実力重視!?学歴不問を打ち出す企業が存在する理由

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 実力重視!?学歴不問を打ち出す企業が存在する理由

公開日:

最終更新日:

求人票を読んでいると学歴不問という文言を見かけることがあると思います。学歴不問とは転職活動においてどのような意味を持っているのでしょうか。ここでは、学歴不問の意味や企業側の目的、学歴に対する企業側の見解についてご紹介します。

◆学歴不問の意味は実力や経験重視の採用

学歴不問とは、高卒や大卒の区別なく採用活動に応じるという意味です。そのため、学歴で人材を採用しないと企業が宣言していると見て取れます。
求人票で学歴不問を打ち出す企業の意図はどのようなものがあるでしょうか。

・実力やポテンシャル重視の採用活動

学歴不問の目的は、企業が転職希望者の実力や経験、あるいはポテンシャルを重視した採用活動をするためです。
仕事の出来不出来は学歴とは直結しないと考える企業では、求人票から学歴不問の姿勢を打ち出しています。
学歴不問の会社では、高学歴でなくても出世が目指せるかもしれません。

・採用の間口を広くする目的

深刻な人手不足に悩む企業は、学歴不問を打ち出すことで採用の間口を広げています。
まずは転職希望者に応募して欲しいという企業では、もしかすると学歴が高いほうが望ましいと考えているかもしれません。
書類選考または面接などで、学歴だけでは評価できない自分の魅力をアピールする必要がありそうです。

・年齢を重視するケース

体力を必要する肉体労働や長いキャリアが求められる技術職では、学歴よりも年齢を重視するケースがあります。
たとえば、技術職は年齢が若いうちから働くことで実力が付く仕事だからです。
大学や専門学校に進学しているとその分年齢は上がっていくため、学歴不問によって年齢重視の採用を考えている企業もあります。

◆学歴を重視しない企業の意見

学歴を重視しない企業はどのような意見があるのでしょうか。学歴不問を打ち出して求人採用を行う企業の考え方をご紹介します。

・学歴の高さと仕事の出来不出来は関係ない

学歴が高いからと言って仕事ができるとは限りません。本人のプライドが邪魔してなかなか仕事が覚えられなかったり、周囲と合わずに離職してしまったりするケースもあるようです。
そのため、高学歴であることよりも、仕事に対する熱意や経験、実力を買う企業も見受けられます。

・実力主義の風土

実力主義の風土が強い企業の場合、経営幹部や1,000万円プレイヤーに中卒、高卒の社員がいることも珍しくありません。
たとえば、営業会社やソフトウェアの開発、建築業など、営業力や技術力を必要とされる業界ではこういった企業も見受けられます。
ベンチャー企業も創造力などを優先し、学歴を重視していない企業もあるようです。

・学校のブランドは当てにならない

過去に高学歴の社員を中心に採用活動を進めていた企業のなかには、採用した人選に失敗したというケースもあります。
過度に学歴で人材を見る傾向が強いと、思わぬ落とし穴があるという考えです。
大切なのは本人と考える企業では、学校のブランドを見ずに書類選考や面接試験を重視しています。

・柔軟な社風にしたい

画一的な社風になると組織が硬直する恐れもあると考え、なるべく多様な学歴の人材を採用したいという声も見受けられます。
入社試験時の学力テストや心理テスト、面接試験などを経て、高学歴よりもそうでない学歴の人が好評価を収めるチャンスはあります。
画一的でない社風を求める企業では、むしろ学歴不問を強くアピールしたいと見てよいでしょう。

◆学歴を重視する企業の意見

一方、学歴を重視したいと考える企業もあります。なぜ、採用活動時に学歴を評価するのでしょうか。

・応募者多数の新卒採用でふるいにかけたい

企業にとって人は柱です。しかし、現実には採用活動はコストがかかります。応募者から多数書類が届くような人気企業では1万通以上の履歴書が届くこともあるため、全員と面接をしているとキリがありません。
そこで、学歴という条件を加味して書類審査をすることで、採用活動にコストを掛けないと考える企業もあるようです。

・高学歴は能力が高いと推測できる

学歴の高さは、記憶力や処理能力があって正確性が高いと考えることができます。学校のテストやセンター試験で、たくさんの物事を覚え、間違えずに回答してきた実績があるからです。
勉強が得意な人は問題解決能力も高いと見てもよいでしょう。そのため、働いてからも高い能力で活躍できるという考えがあると言います。

・古くからの習慣で学歴を重視している

伝統ある企業のなかには学閥や学歴重視の風習があるようです。そのため、採用活動時に学歴をひとつの基準として判断している企業もあると言います。
昔ながらの伝統や企業体質を重んじていると考えてよいでしょう。
画一的でない社風を望む企業と反対に、組織統制を目指して社風を統一したいという意図もあるかもしれません。


学歴フィルターという言葉もありますが、現実には学歴不問を強調したい企業もあります。どのような企業に出会うかは転職希望者本人の意識や工夫次第です。
若年層の就職・転職支援サービスのハタラクティブは、高卒や大学中退、フリーターの方々の正社員就職の成功実績があります。
もし、自分の学歴に自信がないことが理由で就職に不安がある方は、ハタラクティブへお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ