った方法が見つかれば、ストレスが軽減される可能性があります。
ストレスを制し、転職活動を制する術!」では、ストレスとの上手な付き合い方を解説しているので、ご一読ください。

就職や転職が不安な人は

就職活動では、あらかじめ「軸」を見つけておくことが大切です。この軸が決まっていないと、自分の方向性が定まらず、何をして良いか分からなくなってしまうため、不安に陥りやすくなります。まずは自己分析を徹底的に行い、自分の強みや価値観、やりたいこと、大切にしたい条件などを洗い出してみましょう。これらを1つ1つ丁寧に掘り下げることで、志望先の企業を絞りやすくなります。
もし自己分析のやり方が分からないという方は、エージェントを活用してプロに相談してみましょう。ハタラクティブでは、専属のキャリアアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行います。自己分析や企業研究、面接対策なども指導するので、本番に臨む際も安心です。万全の状態で就職活動をしたい方には、ハタラクティブが力になります!