「仕事のストレスが限界!」どうしたらいい?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「仕事のストレスが限界!」どうしたらいい?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事上のストレスの主な原因は「仕事内容」「人間関係」「条件や待遇面」など

    ・必要以上に責任感を持ち自分を追い詰めないようにする

    ・人からの評価を気にしすぎない

    ・「できること・できないこと」の線引きをする

    ・ストレスが限界なら転職を視野に入れる

仕事で全くストレスを感じない人はいないでしょう。
軽いストレスなら問題ありませんが、ストレスが限界を迎えそうな場合は注意が必要です。頑張り続けることは素晴らしいことですが、心身を壊してまで頑張るのは考えもの。
今回のコラムでは、仕事上のストレスを軽減するコツについてご紹介しています。
ぜひ、参考にしてください。

◆仕事上のストレスってどんなもの? 

働いていれば、誰でも多少のストレスは感じるもの。ここでは、代表的なストレスの原因を紹介します。

 

・仕事内容

仕事内容自体が自分に合っていない場合、うまくできないもどかしさや焦燥感からストレスを感じることも。努力しても克服できない場合、精神的に自分を追いつめてしまうケースもあるので注意が必要です。

 

・人間関係

職場の人間関係がうまくいっていない場合、仕事を円滑に進めるのは難しいでしょう。人間関係が原因で仕事を辞める人は意外と多く、それだけ大切なことだということがわかります。

 

・条件や待遇面

仕事の条件や待遇面に不満があると、ストレスに感じるだけではなくモチベーションも下がってしまいます。

他社で働く友人や知人と比較することで不満を募らせる人は少なくありません。

 

上記のように仕事上のストレスの原因はさまざまです。

次の項目では、ストレスとの向き合い方について説明します。

 

 

 

◆ストレスで限界を感じたら… 

ストレスを感じやすい人は、真面目で頑張りすぎる傾向があります。

ですから、必要以上に責任感を持ち、自分を追い詰めないようにすることが大切です。

もちろん仕事は大切ですが、自分自身を犠牲にしてまですることではありません。
いざとなったら、いつでも今の環境を手放せると考えると少し楽な気持ちで仕事に取り組めるようになるかもしれません。

 

人からの評価を気にしすぎないということもポイントです。

人からの評価を仕事の軸にしてしまうと、そこに振り回されることになり、人間関係にストレスを感じやすくなります。

自分の裁量で進められる仕事でさえ、周囲の人の評価や顔色を気にしていては負担になるのも当然です。

「認められたい」「評価されたい」という気持ちも分かりますが、まずは自分自身を認めることから始めましょう。

さらに仕事を円滑に進めるには、「できること・できないこと」の線引きをすることも重要です。

できないことまで引き受けて、キャパオーバーになっていませんか?

自分の抱えている仕事で精一杯な場合は、現状を説明しどちらを優先すべきか上司に確認するなど、具体的な対策を取ることでストレスが軽減できます。

 



 

◆限界を迎えそうなら転職を検討しよう 

前項を参考にストレスを軽減できればよいですが、ストレスが変わらない場合は選択肢の一つとして転職を視野にいれてみましょう。

できるだけのことをしても変わらない場合、環境が合っていないことが原因ということも。

転職すれば少なくとも今の環境からは脱することができます。
ストレスから心身ともに不調をきたしてしまう前に考えてみましょう。

ただし、転職で気を付けなければならないのが企業選びです。慎重に自分に合った企業を探さないと今と同じ理由で短期離職をすることにもなりかねないので注意しましょう。

入社後のミスマッチを防ぐには、自分が大切にしたい条件の洗い出しや優先順位付けをきちんとしておくことが大切です。

 

若年層に特化した就職支援のハタラクティブは、キャリアアドバイザーがマンツーマンで丁寧にカウンセリング。

求人票だけではわからない職場の雰囲気や仕事内容を知ることができるので、安心して転職活動をすることができます。

転職で不安なことや心配なことなど、どうぞお気軽にご相談ください。

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ