真面目な人にはどのような特徴がある?損をするといわれる理由も解説

真面目な人にはどのような特徴がある?損をするといわれる理由も解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・真面目な人には責任感が強く、誠実といった特徴がある
  • ・真面目な人はコツコツ努力するのが得意で、手抜きや妥協をしない傾向がある
  • ・真面目な人には、ジョークが通じづらいといったマイナスに捉えられる特徴もある
  • ・真面目な人が損をするといわれるのは、周囲の人を頼れず一人で抱え込んでしまうため
  • ・真面目な人には、金融や法律関係といった正確さが求められる仕事が向いている

「真面目過ぎて仕事がしにくい」「真面目な自分に合う仕事が分からない」という悩みを持つ人も多いでしょう。真面目な人は、責任感が強く誠実である半面、ルールやマニュアルにこだわる一面もあります。このコラムでは真面目な人の性格の特徴や、マイナスに捉えられがちな部分を解説。また、真面目な人が仕事をしやすくするコツや向いている職業を紹介します。参考にして、長所を活かして働けるようになりましょう。

真面目な人の特徴とは?

ここでは、真面目な人の特徴を紹介します。真面目な人は責任感が強く、コツコツ計画的に行動できる人が多いようです。また、自分に厳しく、ルールをしっかり守れる一面もあります。

責任感が強く最後までやり遂げる

真面目な人には、責任感を持って物事に取り組めるといった特徴があります。人に迷惑をかけたくない気持ちが強く、途中で投げ出すことはあまりしないようです。不真面目な人のなかには、自分が辛かったり、嫌だったりする仕事は適当にこなしてしまう人もいます。しかし、真面目な人は責任感が強いため、自分の感情は後回しにして、与えられた役割を全うしようとするでしょう。

ルールや約束を守る

ルールや約束を守る意識が強いのは、真面目な人の特徴の一つです。世の中には、自分が生活しやすいように、ルールやマナーを無視して行動する人も見られます。しかし、真面目な人は「ルールは守るもの」という考えで生活しているため、基本的にルールや約束を破ることはしません。特に、時間を守る意識が強く、遅刻をしないように余裕を持って行動する人が多いようです。

正直で嘘をつかない

真面目な人の多くは「噓をつくのは悪いこと」と思っているため、正直です。そのため、周囲の人からは「裏表がなく誠実な人」といった印象を持たれます。人間関係においては、嘘をついた方が物事がスムーズに進むこともあるでしょう。そのような場合でも、真面目な人は本当のことを言わないのは自分の正義感に反するため、できる限り嘘をつかない傾向があります。

真実を伝えた結果トラブルになることも
真面目な人は正直であるため、噓をついた方が良いときでも真実を伝えるのを優先しがちです。そのため、人間関係上のトラブルに巻き込まれてしまう場合もあります。人を傷つけない優しい嘘もときには必要だと理解しておくと、生活しやすくなるでしょう。

自分に厳しい

真面目な人ほど、自分に厳しいといった特徴があります。自分に甘い人は、楽ができるように仕事を適当にこなしたり、噓をついてごまかしたりするでしょう。しかし、真面目な人は自分に対して厳しいため、楽をしたい感情より、やるべきことを責任を持って終える方を優先します。そのため、限界を感じても無理して働いてしまい、健康を損ねてしまう人もいるようです。自分を律する気持ちはとても大切ですが、無理のない範囲で加減すると良いでしょう。

手抜きや不正をしない

基本的に真面目な人は、誰も見ていないところでも手抜きや不正をしません。不真面目な人の場合、「バレなければ良い」「人が見ているときだけしっかりやろう」といった考えで手抜きをしがちです。しかし、真面目な人の多くは、人の評価よりも自分の信念に基づいて行動しているため、人の目がないときでも真摯に物事に取り組みます。

計画的に行動する

計画的に行動できるのは、真面目な人の特徴です。真面目な人が計画的である理由は、責任感が強い点が関係しているでしょう。見切り発車で物事を始めてしまうと、想定外の出来事があったときに対応しきれなくなる恐れがあります。そのため、責任を持って物事に取り組みたいと考えている真面目な人は、確実に役割を全うできるよう、計画を立ててから行動することが多いようです。

コツコツ努力をする

真面目な人ほど、コツコツ努力できる傾向にあります。難しい仕事に直面しても、諦めて投げ出すことはしません。また、「楽をしよう」「手抜きをしてしまおう」といった考えを持っていないため、地道な努力を積み重ねられます。自分の至らない点を認めたうえで小さな努力を怠らないのが、真面目な人の特徴といえるでしょう。

真面目な人は、何かとストレスを溜めがちです。ストレスの対処法については「切っても切れない仕事のストレス。乗り越え方とは?」の記事を参考にしてください。

真面目な人の特徴にはマイナスな部分もある

真面目な人の特徴は、良い面だけではなく、マイナスに捉えられてしまう部分もあります。真面目である故に、ジョークが通じなかったり、頑固な人だと思われたりする可能性があるでしょう。また、完璧主義な面があり、周囲をイライラさせてしまう場合もあります。

ジョークが通じない

真面目な人は、冗談が通じづらい傾向があります。真面目さから、言われたことを言葉そのままに受け取ってしまい、コミュニケーションに支障が出る場合も。たとえば、上司や同僚が場を和ませようとして言ったジョークに本気で反論してしまい、人間関係が悪くなってしまうのは真面目な人によくある悩みです。「空気が読めない」「話しかけづらい」と思われるのは、働くうえでマイナスになりうるでしょう。

周囲をイライラさせてしまう

真面目な人には、周囲の人をイライラさせてしまうといった面もあります。極度に真面目な人は、「要領が悪い」と思われがちです。仕事においてもルールやマニュアルを重要視するため、効率的に動きたい人からすると、もどかしくイライラしてしまうのでしょう。なお、真面目な人はルールを守るのが当たり前と考えているため、効率を重視する人の思考が理解できずにぶつかってしまう場合も。お互いによく話し合い、価値観の違いを埋めていく工夫が必要です。

他人にも厳しくなりがち

真面目な人は自分に厳しく、また、他人にも同等の厳しさを求めてしまう部分があります。そのため「一緒にいて疲れる」と思われてしまい、人間関係が上手くいかなくなる場合もあるようです。すべての人が、自分に厳しくいられるとは限りません。周囲の人に自分の考えを押し付けるのはやめましょう。

完璧主義

真面目な人ほど、妥協を許さず完璧主義な面があります。完璧主義は決して悪いことではありません。しかし、完璧を求めるあまり自分の限界を超えて無理をしてしまうのは、良い傾向とはいえないでしょう。また、完璧主義を周囲の人にも強要するのは、人間関係のもつれに繋がります。効率よく仕事を進めるには、多少折り合いをつけた方がスムーズであることを頭に入れておきましょう。

真面目な人ほどすぐ仕事を辞めるのはなぜ?
真面目な人ほどすぐ仕事を辞めるといわれるのは、完璧を求めるあまり頑張り過ぎてしまうことが関係しています。限界まで努力を続けた結果、心身の調子が悪くなり辞める選択をせざるを得ない状況になってしまうのでしょう。適度に力を抜き、無理をしない働き方を意識してみてください。

頑固と捉えられる

真面目な人は、周囲の人に頑固な印象を持たれる傾向にあります。ルールや決まりを重んじるあまり、物事を柔軟に考えられない部分があるようです。また、自分自身の正義感に基づいて行動しているため、周囲の人との考えの違いを認めにくいのでしょう。周囲に頑固な人だと捉えられてしまうと、人間関係が上手くいかなくなりがちです。状況に応じて考えを柔軟に変えられるようになると、仕事がスムーズに進めやすくなります。

人に相談ができない

真面目な人は、人を頼ったり相談したりするのが苦手な傾向にあります。真面目な人ほど責任感が強く、人に迷惑をかけてはいけないといった考えを持っているからです。そのため、悩みを抱えても1人で解決しようとする傾向があります。その結果、大きなストレスを抱えてしまうようです。

真面目な人が損をするといわれる理由

真面目な人が損をするといわれるのは、頼まれたことを断れなかったり、考え過ぎてしまったりする部分があるためです。また、真面目な人は適当な人と比べて、少しのミスが大きく目立ってしまうのも、損をしている点だといえるでしょう。

真面目な人は責任感が強く頼みごとを断れないため

真面目な人は責任感の強さから、頼みごとを断れない人が多いようです。仕事において、人の頼みごとを引き受けてばかりいると、自分の仕事が進まず残業が増えたり、休日出勤せざるを得なくなったりします。周囲の人は、自分を犠牲にしてまで他人の仕事をこなしているのを見て、真面目な人が損をすると感じるのでしょう。

無理なら無理と伝えよう
心身の限界が来る前に無理な仕事ははっきり無理と伝え、むやみに引き受けないようにしましょう。「真面目な人が仕事を引き受けてくれるから自分は楽ができる」と良くない考えを持つ人もいます。可能な範囲で周囲を手助けするのは問題ありませんが、自らのキャパシティーを超えてまで人の仕事を引き受けるのは、ストレスをためる原因です。

周囲に頼るのが苦手な人が多いため

真面目な人は周囲に頼るのが苦手な傾向にあるため、損をしがちです。周りの人の力を上手く借りられれば少ない労力で仕事ができます。しかし、周囲に頼るのが苦手な人は何かと仕事を抱え込みやすくなるでしょう。器用に周囲の力を借りながら働いている人は、真面目な人が一人で苦労している姿を見て「損をしている」と思うようです。

真面目な人は深く考え過ぎてしまうため

深く考え過ぎてしまい、ストレスをためてしまうのも真面目な人が損をしているといわれる理由です。楽観的な人からすれば些細なことでも、深刻に捉えて考え込んでしまう姿を見て「損をしているな」と思う人もいます。深く考えるのは決して悪いことではありません。しかし、必要以上に悩んで辛い思いをするのは、損な部分であるといえるでしょう。

真面目な人は周囲とぶつかることもあるため

真面目な人は、ルールやマニュアルを守る意識が強いため、人とぶつかることがあります。人間関係の揉め事が多いのは、損をしていると思われやすい一面です。たとえば、真面目な人は「バレなければ不正をしても良い」という考えを看過できません。そのため、ズルをしようとしている人を見逃せず、対立しがちです。そのような状況は周囲との軋轢を生み、人間関係のトラブルに発展する場合もあります。真面目に仕事に取り組んでいるのにも関わらず、働きにくそうな様子は、損をしていると思われるようです。

真面目な人は少しのミスも目立ってしまうため

真面目な人は、普段の様子とのギャップから少しのミスや失敗が目立ちやすいため、周囲の人から損をしていると思われます。普段から適当に仕事に取り組んでいる人のミスより、真面目な人のミスの方が目立ちやすいもの。一回の失敗で評価が大きく下がってしまう可能性もあります。

真面目な人は悩みを抱えやすく、気持ちが疲れてしまうことも多いようです。「仕事で気疲れしやすい人必見!どんな症状が出る?解消法もご紹介」のコラムを参考にして、ストレス解消法を探しましょう。

真面目な人が仕事をしやすくするコツ

真面目な人が悩み過ぎずに仕事を進めていくための、考え方や行動のコツを紹介します。楽観的な人の考え方を参考にしたり、周囲の人の頼り方を覚えたりすると、仕事のしやすさが変わってくるでしょう。また、視野を広げていろいろな価値観を持つ人がいることを知っておくのも効果的です。

ポジティブな人の考え方を参考にする

真面目な人は、周囲のポジティブな人の考え方を参考にすると良いでしょう。真面目な人は、悲観的になりやすく、物事を考え込む傾向にあります。そこで、前向きで楽観的な人の思考のクセを参考にしてみると、ストレスの感じ方が変わってくるでしょう。悲観的な人と楽観的な人では、同じ物事でも捉え方がまったく異なります。たとえば、寝坊で遅刻してしまった場合、真面目な人は「遅刻なんて社会人失格だ」「周囲に合わせる顔がない」と落ち込んでしまうことが多いようです。しかし、楽観的な人は「次からは気を付けよう」「朝時間どおりに起きられる方法を調べよう」と、反省しつつ前向きに対処法を考えられます。ポジティブな思考の持ち主が周囲にいる人は、考え方を真似てみると仕事がしやすくなるでしょう。

周囲の人を上手に頼る

真面目な人は、周囲の人の頼り方を覚える必要があります。真面目な人は他人に迷惑をかけたくない気持ちが強く、遠慮してしまう傾向にあるようです。しかし、効率的な人は、上手に周りの人を頼り、また頼られながら仕事を進めています。「迷惑をかけるのでは」という思いは一旦忘れ、勇気を出して信頼できる人の力を借りてみましょう。頼るのが難しければ、悩みを相談するだけでも構いません。一人で抱えていた悩みを吐き出すだけで、気持ちが楽になります。

趣味や遊びの時間を確保してリフレッシュする

真面目な人は、趣味や遊びといったリフレッシュできる時間を意識的に作ると良いでしょう。真面目さ故に、プライベートの時間でも仕事について考えてしまう人も多くいます。しかし、仕事が頭から離れない状態が長く続くとストレスが蓄積され、心身の不調を招く恐れもあるでしょう。プライベートの時間は仕事のことを考えないようにするとメリハリが付き、仕事がスムーズに進むメリットもあります。特に運動は、余計なことを考えにくくなるのでおすすめです。

視野を広く持つ

真面目な人は視野を広く持つ工夫をすると、気持ちが楽になります。たとえば、真面目な人は「ルールは守るもの」という思いが強く、いかなる場合でもルールの厳守を重視しがちです。もちろん、法律や人命に関わる決まりは守らなくてはなりません。しかし、視野を広げいろいろな人の考えに触れると、ときにはルールから外れた方が物事が良い方向に進むことが分かるでしょう。自分と他者の価値観が違う事実を理解できれば、周囲とぶつかったり、過度に悩んだりする時間を減らせます。

視野を広げるには読書がおすすめ!
視野を広げるには、読書するのが良いでしょう。本はさまざまな価値観を持つ人が執筆しています。そのため、直接話を聞かなくても他者の思考を知る参考になるのです。エッセイ本は、作者の考え方が分かりやすいので特におすすめ。また、同じ題材で書かれた本を作者を変えて数冊読みくらべてみると、価値観の違いを比べやすく、視野を広げるのに役立ちます。

真面目な人が活躍しやすい仕事を紹介!

ここでは、真面目な人が活躍しやすい仕事を紹介します。真面目な人は勤勉であるため、さまざまな仕事で活躍できる可能性があるでしょう。特に、マニュアルのしっかりしたミスの許されない仕事では長所を上手く活かせます。

国や地方自治体の仕事(公務員)

国や地方自治体の仕事をする公務員は、真面目な人が多い職業といわれています。法律に基づいて仕事をしているため、マニュアルやルールの厳守が求められるのが特徴です。また、給与が税金から支払われているので、仕事上の不正は許されません。民間の仕事とは異なる点が多く、向き不向きはありますが、真面目な人が馴染みやすい環境だといえるでしょう。

未経験でも公務員に転職できる?
民間企業から、公務員に転職するのは可能です。公務員として働くには、まず公務員試験に合格しなくてはなりません。試験の内容は、応募する枠によって異なります。なお、公務員試験には年齢制限が設けられており、一般枠では30歳前後が多いようです。そのため、公務員への転職を希望する人は、早めに行動を始めましょう。

正確さが必要な仕事

正確さが重要な仕事は、真面目な人が活躍しやすいようです。正確さが求められる仕事には、検品業務や検査に関わる業務などが挙げられます。綿密なチェックが必要な仕事は、効率良く進めようとして適当にこなしてしまうと、あとで大きなトラブルになりかねません。そのため、マニュアルに乗っ取って確認作業ができる真面目さが必要とされます。妥協や手抜きもできないので、ルールを重んじる真面目な人が働きやすい仕事です。

金銭を管理する仕事

金銭に関わる仕事は、真面目な人に相応しい仕事といえるでしょう。金銭の関わる仕事は、基本的に1円単位の誤差も許されません。物事を適当にこなすことを嫌う真面目な人にとっては、働きやすい仕事です。また、金銭を管理する仕事は信用が大切なので、誠実で裏表のない真面目な人に適正があるといえるでしょう。金融系の仕事には、銀行員や税理士、経理事務などが挙げられます。

法律に関わる仕事

法律に関わる仕事は、真面目な人でなければ就職さえ難しいでしょう。資格の難易度も高いため、真面目に勉強しないとスタートラインに立てません。法律に関係する仕事には弁護士や行政書士、司法書士が挙げられます。また、警察官も自身が法律を厳守していることが大前提です。楽観的に見える警察関係者がいたとしても、実は根が真面目な人であるといえるでしょう。

人々の健康に関わる仕事

医師や看護師といった人々の健康に関わる仕事は、真面目な人でなければ務まりません。いい加減な人が手術や薬剤の投与を行えば、最悪の場合患者の命にも関わります。ほかの仕事以上に責任感が強く求められるでしょう。また、医療は日々進歩が目覚ましい分野です。そのため、常に学ぶ姿勢を忘れず、向上心を持って仕事に取り組む必要があります。

IT関係の仕事

代表的なIT関係の仕事は、システムエンジニアやプログラマーです。システムエンジニアは、プログラマーがプログラミングをするための設計書を作成します。プログラマーは複雑なプログラミング言語を理解し、コードを組まなくてはなりません。適当に仕事をこなしてミスをした場合、システムの不具合に繋がるでしょう。システムの規模が大きければ大きいほど、ミスが周囲に与える影響は甚大になります。そのため、正確に仕事をこなせる人に向いている仕事です。

IT関係の仕事については「IT企業とは?その意味や含まれる職種をわかりやすく解説!」のコラムも参考にしてください。

真面目な人が避けた方が良い仕事とは?

世の中には、真面目な人は避けた方が良い仕事もあります。真面目さがマイナスに働いてしまう可能性がある仕事は、避けた方が賢明です。

ユーモアセンスが必要な仕事

真面目な人はユーモアセンスが必要な仕事に就くと、苦労する恐れがあります。真面目な人は冗談が苦手だったり、ジョークを真に受けてしまったりすることが多いようです。そのため、冗談を上手く交えてコミュニケーションを取る必要のある仕事に就くと、から回ってしまう可能性があります。営業職や接客業は、ユーモアセンスが必要な仕事といえるでしょう。ただし、真面目な人でも努力や研究を重ね、コミュニケーションのスキルを磨けば、適応できる場合もあります。

真面目な人が面白くなるには?
真面目な人も、工夫次第で周囲を明るくさせられるユーモアを身に付けられます。真面目であることを笑いに変えるのは、性格を上手く活かした方法です。真面目過ぎるあまりにしてしまった失敗を、面白おかしく話せるようになると周囲の反応も変わってくるでしょう。

マニュアルやルールがない仕事

真面目な人にとって、マニュアルやルールが明確でない仕事をするのは難易度が高い可能性があります。たとえば、相手の反応を見て対応を変えなければならない販売職は、マニュアルが明確ではない仕事といえるでしょう。感覚や雰囲気を察して仕事を進めるより、ルールに忠実に仕事をする方が、真面目な人の性格に合っています。

クリエイティブな仕事

クリエイティブな仕事は、真面目な人には難しい面もあるでしょう。クリエイティブな仕事にはデザイナーやイラストレーター、作家などが挙げられます。もちろん、真面目な性格でありながら活躍
しているクリエイターも多いでしょう。しかし、一から新しいものを生み出すには柔軟な思考とひらめきが必要。また、コツコツ努力したからといって、良いものが生み出せるとは限らない世界です。そのため、頭が固いといわれがちな真面目な人は、苦労する可能性もあるでしょう。

真面目な性格を活かした転職をしたい人は、ハタラクティブを利用してみませんか?
若年層向けの就職・転職エージェントであるハタラクティブでは、就活アドバイザーと自分に合った仕事を相談しながら探せます。ご紹介する企業の詳しい仕事内容や職場の雰囲気などもお伝えできるため、入社後のイメージがしやすいのがポイントです。
自分の長所を活かした転職先をお探しの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

真面目な人に役立つQ&A

ここでは、真面目な人が仕事するうえで抱えやすい疑問をQ&A形式で紹介します。

真面目な人の長所は何ですか?

真面目な人は、責任感が強く誠実に仕事に取り組めます。また、努力を惜しまず妥協をしません。働くために必要な性質を多く兼ね備えていることから、真面目な人は周囲からも信頼されている場合が多いようです。詳しくはこのコラムの「真面目な人の特徴とは?」の項目を参考にしてください。
 

真面目な人の短所は何ですか?

真面目な人は、ルールやマニュアルを重んじるあまり非効率になったり、周囲の人とぶつかったりする場合あります。また、ジョークが通じづらくフランクなコミュニケーションが苦手な面も短所といえるでしょう。「仕事をもっと有利に!コミュニケーション能力を高めよう」のコラムでは、円滑なコミュニケーションの取り方に触れています。
 

真面目な人が損をするといわれる理由は?

真面目な人が損をするといわれるのは、責任感の強さから人の仕事まで引き受けてしまうことがあるためです。また、不真面目な人と比べて失敗やミスが目立ちやすいのも、損をしていると思われやすい部分でしょう。ミスをしてしまい気分が落ち込むときは「仕事の失敗で落ち込むときの対処法!ミスを防ぐ方法とは」のコラムを参考にしてください。
 

真面目な人が働きやすくなるコツは?

真面目な人は、周囲の人の力を上手く借りるようにしましょう。一人で抱え込まず、相談をするだけでも気持ちが明るくなり働きやすさに繋がります。また、気分転換を心掛けてストレスをため過ぎないようにしましょう。詳しくは「仕事でのストレス!どう解消したらいい?」のコラムを参考にしてください。
 

真面目な人に向いている仕事は?

真面目な人には金融や法律関係といった、正確さが求められる業種が向いているでしょう。また、責任感が必要とされる医療関係の仕事でも活躍が期待されます。真面目な性格を活かした転職をしたい人は「ハタラクティブ」の利用がおすすめです。長所を活かした転職をサポートしますので、ぜひ一度ご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION