新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職が怖い理由とは?不安が和らぐ方法を知ろう!

就職が怖い理由とは?不安が和らぐ方法を知ろう!

公開日:

最終更新日:

就職が怖い理由とは?不安が和らぐ方法を知ろう!の画像

【このページのまとめ】

  • ・就職が怖いと感じるのは、就職に対する不安を抱えているから
    ・社会人生活や自由時間の減少など、就職が怖いと感じる理由は人それぞれ
    ・就職への不安を長引かせると精神的な負担から体調を崩す可能性がある
    ・失敗をマイナスに捉えず、自分の強みを認めれば就職への不安を和らげられるはず
    ・それでも就職が怖いならハローワークや就職、転職エージェントに相談しよう

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

「就職するのが怖い」「再就職がうまくいくのか分からない…」という悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?就職するのが怖い理由を分析し、不安が和らぐ対処法について知れば、就職への道が切り開けるはずです。自分に自信がなくて不安な方や就職活動をはじめる決心のつかない方は、このコラムを参考にして現在の気持ちを切り替えていきましょう。

 

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

就職や再就職が怖いと感じる7つの理由

「就職するのが怖い」と感じるのは、就職に対する不安を抱えているから。就職に対する不安や悩みは人それぞれです。
自分はどのようなことに不安を抱えているのか、その理由を突き止めましょう。下記では新卒や再就職を目指す人が抱える不安の原因を解説します。

 

1.社会人として生活できるか不安

社会人になると仕事に合わせたライフサイクルで働かなければなりません。
これまで規則正しい生活を送ってこなかった人は、時間通りに起きる練習をしてみましょう。
いきなり朝早くに起きるのは難しいので、起きられそうな時間から少しずつ早めていくのがおすすめです。

 

朝早く起きるのが苦手な方は、フレックスタイム制や夜勤専従といった働き方を選択するのも良いでしょう。自分のライフスタイルや実現したい働き方に合わせて仕事を探すのも1つの手です。
最近では勤務時間に融通がきく企業も増えているので、生活面での不安を解消できるのではないでしょうか?

 

2.社会人に必要なマナーが備わっているか不安

時間通りに出勤し、きちんと挨拶をすれば最低限のマナーを守れます。
アルバイトの経験がある場合は、挨拶や敬語の使い方などの基本的なマナーが身についているはずです。新人研修や先輩職員によるフォロー体制を確立している企業も多いので、働きながらビジネスマナーを身につけられるでしょう。

 

また、地方自治体や企業がマナーに関するセミナーを開催していることもあります。事前にある程度のマナーを身につけておきたい方は、このようなセミナーに参加してみるのも良いでしょう。
基本的なビジネスマナーを身につけていれば、志望する企業での第一印象を良くできます。

 

3.給料や待遇面が適切なのか気になる

同じ業界でほかの企業よりも高い金額を出している求人は、魅力的に感じるでしょう。
しかし、「みなし残業代制度」や「裁量労働制」を取り入れている場合には注意が必要です。実際の基本給が低かったり、時給に換算すると低賃金だったりします。

 

また、みなし残業代を支払っているところでは、基本的に時間外労働が発生します。時間外労働を強制したり、過剰な労働を前提としていたりと、制度を正しく運用していない企業もあるので気をつけましょう。
あまりにも労働環境がひどいところは、厚生労働省の「労働基準関係法令違反に係る公表事案」に掲載されているので確認してみてください。

 

参照元
厚生労働省
労働基準関係法令違反に係る公表事案

 

4.責任感のある仕事を任されるのが不安

責任感のある仕事を任されることで重圧を感じてしまう人もいるでしょう。
仕事に責任感はつきものですが、きちんと取り組めばやりがいや達成感に繋がります。着実に業務をこなせばスキルが向上し、担当する仕事の幅も広げられるはずです。

 

仕事をするうえでは、与えられた業務から逃げず、前向きに実行するのが大切。
新入社員のうちは分からないことが多くて当たり前なので、積極的に質問して疑問の解消に努めましょう。

 

5.職場の人間関係が気になる

「新しい環境で人間関係を構築していけるか」「面接に行ったとき、職員の印象が良くなかった」など、職場の人間関係に対する不安を抱えている場合も。新しい環境で人間関係を構築するのは、誰しもが緊張するものです。

 

働きやすい環境かどうかは、会社の雰囲気から読み取れることもあります。説明会や面接で企業に向かうことがあれば、案内してくれた方やすれ違うときの職員の様子をチェックしてみましょう。
人間関係が良好ではない企業で働いた場合、居心地の悪さから早期退職につながる可能性があります。

 

6.自由な時間が減るのが怖い

学生やフリーターの場合、正社員よりも比較的自由に時間を使えます。プライベートタイムを確保したい方にとっては、就職へ踏ん切りがつかない理由といえるでしょう。
仕事とプライベートを両立するには、ワーク・ライフ・バランスが尊重されている企業を見つけることが大切です。

 

仕事探しの際は、基本の労働時間や月平均残業時間、年間休日数など、出されている求人の細部まで確認します。
インターネットで気になる企業について調べれば、実際に働いた経験のある人の情報が見つかることも。このような情報から、オンオフの切り替えがきちんとできる環境であるかをチェックするようにしましょう。

 

7.採用してもらえるか分からない

「何も資格をもっていないから採用されないのでは」「フリーターの空白期間は厳しく見られそう」というように、採用に関する不安を抱えている人もいます。
無資格・未経験を歓迎している求人は多いので、企業の求める人物像に合わせてやる気や熱意を示せば内定を掴めるでしょう。

 

万が一不採用通知をもらったとしても、企業との相性が合わなかっただけです。不採用は決して人格を否定されている訳ではないことを覚えておきましょう。
就職・転職市場は若年層ほど有利になるため、資格取得を優先するよりすぐにでも申し込んだ方が選考に進みやすい可能性もあります。

就職の不安が続くとどうなる?

就職に対する苦手意識や恐怖心が抜けないまま就活を先延ばしにすると、自分の理想を達成できず後悔につながる可能性も。新卒の就職活動期間に内定が決まらないと、「就職浪人」や「就職留年」の道を考える必要性が出てきます。
一時的にフリーターになって正社員を目指す場合であっても、年齢が上がるほど応募できる職種の幅は狭くなるのが現状です。

 

就職への不安が拭えないうえに、働いていない状態に対する心理的な負担を感じると、精神面から体調を崩してしまう場合も。最悪の場合、就職への不安から何も行動ができなくなってしまいます。
まだ具体的な行動を開始していないのにもかかわらず、就活や就職に対しネガティブなイメージばかりしている人もいるでしょう。
実際に働き始めるまで不安を抱えたままの人は多いです。

 

とはいえ「就職が怖い」と感じている人にとって、就職活動に前向きな気持ちで取り組むのはなかなか難しいもの。就職への一歩を踏み出すには、不安との向き合い方を考える必要があります。
次の項目では、就職に対する不安を少しでも和らげるにはどうすれば良いか、不安に対する対処法をご紹介します。「不安だらけの現状から抜け出したい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

就職の不安を和らげる5つの方法

不安を抱えている人は、「就活や就職に対する考え方」を変えるのが効果的。具体的にどのようなポイントを意識すれば良いのか、詳しく解説します。

 

1.「失敗するのは当たり前!」という気持ちで前向きに捉える

就活に慣れないうちは「失敗しても仕方がない」くらいの気持ちに捉え、次の選考へ進む前に「どうしたら成功するか」を考えるようにしましょう。
「面接で失敗したらどうしよう」「もし就職活動に失敗したら…」と考えている人は、何らかの失敗を恐れている傾向があります。失敗をマイナスに捉えなければ、自分の成長の糧にできるはずです。

 

失敗への恐怖から就活を辞めてしまうと、成長のチャンスを逃してしまいます。選考に進めない日が続く場合は少しの休憩をとり、気持ちを切り替えて取り組むことが大切です。

 

2.人と比較せずに自分を認める

求職活動中は他人と比較するのをやめ、自分の活動に集中するようにしましょう。
「あの人と比べて自分はここが駄目」「自分はここができていない」など、他人と自分を比較するのは心を疲れさせ、自己評価を下げる要因になることも。他者による評価を気にしすぎると、ネガティブな気持ちになってしまいます。

 

就職活動では自分にしかない強みについて理解し、採用担当者へ自身の魅力を伝えることが重要です。自分の強みをきちんと把握できていれば、就職に対する自信へつながるでしょう。

 

3.面接の苦手意識の克服を目指す

求職活動では自分の中の苦手意識を理解し、克服を目指すことが大切です。
例えば「人と話すのが苦手」「コミュニケーション力に自信がない」という理由で面接に苦手意識を持っている場合は、ある程度の回答を用意しておきます。
用意した回答をもとに練習を繰り返せば、内容がブラッシュアップできるので自信がつくはずです。

 

どうすればうまくいくのかを考え行動することで、苦手意識が改善することも考えられます。
求職活動中は「今が頑張りどき」と捉え、諦めずにできる限りの努力をしてみましょう。

 

4.同じ業界や職種に進んだ人の話を聞いてみる

企業のセミナーやOB・OG訪問などを行い、気になる仕事で活躍している人の話を聞くのも有効的。
実際に働いている人の話を聞けば、イメージしていた業務と相違があったり、会社の雰囲気を掴んだりすることが可能です。また、説明会や面接では聞くことのできない企業の実態について聞ける可能性もあります。

 

OB・OG訪問は基本的にマンツーマンで行われるため、質問がしやすいはずです。このような機会を活かして就職に関する悩みを相談してみるのも良いでしょう。
業界や職種に対するイメージが明確になれば、就職に対する漠然とした不安が解消される場合もあります。

 

5.アルバイトから挑戦してみる

働くことそのものに不安を抱えているなら、アルバイトから挑戦してみるのも1つの手です。アルバイトを経験すれば、ある程度の業務フローを掴めます。
いきなり正社員になるのはハードルが高いと感じる場合は、アルバイトをとおして働く自信をつけましょう。

 

働きたい業界や職種が決まっている方は、その仕事に関連した職場を選択するのがおすすめです。
実践的なスキルが身につくのはもちろん、万が一ミスマッチと感じても就職の方向性を変えられます。

 

再就職を目指している方は、あらかじめアルバイトの期限を決定しておきましょう。アルバイト生活を長引かせすぎると、正社員になるタイミングを逃してしまう可能性があるからです。
また、正社員登用制度のあるところで働けば、アルバイトから正社員を目指せる可能性もあります。

就職への不安を相談できるところはある?

ハローワークと就職・転職エージェントなら、就職への不安を相談できます。不安を声に出せば溜め込んでいたストレスを発散できることも。
少しでも現状を変えたいと考えている方は、相談からでも行動を起こしてみましょう。

 

ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)は、職業紹介を主な事業としています。
企業と求職者の雇用関係を成立させるべく、求人紹介や面接対策、紹介状の発行、各種相談などに対応。誰でも無料でサービスを受けられるのがハローワークの特徴です。

 

ハローワークには、「新卒応援ハローワーク」「わかものハローワーク」「マザーズハローワーク」などの役割に特化したものが展開されています。各施設ではきめ細かい支援を受けられるため、自分に向いていそうなサービスの利用がおすすめです。
なお、ハローワークの利用には予約が必要なので、時間に余裕を持って申し込みましょう。

 

ハローワークは全国各地に所在しています。地域に特化した求人を有しているので、地元で就職したいと考えている方にも向いているでしょう。

 

就職・転職エージェント

就職・転職エージェントでは、業界の動向に詳しいアドバイザーがマンツーマンで相談に対応。求職者の不安や悩みをヒアリングし、的確なアドバイスを行います。

 

就職・転職エージェントは、年代別に利用できるものや業界に特化したもの、キャリアに応じたものなど、幅広いサービスを展開。就職に悩んでいる方は、利用条件に当てはまるエージェントへ相談するのも有効的です。

 

「1人での就職活動が怖い」「就活のやり方がわからない」という方は、若年層向けの就職・転職支援に特化したハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブの主な利用者は、高卒や既卒、第二新卒やフリーターの方など。未経験者歓迎の正社員求人を多数用意しているため、「1度も働いたことがない」という方にもおすすめです。
ハタラクティブでは、業界や仕事のことが分からないという方にも、お話を聞きながら適性に合ったお仕事をご提案。求人紹介のほかにも、書類作成や面接指導を行い、就活の経験がないという人でも正社員を目指せるよう強力にバックアップしています。
就活アドバイザーによるサポートを受けてみたいという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

こんなときどうする?就職に不安を抱える方のお悩みに答えるQ&A

ここでは、就職が不安で行動を起こせない方に向けて、Q&A形式でお悩みに答えていきます。

 

働く=辛いというイメージがあります

働くことのネガティブな面だけではなく、ポジティブな部分にも注目してみてください。「働くのが怖い方必読!働く利点と対処法」でも説明していますが、収入が得られることや生活にメリハリがつくことなど、働くことの利点はたくさんあります。就活のモチベーションを高めるために、メリットにも目を向けてみましょう。

自分にできる仕事があるのか不安です

まず、自己分析をして、自分の強みを探してみることをおすすめします。得意なことがわかれば、それを活かせる仕事を考えてみましょう。自己分析の方法については「自己分析って何?やり方がわからない方へのヒント集」でご紹介しています。もし、記事を読んでも不安や疑問が残る場合は、ハタラクティブを利用してみてください。就活アドバイザーがあなたの疑問に丁寧にお答えします。

自信を持つためにはどうしたらいいの?

自信を持つためには物事を前向きに捉える力が大切ですが、気持ちの切り替えが難しい場合は資格取得に挑戦してみるのもひとつの手です。資格は自分のスキルを客観的に示すことができるので、自信に繋がりやすいでしょう。職種によって役立つ資格は異なるので、「就職に役立つ資格大集合!あなたはどれを選ぶ?」を参考に検討してみてください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ