就職が怖い人は、まず行動してみよう!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職が怖い人は、まず行動してみよう!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・就職前の不安は、自分に自信がないことや自分の適職がわからないことなどが原因

    ・就職してからの不安は、仕事を覚えられるか、人間関係を築けるかといった心配であることが多い

    ・就活への不安を和らげる方法は、失敗して「当たり前」と思うこと、自分を駄目だと思わないことなど

    ・就活に対する苦手意識のある人は、「不安要素」を少しでも減らすことを考えよう

就活が怖いのは、応募書類や面接で自分を否定されるのが怖いから?

今回のコラムでは、「就職が怖い」原因と心理を分析し、対処法を考えます。

自分に自信がなくて不安な方、就職活動をはじめる決心のつかない方は、コラムを読んで今の気持ちを変えていきましょう。

 

◆就職するのが怖い・・・

「就職するのが怖い」と感じるのは、就職に対する「不安」があるからなのではないでしょうか。

就職前と就職後に分けて、どんなことに不安を感じるのかをまとめてみました。

 

【就職前の不安】

・就職に対する漠然とした不安がある

・自分の価値が履歴書で判断されるのが怖い

・アピールできる材料が見つからない

・自分に自信がない

・面接に苦手意識がある

・内定がもらえるかどうか不安

・自分に適した仕事や自分のやりたい仕事が見つからない

 

【就職後の不安】

・これから社会人としてやっていけるか不安

・業務についていけない

・ミスや失敗が続いてしまう

・職場の人と良好な人間関係が築けていない

・環境の変化についていけない

・給与や残業時間などに対する不満がある

 

就職前は「就職活動に対する不安」、就職後は「業務内容や職場環境、働き方に対する不安」が多く、就職前と後では不安の感じ方もが異なります。

 

就職に対する不安は人によってさまざま。

不安の度合いが強ければ強いほど、「就活が怖い」と感じてしまうようです。

◆就活に対する不安が続くとどうなる?

就職に対する苦手意識や恐怖心が抜けず、就活を先延ばしにしてしまうと、後々後悔に繋がることも。

 

例えば、新卒の場合、就職活動期間に就職できないと、「就職浪人」もしくは「就職留年」を考える必要がでてくるでしょう。

また、一時的にフリーターになり、正社員を目指す人もいますが、年齢が上がるほど応募できる職種の幅は狭くなり、採用ハードルは上がる傾向にあります。

 

「就活が怖い」と感じている人の中の多くは、「就職という未知の事柄に対する漠然とした心不安」を抱えています。

まだ具体的な行動を開始していないのにも関わらず、就活・就職に対するネガティブなイメージばかりが広がっているということもあるでしょう。

 

しかしながら、「就職が怖い」と感じている人にとって、就職活動に前向きな気持で取り組むのはなかなか難しいもの。

前に進むためには、「不安との向き合い方」を考える必要があります。

 

次項では、これらの不安を少しでも和らげるにはどうすれば良いか、不安に対する対処法をご紹介します。

「不安だらけの状態から抜け出したい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

◆就職への不安を和らげるには?

不安を抱えている人は、「就活や就職に対する考え方」を変えるのが効果的。

具体的にどのようなポイントを意識すれば良いのか、詳しく解説します。

 

・「失敗するのは当たり前!」という気持ちで前向きに捉える

就職が怖いという人の多くは、「面接で失敗したらどうしよう」「もし就職活動が失敗したら…」というように、何らかの「失敗」を恐れているのかもしれません。

 

しかしながら、一見成功を収めている人であっても、慣れないことに対しては100%成功している訳ではないのではないでしょうか。

就活に慣れないうちは、「失敗しても仕方がない」くらいに捉え、次は「どうしたら成功するか」などへ考え方をシフトすると良いでしょう。

試行錯誤を繰り返して成功することもあります。

失敗はマイナスに捉えなければ、自分の成長の糧になると心に留めておきましょう。

 

・人と比較せず、自分を認めてみる

書類選考や採用面接などで、「自分の価値を否定されるのが怖い」という人は、その人自身が自分に対して否定的に考える傾向があります。

 

「自分に自信がない」という人は、評価が気になり、他人と比べて自分は劣っているのではないか、とネガティブに考えてしまいがちです。

 

しかし、評価を気にしすぎてしまうと、それだけで気持ちがいっぱいになってしまうのではないでしょうか。

「あの人と比べて自分はここが駄目」「自分はここができていない」など、他人と自分を比較するのは心を疲れさせ、自己評価を下げる要因になることも。

 

人の良いところを見習うのはプラスになりますが、自ら自分を否定して不安な気持ちになるのは決して良いことではありません。

 

そのため就職活動中は、人と比べるのを辞め、「できないことはできない」と自分を認めることが大切です。

その上で、「どうすれば上手くいくか」ということに意識を向け、少しでも今の状況が改善するよう前向きに行動しましょう。

 

・苦手意識のある人は練習を繰り返そう

人と話すのが苦手、コミュニケーション力に自信がない、緊張してしまう、などの理由で、面接に対する苦手意識を持つ人もいるでしょう。

そんなときは、「苦手意識がある」ということを一度認め、練習を繰り返すことが大切です。

 

面接官を目の前にすると、緊張で頭がまわらない、何を話せばよいか分からないという人も、あらかじめ面接で聞かれそうな質問に対する回答を用意して、練習を繰り返すことで、少しずつ自信がついてくるのではないでしょうか。

 

「苦手だからできない」と諦めることは簡単かもしれませんが、「苦手だからどうすれば上手くいくのか」を考え行動することで、苦手意識が改善することも考えられます。

 

就職活動期間はあっという間に過ぎてしまいます。

「今が頑張り時」と捉え、諦めずにできる限りの努力をしてみましょう。

◆就職するならハタラクティブへ!

就職に限らず、不安を感じにくい・感じやすいはその人の性格にもよります。

不安や恐怖を和らげる最も有効な方法は、「自分ができる範囲で不安要素を減らしていくこと」です。

 

例えば、出かけた先で雨が降るのが不安なら折りたたみ傘を持っていく、家に空き巣が入るのが不安なら防犯グッズを揃える、老後の生活が不安なら今から貯金を始める…など、不安に対する対策方法はさまざまあります。

 

それと同様に就職においても、積極的に行動すれば、心を占める不安の割合を減らすことに繋がるのではないでしょうか。

 

まずは、就職活動への一歩を踏み出してみましょう。

 

1人での就職活動が怖い、就活のやり方がわからないという方は、若年層向けの就職・転職支援に特化したハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。

 

ハタラクティブの主な利用者は、高卒や既卒、第二新卒やフリーターの方など。

未経験者歓迎の正社員求人を多数用意しているため、「1度も働いたことがない」という方にもおすすめです。

 

ハタラクティブでは、業界や仕事のことが分からないという方にも、お話を聞きながら適性に合ったお仕事を提案。

求人紹介のほかにも、書類作成や面接指導を行い、全く就活の経験がないという人でも正社員を目指せるよう強力にバックアップしています。

 

就活アドバイザーによるサポートを受けてみたいという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ