1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 営業を辞めたい…向いている人と向いていない人の特徴

営業を辞めたい…向いている人と向いていない人の特徴

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・人間関係に悩んだり、ノルマ達成が困難になりストレスを感じたりすることで営業を辞めたいと思う人が多い
    ・営業に向いている人はコミュニケーション能力がある人
    ・営業に向いていない人はプレッシャーに弱い人
    ・営業が苦手な人は会社内のほかの部署に異動するのも一つの手
    ・どうしても営業を辞めたい場合はほかの職種へ転職を考えよう

営業が辛い・向いていない・辞めたいと思い悩んでいる人は少なくないようです。では、なぜ営業の仕事を辞めたいと思ってしまうのでしょうか。
このページでは、営業を辞めたいと思う理由や営業に向いている人・向いていない人の特徴などを解説します。


◆営業を辞めたいと思うきっかけとは?

なぜ営業職をやりたくない、辞めたいと思うのでしょうか。

・課せられるノルマがきつい
毎月の売上目標を掲げ、社員にノルマを課す会社が多いため、「売上目標が高すぎてノルマをこなすのがきつい」「上司から期待されるのが辛い」と感じ、営業職を辞めたいと思うようです。

・結果で判断されるのが辛い
営業の仕事は数字に表れるため、どれだけ頑張っても良い結果が出なければ評価されないということを苦痛に感じる人もいます。

・新規開拓が苦手
新規開拓は企業の売上拡大に欠かせない業務のひとつ。
しかし「飛び込み営業(訪問先へアポイントを取らずに営業すること)で門前払いされるのが辛い」「新規の顧客が増えず、なかなか良い結果を出せない」という声があるのも現状です。

・人間関係に疲れた
どの職種であっても人付き合いは大切ですが、営業職では社内はもちろん営業先のお客さまとの関係も良好に保つ必要があります。
また、ノルマが達成できなかったり成績不振になったりしたときに上司との関係が悪くなってしまうということも。その結果、誰にも悩みを打ち明けられず辞めたいと感じるケースもあるようです。

・車の運転が苦手
自分の運転で営業先に向かうという会社が多く、車を運転するのが怖い・苦手な人は営業先に行くまでが億劫と感じることもあるようです。

◆営業職に向いている人・向いていない人の特徴

では、営業職に向いている人と向いていない人にはどのような違いがあるのでしょうか。

【向いている人】

・コミュニケーション能力がある人
営業先との取引を円滑に進めるためには、自社商品やサービスを分かりやすく説明する力はもちろん、その場の空気を読みながら商談に持ち込む力も必要なので、営業職はコミュニケーション能力がある人が向いています。
また、質問や疑問に対して自信を持って分かりやすく答える力が備わっていると、顧客からの信用度が上がり、良好な関係を築きやすくなります。

・知識を身につける努力を惜しまない人
営業は競合他社の商品をリサーチして社会のニーズを捉え、常に新しい知識や情報を取り入れることが大切です。
そのため、情報収集能力のある人や知識を身につける努力を惜しまない人が向いています。

・ポジティブな人
営業先で取引を断られることは日常茶飯事。冷たく言い返されたり門前払いされたりしても落ち込まず、「次頑張ろう」とモチベーションを維持しながら仕事ができる人は営業に向いているでしょう。

【向いていない人】

・人付き合いが苦手な人
営業はトーク力が鍵。いくら商品説明の練習をしても、言葉のキャッチボールが苦手な人や笑顔が苦手な人は、相手からの急な問いかけに応えられないことがあります。
また、会社によって異なりますが、営業では電話対応をすることもあります。
「相手の顔が見えないから電話が苦手」「電話口で怒られたらどうしよう…」という風に、電話対応に抵抗がある人も営業には向いていないかもしれません。

・プレッシャーに弱い人
営業にはノルマや人間関係の苦労がつきものですが、「ノルマ設定がきつい」「上司からの期待がかえって辛い」というように、仕事や人間関係に対してプレッシャーやストレスを感じてしまう人は営業に不向きかもしれません。

・地道な作業が苦手な人
営業の仕事内容は業種によってまちまち。営業先との取引のほかにも顧客への挨拶回りやお礼状の作成など、地道な作業を繰り返すこともあります。
このような作業が好きな人と苦手な人では、営業の仕事に向き不向きが出ることもあるようです。

◆営業職を辞めたいときはどうすれば良い?

ここまでは、営業に向いている人や向いていない人の特徴などを解説してきました。
では、「自分は営業に向いていない」「営業職を辞めたい」という人はどうすれば良いのでしょうか。

・別部署へ異動する
「営業には向いていないけど、転職はしたくない」という人は、異動願を提出し、別部署に異動してもらえるように交渉しましょう。
しかし、必ずしも希望の部署に配属できるとは限りませんし、場合によっては異動を断られる可能性もある点は覚えておく必要があります。

・ほかの業界の営業職へ転職する
「本当に営業に向いていないのか分からない」「会社の方針が合わない」という人は、ほかの業界の営業職へ転職することをおすすめします。
一口に営業と言っても、ルートセールスやMR(医薬情報担当者)などさまざまな種類があります。
そのため、「前の業種の営業は苦手だったけど、転職先の営業は自分に合っている」ということもあるかもしれません。

・未経験職種へ転職する
「やっぱり営業以外の仕事がしたい」という人は、営業で培ったスキルを活かして未経験の職種に転職するのも一つの手です。
営業では資料作成や計算などでパソコンを使うことが多く、基本的なスキルを培うことができるため、事務職といった職種への転職が有利になるかもしれません。

◆転職理由や志望動機のポイント

転職する際は以下のようなポイントをおさえ、明確な志望動機を伝えましょう。

【営業職から営業職へ転職する場合】

勤務年数がおよそ3年未満であれば第二新卒として扱われるため、やる気や入社に対する意欲をアピールすると良いでしょう。
また、勤務年数が3年以上の場合は、仕事で培ったスキルや経験が採用の材料となる傾向があるので、これまでの自分の経験を積極的にアピールしましょう。

【未経験の職種へ転職する場合】

未経験の職種に転職する場合、経験値がほぼゼロになるため、即戦力として就職することは難しいと言われています。
「営業という仕事を通して興味を持ったこと、気づいたこと」に触れ、採用担当者が納得できる転職理由を伝えましょう。


◆スムーズに転職活動をするなら

20代の転職は、他の年代に比べて求人が豊富な傾向にあるので、転職を決めたらすぐに転職活動を始めると良いでしょう。
1人で求人を探すより、転職エージェントを利用して効率よく転職活動をするのがおすすめです。

ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職支援支援サービスです。
就活のプロによる個別カウンセリングを実施し、求職者の希望やスキルに応じた求人をご紹介。
未経験でも応募可能な職種の求人の中から、自分にマッチしたお仕事を見つけることができます。
履歴書添削や面接対策も行っているので、「自己アピールが苦手」「面接が不安」といった方も安心です。
チャットツールでの連絡も可能なので、まずは一度ハタラクティブにご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    転職する勇気が出ない理由とそれを克服する方法

  • image

    コミュ障向けの仕事&就職方法とは?

  • image

    30代フリーター、アルバイト生活を辞めるなら今だ!

  • image

    マイペースな人に向いている仕事とは?

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる