仕事がうまくいかない時はどうすればいい?よくある原因と対処法をご紹介

仕事がうまくいかない時はどうすればいい?よくある原因と対処法をご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事がうまくいかない要因には経験や管理能力、コミュニケーションなどの不足がある
  • ・仕事がうまくいかない人の特徴は「タスク管理が苦手」「周囲の意見を聞かない」など
  • ・仕事がうまくいかない状態が続けば、モチベーション低下や体調不良のリスクがある
  • ・仕事がうまくいかない時は、業務のやり方を工夫したりリフレッシュしたりしよう
  • ・できる限りの対処法を試しても仕事がうまくいかない人は、転職を検討するのもおすすめ

社会人として働いていれば、「仕事がうまくいかない…」と感じることもあるでしょう。仕事がうまくいかない状況が長引けば、モチベーション低下や体調不良につながるリスクも。仕事がうまくいかない時は、その原因を探って必要に応じた対策を講じることが肝心です。
このコラムでは、仕事がうまくいかない時の要因や対処法をご紹介します。気持ちの切り替え方やうまくいかない時のNG行動を知り、自身の現状を改善しましょう。

仕事がうまくいかないのはなぜ?7つの要因

仕事がうまくいかない要因には、「業務の不慣れ」や「集中できない職場環境」「スケジュール管理不足」などが考えられます。まずは仕事がうまくいかない原因を把握し、どうすれば良いかを分析してみましょう。

1.仕事に慣れていない

入社や異動したばかりで業務に慣れていないと、ミスをしてしまうこともあります。この場合は経験を積むしかありません。仕事がうまくいかない…と落ち込み過ぎず、根気よく作業に取り組みましょう。次第に仕事の流れを掴めて、自分なりのやり方を確立していけるはずです。

2.仕事に集中できない環境下にある

仕事をするうえで職場環境は大切な要素。雑音や騒音が響きやすいオフィスだったり、作業中に話しかけられることが多かったりすると、集中力が途切れてしまいがちです。職場環境との相性が悪い場合、仕事がうまくいかない人もいるでしょう
仕事の環境を変えられない時は、短時間集中を心掛けるのがおすすめです。「◯時までにここまで終わらせる」「明日が納期の◯◯に取り掛かる」など、小さな目標や動機づけをすると集中しやすくなる可能性があります。

3.プライベートで悩みがある

プライベートで抱えている悩みに気を取られて、仕事がうまくいかないことも考えられます。仕事とプライベートは切り離して業務に取り組めるよう努めるのが基本ですが、思うように気持ちを切り替えられない時もあるでしょう。まずは自分のプライベートな悩みと向き合って、先に問題を解決することが必要です。

4.タスク量やスケジュールの管理が不足している

「仕事が重なりどうすれば良いか分からない」「納期に追われ常に焦って作業をしている」といった状況から、仕事がうまくいかないことも。この場合、自分のタスク量やスケジュールを管理しきれていない可能性があります。余裕を持って業務に取り組めるよう、各作業に掛かる時間や仕事の優先順位を考えたうえで、スケジュールを組むことをおすすめします。

5.小さなミスの積み重ねから不安感が増している

小さなミスを何度も積み重ねた結果、「次もまた失敗するのでは…」という不安に駆られて仕事がうまくいかない時もあるでしょう
些細なミスは、落ち着いて取り組めば防止できるものがほとんどです。自分によくあるミスのチェック項目を設けて、各種業務に区切りがついた段階で確認するよう心掛けてみてください。

6.過度なプレッシャーを感じている

「周囲から過度な期待を懸けられている」「能力以上の仕事に取り組んでいる」とプレッシャーを感じていると、仕事がうまくいかないことがあります。仕事にストレスを感じて気持ちに余裕がなくなれば、良いアイデアが浮かばなかったり、作業の生産性が落ちたりする恐れも。
責任感は大切ですが、自分を追い詰め過ぎて仕事が行き詰まるのは本末転倒といえます。時には、「やれることをやって結果が伴わなければ仕方ない」と気持ちを割り切ることも必要です。

7.職場の人間関係が悪い

職場の人間関係が悪いために、仕事がうまくいかない場合もあります。基本的に仕事は周囲と協力して進めるもの。上司や同僚とのコミュニケーションは、仕事におけるミスの回避や疑問の解決につながります。いざという時にチームワークを発揮できるよう、日ごろからこまめな挨拶やお礼を心掛け、周囲と円滑な人間関係を築いておくのが得策でしょう。

職場は気の合う人たちが集まる場所ではないため、相性の善し悪しが生じてしまうことも。どうしても職場の人間関係を好転できない場合は、「業務に支障がなければOK」と考え、必要最低限のコミュニケーションに留めるのも一つの方法です。
仕事がうまくいかないとお悩みの方は、「仕事がうまくいかない時はどうすれば良い?辞めたい・落ち込む場合の対処法」もあわせてご覧ください。

仕事がうまくいかない人の5つの特徴

仕事がうまくいかない人には、「タスク管理が苦手」「理想が高過ぎる」「周囲の意見を聞かない」などの特徴が見られます。自分に当てはまるものがないかを下記でチェックし、どうすれば改善できるかを探りましょう。

1.タスク管理や整理整頓が苦手

自分のタスク管理や身の回りの整理整頓が苦手な人は、「ギリギリで納期に間に合わなかった」「大事な書類の保管場所が分からない」などのミスを頻発しやすくなるため、仕事がうまくいかない状況に陥りがちです。このようなことを繰り返せば、自分自身だけでなく会社の信用を落とす恐れもあるでしょう。

2.理想が高過ぎる

理想が高過ぎて自分の許容量を上回るハードルを課してしまう人は、結果的に仕事がうまくいかない場合があります。理想に向かって努力する姿勢は大切ですが、身の丈に合わない目標だと実質が伴いづらくなるもの。いつも目標が達成できず、「頑張ったのに…」とモチベーションを下げるリスクも考えられます。仕事の目標は、自分が頑張れば届きそうなラインに設定するのがおすすめです。

3.上司や周囲の意見を聞かない

「上司や周囲の意見を聞き入れない」「自分のミスを認めない」といった傾向が強い人は、仕事がうまくいかないことが多いようです。自分のやり方に固執し過ぎると、職場で浮いてしまう可能性も。前述したように、上司や同僚とのコミュニケーションが仕事のミス防止につながることもあります。仕事に取り組む際は、周囲の声に耳を傾けるよう心掛け、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

4.失敗を引きずる

失敗を引きずりがちな人も、仕事がうまくいかない状況に陥りやすいといえます。失敗を必要以上に重く受け止めて気にし過ぎると、仕事のミスを連発してしまうことも。失敗した事実に囚われず、同じミスを繰り返さないためにはどうすれば良いかを考え、前向きな気持ちで仕事に取り組むことが大切です。

5.他者と自分を比較してしまう

仕事がうまくいかない人には、他者と自分を比較し過ぎてしまう特徴も見られます。同僚の仕事ぶりから、「自分も頑張ろう」と気持ちを奮い立たせる分には問題ありません。しかし、「あの人と比べて自分は駄目だ」と落ち込んでしまうのは、仕事のモチベーション低下につながります。人には得意・不得意があり、組織内で求められる役割もそれぞれ異なるもの。周囲と比較し過ぎるのは控え、自分ができること・やるべきことを追求する姿勢で仕事に臨みましょう。

仕事がうまくいかない人の特徴については、「仕事ができない人の特徴とは?できる人になる方法をご紹介」も参考にしてみてください。

仕事がうまくいかない状態が続くとどうなる?

仕事がうまくいかない状態を放置すると、働く意欲が低下したり心身に不調をきたしたりする恐れがあります。以下で、仕事がうまくいかない状態が続いた時のリスクを確認しておきましょう。

ストレスが溜まり悪循環に陥る

仕事がうまくいかない状態が続き、「どうすれば良いのか分からない…」と悩み過ぎたり落ち込み過ぎたりすればストレスが溜まります。その影響でさらなるミスを招いてしまうこともあるでしょう。仕事の失敗が焦りや迷いを生じさせてミスを呼び、それに対してまた落ち込み…といった悪循環に陥る恐れがあります。

仕事へのモチベーションが下がる

仕事がうまくいかないと、自身のモチベーションを維持しにくくなることも。仕事のパフォーマンスが落ちて働く意欲が下がれば、「どんなに頑張っても意味がない…」「もう仕事をしたくない…」といった、ネガティブな思考に偏りがちになる可能性もあるでしょう。

体調やメンタルに影響を及ぼす

仕事がうまくいかない状態を長引かせると、心身に悪影響を及ぼすこともあります
仕事のストレスで心が休まらず、睡眠時間や休息時間を十分に取れなくなれば、体調不良を引き起こす恐れも。また、「自分には価値がない」といった自己否定的な考え方が生まれるリスクもあるでしょう。

仕事がうまくいかない時の9つの対処法

仕事がうまくいかない時は、自身の現状を客観的に分析したうえで、業務のやり方を工夫したりリフレッシュを図ったりすると良いでしょう。ここでは、仕事がうまくいかない時におすすめな9つの対処法をご紹介します。

1.うまくいかない状況を紙に書き出す

どのような状況下で仕事がうまくいかないことが多いのか、紙に書き出してみてください。文字に起こして現状を浮き彫りにすれば、自分の仕事における問題点を整理しやすくなります。
たとえば、「〇〇社とのやり取りでミスが多い」という状況を書き出した場合、次はミスの原因と対策方法を考えます。「〇〇社の商品知識が不足している」のが原因なら、「〇〇社の商品ラインナップを暗記する、各商品を試用する」といった改善への具体的なアプローチを導き出せるでしょう。

2.うまくいく時のパターンを把握する

仕事がうまくいかない時は、視点を変えて「うまくいっている時」に注目するのもおすすめです。これまでの仕事を振り返り、自分が良いパフォーマンスができた時に付随する出来事を洗い出してみましょう。「昼食に美味しいものを食べるとやる気が回復する」「好きな音楽を聴いていると集中力がアップする」など、自分にとって仕事がうまくいくパターンを見つけてください。複数のパターンを把握できたら、仕事がうまくいかない時に再現してみると良いでしょう。

3.上司や先輩または友人に相談する

一人で抱え込まずに上司や先輩に相談することも、仕事がうまくいかない時に試すべき対処法の一つです。周囲の知恵を借りるのは悪いことではありません。自分一人で改善策を見つけるのには限界がある場合も。信頼できる人がいるなら、その人にどうすれば仕事がうまくいくかを聞いてみると良いでしょう。そのほか、仕事がうまくいっている人の方法や姿勢を参考にするのもおすすめです。

4.仕事のアプローチ方法を変えてみる

「仕事がうまくいかない」「なかなかスランプから抜け出せない」といった時は、これまでとは異なるアプローチ方法で業務を進めてみるのも良いでしょう。新たな方法が仕事のスピードアップにつながることもあります。「メールチェックの時間や回数を決める」「依頼時には納期と優先度の両方を伝える」など、普段とは別の方法を採り入れてみましょう。仕事の効率が上がれば気持ちや時間に余裕ができ、連鎖的に仕事がうまくいくようになる可能性も。また、積極的に現状改善に取り組む姿は、周囲にも好印象を与えます。

5.仕事における自分の適性を知る

仕事がうまくいかないのは、「その業務に適性がないから」という可能性も考えられます。今までに自分が「褒められたこと」「感謝してもらえたこと」などを思い出しながら、自分の仕事における適性を改めて考察してみてください。その結果、現在の仕事がどうしても自分に合わないと感じるなら、上司や人事に異動を願い出るのも一つの選択肢です。
一人での自己分析が難しい場合は、家族や友人に自分の長所・短所を尋ねてみるのもおすすめ。第三者から客観的な評価を得ることで、自分の適性や強みを見出すきっかけをもらえるでしょう。

6.自分だけのルーティンを作る

「よく気持ちが不安定になる」「緊張して失敗しがち」といった理由から仕事がうまくいかないと感じる人は、業務にルーティンを作るのも一つの方法。「プレゼンの日はカレーを食べる」「木曜日は紺のネクタイ」など、ルーティンの内容は自分の好きなように決めてOKです。毎回決まった手順を踏むことで、精神的に落ち着いて仕事に取り組めるようになる可能性があります。

7.運動して体力をつける

仕事がうまくいかない時には、日常的に運動する習慣を持つのもおすすめです。体力が不足していると、業務をこなしきれなかったり、疲れから仕事へのモチベーションが下がったりすることも。日ごろから運動していれば、精力的に仕事に取り組める体力を身につけられ、ポジティブな思考も保ちやすくなるでしょう。

8.十分な休息を取る

仕事がうまくいかない時は、しっかりと休息を取ることも重要です。通常の休日だけだとリフレッシュできない場合は、有給を使って長めの休暇を取りましょう。休暇中は仕事から思考を切り離して、心と身体を十分に休めてください。
仕事から離れることで冷静さや客観性を取り戻せて、どうすれば良いかを分析したり改善策を練ったりする余裕が生まれやすくなります。

9.仕事以外の趣味や好きなことに時間を使う

仕事以外の趣味や好きなことに時間を使うのも、仕事がうまくいかない時におすすめの対処法です。「家に帰ったら〇〇をしよう」「あと◯日頑張れば◯◯ができる」といったように、自分にご褒美を用意すると励みができ、メリハリを持って仕事に取り組めます。
読書や旅行、映画鑑賞、ショッピングなど、あえて仕事以外のことに目を向けられる時間を作り、気分転換しましょう。気の置けない友人と会って近況報告をするのもおすすめです。誰かと話をするだけでもストレス解消になります。

仕事がうまくいかない時は、一旦仕事から離れて気持ちを切り替えましょう。「早く現状を脱したい」と焦ったり無理をしたりすると、状況の悪化や体調不良を招く恐れもあるので注意が必要です。

仕事がうまくいかない時にしてはいけない5つのこと

仕事がうまくいかない時のNG行動には、「他人と比較する」「自分を責め過ぎる」「暴飲暴食する」などが挙げられます。以下をチェックして、現状の悪化を招かぬよう、仕事がうまくいかない時の行動に留意しましょう。

1.他人と比較する

前述したとおり、仕事がうまくいかないで落ち込んでいる時に自分と誰かを比べても、焦りが募るばかりで良い結果にはつながりにくいでしょう。むしろ、「あの人はできているのに、自分はなぜできないんだろう…」「自分はこれほど苦しんでいるのに、みんなは気楽そう」などと、ネガティブな思考や嫉妬心に囚われやすくなる可能性があります。「人は人、自分は自分」と考え、他人の言動や行動に気を取られ過ぎないよう心掛けましょう。

2.自分を責め過ぎる

自責の念に駆られ、仕事がうまくいかない原因をすべて自分のせいにするのは避けてください。必要以上に自分を責め過ぎると自己肯定感が下がり、さらに状況を悪化させてしまう恐れがあります。仕事は運やめぐり合わせの影響にも左右されるもの。あなたのミスや努力不足ばかりが原因とは限りません。自分にできうる限りの対応や処置を施しても仕事がうまくいかなかった時は、「今回は縁がなかった」「運が悪かった」と割り切り、プラス思考に転じられるよう努めることも必要です。

3.暴飲暴食する

仕事がうまくいかないストレスを暴飲暴食で解消するのは控えましょう。深酒や食べ過ぎは体調不良や肥満を引き起こし、仕事のパフォーマンス低下につながります。同様に、夜ふかしや休日の過眠といった不規則な生活もおすすめできません。仕事がうまくいかない時こそ、バランスの取れた食事や規則正しい生活リズムを心掛けましょう。

4.勢いで退職する

仕事がうまくいかない時に、勢いだけで退職を決定するのは避けたほうが無難です。仕事の過度なストレスから「もう無理だ。会社を辞めよう」と考える人もいるでしょう。しかし、仕事がうまくいかない原因や自身のキャリアビジョンを明確にしないまま退職してしまうと、転職先で同じ悩みを抱えてしまうことも。また、「前の会社のほうが良かった」と後悔するリスクもあります。
自身の現状を改善するために今の職場でやれることはあるか、同じことを繰り返さないよう退職後にはどうしたいかを、一度冷静に考えてみましょう。そのうえで、転職するか否かを検討することをおすすめします。

5.ミスの原因を自己分析しない

仕事がうまくいかない原因を探らないまま次の業務を進めても、同じ失敗を繰り返す恐れがあるため注意が必要です。仕事がうまくいかない時は、「どうすれば良かったのだろう…」と振り返るのがおすすめ。原因を一つひとつ究明し、必要に応じた対処法を講じるのが得策といえるでしょう。失敗から自身の問題点を分析して改善を図れば、次の仕事でのミス防止につながります。また、上司や先輩に助言を仰ぐのも有効です。第三者の意見が思い掛けない課題や改善策に気づかせてくれることもあります。

仕事がうまくいかないために落ち込んでいる時の対処法は、「もうイヤ!仕事が憂鬱になったときにすべきこと」でも詳しくご紹介しているので、チェックしてみたください。

「仕事がうまくいかない=チャンス」とも捉えられる!

仕事がうまくいかない自身の現状に対して悲観的になる方もいるでしょう。しかし、仕事がうまくいかずに悩むのは向上心の表れと捉えれば、「仕事がうまくいかない=チャンス」にもなり得ます。仕事への取り組み方次第では、今以上に自己成長できる可能性も。仕事がうまくいかない現状を打破すべく、ここまでに紹介した対処法にぜひトライしてみてください。

それでも仕事がうまくいかない時は転職も検討しよう

自分にできる限りの対処法を実践したにも関わらず、「現状の改善が見込めない」「いつまでも仕事がうまくいかない」といった場合は、転職を視野に入れましょう。その際は、現在抱えている課題の要因を探り、自分の適性や望む働き方を明確にしたうえで行動に移すことが重要です。

「仕事がうまくいかない原因が分からない」「次こそ自分に合った職場に就職したい」とお悩みの方は、就職・転職エージェントのハタラクティブを利用してみませんか。
ハタラクティブが取り扱うのは、企業への訪問調査を行った優良求人ばかりです。実際に働く職場の雰囲気や具体的な仕事内容を把握したうえで、あなたの希望にマッチする求人をご紹介いたします。
また、専任の就活アドバイザーによるマンツーマンの面談を通して、自分の適性を知ることも可能。適職の相談はもちろん、応募書類の添削や面接対策など幅広いサービスで転職活動をサポートしています。転職を検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION