体を動かす仕事は楽しい?おすすめの職種や働くメリット・デメリットを紹介

体を動かす仕事は楽しい?おすすめの職種や働くメリット・デメリットを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 体を動かす仕事には、「工場作業員」「土木作業員」「清掃員」などがある
  • 工場作業員や清掃員、警備員といった体を動かす仕事は女性も活躍しやすい
  • 体を動かす仕事のメリットは「体力維持に繋がる」「対人トラブルが少ない」など
  • 体を動かす仕事のデメリットは「マンネリ化しやすい」「体調次第では就労困難」など
  • 体を動かす仕事を長く続けるには、日ごろから疲労を蓄積し過ぎない心掛けが重要

就職や転職を検討している人の中には、「体を動かす仕事は楽しい?」「自分に合う体を動かす仕事って?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。仕事を選ぶ際は、それぞれの業種や職種の特徴を理解し、働くメリット・デメリットを知ることが大切です。
このコラムでは、体を動かす仕事の主な職種やメリット・デメリットをご紹介します。自分にマッチした職場に就職できるよう、体を動かす仕事の特徴を把握しておきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

体を動かす仕事の種類には何がある?

体を動かす仕事には工場作業員や土木作業員、清掃員などが挙げられます。下記で、代表的な体を動かす仕事についてそれぞれの概要を把握しましょう。

工場の作業員

工場の作業員は立ち仕事が多く、扱う物品によっては重量があるため、体を動かすことが必要です。工場作業は、下記のように加工や検品、ピッキングなど工程ごとに仕事が細かく分けられます。体を動かす仕事の代表例である工場作業員に興味がある方は、「工場に就職するメリットや具体的な業務とは?向いている人の特徴もご紹介!」もぜひご参考にしてください。

加工

細かい部品の組み立てを手作業で行ったり、機械を使って大きな部品を構築したりする仕事です。長時間の立ち仕事にくわえて、部品によっては力を必要とするため、体を動かす仕事といえます。

検品

完成品に不具合がないかを確認する仕事です。勤め先によっては検品が終了した製品を梱包したり、所定の管理場所へ運んだりといった体を動かす作業も含まれます。

ピッキング

受注した製品を管理場から必要分だけ取り出し揃えておく仕事です。たとえ扱う製品自体は小さく軽量であっても、工場内を行ったり来たりして立ち働くため、体を動かすことが多いでしょう。

搬入、搬出

店舗や取引先との間で、製品を運び出したり運び入れたりします。大荷物を持つ場合もあるため、体を動かす仕事といえるでしょう。フォークリフトを要する職場では、フォークリフトの運転免許保持者に資格手当が付くこともあるようです。

製品の保管管理

製品の在庫や置き場所などを管理する仕事です。在庫状況や出荷予定に合わせて製品を運んだり、位置調整したりするため、体を動かす必要があります。

土木作業員

建設・工事の現場で、整備や運搬といった業務に携わる仕事です。石材や木材などの重い資材を持ち運ぶことが多く、体を動かす仕事の代表格といえるでしょう。

ビルメンテナンススタッフ

ビルメンテナンスの仕事には、ビルの窓拭きや清掃、設備の管理・点検などがあります。勤め先によって業務内容は異なるものの、基本的には体を動かすことが多い仕事です。

配送ドライバー

トラックを運転し、配送先へ荷物を届けるのが仕事です。トラックまで荷物を運んだり、荷物の積み下ろしをしたりする作業で体を動かすのが主でしょう。中型や大型の運転免許を取得しておくと、仕事の選択肢が広がるとともに、収入アップも期待できます。

清掃員

公共施設やオフィスなどの清掃作業を担う、体を動かす仕事の一つです。勤め先のマニュアルやクライアントの要望に沿って、床拭きや掃き掃除、ゴミ捨てなどを中心としたクリーニングを行います。清掃場所によっては、広いフロアでの移動や階段の昇り降りもあるでしょう。体を動かす仕事として挙げた清掃員については、「清掃員は正社員で働くときつい?仕事内容やメリットを解説!」もぜひチェックしてみてください。

飲食店スタッフ

飲食店スタッフは基本的に立ち仕事なため、体力を使います。ホール担当ならオーダー取りや料理運びなどで動き回るでしょう。厨房での料理担当も、重いフライパンを振るったり、皿洗いをしたりと体を動かす場面が多いといえます。

警備員

百貨店やオフィスビル、イベント会場などでトラブル防止を目的とした警備にあたります。勤務先にもよりますが、長時間の立ちっぱなしや巡回、トラブルへの対応などが必要な場合も。体を動かす仕事の一つとして挙げられるでしょう。「警備員の年収は低い?500~1000万円を目指せる?給与事情を解説!」のコラムでは、気になる警備員の年収について解説しています。

体を動かす仕事は楽しい?

一見すると体を動かす仕事は大変そうと思いがちですが、体を動かすのが苦でない人や体力を付けたい人にとっては、楽しい職場になる可能性があります。また、最初は楽しいと感じられなくても、働き続けるうちにスキルや体力が付き、体を動かす仕事のやりがいを見出せることもあるでしょう。

女性が活躍しやすい体を動かす仕事

前項で挙げた工場作業員、清掃員、飲食店スタッフ、警備員といった体を動かす仕事は、女性も活躍しやすい仕事といえるでしょう。
たとえば、昨今は自宅のハウスクリーニングを依頼する人が増えつつあるため、家事スキルに自信があれば清掃員として存在感を示せる可能性があります。そのほか、女性用のトイレやスペースなどを含む施設では、立ち入っても違和感のない女性の警備員が歓迎される場合もあるでしょう。
体を動かす仕事は長時間立ちっぱなしでの勤務が少なくないため、「体力に自信がある」「下半身を鍛えたい」といった女性にも向いています。

女性向けサービスの仕事もおすすめ

女性専用のスポーツ施設などで働くスポーツインストラクター・ヨガインストラクターなどは、利用者が女性に限られるため同性が歓迎される傾向があるようです。講師として利用者のお手本になり体を動かしたり、改善点をアドバイスしたりする仕事のため、体を動かすことが得意な方に向いている仕事といえるでしょう。「体を動かす仕事の種類!女性が活躍できる職種を知ろう」のコラムでも、女性向けの仕事について触れています。

スキルアップで活躍の場が広がる

女性が体を動かす仕事に就く場合、職種に関連した資格取得やスキルアップを図るのがおすすめです。男性ほどの体力はなくても、身に付けた経験や知識、技術を活かせば活躍の場を広げられる可能性が高いでしょう。

体を動かす仕事に就く3つのメリット

体を動かす仕事におけるメリットには、「体力維持に繋がる」「対人トラブルに遭遇しにくい」「資格取得を目指しやすい」などがあります。

1.仕事をすることが体力や健康の維持に繋がる

体を動かす仕事は、働くことで体力や健康を維持しやすいのがメリットです。仕事中に体を動かしているため、自然と運動不足を補えます。そのため、意識的に体力トレーニングを行ったり、運動の時間を作ったりしなくても、健康的な体を保ちやすいでしょう。

2.対人業務が少なく人間関係の悩みが生じにくい

体を動かす仕事は直接人を相手とする業務が少ないため、人間関係のトラブルに遭遇しにくいのもメリットの一つ。業務工程に慣れてしまえば、作業中は一人でコツコツと仕事を進める場合が多いでしょう。「接客は自信がない」「職場の人間関係に苦手意識がある」といった方に向いています。

3.仕事によっては資格の取得を目指せる

体を動かす仕事のメリットには、関連資格を取得しやすい点も挙げられるでしょう。体を動かす仕事の中には、資格取得が必要な職種もあります。前述したフォークリフトや大型・中型の運転免許などはその筆頭といえるでしょう。そのため、勤め先によっては資格取得支援制度を設けて、社員のスキルアップを後押ししてくれることもあるようです。このような職場を選んで就職すれば、働きながら資格を取得できる可能性が高いでしょう。

自己分析を深めて適職を見つけよう

体を動かす仕事への就職で後悔しないコツは、自己分析を深めてから仕事探しを行うことです。事前に自分のやりたいことや興味のある分野を洗い出し、できるだけたくさん体を動かしたいのか、資格取得を目指したいのかなど、自分の仕事に対する価値観を明確にしてください。そのうえで、どのような業種や職種が自分に合っているかを見極めましょう。

体を動かす仕事に就くデメリット

体を動かす仕事におけるデメリットには、「マンネリ化しやすい」「体の状態次第で働けなくなる」などがあります。

仕事がルーティン化するとスキルアップしづらい

体を動かす仕事は、スキルアップを図りにくいデメリットがあります。工場作業員や清掃員といった仕事は単純作業も多く、業務工程がルーティン化しやすい側面も。仕事に慣れれば効率を上げられる一方、マンネリ化してしまうとスキルアップしづらい場合があるでしょう。

体調不良や高齢化で働けなくなるリスクがある

体を動かす仕事のデメリットには、体調不良や高齢化によって、将来的に就労困難になるリスクも挙げられます。体を動かす仕事をするには、体が健康であることが大切です。オーバーワークで体の不調を悪化させたり、高齢になって体力・筋力が落ちたりすれば、仕事を継続できなくなる恐れもあるでしょう。

長期勤務には意識的なリスクヘッジが重要

体を動かす仕事を長く続けるには、意識的なリスクヘッジが重要です。将来的なキャリアアップや収入アップを望むなら、それを見据えたキャリアプランを立て自己研鑽や資格取得を目指す自発性が必要になります。また、体のケアを習慣付けて、日ごろから疲労を蓄積し過ぎないのも大切なポイントです。ストレッチで体をほぐす、リラックスできる時間を確保するなど、意識的に休養を取って健康維持を図りましょう。

体を動かす仕事はどうやって探す?自分に合った働き方を見つけるコツ

体を動かす仕事を希望するなら、前項で説明したメリットとデメリットをしっかり理解したうえで「自分に合っているか」「長期的に就業可能か」を考える必要があります。

適性に合っている仕事かどうかを見極める

ひとくちに「体を動かす仕事」といっても、警備員や作業員のように「業務のなかで体を動かす機会が多い仕事」もあれば、スポーツインストラクターなど「体を動かすこと自体が仕事」ということもあります。自分が考える「体を動かす仕事」を見極め、適性に合っているか考えてみましょう。スポーツインストラクターのようにダイナミックに体を動かす仕事内容を想定していたのに、実際は立ち仕事・ルーティンが多い仕事だった…となるとミスマッチとなり早期離職も懸念されます。「自分の適性に合った仕事の探し方」のコラムを参考に自分の適性を洗い出してみて下さい。

長期的に続けられる仕事か考える

体を動かす仕事に就くデメリット」でも述べたように、年齢を重ねるほど体を動かすことが難しくなるとされています。体を動かす仕事に就くことを考えたら、長期的に働けるかを考えましょう。一定の動作が多い仕事では、長期的に続けることで体に影響が出ることも考えられます。
若いうちは現場で体を動かして働き、年齢や経験に応じて事務やマネジメントといったデスクワークに転向できる職場なら、長期にわたって安心して働けるでしょう。

体を動かす仕事探しに悩んだときは?

「体を動かす仕事に就きたいけど、自分に合う職種がどれか分からない…」と悩んでしまう方は、就職エージェントの利用を検討しても良いでしょう。就職エージェントは、就職に悩みを抱える方の相談に乗り、条件が合う求人を紹介して就職活動をサポートする民間の就職支援機関です。
体を動かす仕事といっても、業種や職種はさまざま。さらに、各企業によって労働条件や職場の雰囲気は異なります。就職エージェントでは、プロのアドバイザーが数ある求人の中から自分の適性に合った仕事を紹介してくれるため、効率的な就職活動を行える可能性が高いでしょう。

ハタラクティブは、フリーターや既卒、第2新卒の方を対象とした就職支援サービスです。
就活アドバイザーがマンツーマンで付き、あなたの適性や悩みを踏まえたうえで、マッチ度の高い求人をご紹介します。実際の訪問で取材した企業の求人を扱っているので、労働条件や社内の雰囲気など、リアルな情報を詳しくお伝えできるのが強みです。面接対策や応募書類の書き方なども、プロの視点からアドバイスして、全力でサポートいたします。
「体を動かす仕事に就くか悩んでいる」「就職活動の進め方に自信がない」といった方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

体を動かす仕事に関するQ&A

最後に、体を動かす仕事に関してよくある質問に回答をしていきます。

体を動かす仕事で高収入が得られるものはありますか?

基本的に、体を動かす仕事は体力を必要とすること、危険な作業を伴う可能性があることから高収入といわれています。
日本人の平均収入の実態を紹介!手取りとの違いや年収を上げる方法も解説!」のコラムでも説明しているように、収入が高いとされている仕事のなかにインフラ系や建設系が含まれます。また、短期間でしっかり収入を得たいと考える人には、体を動かす仕事の一種である工場作業員の期間工もおすすめ。契約社員ではありますが高収入が期待できます。「期間工とは?きついって本当?働くメリットとデメリット」のコラムをご覧ください。

体を動かす仕事で楽しいものはなんですか?

人それぞれに感じる楽しさが異なるため、特定の仕事が「楽しい」とはいえません。
自分が楽しいと感じる仕事を見つけるために、自己分析や企業・業界研究を行いましょう。「楽しい仕事を見つけるにはどうする?探し方のコツやおすすめの職種を紹介!」のコラムも参考にしてください。

スポーツに関わる体を動かす仕事を教えてください

スポーツに関わる仕事は、チームスタッフやトレーナー、整体師、柔道整復師などが挙げられます。また、「スポーツ業界の仕事」でも解説しているように、体を動かさない仕事だとマスコミや食品、用品メーカーなども含まれます。需要が高まっているとされるスポーツジムで活躍するインストラクターも、スポーツに関わる仕事。「スポーツインストラクターになるには?役立つ資格や仕事内容を紹介!」のコラムをご覧ください。

この記事に関連するタグ