1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 営業職の仕事やノルマを知りたいです

営業職の仕事やノルマを知りたいです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

営業職にチャレンジしたい気持ちがありますが、ノルマに耐えられるかなどが不安で踏み出せません。

営業職にチャレンジしたいと思っているのですが、ノルマが達成できるか不安でなかなか踏み出せません…。実際の営業の仕事内容や、ノルマについて教えてください。

マイナスのイメージで語られることの多いノルマですが、ノルマ(目標)は計画的に仕事を進める上で欠かせないものです。営業の仕事の流れを確認しながら、「ノルマ」の正しい意味を理解していきましょう。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

【Vol.2】営業のノルマってどういうもの?

■目標とは、行動に対する指標のこと

営業職の仕事やノルマを知りたいです

営業に初めてチャレンジするとき心配になるのは、「ノルマがきついのでは?」ということですよね。
営業の仕事をする以上、数字上の目標は必ず設定されるものです。これがいわゆる「ノルマ」と呼ばれるものですが、ノルマと言うと「達成できないとクビになる」「給料が減る」といった悪いイメージがあるため、実際にはノルマという言葉は使われないケースが大半です。

企業ではノルマを「目標」という言葉に言い換えていることが多いようです。質問からは、ノルマにしろ目標にしろ「耐えられないような負荷がかかるのではないか?」という不安がうかがわれますが、それは漠然としたイメージでノルマ(目標)を捉えているせいかもしれませんね。
ひょっとしたら、「目標」という言葉を聞いただけで、求められるハードルの高さを想像して怖くなっていませんか?
目標に対して消極的な人は「目標が達成できなかったらどうしよう…」という不安に陥りがちですが、目標の捉え方を変えると気持ちが楽になるかもしれません。
営業職は自分でスケジュールを組み立てたり1日の時間配分を考えたりと、個人の裁量で働ける領域が大きい職種です。その点を考えたとき、比較的自由に動ける営業に必要な行動指標として、目標設置は欠かせない要素になるんですね。

例えば、年間1200万の売上目標を与えられときのことを考えてみましょう。
目標設定を受けた営業は売上目標を達成するために計画を立てますが、1200万円を12ヶ月で割ると月に獲得するべき売り上げは100万円。
営業はこの月100万という目標に対して、「新しいお客様を何件開拓する必要があるか」「目標件数分を開拓をするには1日何件テレアポをする必要があるか」というさらに細かな計画を立て、自分の行動に落とし込んでいきます。

このように、目標の設定は仕事のスケジュールを立てる上で欠かせない過程です。
目標がないと、自分がその月に何をすれば良いのか、さらに1日で何をこなせば良いのかという具体的な仕事の流れが見えてきませんよね。仕事の流れが見えてこないとやる気が起きず、仕事の結果につながらない事態になってしまいます。
営業にとって目標は仕事の柱となる部分。営業とは「計画を立てて、その実現に向けて動いていく仕事」だといえるでしょう。

■目標を達成できなかったとき

仕事である限りもちろん成果は求められますが、最近では目標達成ができないからといって、クビになったり給与が下がったりするような会社はほとんどないようです。
しかし企業によっては、いまだそのような文化を残す職場も存在するため、面接の際に、「万が一目標が達成できなかった場合に雇用条件の変更等はあるのか」を確認しておくと安心ですね。

反対に目標を達成できたとき、より良い成果を挙げたときには、職場によっては「インセンティブ」と呼ばれる手当がつく場合があります。インセンティブとは固定給と別に支払われる報酬金のことで、一部企業が社員のモチベーションを上げるために導入している制度です。
基準となる目標や金額に関する基準は企業によってさまざまなので、インセンティブ制度を導入している職場に就職する際は、その点も合わせて確認しておくと良いでしょう。


今回は「ノルマが不安」という質問にお答えしてきましたが、営業の仕事には「努力が数字に現れる」「頑張った分だけ報酬に反映される」「さまざまな人と関わる機会がある」といったやりがいがあります。営業にやりがいを感じている人の多くは、自分の働きが目に見える形で実感できるという点を挙げているようです。
もちろん仕事には向き不向きがあるので全ての人が営業の仕事を楽しめるというわけではありませんが、ノルマについて正しく理解した上で営業職に魅力を感じるなら、チャレンジしてみる価値はあるのではないでしょうか?

 

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    営業ノルマがきつい?達成できない現状を打破する5つの方法

  • image

    営業がきつい理由と向いていない人の特徴とは?対処法もご紹介

  • image

    営業職の仕事やノルマを知りたいです

  • image

    営業職とはどんな仕事?販売職との違いや必要なスキルを解説

  • image

    営業職のストレス解消法は?耐性をつけるには?限界がきたら転職も考えよう

  • image

    営業がつらい人へ―仕事のお悩み解決法

  • image

    営業を辞めたい…向いている人と向いていない人の特徴

  • image

    営業職から転職する際のコツとは?向いていない人の特徴やおすすめの職種も

  • image

    営業に就職するのに必要なスキルは?6つのスタイルやメリットもご紹介!

  • image

    営業の離職率は高い?低い業種はある?保険や不動産など業界別に解説!

  • image

    「営業に向いてない人」お助けコラム!

  • image

    第二新卒から営業以外の仕事へ転職

  • image

    ニートから営業はハードルが高い?

  • image

    営業は大変なだけ?働くスタイルとやりがいを知ろう

  • image

    未経験OK求人が多い営業職の魅力とは

  • image

    顧客別に見る営業の仕事

  • image

    第二新卒が営業職に転職する方法

  • image

    営業についてのページ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる