メンタルが弱い人の特徴は?克服の仕方や向いている仕事を解説!

メンタルが弱い人の特徴は?克服の仕方や向いている仕事を解説!の画像

この記事のまとめ

  • メンタルが弱い人には、「思考がネガティブ」「完璧主義者」などの特徴がある
  • メンタルが弱い人ことを克服するには、自分を受け入れることからはじめよう
  • メンタルが弱い人は、意識や行動を少しずつ変えていこう
  • メンタルが弱い人には、ノルマがない仕事や得意分野の職業が向いている

「メンタルが弱いのはどう克服したら良いの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。メンタル面の弱点を克服するには、意識や行動を変えることが重要。考え方を工夫をしながら、少しずつメンタルを鍛えてみましょう。このコラムでは、メンタルが弱い人の特徴や弱さを克服する方法を解説しています。また、メンタルが弱い人に向いている仕事も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

メンタルが弱い人の5つの特徴

メンタルが弱い人の具体的な特徴を5つ紹介します。メンタルが弱いことが理由で仕事や生活に支障をきたしている方は、自分の本質をよく知ることで、問題や悩みの解消に役立てられるでしょう。

1.ネガティブ思考な人

メンタルが弱い人の多くが、ネガティブな思考パターンをもっていることがあります。何かにチャレンジする前から「どうせ自分にはできない」「自分がやれば絶対に失敗する」などと否定的なことを考えてしまう傾向にあるようです。仕事で結果が出たとしても、「たまたま成功しただけ」「次は失敗する」というような根拠のない感情に支配される方が多くみられます。
ネガティブ思考の大きな原因となるのが「自分に自信がない」こと。長所があるにも関わらず、短所ばかりを探してしまい、自信を失ってしまう傾向があります。自分に自信をもてないと、人から言われたことを必要以上に気にしてしまい、メンタルが不安定になってしまうこともあるでしょう。

2.ストレスを溜め込みやすい人

メンタルが弱い人は、ストレスを抱えやすい傾向にあります。必要以上に物事を深読みして、良くない事態になることを予想しがちです。せっかく良い結果が出たのに余計なことを考えると、ストレスを多く抱えることになりメンタルにも悪影響を及ぼしてしまいます。
自己主張が苦手な人もストレスをため込みやすく、メンタルの弱い人の特徴です。職場ではある程度空気を読んで行動することも大切ですが、否定することばかり考えて主張をしないと、よりメンタルを弱めてしまうでしょう。

3.完璧主義者

完璧主義者であることが、弱いメンタルを引き起こしている場合も。完璧に物事を遂行することは悪いことではありませんが、そのせいで自分自身に過度なプレッシャーをかけてしまいます。
一つもミスが許されない仕事では完璧主義であることが役立ちますが、神経質になりすぎるとメンタル面に大きな悪影響を与えてしまうこともあるでしょう。

4.明確な目標がない

明確な夢や目標がない人もメンタルが弱い傾向にあります。逆に、メンタルが強いと感じる人は明確な夢や目標があることが多いようです。失敗や挫折をしても抱いた目標を達成するために、何度でも挑戦できる人がいます。

5.他人と自分を比較する人

メンタルが弱い人は、他人と自分をすぐに比較してしまうことがあります。他人の評価を気にしすぎることは精神衛生上的にも良いことではありません。
メンタルが強い人であれば、他の人にライバル意識をもつことがモチベーションアップにつなげることもあるようですが、メンタルが弱い人の場合、ネガティブな感情に包まれやすくなります。

メンタルが弱い人の特徴は、「強い心を手に入れたい…豆腐メンタルの人がやるべきこと」でも紹介していますので、こちらもあわせてご覧ください。

メンタルが弱い自分を克服する6つの方法

考え方を少し変えるだけで、メンタルが弱すぎる自分を変えられることがあります。ここでは簡単にできる6つの克服法を紹介しますので、ぜひ試してみてください。

1.自分を認めて受け入れる

弱いメンタルを克服する第一歩となるのが、自分を認めて受け入れることです。メンタルを強くしようとして、ポジティブになろうと考える方も多いようですが、無理をすることで心が折れて立ち直れなくなってしまう可能性もあります。
ネガティブ思考をするのは自分の特徴であることを理解して、そこにきちんと向き合うことからはじめましょう。自分の弱さを認めてその原因を明確にできれば、どうすべきかを冷静に判断できるようになります。
具体的な対処方法は、自分を客観的視点で観察して、ノートやスマホのメモ帳などにネガティブ思考をとったときの心理状態を書いてみましょう。自分自身と向き合う機会を増やすことが、メンタルを鍛えることにつながります。

2.失敗を恐れない

失敗を何度してもめげないように心掛けることも、弱いメンタルを克服する方法の一つです。「失敗は成功のもと」という言葉を信じて、失敗をしたときも落ち込みすぎず、「成功に近づいた」と考えてみてください。実際に成功の多くは失敗から生まれているので、たくさんの事例や体験談が書かれた本などを読んでみましょう。

3.他人の目を気にしない

メンタルが弱い人は、意識的に他人の目を気にしないようにすることも克服につながります。周りと自分を比較しないように割り切ることができれば、積極的にチャレンジすることも可能。何事にも一歩踏み出す勇気を身につけることで、次第にメンタルが鍛えられていくでしょう。他人の目を過度に気にすることはやめて、自分が思い描く理想に近づけるよう努めてみてください。

4.緊張する前にしっかり準備をしておく

緊張すると分かっている場面では、事前準備を入念に行いましょう。「これで絶対に失敗しない」と思えるくらい準備をしておけば、緊張も減るからです。また、例え失敗したとしても、やるべきことはすべてやってきた自負があるため、自己否定ではなく達成感を味わえ、自信につながります。

5.目標を設定する

目標を設定すると不安や迷いが排除され、メンタルを強化できます。明確なゴールがあれば、自分がやるべきことが見えて行動を起こしやすくなるでしょう。また、定めた段階的な目標をクリアしていくことも自信になります。

6.場数を踏む

メンタルが弱いのは単に場数が足りない可能性があります。そのため、何度も場数を踏んで場馴れすれば、自ずとメンタルも強くなるはずです。
慣れない場所や環境は誰でも緊張するもの。しかし、何度も営業を重ねて経験を積めば、自ずと緊張や不安を感じなくなるでしょう。
自分になかなか自信がもてず何とかしたいと思っている方は、前向きな気持ちになれる方法が書かれているコラム「自分に自信をつける方法とは?前向きに生きるコツ!」をチェックしてみてください。

メンタルが弱い人がとるべき3つの行動

ここでは、メンタルを強くするために役立つ3つの行動を紹介します。

1.十分な休息をとる

意識的に十分な休息をとりましょう。弱いメンタルを克服するためには、身体が疲れていると十分な効果が出にくくなります。努力することも大事ですが、毎日十分な睡眠と規則正しい食事をとって、心身ともにリラックスするよう努めることが大切です。

2.趣味を楽しむ

休みの日には、自分の好きなことを楽しみましょう。映画を見たり、小説や漫画を読んだりするのもおすすめです。また、適度に運動したり、おいしいご飯やスイーツなどを食べに行ったりするのも良いでしょう。
日々の仕事が忙しく、ストレスが溜まっていて悩んでいる方は、上手なストレス発散法や予防法を紹介しているコラム「ストレス発散できない人の特徴とは?解消法や予防策も解説!」をチェックしてみてください。

3.感謝の言葉を口にする

弱いメンタルをもつ人は、感謝の言葉を積極的に伝えましょう。人への感謝の言葉やポジティブな言葉を発することは、メンタル面にも良い影響を与えるといわれています。自分だけではなく、言葉をかけられた人も気分が良くなり、人間関係を良好にする効果も期待できるようです。

ほかにも、ストレスに強いメンタルを身につけたいと考えている方は、「ストレス耐性強化には抵抗力・免疫力・メンタル力が重要」でストレスに耐えられる方法を参考にしてください。

メンタルが弱い人に向いている仕事

メンタルが弱い人にも向いているのは、ノルマがなかったり自分が得意とすることができたりする仕事です。接客や営業などの仕事は、他人と多くのコミュニケーションをとることを余儀なくされるため、不向きである傾向があります。決められた手順通りに行う経理業務や清掃業務、工場のライン業務などは、ストレスをため込みにくく、メンタルが弱い方にも向いているようです。
自分の適性を考え、無理なく取り組める仕事を探してみましょう。

「今の職場から転職したい」「自分に合った仕事が分からない」という方は、ぜひ就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、20代のフリーターや第二新卒、高卒などの若年層向けの就職・転職サービスです。就職・転職希望者一人ひとりにしっかり寄り添い、希望を丁寧にヒアリング。理想の職場への内定まで、トータルにサポートさせていただきます。
サービスはすべて無料で利用可能です。どうぞお気軽にご相談ください。

メンタルが弱い人のQ&A

最後に、メンタルが弱いと悩む方が抱きがちな疑問や質問にQ&A方式で解決していきます。

メンタルが弱く、仕事が続きません

メンタルが弱く仕事が続けられない方は、人との関わりが少ない仕事を探してみましょう。どの仕事も長く続かないと悩む場合は、仕事に慣れていくと緊張や不安が解消される可能性があります。詳しくは「仕事が続かない理由とは?原因と辞めたい状況を打破するポイントを紹介」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

メンタルを鍛える方法がありますか?

メンタルを鍛える方法には、規則正しい生活を心掛けたり、運動を始めたりして、心身ともに健康な身体づくりをすることが大切です。また、「〜すべきだ」といった否定的な言葉を口に出さないようにするのもポイント。ネガティブな思考を癖付けないよう意識してみましょう。「メンタルを鍛える方法とは?前向きな気持ちになるための習慣も紹介」でも、メンタルの鍛え方について解説しています。ぜひ参考にしてください。

メンタルが弱い自分でもできる仕事はある?

「メンタルが弱い人に向いている仕事@#list04」でも解説したように、プレッシャーがなく、個人で黙々とできる仕事がおすすめ。たとえば、工場でのライン作業や清掃業は困難なノルマもなく、決められたことをこなす仕事なので、落ち着いて取り組めます。パソコン作業が得意な方は、データ入力やデザイン作成などの仕事が始めやすいでしょう。ハタラクティブでは、一人ひとりの適性に合った求人をご紹介します。ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ