仕事についていけない…そんな人がやるべきこと

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事についていけない…そんな人がやるべきこと

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ミスを繰り返す、周りのレベルが高いと仕事についていけないと感じる
    ・仕事についていけないときは周りに相談する、完璧主義をやめる
    ・職場のレベルが高すぎるときは、誰かのサポート役に徹するやり方もある
    ・仕事についていけないのは、その仕事に適性がない可能性もある

仕事についていけないとお悩みの方。そう感じるのは、業務量が多すぎるからでしょうか。それとも、周りのレベルが高いからでしょうか。
もし、仕事に適性がないことが原因なら、転職を視野に入れて考える必要があります。
ここでは、仕事についていけない理由とその対処方法を解説。今の職場でうまくいっていない方は、ぜひご覧ください。

◆仕事についていけないと感じるとき

目標の企業に就職できたのもつかの間、厳しい現実に突き当り「仕事についていけない…」と悩んでいる人はいませんか?
ついていけないと感じるとき、そこにはどのような原因があるのでしょう。よくある例をまとめました。

【与えられた業務がなかなか終わらない】

仕事自体はこなせる能力があるものの、仕事量が多すぎてついていけないと感じる人がいるようです。
次々と仕事を頼まれ、つい「わかりました」と言ってしまう癖のある人は、1人で仕事を抱え込む傾向にあります。

【能力以上の働きを要求される】

自分のキャパシティを超える仕事を任されると、過度のプレッシャーを感じ、「自分は仕事ができない」と悩んでしまいます。
入職したばかりで即戦力を求められ、十分な働きができないと落ち込む人もいるようです。

【ミスを繰り返してしまう】

ミスが多いと自分に能力がないように感じ、仕事についていけないと感じるようになります。失敗を次に活かせれば良いですが、失敗することで緊張してしまい、それがさらなるミスを呼び込むパターンもあるようです。

【職場の雰囲気や社風についていけない】

憧れの会社に入社したものの、雰囲気が苦手で馴染めないという人も多いようです。また、仕事の進め方や会社の方針が合わないという人もいるのではないでしょうか。

【未経験で入社した】

社会人未経験、あるいは業界未経験で就職・転職し、なかなか仕事が覚えられないパターン。会社の教育体制が整っていない、忙しすぎて新人の教育まで手が回っていないことが原因の場合もあります。

【周りのモチベーションが高い】

周りのモチベーションが非常に高く、ついていけないと感じることもあります。プライベートの時間を割いて仕事をしてる同僚を見て、「自分は同じようにできない」と思う人もいるでしょう。

【周りが優秀すぎる】

たとえ平均的なスキルが身についていても、周りがあまりにも優秀で仕事についていけないと感じることがあります。
特にチームプレーが必要な仕事では、「自分が足を引っ張っている…」と感じて落ち込む人がいるようです。

 

◆仕事についていけないときの対処法

仕事についていけないとき、どうすれば事態を改善できるのでしょうか?
ここでは考えられる対処法をご紹介していきます。実践できるものがないか、内容をご確認ください。

【仕事量が多くてついていけないとき】

仕事量が過ぎるときは、一度上司に相談して業務の配分を見直してもらいましょう。それと合わせて、自分自身で業務の効率化を考えることも大切です。
普段の仕事のやり方を振り返り、無駄な部分がないか洗い出しましょう。重要度の低い仕事に時間をかけていないか、時間を決めずにだらだらと業務に取り組んでいないかといった点を振り返ると、改善のポイントが見つかるでしょう。
健康上のリスクが心配されるほど仕事量が多く、自分の力では解決が難しい場合は、転職の必要性も出てきます。

【業務が難しすぎると感じるとき】

業務が難しいと感じる人は、疑問を解消しないまま仕事を進めている可能性があります。ミーティングの最中でも不明点があればその都度質問して、仕事を理解するよう務めましょう。また、業務の指示を十分に理解しないまま仕事を進めると、後々ミスが発生しやすくなります。忙しい相手に質問するのは気が引けるという人もいますが、確認不足のミスで迷惑をかけないためには、誰かに相談することが大切です。
また、業務を難しく感じる人の中には、完璧に仕事をこなそうとして壁にぶつかっているパターンもあります。限られた時間で完璧を目指すのは誰にとっても難しいことです。完璧主義で仕事が遅い人は、「8割できればOK」という気持ちを持って取り組んでみましょう。

これらのことを試しても業務の難易度が高すぎると感じるなら、その仕事があなたに向いていない可能性があります。不向きな仕事でスキルを伸ばすのは難しく、成功体験が積めずやりがいも感じられないでしょう。
その場合は、合わない仕事を続けるよりも、適性に合った仕事を探すのがおすすめです。

【仕事を教えてもらえないとき】

仕事を教えてくれない職場は、多忙で教える時間がなかったり、「仕事は自分で覚えるもの」と考えていたりします。教育制度が整っていない職場では、教えられるのを待つのではなく、自分から動くことが必要です。
例えば、分からないことを自分から質問するのは基本中の基本。その際は、「どうしたら良いのでしょうか?」ではなく、「私はこうしようと思いますが、間違っていないでしょうか?」という風に自分なりに考えた過程を伝えるのがポイント。仕事への意欲が伝わり、相手も教えてあげようという気持ちになります。

◆レベルが高い職場に対応する方法

周りのレベルが高すぎて仕事についていけないと感じるときは、次の方法を試してみましょう。

【長期的な目標を設定する】

周りとのレベルの差は気になるものですが、自分と他人を比較してネガティブな気持ちになっても意味はありません。まずは目の前の業務に集中し、仕事をこなすことだけを考えましょう。高いスキルは1日で身につくものではないので、焦りは禁物。1ヶ月程度の短期の目標と、年単位の長期の目標を設定し、長い目で見て成長することを目指しましょう。

【できる人のやり方を見習う】

周りのレベルが高いのは、仕事のやり方を見習うべき人がたくさんいるということ。できる人の仕事ぶりを見て真似したり、仕事の進め方を聞いてみたりしましょう。
周囲とレベルの差があると感じるときこそ、1人で抱え込まずに誰かに相談することが大切です。中途入社の場合は、年下の先輩や上司に質問するのに抵抗を感じがち。しかし、謙虚な姿勢で教えてもらうことが自分自身の成長につながると考えましょう。

【良好な人間関係を築く】

職場のレベルが高いときは、誰かに相談したり、周囲のサポートを受けることで仕事をスムーズに進められるようになります。
そのときに大切なのが、日頃から周りの人と良好な人間関係を築いておくこと。明るく挨拶したり、何かをしてもらったときに感謝の言葉を伝えたりと、職場の人たちと気持ちの良いやり取りをすることを心がけてください。

【誰かのサポート役に徹する】

周りについて行けず、「迷惑をかけている」と感じるときは、誰かのサポート役に徹するのも1つの方法です。目立った実績を残すのは難しくても、縁の下の力持ちとして周りを手助けすることで、チームに貢献できるでしょう。

◆仕事が辛いときは転職を考える

仕事についていけないのは、その仕事が合っていないからという可能性があります。「仕事は慣れるまで続けることが大事」という話もありますが、向き不向きは誰にでもあるもの。適性がない仕事を我慢して頑張るよりも、自分に合った仕事に就くことで力を発揮できるはずです。

転職先を探すときは、自分に合った職場を見極めることが重要になります。「給与がいい」「大企業」といった条件だけでなく、業務内容が自分に合っているか、教育体制が整っているかという点に目を向けましょう。
そのためには、事前に業界や応募企業をよく調べ、希望する職種の働き方や応募企業の方針・社風を十分に理解することが大切です。

1人での情報収集が難しいと感じる場合は、転職エージェントでプロのサポートを受けるのが良いでしょう。
若年層に特化した転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、その方の経験や適性に合った求人をご提案。ご紹介するのは実際に取材した企業に限られるため、事前に職場の雰囲気や詳しい仕事内容をお伝えすることが可能です。
次こそ自分に合った仕事に就きたいという方は、ハタラクティブに相談してみませんか?

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ