「営業に向いてないから転職したい」と感じたら?理由や改善策を紹介

「営業に向いてないから転職したい」と感じたら?理由や改善策を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 「営業に向いていない」と感じる理由は、「売上が伸びない」「ノルマがきつい」など
  • 営業職に向いていないタイプは「メンタルが弱い」「相手に合わせすぎる」など
  • 営業としてこれからも働いていくなら、考え方や働き方を見つめ直すことが大切
  • 業務内容が合っていない場合は、別の営業職への転職を考えてみるのもおすすめ
  • 「そもそも営業に向いてない」と感じるなら、別の職種に転職するのも方法の1つ

「営業職に向いてないから転職したい」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。営業職は、どの業界にも必ずある職種の1つ。最前線でお客さまや取引先と向き合う仕事のため、やりがいを感じられる一方で、売上やノルマ、顧客との信頼関係の構築に悩んで転職を考える方も多いようです。このコラムでは、営業に向いてないと感じる理由や改善策をまとめています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

営業に向いてないと感じる理由

営業として働く人は、どのようなときに「向いていない」と感じるのでしょうか。以下で、理由を考察していきます。

売上が伸びない・ノルマが達成できない

営業職がさけて通れないのが売上やノルマです。毎月のノルマを達成できなかったり、売上が伸びなかったりすると、営業マンとしての自信をなくしてしまうこともあるでしょう。

社内の人間関係がうまくいかない

社内での人間関係がうまくいっていないと、仕事に影響が出てくることもあるでしょう。どんなに優秀な営業マンでも、その成功の裏にはサポートしてくれる同僚や上司などの存在があります。そのため、職場内でのコミュニケーションが上手くいっていないときに、「営業に向いていない」と感じることもあるようです。

顧客との信頼関係が築けない

営業職の場合、人付き合いの上手さやコミュニケーション能力の高さが重要といえます。営業は、人対人で行われる仕事です。素晴らしい商品を販売していても、顧客から信頼されるような関係を築けなければ長期的な付き合いは難しくなってきます。そのため、顧客と上手に関係を築けないときに「営業に向いていない」と感じることもあるようです。

売上やノルマ、社内の人間関係、顧客との信頼関係は、どれも営業マンに必要とされる基本的なことばかりです。だからこそ、上記のような状況になったとき、「自分は営業に向いていない」と感じるのではないでしょうか。

未経験OK多数!求人を見てみる

営業に向いていないタイプ

営業に向いていないのは、どのようなタイプなのでしょうか。以下で考察していきます。

メンタル面が弱い

失敗をしたり注意を受けたりするのは、どの仕事にもあることですが、最前線で顧客と接する営業は、ほかの職種よりもそのような場面に遭遇する機会が多くなります。しかし、その度に立ち直れないほど落ち込んでいては、営業として働き続けるのは難しいでしょう。

相手に合わせすぎる

営業職は、人とのコミュニケーションが大切です。しかし、相手の要望ばかりを受け入れていては、営業としての役割を果たしているとはいえません。顧客との信頼関係を築き、商品の良さを知ってもらい商品を購入してもらうこと、会社に利益を出すことが営業の仕事です。相手の信頼を失いたくないという思いから、要望に応えようとするのは当然のことかもしれませんが、営業には顧客と会社双方が納得できる形で商品を販売することが求められます。

他責思考

失敗したときや上手く行かなかったときに、自分ではなく商品や会社、他人のせいにしている場合も営業に向いていないタイプとして挙げられます。営業としてスキルアップするためには、どのような状況でも自分自身を見つめなおし、「何か改善できる点はないか」と考え、実行していくことが大切です。

プライドが高い

プライドを持つことは良いことです。特に、売り込む商品や営業マンとしての自分の仕事にプライドを持つことは大切なことだといえます。しかし、「プライドが高すぎて他人を見下してしまう」「お客さまに頭を下げることができない」「謝れない」など、謙虚な気持ちを持てないと、営業という仕事には向いていないといえるでしょう。

上記のほか、「数字が苦手で売上や目標が意識できない」「努力や勉強が苦手で商品の説明ができない」なども、営業に向いていないタイプとされています。営業に向いていないタイプをさらに詳しく知り、改善策や仕事をスムーズに進めるコツを知りたい場合は、「営業職に不向きといわれる21の特性とは?仕事のコツもあわせて解説」のコラムでも紹介しているので、参考にしてみてください。

これからも営業として働いていきたい場合

これからも営業として働いていきたいのであれば、自らの働き方や考え方を見つめ直す必要があります。以下では、営業として働く上でのポイントをまとめました。

相手の立場になって考える癖をつける

繰り返しになりますが、営業は人と関わる仕事です。自分本意な働き方ではなく、相手を尊重し、相手に何を求められているかを常に考える癖をつけましょう。続けていけば社内や顧客からの信頼を得られるはずです。

スケジュール管理を徹底する

営業職にとって、自己管理は基本です。自分のスケジュールを管理できていないと、取れるはずの契約を逃してしまったり、約束の時間に遅れてしまったりなど、信頼を失うような失敗をする可能性が高まります。スケジュールの管理をきちんとすることは、売上を伸ばすことにも繋がるはずです。

PDCAサイクルを取り入れて常に業務クオリティーの改善を図る

PDCAサイクルとは、「Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)」の流れを意識し、繰り返しながら働くことで業務を改善していく方法です。自分の立てた目標の結果がどうなったのか、自分で評価し改善を繰り返すことで、業務のクオリティーを上げることが大切といえます。

「営業に向いてない」という理由から転職を考える場合

上述した内容を意識しても改善されない場合、そもそも業務内容が合っていない可能性があります。そのため、営業の業務内容から、自分が何を苦手としているのかを明確にして、別の営業への転職を考えてみるのもおすすめです。営業職の種類は数多く存在します。たとえば、新規開拓を主とした営業の場合だと、毎回ゼロから関係を築く必要がありますが、ルート営業のように既存の顧客を対象とする場合は、より深くお客さまと関わることができます。

また、法人を対象とした営業なのか、個人への営業なのかによっても働き方は変わってくるはずです。営業の種類を変えてみたら業績が上がった、というケースも少なくありません。自分がどのようなことに向いているのか、向いていないのかを把握し、より力を発揮できる営業の仕事に転職することも一つの手といえるでしょう。営業職の種類については、「営業の仕事の種類はどんなものがある?」でも詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

「そもそも営業職に向いてないから転職したい」と感じたら

「営業に向いていない」と感じても、上記のようなポイントを改善することで、営業という仕事を「天職」と感じられることもあります。しかし、どれだけ改善してもうまくいかない場合は、ほかの職種にも目を向けてみるのもおすすめ。営業職で身につけたスキルや知識は、どのような仕事にも必要とされるため、別の業界や職種への転職も十分可能といえるでしょう。「営業からの転職でおすすめの職種は?未経験からの成功のコツを解説」では、営業から転職する場合におすすめの職種や転職を成功させるコツなどを紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

向いている仕事は人それぞれです。営業が天職の人もいれば、よりやりがいのある仕事に出会えることもあるでしょう。

「営業に向いてないから転職したい」「自分に合った職場で働きたい」などとお悩みの方は、ハタラクティブに相談してみませんか。
就職・転職支援サービスのハタラクティブでは、経験豊富なキャリアアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施。相談を通して求職者の本当にやりたい仕事や向いている仕事を一緒に探していくため、現職とは違うタイプの営業の仕事や全く違う職種など、一人ひとりに合った仕事を紹介することができます。また、企業選びから内定後のフォローまで、転職がスムーズに行えるよう全面的にサポート。サービスはすべて無料で利用できるため、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ