新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 体を動かす仕事は楽しい?おすすめの職種や働くメリット・デメリットを紹介

体を動かす仕事は楽しい?おすすめの職種や働くメリット・デメリットを紹介

公開日:

体を動かす仕事は楽しい?おすすめの職種や働くメリット・デメリットを紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・体を動かす仕事には、「工場作業員」「土木作業員」「清掃員」などがある
  • ・工場作業員や清掃員、警備員といった体を動かす仕事は女性も活躍しやすい
  • ・体を動かす仕事のメリットは、「体力維持に繋がる」「対人トラブルが少ない」など
  • ・体を動かす仕事のデメリットは、「マンネリ化しやすい」「体調次第では就労困難」など
  • ・体を動かす仕事を長く続けるには、日ごろから疲労を蓄積し過ぎない心掛けが重要

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

就職や転職を検討している人の中には、「体を動かす仕事は楽しい?」「自分に合う体を動かす仕事って?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。仕事を選ぶ際は、それぞれの業種や職種の特徴を理解し、働くメリット・デメリットを知ることが大切です。
このコラムでは、体を動かす仕事の主な職種やメリット・デメリットをご紹介します。自分にマッチした職場に就職できるよう、体を動かす仕事の特徴を把握しておきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

体を動かす仕事の種類には何がある?

体を動かす仕事には工場作業員や土木作業員、清掃員などが挙げられます。下記で、代表的な体を動かす仕事についてそれぞれの概要を把握しましょう。

工場の作業員

工場の作業員は立ち仕事が多く、扱う物品によっては重量があるため、体を動かすことが必要です。工場作業は、下記のように加工や検品、ピッキングなど工程ごとに仕事が細かく分けられます。

加工

細かい部品の組み立てを手作業で行ったり、機械を使って大きな部品を構築したりする仕事です。長時間の立ち仕事にくわえて、部品によっては力を必要とするため、体を動かす仕事といえます。

検品

完成品に不具合がないかを確認する仕事です。勤め先によっては検品が終了した製品を梱包したり、所定の管理場所へ運んだりといった体を動かす作業も含まれます。

ピッキング

受注した製品を管理場から必要分だけ取り出し揃えておく仕事です。たとえ扱う製品自体は小さく軽量であっても、工場内を行ったり来たりして立ち働くため、体を動かすことが多いでしょう。

搬入、搬出

店舗や取引先との間で、製品を運び出したり運び入れたりします。大荷物を持つ場合もあるため、体を動かす仕事といえるでしょう。フォークリフトを要する職場では、フォークリフトの運転免許保持者に資格手当が付くこともあるようです。

製品の保管管理

製品の在庫や置き場所などを管理する仕事です。在庫状況や出荷予定に合わせて製品を運んだり、位置調整したりするため、体を動かす必要があります。

土木作業員

建設・工事の現場で、整備や運搬といった業務に携わる仕事です。石材や木材などの重い資材を持ち運ぶことが多く、体を動かす仕事の代表格といえるでしょう。

ビルメンテナンススタッフ

ビルメンテナンスの仕事には、ビルの窓拭きや清掃、設備の管理・点検などがあります。勤め先によって業務内容は異なるものの、基本的には体を動かすことが多い仕事です。

配送ドライバー

トラックを運転し、配送先へ荷物を届けるのが仕事です。トラックまで荷物を運んだり、荷物の積み下ろしをしたりする作業で体を動かすのが主でしょう。中型や大型の運転免許を取得しておくと、仕事の選択肢が広がるとともに、収入アップも期待できます。

清掃員

公共施設やオフィスなどの清掃作業を担う、体を動かす仕事の一つです。勤め先のマニュアルやクライアントの要望に沿って、床拭きや掃き掃除、ゴミ捨てなどを中心としたクリーニングを行います。清掃場所によっては、広いフロアでの移動や階段の昇り降りもあるでしょう。

飲食店スタッフ

飲食店スタッフは基本的に立ち仕事なため、体力を使います。ホール担当なら、オーダー取りや料理運びなどで動き回るでしょう。厨房での料理担当も、重いフライパンを振るったり、皿洗いをしたりと体を動かす場面が多いといえます。

警備員

百貨店やオフィスビル、イベント会場などでトラブル防止を目的とした警備にあたります。勤務先にもよりますが、長時間の立ちっぱなしや巡回、トラブルへの対応などが必要な場合も。体を動かす仕事の一つとして挙げられるでしょう。

体を動かす仕事は楽しい?
一見すると、体を動かす仕事は大変そうと思いがちですが、体を動かすのが苦でない人や体力を付けたい人にとっては、楽しい職場になる可能性があります。また、最初は楽しいと感じられなくても、働き続けるうちにスキルや体力が付き、体を動かす仕事のやりがいを見出せることもあるでしょう。

体を動かす仕事の詳細については、「体を動かす仕事の種類!女性が活躍できる職種を知ろう」も併せてご覧ください。

女性が活躍しやすい体を動かす仕事

前項で挙げた工場作業員、清掃員、飲食店スタッフ、警備員といった体を動かす仕事は、女性も活躍しやすい仕事といえるでしょう
たとえば、昨今は自宅のハウスクリーニングを依頼する人が増えつつあるため、家事スキルに自信があれば清掃員として存在感を示せる可能性があります。そのほか、女性用のトイレやスペースなどを含む施設では、立ち入っても違和感のない女性の警備員が歓迎される場合もあるでしょう。
体を動かす仕事は長時間立ちっぱなしでの勤務が少なくないため、「体力に自信がある」「下半身を鍛えたい」といった女性にも向いています。

スキルアップで活躍の場が広がる
女性が体を動かす仕事に就く場合、職種に関連した資格取得やスキルアップを図るのがおすすめです。男性ほどの体力はなくても、身に付けた経験や知識、技術を活かせば活躍の場を広げられる可能性が高いでしょう。

体を動かす仕事として挙げた清掃員については、「清掃員として正社員を目指すなら?仕事内容やメリットをご紹介」もぜひチェックしてみてください。

体を動かす仕事に就く3つのメリット

体を動かす仕事におけるメリットには、「体力維持に繋がる」「対人トラブルに遭遇しにくい」「資格取得を目指しやすい」などがあります

1.仕事をすることが体力や健康の維持に繋がる

体を動かす仕事は、働くことで体力や健康を維持しやすいのがメリットです。仕事中に体を動かしているため、自然と運動不足を補えます。そのため、意識的に体力トレーニングを行ったり、運動の時間を作ったりしなくても、健康的な体を保ちやすいでしょう。

2.対人業務が少なく人間関係の悩みが生じにくい

体を動かす仕事は直接人を相手とする業務が少ないため、人間関係のトラブルに遭遇しにくいのもメリットの一つ。業務工程に慣れてしまえば、作業中は一人でコツコツと仕事を進める場合が多いでしょう。「接客は自信がない」「職場の人間関係に苦手意識がある」といった方に向いています。

3.仕事によっては資格の取得を目指せる

体を動かす仕事のメリットには、関連資格を取得しやすい点も挙げられるでしょう。体を動かす仕事の中には、資格取得が必要な職種もあります。前述したフォークリフトや大型・中型の運転免許などはその筆頭といえるでしょう。そのため、勤め先によっては資格取得支援制度を設けて、社員のスキルアップを後押ししてくれることもあるようです。このような職場を選んで就職すれば、働きながら資格を取得できる可能性が高いでしょう。

自己分析を深めて適職を見つけよう
体を動かす仕事への就職で後悔しないコツは、自己分析を深めてから仕事探しを行うことです。事前に自分のやりたいことや興味のある分野を洗い出し、できるだけたくさん体を動かしたいのか、資格取得を目指したいのかなど、自分の仕事に対する価値観をクリアにしてください。そのうえで、どのような業種や職種が自分に合っているかを見極めましょう。

体を動かす仕事の代表例である工場作業員に興味がある方は、「工場に就職するメリットや具体的な業務とは?向いている人の特徴もご紹介!」もぜひご参考にしてください。

体を動かす仕事に就くデメリット

体を動かす仕事におけるデメリットには、「マンネリ化しやすい」「体の状態次第で働けなくなる」などがあります

仕事がルーティン化するとスキルアップしづらい

体を動かす仕事は、スキルアップを図りにくいデメリットがあります。工場作業員や清掃員といった仕事は単純作業も多く、業務工程がルーティン化しやすい側面も。仕事に慣れれば効率を上げられる一方、マンネリ化してしまうとスキルアップしづらい場合があるでしょう。

体調不良や高齢化で働けなくなるリスクがある

体を動かす仕事のデメリットには、体調不良や高齢化によって、将来的に就労困難になるリスクも挙げられます。体を動かす仕事をするには、体が健康であることが大切です。オーバーワークで体の不調を悪化させたり、高齢になって体力・筋力が落ちたりすれば、仕事を継続できなくなる恐れもあるでしょう。

長期勤務には意識的なリスクヘッジが重要
体を動かす仕事を長く続けるには、意識的なリスクヘッジが重要です。将来的なキャリアアップや収入アップを望むなら、それを見据えたキャリアプランを立て自己研鑽や資格取得を目指す自発性が必要になります。また、体のケアを習慣付けて、日ごろから疲労を蓄積し過ぎないのも大切なポイントです。ストレッチで体をほぐす、リラックスできる時間を確保するなど、意識的に休養を取って健康維持を図りましょう。

体を動かす仕事の一つである警備員について詳しく知りたい方は、「警備員の就職に向いている人は?仕事内容ややりがいとは」もぜひご参照ください。

体を動かす仕事探しに悩んだときは?

「体を動かす仕事に就きたいけど、自分に合う職種がどれか分からない…」と悩んでしまう方は、就職エージェントの利用を検討しても良いでしょう。就職エージェントは、就職に悩みを抱える方の相談に乗り、条件が合う求人を紹介して就職活動をサポートする民間の就職支援機関です。
体を動かす仕事といっても、業種や職種はさまざま。さらに、各企業によって労働条件や職場の雰囲気は異なります。就職エージェントでは、プロのアドバイザーが数ある求人の中から自分の適性に合った仕事を紹介してくれるため、効率的な就職活動を行える可能性が高いでしょう。

ハタラクティブは、フリーターや既卒、第2新卒の方を対象とした就職支援サービスです。
就活アドバイザーがマンツーマンで付き、あなたの適性や悩みを踏まえたうえで、マッチ度の高い求人をご紹介します。実際の訪問で取材した企業の求人を扱っているので、労働条件や社内の雰囲気など、リアルな情報を詳しくお伝えできるのが強みです。面接対策や応募書類の書き方なども、プロの視点からアドバイスして、全力でサポートいたします。
「体を動かす仕事に就くか悩んでいる」「就職活動の進め方に自信がない」といった方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ