仕事がうまくいかない原因と対処法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事がうまくいかない原因は、仕事に集中できない、コミュニケーション不足、ミスを引きずっているなど
    ・仕事がうまくいかない原因を知って、対策を考えることが大切
    ・仕事がうまくいかないときには、感情的になったり、人の意見を受け入れられないこともある
    ・どうしてもうまくいかないときは、気分転換や転職で職場環境を変えてみるのがおすすめ

社会人として働いていると、「仕事がうまくいかない…」ということもあるのではないでしょうか。
ここでは、なぜ仕事がうまくいかないと感じるのか、仕事がうまくいかない状況から脱出するにはどうしたら良いのかをご紹介。
仕事をするのが辛いと感じる前に、今の状況を改善する方法を考えましょう。

◆仕事がうまくいかない原因とは

仕事がうまくいかないことが続くと、人によってはストレスを感じたり、モチベーションが下がったりすることもあるようです。
仕事がうまくいかない状況を何とか抜け出そうと頑張れば頑張るほど、空回りして現状を悪化させてしまうケースもあります。

【仕事がうまくいかない原因】

・ミスを引きずっている…また失敗するのではという恐怖感から仕事が進まない
・仕事に集中できない…ミスを引き起こす、仕事の能率が下がるなどの原因になり、なかなか結果が出せない
・他者とコミュニケーション不足…人と話すことが苦手、人に頼れない、人と関わりたくないと感じているためチームワークが発揮できない
・1人で仕事を抱え込んでしまう…NOと言えない性格、自分で何とかしようとする、オーバーワーク、マルチタスクになっている
・自分本意な行動をとっている…周りへの配慮が欠けているなど、考え方のズレがある
・対人関係に緊張感がある…上司にすぐ怒る人がいたり、同僚との関係がギクシャクしている
・強いプレッシャーを感じている…プレッシャーを感じると極度に緊張してしまう、萎縮してしまうため思うように発言できない
・体調が悪いのに無理をしている…体調不良が原因で仕事がはかどらない

まずは仕事がうまくいかない原因を知り、現状を分析してみましょう。

◆仕事がうまくいかない状況を脱出する方法

仕事がうまくいかない状況を抜け出すには、原因をきちんと知り、対策を考えることが大切です。
前項で挙げた、仕事がうまくいかない原因別に、それぞれの対処法をご紹介します。

【ミスを引きずっている場合】

気持ちを落ち着かせるために、しっかり休んでリフレッシュするのがおすすめ。
失敗は誰にでもある経験だと割り切るのも一つの方法です。仕事では“チェック作業”を忘れないようにしましょう。

【仕事に集中できていない場合】

長時間集中力を持続させるのは難しいという人は、短時間集中できるように心掛けましょう。
「午前中にここまで終わらせよう」「仕事を早く終わらせておいしいごはんを食べに行こう」など、小さな目標や動機づけをしてみると集中しやすいこともあります。

【コミュニケーション不足、人に頼れない、1人で仕事を抱え込んでしまう場合】

からないことが合ったら隣の人に聞いてみる、困ったことがあったら1人で抱えずに相談してみるなど、できる範囲で職場の人とコミュニケーションを図ってみましょう。人の意見を聞くことは、自分の経験や知識を深めることに繋がります。

【自分本意な行動をとっている場合】

社会人としてのマナーをきちんと守れているかどうか考えてみましょう。
仕事を円滑に進めるためには、自分中心な行動を取っていないか、周りの人への配慮が欠けていないかに気をつけて行動・発言することも大切です。

【強いプレッシャーを感じている】

仕事に対しての責任感を持つことは大切ですが、プッレッシャーに押し潰れてしまうほど余裕のない状態では良いアイデアが浮かばないのではないでしょうか。
「何をしてもうまくいかないときはある」と割り切ると肩の力が抜け、かえって良い作業ができることもあります。

【対人関係に緊張感がある場合】

理不尽な上司がいる場合や同僚との人間関係の問題の中には、自分では解決しにくいケースもあります。
「成長の時期」とポジティブに考え、乗り越えるのも一つですが、ストレスになっている場合は身近な人や上司へ相談してみましょう。
どうしても解決できないというときは、転職により職場環境を変えてみるのも良いでしょう。

【体調が悪いのに無理をしている場合】

どうしても休めない仕事があるときなどは、つい無理をして出社してしまう人もいるようです。
しかしながら無理をして仕事をすると、集中力が下がり、生産性の低下やミスを誘発してしまうおそれがあります。
仕事の能率を上げるためにも、しっかりと休暇を取って体調を回復させることが大切です。

◆仕事がうまくいかないときのNG行動

仕事で大きなミスをしたり、仕事が思うようにいかないときは、誰でも落ち着きがなくなったり、ストレスを感じたりするもの。
そんなときにやりがちなNG行動をまとめました。

【感情的になる】

つらい気持ちでいっぱいのときは「もう何をやっても無理」「会社を辞めよう」とネガティブ思考になってしまう人も多いようです。
一旦落ち着いて、本当にできることは何もないのか、退職しても良いのかなど、自分がどうしたいのかを冷静に考える必要があります。

【人のアドバイスを聞かない】

仕事がうまくいかないときに上司や先輩からアドバイスを受けたら、素直に受け止めて行動に移してみましょう。
人からの意見やアドバイスは、自分に足りない部分を補ってくれる材料になるかもしれません。
自分だけの力で何とか乗り切ろうとするのではなく、新しい方法を試してみると上手くいくこともあるのではないでしょうか。

【何も考えずにひたすら頑張る】

仕事がうまくいかない原因を知らないままただひたすら頑張るのは、同じ間違いを繰り返してしまうおそれがあります。
一つひとつうまくいかない原因を知り、丁寧に対処していくことが将来的に経験や知識に繋がります。

◆何をやっても上手く行かないときは

「何をやってもうまくいかない」「仕事に行くのがつらい」というときは、気分転換をするのがおすすめです。
有給休暇や長期休暇を利用して旅行へ行ったり、仕事を早く終わらせてショッピングや食事へ行ったりと、仕事以外のことを考えるとき間も必要なのではないでしょうか。

また、リフレッシュしてもつらい気持ちが変わらない、転職して職場環境を変えたいというときは、就職・転職サポートサービスのハタラクティブがお手伝いします。
ハタラクティブが扱う求人は、信頼できる正社員求人ばかり。職場の雰囲気や仕事内容を把握しているため、希望に沿った求人紹介が可能です。
また、就活アドバイザーへの転職の相談はもちろん、応募書類の添削、面接対策など幅広いサービスが充実。転職活動に不安のある方は、是非お気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ