コミュニケーション能力とは?スキルを鍛える具体的な方法をご紹介!

コミュニケーション能力とは?スキルを鍛える具体的な方法をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • コミュニケーション能力とは、言葉や表情・身振りで情報伝達を行うスキル
  • コミュニケーション能力が高い人は、職場の人や顧客と良好な関係が築ける
  • 高いコミュニケーション能力とは、相手の立場になって考えられるスキル
  • コミュニケーション能力とは相手の話を「聞く」ことで高められる

コミュニケーション能力とは、より良い人間関係を築くために欠かせないスキルですが、就活をする上でも自己PRで使用できる重要なスキルです。このコラムでは、「コミュニケーション能力とは?」という基本的な知識から、スキルを高める具体的な方法までまとめています。自分のコミュニケーション能力が低いと感じている方はぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

コミュニケーション能力とは

コミュニケーション(英:communication)とは、人間同士が意思を伝え合う「情報伝達」を指す言葉。言葉や文字で情報を交換することを「言語コミュニケーション」、表情や声のトーン、身振り手振りで意思を表すことを「非言語コミュニケーション」といいます。

コミュニケーション能力は、家族や友人との関係を維持するのはもちろん、働く上でも欠かすことのできない力です。特にお客様とやり取りする職種では、コミュニケーションスキルが必須。職場で求められるコミュニケーション能力については、「知っておこう!仕事に必要なコミュニケーション力を解説」でも詳しくまとめているので、合わせてご覧ください。

より良いコミュニケーションをとることで、周囲の人たちと良好な関係を築き、相手との関係を深めていくことができます。

とはいってもコミュニケーションに苦手意識を感じている人は多いものです。コミュ力アップを目指すためにも、まずは次項でコミュニケーション能力が高い人の特徴をチェックしてみましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

高いコミュニケーション能力とは?11個の具体的な特徴

一般的に、コミュニケーション能力が高い人にはいくつかの共通点があります。

以下の内容を参考に、自分に不足していると感じる点、こうなりたいと思う要素を洗い出していきましょう。

コミュニケーション能力が高い人の特徴

・相手の話をしっかり聞くことができる

・相手の立場になって物事を考えられる

・相手が理解しやすいようにわかりやすく伝えることができる

・さりげない気遣いができる

・相手への共感を示すことができる

・感謝や謝罪など自分の意思を伝えることができる

・相手の理解度に合わせて会話ができる

・話題が豊富で相手から話を引き出すのがうまい

・笑顔が多く愛嬌が良い

・誰とでも気さくに話せる

・相手の気分を害することなく自分の意見を伝えられる

コミュ力の高さを判断するにはさまざまな要素がありますが、相手の立場になれる点や、相手に威圧感を与えないような笑顔は特に大切

次項では、コミュニケーション能力を高めるために意識したいポイントをご紹介します。

コミュニケーション能力を鍛えるためには 

今日からすぐに実践できる、コミュニケーション能力を鍛えるコツをお伝えします。相手との会話が弾まない、自分の言いたいことが伝わらないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

「聞く」を意識する

コミュニケーション能力とは、言い換えれば「聞く力」と言っても過言ではないでしょう。相手から話を引き出して会話を広げるには、相手の話をしっかりと聞く必要があります。自分ばかりが喋っている状態では、相手が退屈する恐れがあり会話のバランスとしてよくありません。

相手の話を聞きながら適度な相槌を打ち、会話が広がるような質問をして相手の話を引き出しましょう。途中で反論したいと思う点があっても、早とちりで話を誤解しないよう最後まで聞くことが大切です。

また、ありがちなのが相手が話している途中で次に自分が話す内容を考えてしまい、相手の話に集中できていないパターン。たとえ興味ない趣味の話題であっても、「どうして相手がそれを好きなのか?」「どんな点に魅力があるの?」という質問をすることで、関心を持って会話を続けることができます。

結論から伝える

自分の話が相手に伝わりづらいと感じている方は、話の結論から伝える点を意識すると良いでしょう。

何かを説明するときには「ここは省いても良いだろう」というように、相手がわかっていると思い込まないのがポイント。ビジネスの場合、難しい専門用語は誰にでも意味がわかるよう噛み砕いて表現するようにしましょう。

話が複雑で長くなりそうなときは、「今日は〇〇と〇〇、そして〇〇についてお話しします」というように最初に話の全体像を伝えておくと相手が理解しやすくなります。

何かを説明するときは、話が長く情報が多いほどわかりやすいというわけではありません。それよりも、要点のまとまった簡潔な話のほうが相手には伝わりやすいものです。説明が苦手という人は事前に話の肝となる要点や話す順番をまとめ、最も伝えたいことは何かを意識するようにしましょう。

コミュニケーション能力の高め方については、「コミュニケーション能力は誰にでも身につく!その高め方とは」でもまとめているため、チェックしてみてください。どうしてもコミュニケーションへの苦手意識がある場合は、「コミュ障の就職活動は辛い?向いている仕事や就活のコツを解説」も参考にしてみるといいでしょう。

コミュニケーション能力とは就職・転職でも重要なスキル

多くの企業では、経験やスキル、学歴以外にも、人柄が重要な評価基準となっています。面接では限られた時間の中で採用担当者とやり取りするため、人柄はその場のコミュニケーションで判断されがちな部分でもあります。

普段は快活な人でも、面接で緊張していると「自信がない人、臆病な人」と思われる可能性があるのです。

親しくない人と話すのが苦手、初対面の人に対して緊張しやすいという人は、特に入念な面接対策をする必要があるでしょう。
コミュニケーション能力に自信がない人は面接に苦手意識を持つ傾向がありますが、模擬面接で本番に近い状況に慣れれば、しっかり自己PRできるようになるのではないでしょうか。

就職・転職支援のハタラクティブでは、面接対策も含めて求職活動全般を手厚くサポートしています。ハタラクティブでは実際に取材した企業の求人のみを提案するため、入社前に会社の詳しい情報や仕事内容、職場の雰囲気がわかって安心です。

コミュニケーション能力に自信がなく就職を踏みとどまっているという方は、ぜひハタラクティブにご相談ください!

この記事に関連するタグ