仕事の悩みにはどのようなものがある?解決方法も紹介!

仕事の悩みにはどのようなものがある?解決方法も紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事の悩みは、人間関係や仕事内容に起因するものが多い
  • ・仕事の悩みを抱えすぎると、心身の不調や仕事の失敗に繋がる
  • ・仕事の悩みは周囲の人や専門の機関に相談する
  • ・仕事の悩みを第三者に相談するときは、要点をまとめてからにする

「仕事の悩みは誰に相談するべき?」「ほかの人はどのようなことで悩んでいるの?」と考えている方もいるでしょう。このコラムでは、仕事の悩みを相談すべき相手や適切な相談方法について解説します。また、仕事の悩みとして良く挙げられる理由についてもご紹介。悩みを抱えすぎると心身の不調に繋がったり、仕事のミスが増えたりします。仕事の悩みの解決方法もまとめていますので、参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事の悩みでよく挙げられるものは?

この項目では、働いている人が仕事で抱える悩みでよく挙げられるものを紹介します。仕事内容での悩みのほか、人間関係で悩む人も多いようです。

給料や待遇への不満

給料や待遇で、悩みを抱える人は多くいます。仕事にあまり熱心ではない人ならば「この程度だろう」「これだけ給料を得られれば十分」という考えもできるかもしれませんが、一生懸命働いて結果を出している人からすれば、正当に評価をされていないというのは、モチベーションの低下に繋がります。また、給料を思うように得られないと生活にも大きな影響があるでしょう。給料の低さや待遇の悪さは仕事の悩みの中でも解決が難しい問題といえます。

人間関係が上手くいかない

人間関係のトラブルは、多くの人が直面する仕事の悩みといえます。
入社して間もないうちは、上司からの指導や𠮟責に悩む人が多く、自分に部下ができてからは部下との関係性に悩み、ストレスを抱える方が多いようです。また、どうしても気の合わない人がいてぶつかり合ってしまい、会社にいくのが辛くなってしまう人もいます。
人間関係の悩みは、状況や工夫次第ですぐに解決する可能性も。たとえば、上手くいかない相手の退職や、自分や相手の異動により会うことがなくなれば、すぐに悩みを解消できます。気の合わない相手とは積極的に歩み寄ったり、納得いくまで話し合ったりすることで、わだかまりが解け、打ち解けられることも。なお、パワーハラスメントやセクシャルハラスメント、理不尽ないじめなどは許されないことです。悩みを抱えたままにせず、社内の相談窓口や人事課に相談しましょう。

失敗が多い

仕事の失敗は、大きな悩みの種になります。会社に損失を出してしまうような大きな失敗はもちろん、日常の小さなミスも繰り返してしまえば自信の喪失に繋がるでしょう。また、失敗に加え上司や取引先からの𠮟責があると、ひどく落ち込み悩んでしまう方も多いようです。「失敗はするもの」「次に活かそう」と割り切って考えられる人ばかりではありません。何日も引きずってしまい、新たな失敗を誘発してしまうという人もいます。
失敗を減らす努力や工夫は必要ですが、あまりにも多いようなら、仕事内容が自分にあっていないと考えて転職を視野に入れるのも、悩みを減らす一つの方法です。

労働環境が良くない

労働環境の悪さも、仕事の悩みを抱える要因の一つです。
残業や休日出勤が続くと私生活や生活習慣にも影響がでます。仕事の効率を上げたり工夫したりすることで労働環境が改善する見込みがあるなら良いのですが、残業や休日出勤は業務上、避けては通れない場面も多いといえるでしょう。長時間労働は大きなストレスの原因になります。
「給料がとても良い」「今の仕事が好き」といった労働環境の悪さに耐えるだけの理由がない場合は、心身の健康を守るためにも転職を考えましょう。

仕事そのものが合わない

仕事の内容自体が自分に合わないと、悩みを抱える原因になります。実際に入職してみると、想像と仕事内容が大きく異なり、上手く適応できないこともあるでしょう。また、希望と違う部署に配属され、自分に合わないという気持ちが拭えず悩んでしまう人もいます。
仕事そのものが合わないという悩みは、工夫次第で解消できる場合も。たとえば、人と話すのが苦手な人が、接客が多い部署に配属された例を挙げてみます。「話すのが苦手だから…」と思い悩んでしまうより、考え方を変えてチャレンジしてみるのがおすすめです。自分は積極的に話せなくても、相手の話題を引き出し、聞き役に徹することで会話が円滑に進む場合もあるでしょう。

将来的なキャリアが不安

キャリアに関する不安は、長期的な仕事の悩みといえます。
今の仕事を続けていても昇進や昇給が見込めなかったり、年齢を重ねたら続けられない仕事だったりすると、このままで良いのかと悩んでしまうこともあるでしょう。
将来的なキャリアに関する不安を解消するには、資格を取ってキャリアアップを目指すという方法があります。今の仕事や転職に役立つ資格を取ることにより、自分の価値を向上させるのです。不安な転職も資格を活かせば有利に運びやすくなります。

キャリアを見越しての転職は「仕事の悩みが尽きない…20代の転職事情とは?」も参考にしてください。

仕事で悩み過ぎるとどうなる?

仕事で悩み過ぎると、ストレスがたまり体調を崩す原因になります。また、悩みごとで頭がいっぱいになり仕事のミスが増えたり、モチベーションが下がったりして新たな悩みが増える原因にもなるでしょう。

心身の不調に繋がる

仕事で深く悩み過ぎると、ストレスがたまり、心身に大きな影響を及ぼします。夜眠れなかったり、仕事に行くと体調を崩したりするようになったら要注意です。自分では気付かないうちに体が悲鳴を上げている状態なので、早急に休養を取りましょう。

仕事のミスやトラブルが増える

仕事で悩み過ぎると集中力や気力が下がり、ミスやトラブルに繋がります。思考が悩みにとらわれてしまうと、本来するべきことに目が向かなくなってしまうのです。ミスやトラブルが続くと新たな悩みが増える要因にもなります。悪循環を防ぐためにも仕事の悩みは抱えたままにせず、解決方法を探すべきです。

仕事で悩みを抱えたときに相談すべき人や場所は?

仕事で悩みを抱えたときに相談すると良い人や場所を紹介します。身近な人への相談が難しければ専門の機関や、インターネットを活用すると良いでしょう。

上司や同僚

仕事の進め方や成績に悩みを抱えているのであれば、同じ仕事に携わっている、信頼できる上司や同僚に相談するのをおすすめします。上司は自分の体験談をもとにアドバイスをしてくれるでしょう。同僚の場合、経験値は同じなので「どのように工夫をして仕事をしているか」「自分との違いは何か」を教えてもらうと仕事に役立てられます。
注意すべきなのは、上司や同僚との関係があまり上手くいっていないときです。相談した内容を周囲に言いふらされたり、相談に対して𠮟責をされたりする可能性があります。新たな仕事の悩みを抱える原因になるため、相談する相手はよく見極めるようにしてください。

友人や家族

人間関係に起因する仕事の悩みは、友人や家族に相談する方が多いようです。人間関係の悩みは職場の人に相談すると、噂が広まりやすくトラブルに繋がりかねません。そのため、仕事と関係ない心を許せる友人や家族に話してみるのをおすすめします。人間関係の悩みは、どちらが悪いというのが明確ではないケースも多く解決が難しいもの。しかし、本音をさらけ出すだけでも、気持ちが楽になり、ストレス発散になるでしょう。

心理カウンセラー

カウンセラーは、人の悩みを聞く専門家です。もし周囲に相談できる人がいないのであれば、専門的な知見の元、的確なアドバイスをしてくれる心理カウンセラーのカウンセリングを受けるのも良いでしょう。なお、カウンセラーは悩みの原因そのものを解説する訳ではありません。相談者の話しを聞き、考え方や日々の行動をアドバイスするのが仕事です。相談者は心理カウンセラーに悩みを打ち明けることで、気持ちを整理しやすくなります。心理カウンセラーはカウンセリングルームと呼ばれる施設や企業に所属している場合もあるので、気になる方は調べてみましょう。

SNSやブログ

仕事の悩みを誰かに直接話すのを躊躇するようであれば、匿名のSNSやブログで打ち明けてみましょう。インターネット上には、仕事の愚痴や悩みを綴っている方がたくさんいます。名前も顔も分からない状態であれば、本心を出しやすいのでしょう。また、インターネットで広く悩みを公開すれば、自分では思いもよらない解決方法を教えてもらえたり、多くの人に共感してもらえたりすることによって気持ちが楽になる場合もあります。ポイント:なお、インターネット上で仕事の悩みを公開する際には、身元が分かるような内容を書かないという注意が必要です。自分では気付かないような些細な記述から、個人が特定されてしまうこともあります。フィクションを適度に盛り込んで、プライバシーを守れるようにしましょう。

こころの耳電話相談

働く人のこころの耳電話相談とは、厚生労働省が設置している労働問題に対応している相談窓口です。心身の不調や過重労働に関する相談から、ストレスチェック制度にまで対応しています。訓練を受けたこころの耳電話相談員が、親身になって相談を聞いてくれるので仕事に悩みを抱えている人は一度利用してみても良いでしょう。なお、厚生労働省が運営している「こころの耳・働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト」には、SNS相談や、メールでの相談に関しての情報も載っていますので、参考にしてください。

総合労働相談コーナー

パワハラやセクハラ、いじめや嫌がらせなどの仕事の悩みは「総合労働相談センター」に相談する方法もあります。「厚生労働省・総合労働相談コーナーのご案内」によると総合労働相談コーナーとは、労働局や労働基準監督署に設けられている、職場のトラブルを相談できる窓口です。さまざまな労働問題に対応しており、相談や助言のほか、法的に問題があると判断されれば労働基準監督署の行政指導が可能な部署に取り次いでもらうこともできます。対面での面談だけではなく電話相談にも対応しているので、仕事の悩みを抱えている人は、チェックしてみてください。

仕事の悩みの相談について詳しく知りたい方には「仕事がわからない!相談の仕方と「何がわからないか」の対処法」の記事もおすすめです。

参照元
厚生労働省
総合労働相談コーナーのご案内
働く人の「こころの耳電話相談」

こころの耳
働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト
相談窓口案内

仕事の悩みを相談するときの注意点

仕事の悩みを第三者に相談するときの注意点は相談内容をハッキリさせ、早い段階で相談することです。また、ただの批判や愚痴をいうだけにならないように注意しましょう。

何を相談したいかハッキリさせておく

仕事の悩みを相談するときは、自分の考えや状況を整理して何を相談したいかまとめておくようにしましょう。悩みで頭がいっぱいになってしまうと、伝えたいことがまとまらず相手に上手く状況が伝わらない可能性があります。仕事の悩みの解決方法をアドバイスしてほしいときは、特に相談内容をハッキリさせなくてはなりません。「何に対して悩んでいるのか」「何に対してアドバイスがほしいのか」をまとめてから話し始めましょう。

悩み始めた段階で相談する

仕事の悩みは、悩み始めた段階で相談するようにしましょう。なぜなら、早めの段階で相談することで問題を最小限に抑えられ、悩みの解消がスムーズに進む場合があるためです。また、長い時間一人で悩み続けていると、心身へ与える影響が大きくなります。相談を受ける人も、問題が深刻化してからでは、的確なアドバイスがしづらくなるでしょう。悩みを抱え始めた段階で、周囲にすぐに相談することをおすすめします。

批判や愚痴だけにならないように意識する

仕事の悩みの相談は、批判や愚痴だけにならないように心がけます。「相談」と「話しを聞いてもらう」ことは別物です。愚痴や批判を親しい人に打ち明け、ストレスを発散することは悪いことではありません。しかし、「相談したい」と話し始めたのにも関わらず、愚痴や批判ばかりでは相談された人はどのようにアドバイスをしたら良いか分からなくなってしまうでしょう。誰かに仕事の悩みを相談するときは「答えがほしい相談なのか」「話しを聞いてほしいのか」を明確にしてから話しはじめるようにします

仕事で悩みを抱えたときの対処法は?

この項目では、仕事で悩みを抱えてしまったときの対処法を紹介します。考え方や環境を変えることで悩みが一気に解消する場合もあるので、参考にしてください。

ストレスを発散させる方法を見つける

ストレスを発散させることで気持ちがスッキリし、悩みが気にならなくなる場合があります。ストレス発散の方法は人それぞれですが、できれば時間を忘れて没頭できるような趣味を持つと良いでしょう。仕事のことは一旦忘れて思考をリセットさせることにより、思いがけない解決方法が見つかったり、「考えすぎなくても良いか」と楽観的に捉えられたりすることがあります。

前向きに考えるクセをつける

何事も前向きに考えるクセをつけると、仕事の悩みを抱えにくくなるでしょう。同じトラブルに遭遇しても、深く悩んでしまう人と悩みにまで発展しない人がいます。違いは思考のクセの違いによるものでしょう。たとえば、仕事でミスをしてしまったときに「どうしてミスをしてしまったんだ」と自分を責める考え方をする人と、「次に活かして挽回しよう」とポジティブな考え方をする人では、悩みの抱え方が変わってきます。何事も前向きに考えるクセをつけて、悩みにまで発展してしまわないようにしましょう。

仕事は仕事と割り切る

「仕事は仕事」と割り切ると、気持ちがラクになります。仕事の悩みをプライベートの時間まで引きずって考えてしまうと、ストレスが溜まり心身に影響がでてしまう人もいるようです。たとえば、仕事で厳しく𠮟責されると、自分の人格まで否定された気持ちになる人もいるでしょう。しかし、𠮟責されているのは、仕事に関する事柄だけです。業務を離れた瞬間に気持ちを切り替え、退勤後や休日にはできるだけ仕事のことは考えないようにすることが不必要な悩みを抱えないためのコツです。

異動を申し出てみる

仕事の悩みの原因から離れないと解決できないようであれば、異動を申し出てみるのも一つの方法です。仕事内容や会社の状況によって異動ができない場合もあるので、仕事に悩みを抱えているすべての人におすすめできる方法ではありませんが、人間関係の悩みは部署異動で解決に導きやすくなるでしょう。また、仕事内容にまつわる悩みも、部署を異動して違う仕事をすることで解消できる可能性もあるでしょう。

休暇を取る

仕事で深く悩みを抱えてしまったときは、一度休暇を取ってみましょう。特に、深く悩んでしまい、心身に影響が出ているようなら無理は禁物です。休職をしたり、数日間有給を取ったりしてゆっくり休むと、気持ちがリセットできる可能性があります。
なお、一定期間休暇を取っても仕事の悩みが消えないときは、根本的に状況を変えないと解決が難しと考え、転職も視野に入れる必要があるでしょう。

仕事の悩みの解消方法について詳しく知りたい方は「仕事の悩みと向き合う方法とは」も参考にしてください。

仕事の悩みが解決できないときは思い切って転職を

仕事の悩みの解決が難しいときは、思い切って転職をするという手段もあります。自分の努力や工夫だけでは解決できない仕事の悩みは、環境を変えないと解決はなかなか難しいものです。転職することで、長い間抱えていた悩みが一気に無くなる人もいるでしょう。
仕事の悩みの解消を目的に転職する際の注意点は、また同じ悩みを抱えないように転職先を慎重に決めることです。仕事内容が原因で悩んでいたのにも関わらず、前職と同じ職種を選んでしまうと会社を変えても同じ理由で悩んでしまう可能性があります。仕事内容や職場の雰囲気をよく見極めて、転職するようにしましょう。

自分にあった転職先を探すなら、ハタラクティブへご相談ください。
若年層に特化したハタラクティブでは、アドバイザーとのカウンセリング・求人の紹介・企業とのやり取りの代行など、手厚いサポートを提供しています。入社後のアフターフォローにも対応しているので、自分らしい働き方を実現可能です。
ハタラクティブを活用して、仕事の悩みを解決に導きましょう。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION