仕事のストレスで限界を感じる…おすすめの解消法や危険サインを紹介!

仕事のストレスで限界を感じる…おすすめの解消法や危険サインを紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事でストレスを溜め過ぎると、体調不良や気分の落ち込みなど心身にサインが表れる
  • 仕事でのストレスの原因には、人間関係や長過ぎる労働時間などさまざまなものがある
  • 責任感が強い人や短気でせっかちな人、控えめな人などはストレスを感じやすい
  • 仕事のストレスを解消するために、原因を探ったり友達に相談したりするのがおすすめ
  • ストレス解消するための暴飲暴食や過度な愚痴、夜更かしするのはおすすめできない

ストレスを抱えて、つらい状況で仕事をしている人は少なくないでしょう。仕事にストレスはつきものですが、ストレスを溜め過ぎることは良くありません。
このコラムではストレスによる危険サインや職場ストレスの原因、ストレスを感じやすい人の特徴を解説しています。おすすめのストレス解消方法も併せて紹介しているため、ストレスと上手く付き合う方法を探す参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事のストレスとなる7つの原因は?

仕事のストレスの原因は、人間関係や労働環境などさまざまなものがあります。以下で、仕事のストレスとなる、7つの原因を見ていきましょう。

1.将来に対する漠然とした不安

「仕事そのものには不満がないけれど、給料がこのまま上がらなかったらどうしよう」「単純な作業で楽だけど、同じことばかりをやっていてはスキルが身につかない」など、自分の将来を考えたときの漠然とした不安も、ストレスの原因になります
このような将来に対する不安は、時間が経てば解決されるということはあまりありません。自分で勉強して資格を取得したり、将来性のある部署への異動や転職したりするなど、不安を払拭できるような行動を起こしましょう。

2.人間関係が上手くいかない

職場での人間関係の悩みも、大きなストレスの原因となります。職場では幅広い年代や立場の人と関わる必要がありますが、関わるすべての人と相性が良いということはないでしょう。
意見が食い違ったり仕事のやり方が違ったりする以外にも、性格的に合わない人もいることは、珍しくありません。だからといって付き合わないわけにもいかず、気を遣う状態になりやすいためストレスを抱えてしまうことが多いようです。仕事上の付き合いだと割り切れば、少しは気が楽になるでしょう。

3.設定した目標の達成が困難

自分のキャパシティーを超える量の仕事を抱えてしまい、目標達成が困難になってしまうことがあります。達成困難な目標をやり遂げようと長時間労働をすることもあり、肉体的にも精神的にも追い詰められて、ストレスを抱えてしまう人も。目標で強くストレスを感じる人は、上司や先輩に相談して改善を試みましょう。

4.労働時間が長過ぎる

労働時間が長く、働き過ぎで休息が少ないこともストレスの一因。仕事に熱意を持って取り組み、やりがいを感じている人でも、長過ぎる労働時間はストレス増加につながります
業務のやり方を工夫することで労働時間を短縮できれば問題ありません。ただし、慢性的に人が足りない場合には人を増やさない限り解決しない場合もあります。人員を増やすよう上司に相談してみたり、効率良く仕事ができるようチーム内で話し合ってみたりすることで状況の改善を試みましょう。

5.仕事内容が自分に適していない

仕事内容が自分の適性と合っていない場合、自分の持つ力を十分に発揮できずストレスの原因にもなります。自分の能力や才能を発揮できないのは、自分らしさが発揮できず、ストレスを感じてしまうようです。

6.給与や報酬が見合わない

自分の頑張りに見合う給与や報酬が与えられないと、成果を出しているのに評価されないという思いからストレスを感じてしまいます。この場合、仕事に見合う給与が支払われれば満足感を得られてストレス解消できます。ただし、給与は簡単に変わるものではありません。仕事への評価の仕方に不満がある場合は、転職をおすすめします。
また、自分より仕事をしていない上司が自分より高い給与をもらっていたり、自分の給与が入社したての社員とあまり変わらなかったりする場合にも、ストレスを感じることがあるでしょう。

7.責任のある立場がプレッシャーになる

仕事でプロジェクトリーダーになるなど、地位や責任のある立場になることでストレスを感じる人も多いようです。責任のある立場を任されたことで、モチベーションが上がり気合を入れて取り組む人もいれば、与えられた責任に不安な気持ちを持つ人もいるでしょう。
ストレスを軽減できるよう、何が不安なのか、何に対してストレスを感じているのかを整理してみてください。上司に相談したり、前任者のやり方を見たりすることでプレッシャーを感じ過ぎない方法を探してみましょう。
仕事がしんどい時の対処法とは?プレッシャーで「辞めたい」と感じる人へ」では、仕事でプレッシャーを感じたときの対処法をまとめています。ぜひあわせてご覧ください。

ストレスによる危険サインを知っておこう

「仕事に行くのがつらい」「職場へ行きたくない」などと感じる場合、状況によってはすぐに休養を取った方が良いケースもあります。ストレスによって身体が出す危険サインに早く気付き、適切に対処することが重要です。

1.身体に表れる危険サイン

ストレスにより身体に現れる危険サインには、頭痛やめまいなどの症状がでることも。また、疲れが取れなかったり、疲れているのに眠れなかったりするといったものもあります。
そのほかにも「食欲がでない」「身体がだるく遅刻や休みがちになる」「集中できずミスが増える」といったこともあります。
これらに当てはまる場合には身体がサインを出していると考え、休養を取る目安として参考にしてみてください。

2.心に表れる危険サイン

ストレスによるサインは心に現れる場合もあります。「理由もないのに気分が落ち込っむ」「やる気が出ない」「イライラして怒りっぽくなる」などもストレスを溜めているサインの一つです。また、仕事のことを考えるとどうしようもなく不安になったり、以前と比べて集中力や記憶力が低下したりすることもあるでしょう。
これらに当てはまることがある場合は、精神的に追い詰められていてる可能性があります。仕事量を減らしてみたり、休養を取ったりすることを検討してみても良いでしょう。

ストレスチェック制度で自分の健康状態を知ろう

会社が社員のストレス度を知る方法として、ストレスチェック制度を導入している会社が増えています。ストレスチェック制度を利用して、自分の健康状態を知りましょう。
なお、ストレスチェック制度が導入されていなかったり、ストレスチェックを受けられなかったりする場合には、厚生労働省のホームページにある「5分でできる職場のストレスセルフチェック」を活用して、自分のストレス状態をチェックしてみてください。

参照元
厚生労働省
5分でできる職場のストレスセルフチェック

仕事がストレスになりやすい人の6つの特徴

同じ状況でも、人によってストレスを感じる人とそうでない人がいます。ここでは、ストレスを感じやすい人の特徴を見ていきましょう。これから紹介する特徴に、自分が当てはまらないかチェックしてみてください。

1.完璧主義で責任感が強い

真面目な性格や完璧主義、責任感が強い人はストレスを感じやすい傾向にあります。これは失敗することやできないことを悪いことだと捉えて、常に成功を追い求め過ぎてしまうからです。また、周りから頼られると自分が何とかしなくてはいけないというプレッシャーでも、ストレスを感じてしまいます。
責任感が強いのは良いことですが、何事も一人で完璧にしなくてはと思い詰めず、抱えきれないことは上司や周りに相談するようにしましょう。

2.競争心が強く負けず嫌い

競争心が強く負けず嫌いの人は、仕事の結果によってストレスを感じやすくなります。同期が自分より早く昇進したり、後輩が自分より大きな成果を上げたりすると、その悔しさがストレスになることも。競争心は仕事をする上ではある程度必要ですが、強過ぎる競争心は他人の評価ばかりを気にするようになり、ストレスを抱え込んでしまうでしょう。
あまり他人と比較し過ぎず、自分自身のペースを大切にしてみてください。

3.短気な性格

短気な人は、些細なことにでもイライラしてしまい、ストレスを抱え込みやすいようです。職場の人に対して威圧感のある態度を取ってしまうと、リラックスした人間関係を築くのが難しいでしょう。すぐにストレスを感じて溜め込んでしまうため、精神的な不調を起こす場合もあり注意が必要です。

4.慎重になり過ぎる

慎重になり過ぎる人は、他人が自分のことや仕事のことをどのように評価しているのかが気になってしまい、ストレスを溜めやすい傾向にあります。このような状態が長く続くと精神的に疲れてしまう可能性があるため、上司や先輩、同期などに相談をしてストレスの軽減を図りましょう。

5.控えめな性格

控えめな性格で思っていることを口に出せない人は、ストレスを溜めがちです。思っていることを口に出さない人は溜め込んだ感情や考えなどを自分一人で解決しようとします
しかし、仕事上の大きな問題を一人で抱え込んでしまうと、ストレスが溜まって体調不良になる恐れも。仕事に関しては自分の意見を主張することも大切だと考えて、ストレスを溜めないように気を付けましょう。

6.せっかちな性格

短気な人は自分のペースと周りのペースの違いにイライラしてしまい、ストレスを抱えやすい傾向にあります。早く帰りたいのに会議が長引けばイライラしたり、仕事が遅い後輩を見ていると「自分だったらもっと早くできるのに」と思ったりすることもあるでしょう。
あなたから見ればゆっくりと作業しているように見えても、本人は頑張って作業していることもあります。そのような場合には、「効率良くできる方法をアドバイスして作業のスピードを上げてもらう」というような工夫をすれば、ストレスを軽減できるでしょう。

仕事場や自宅でできる11のストレス対処法

仕事のストレスを抱え過ぎると心身に悪影響を及ぼす可能性もあるため、何らかの対策が必要です。ここでは仕事場や自宅でできるストレスの対処法を紹介します。

仕事場でできる7つの解消方法

まずは仕事場でできるストレスの解消方法を紹介します。どれもすぐに試せるものばかりです。なるべくストレスを抱えないよう、また溜め過ぎないように、できることから試してみてください。

1.ストレスの原因を探る

ストレスに感じていることを紙に書き出して、原因を探ってみましょう。紙に書いたストレスを事実と自分の感情、なぜそのように思ったのかに分けてもう一度書きます。
「なぜそのように思ったのか」という根拠を客観的に振り返ることが大切です。根拠が知れば、物事に対して自分がストレスを感じるポイントが分かるようになり、今後同じようなことがあった場合に効果的な対処法が見つかるでしょう。

2.仕事に取り掛かる前にTo Doリストを作る

仕事のストレスは、段取りなど仕事のやり方が原因となっていることが多くあります。仕事の進み具合にストレスを感じている場合には、取り掛かる前にTo Doリストを作ってみましょう。仕事の重要性や緊急性を考えて優先順位を決められると、効率アップにつながります。

3.仕事場の人と仲良くなり過ぎない

仕事場の人間関係にストレスを感じている場合には、仕事場の人と仲良くなり過ぎないことを心掛けてみましょう。良好な人間関係と、仲良しであることは別です。
仕事場での良好な人間関係に大切なのは、協力しながら仕事をするという関係を築くことにあります。良好なコミュニケーションが取れるよう、仲良くなることに重点を置かず、相手の意見をしっかり聞いて信頼関係を築きましょう。

4.作業量が多い場合はほかの人に任せる

仕事の作業量が多いときは一人で抱え込まず、ほかの人に任せることを覚えましょう。仕事の量が多過ぎてスケジュールどおりに終わらなければ、ストレスになってしまうだけでなく、周りに迷惑を掛ける可能性もあります。
同じ作業を行っている人がいるなら手伝ってもらったり、上司に相談してみたりすることも大切です。また、上司から新たに仕事を依頼された場合、今行っている仕事と新たな仕事を無理せずできるのか考えてみてください。

5.合理的な姿勢を意識する

合理的な姿勢を意識することで、ストレスに強くなります。仕事でミスをしてしまった場合、感情に任せて落ち込んだり自信を失ったりすると、ミスを引きずりやすくなるなるでしょう。
しかし、ミスしたことを引きずるのではなく、どうすればミスを防げたのか、ミスから学び、成長しようとする合理的な姿勢を持ってください。ミスを改善することに意識を向けることで、ストレスを感じにくくなります。

6.仕事の結果をイメージして作業する

同じ作業をする場合でも、思考の違いで仕事の効率や感じるストレスの大きさに違いが出てきます。仕事で重要なのは結果です。目の前の作業に気を取られ過ぎずに、その先にある結果をイメージして仕事することで効率が良くなります。「常に仕事に追われている感じがしてストレスになる」という方は、仕事をした結果を意識して行動したり予定を組んだりしてみましょう。

7.小目標を作って小さな達成感を得る

自己評価が低い人は、ストレスを感じやすい傾向にあります。そのような人がストレスを溜めないためには、達成感を得ることが大切です。
上司から課せられた目標だけではなく、自分なりの小目標を作ってみましょう。自分なりの目標を達成して小さな達成感を得るという経験を積み重ねていけば、自分を肯定できるようになるでしょう。

仕事の目標の決め方が分からない方は「目標で仕事の成果が変わる!成功に繋がる設定の仕方とは」を参考にしてください。

プライベートでできる4つの解消方法

続いて、プライベートでできるストレス解消方法を4つ紹介します。無理のない範囲で自分に適した方法を見つけて試してみてください。

1.ショッピングや旅行など外出を楽しむ

休日にショッピングへ出かけたり、給料日に自分へのご褒美を購入したりするのもおすすめです。また、旅行に出かけて気分転換をするのも良いでしょう。

人間には、その場の雰囲気によって感情に影響を受ける共鳴という心の力があります。森へ出かけて森林浴をしたり、温泉にゆっくり浸かったり、普段とは違う場所へ行くことで溜まったストレスも解消されるでしょう。

2.仕事に関係ない趣味を持つ

趣味がない方は、読書やヨガなど仕事に関係ない趣味を探してみましょう。読書は、外出する気力がなくても手軽に始められるのでおすすめです。
趣味に没頭することで、仕事から開放される時間が作れます。時間があると、仕事のことを考えてしまう方は、趣味を作って、仕事以外のことを楽しめるように心掛けてみてください。

3.贅沢な食事をする

食べるのが好きな人は、贅沢な食事をすることもストレスの発散になります。いつもは行かないようなワンランク上のレストランに行ってみたり、ホテルで贅沢な食事を楽しんだりすることで、お腹が満たされるだけでなく心も満たされるでしょう。「給料日には贅沢な食事をする」と目標を決めておけば、仕事のモチベーションもアップします。

4.友達に相談する

仕事のストレスを、信頼できる友達に相談するのもおすすめです。人は話すことで抱えている感情を吐き出せるだけでなく、感情が整理されて何に対してストレスを感じているかを知ることもできます
話を聞いてもらうだけでも気持ちが軽くなり、ストレスの軽減になるでしょう。日頃から弱音を吐いたり相談できたりする相手を見つけておくことが大切です。

おすすめできない4つのストレス解消方法

ストレス解消方法の中にはストレス解消にはなっても、健康を害してしまったり社会的信用をなくしてしまったりするため、おすすめできないものもあります。
ここでは、おすすめしにくい4つのストレス解消方法について見ていきましょう。

1.暴飲暴食

ストレスを解消するため、暴飲暴食をすることはおすすめできません。暴飲暴食を繰り返すうちに、過食症や拒食症になったり、アルコール依存症になったりする可能性があります。また、体調を崩してしまう可能性もあるため、暴飲暴食でストレスを解消することはやめましょう。

2.SNSの過度な利用

ストレスを解消するために、SNSを過度に利用することもおすすめできません。ストレスを感じる度にスマートフォンを眺め、投稿ばかりしていると、SNSに依存してしまう可能性があります。SNSやスマートフォンの利用はほどほどに、たまには電源を切ることも必要です。

3.過度な愚痴

相手を選ばず愚痴をいい過ぎるのも、おすすめできないストレス解消方法です。ときには愚痴をこぼすことも必要ですが、相手を選ばずいつでも誰にでも愚痴をいうのは、自身の印象を悪くさせてしまいます。愚痴は信頼できる相手にだけ、いうようにしましょう。
自分の言動は問題ないか気になる方は「職場で嫌われる人の特徴を解説!あなたの性格や言動は大丈夫?」をご覧ください。

4.夜更かし

ストレス解消方法として夜更かしをするのはおすすめできません。十分な睡眠をとることはストレス解消には欠かせない要素です。ストレスを解消するなら夜更かしをせず、睡眠の質を上げることを意識しましょう。
ストレスを感じたときこそ、早めに就寝するのがおすすめです。朝日には浴びるだけでストレスを軽減する効果があるといわれているため、早起きして試してみるのも良いでしょう。

仕事でストレスが多過ぎるときは転職を考えてみよう

仕事のストレスで辛いときは、転職するのも一つの手。人間関係や仕事内容など、自身では変えられない部分にストレスを抱えている人もいるでしょう。ストレスを発散させることも大事ですが、ストレスの元を改善することも重要です。

転職をお考えの場合は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、性格やスキルなどに合わせてあなたに向いているお仕事をご紹介。専門のアドバイザーが求人の紹介から書類添削、面接対策までしっかりサポートします。また、心配なことや不安なことも相談できるため、転職に迷っている方も、まずはお気軽にご連絡ください。

関連タグ