営業職に不向きといわれる21の特性とは?仕事のコツもあわせて解説

営業職に不向きといわれる21の特性とは?仕事のコツもあわせて解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・営業職は向き不向きがハッキリとあらわれる
  • ・営業職には必要とされている基本的な能力があり、不向きな人には特性がある
  • ・営業職向きの人から仕事のコツを学ぶことが大事
  • ・営業職が不向きな人に適した職業を知ろう
  • ・営業職が不向きだと思ったらほかの職種への転職を考えよう

「営業職は自分にぴったりな仕事だ」と感じる人もいれば、一方で「営業職に向いていない」と落ち込む人もいるでしょう。営業職には必要とされている基本的な能力があり、人によっては成果を出しにくい職種です。このコラムでは、営業職に不向きといわれる21の特性とは何か、仕事のコツもあわせて解説していきます。ぜひ参考にご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

なぜ営業職は向き不向きがハッキリと表れるの?

営業職に向き不向きがハッキリと表れるのは、営業に欠かせない能力の特徴が明確であるためです。営業職に必要な能力として、ヒアリングやコミュニケーションスキル、論理的な思考能力が挙げられます。営業職はものやサービスを売る仕事であり、相手に「この商品が欲しい」と思わせることがポイントです。元々その商品を欲しいと思っている相手に売ることは難しくありませんが、そうではない相手に購入してもらうのは難易度が上がります。商品を欲しいと思っていなかった顧客にアピールし、購入意欲を湧き立たせることができないと、「自分には無理だ」と挫折しやすくなってしまうでしょう。

自分が営業職に向いているか向いていないかを詳しく知りたい方は、「営業を辞めたい…向いている人と向いていない人の特徴」のコラムも合わせてご参照ください。

営業職に必要とされている基本的な7つの能力

ここでは、営業職に必要とされている基本的な7つの能力について紹介しています。いずれも営業職の方は身につけておくべきスキルなので、確認しておきましょう。

1.ヒアリング・コミュニケーションスキル

ヒアリングスキルは「聞き出す力」、コミュニケーションスキルは「伝える力」です。顧客はよく分からないものを買いたいとは思わないため、商品の情報や良さを理解してもらうためにコミュニケーションスキルが活躍します。また、相手も気づいていないような見えない課題を探り、ニーズにマッチした商品を提案するときにヒアリングスキルが必要になるでしょう。人を相手にする営業職にとって、聞き出す力と伝える力は必要不可欠だといえます。

2.論理的な思考能力

論理的な思考能力を養い、自分の考えを相手に理解してもらうことも大切です。商品を購入してもらうには、「あなたの課題を解決するには△△が必要と考えられるため、この商品がぴったりだと思います」と、根拠と結論を結び付けて商品の良さを伝えることがポイント。論理的な思考能力があると、商品やサービスのアピールがより強い説得力を持つでしょう。

3.積極的な行動力

営業という職業には、行動力が大きく関わってきます。市場調査や営業準備を理由にオフィスで作業することも大切ですが、何日も営業活動から離れていては利益は出せません。積極的に顧客の元へ足を運び、「最近どうですか?何か足りないものはありませんか?」など、売り上げにつながるチャンスを獲得しに行きましょう。

4.課題解決スキル

課題解決スキルは、相手の要望に答えるときに必要な能力です。課題解決スキルがあれば、相手の要望を察知して、良いタイミングで商品を提案できるでしょう。商品の売りどきを心得る意味でも大切な能力だといえます。

5.PDCAを継続的に回せること

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字をとった言葉です。まずは目標に基づいた計画を立て、実行に移します。結果が目標としていた内容に結びついたのか検証し、結びついていなかった場合は問題の改善策を練るというのが一連の流れです。
改善策から新たな目標を設定し、計画や実行、検証という工程を継続的に繰り返せるかが、営業職に必要な能力になります。実際に結果を出している人は、PDCAを継続的に回して改善を重ねることで、パフォーマンスが伸びると熟知している人が多いでしょう。

6.綿密な準備が出来ること

営業に出る前の綿密な準備を怠ると、相手が知りたい情報を用意出来ず、商品購入への説得力を失ってしまうでしょう。営業職は、相手が何を求めて何に期待しているのかを考えて準備することが大切です。たとえば、性能に関して細かく知りたい相手であれば、技術者並みの細かい部分まで説明を求められることもあります。また、商品知識だけでなく相手がどのような話題を好きなのか知っておくと、雑談も盛り上がり商品購入へ繋がる場合もあるでしょう。

7.体力や忍耐強さ

営業職では、ある程度の体力と忍耐強さが必要です。営業では1日に何件も相手の会社を訪問することもあるため、移動に体力を奪われます。また、営業というだけで煙たがられ冷たくあしらわれたり、どんなにアプローチしても購入に至らなかったりするため、逆境にくじけず耐え忍ぶ強さがない方は営業職には不向きでしょう。

営業職に不向きといわれる21の特性

ここでは、営業職に不向きな人といわれる21の特性を紹介します。営業職に不向きな人は、社交性がない、人からの頼みを断れないなどの特性を持っていますが、自分に当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

1.社交性がない

人付き合いが得意でなかったり、おしゃべりが苦手だったりと社交性に乏しい人は、あまり営業職には不向きであるといえます。営業は顧客とコミュニケーションをとって信頼関係を築くのが大切な仕事です。そのため、知らない人に会うと緊張するという人にはストレスになってしまう可能性が高いでしょう。

2.お人好しで人からの頼みを断れない

「NOと言えない日本人」とはよく聞く言葉ですが、人の頼みを断れない方は顧客との距離のとり方が難しくなることがあります。「この発言で相手は気分を悪くするだろうか?」という不安を抱きやすい人や、相手の希望に100%答えられないことに罪悪感を覚えてしまう性格の人は営業職に不向きといえるでしょう。

3.顧客への謝罪を嫌がる

営業職に就いていると、たとえ自分の失敗でなくても相手に謝らなければいけないことが多々あります。このようなときに素直に謝ることが出来ない人は、営業の仕事に向いていないでしょう。直接顧客と接する営業は「企業の顔」としての側面が強いので、適切な対応が出来ないことは企業や商品自体の評価が下げてしまう要因になります。

4.ストレス耐性がない

上記の項目でも触れましたが、営業職は顧客に頭を下げなければいけないことも多い仕事です。営業職の種類にもよりますが、訪問先に受け入れられないことや冷たい言葉をかけられることもあるでしょう。外回り以外にもクレーム対応が必要になることもあります。営業職は日々たくさんの人に出会い、要望に応えなければいけません。ストレスを自分の中で消化出来ずに落ち込んでしまう人は、営業職に不向きかもしれません。

5.その場の空気を読むのが苦手

会話の中で相手が何を望んでいるかを感じ取る能力は、営業職には必須です。顧客とのやり取りの中で、ちょっとした空気の変化に気づけなければ、的外れな話をしてしまったり、相手が不快に思う発言をしてしまったりすることもあります。商談の中で「話が通じていないのでは?」と相手が感じてしまうと、信頼関係を築くことは難しいでしょう。

6.セルフマネジメントが出来ない

セルフマネジメントができない人は、商談相手との約束の時間に遅れたり、決められた時間内に仕事を終えられなかったりなど、社内外で迷惑をかけてしまいます。目標を達成するために自らスケジュール立てて管理するのが営業職の基本です。セルフマネジメントが出来ないとだらしのない人だと判断をされてしまい、信用を失ってしまうでしょう。

7.完璧主義である

営業は顧客あっての仕事なので、いくら自分が万端の準備をしたとしても状況や相手次第で思うように事が運ばないケースがよくあります。
なので、「すべてを完璧にこなさなければ」と考えてしまうと柔軟性が失われ、かえって仕事がやりづらくなってしまうでしょう。ときには自分の考えを封じて顧客に従わなければならない場面もあるため、「何もかもを自分の思うとおりにしたい」という人には苦痛に感じられるかもしれません。

8.熱弁するのに抵抗がある

商品に対して熱く語れるかは営業成績にも響いてくるため、熱弁することに抵抗がある人は営業に不向きだと考えられます。自社製品に対する熱意が伝わってこそ、その商品が魅力的に見えてくるものです。営業の熱弁を聞いているうちに、相手も「そんなに良い商品ならどんなものか試してみたい」「購入したくなってきた」という気持ちが湧いてくるでしょう。
淡々とした商品説明では、相手の購入意欲を掻き立てられません。

9.プレッシャーを楽しむという概念がない

ノルマを達成することがプレッシャーになったり、成績を周りと比べられたりすることにストレスを感じやすいタイプの人は、営業には向いていないでしょう。営業は、全員で会社の売り上げを良くしようという意味合いから、ノルマを設けられていることがほとんどです。
また、営業職の給料は、基本給と営業成績の合計の形をとる会社が多く、営業成績が給料の増減を左右します。成績が悪い場合は給料が少なくなるため、プレッシャーを楽しむ概念がない人も不向きです。

10.マメな性格ではない

マメな性格ではない場合、アポイントや訪問の日時を忘れてしまったり、小さな約束は本気で捉えなかったりなど、営業職として致命的なミスをしてしまう可能性があります。顧客に対して不誠実なこ態度は、信頼を得るどころか相手に不信感を与えてしまい、営業職には不向きといえるでしょう。

11.注意力が足りない

注意力が足りない人は、ふとした油断から顧客に対して失礼な行動をとってしまう可能性が高いでしょう。たとえば、訪問した際に受付で待っているときのマナーが悪かったり、身だしなみが悪い状態で登場したりするケースです。些細なことでも相手を不快にさせてしまうと、その時点で「この人から買いたい」とは思ってもらえず、商品を売ろうとしてもあまり話を聞いてもらえないこともあります。

12.体調を崩しやすい

営業職は体が資本であるため、腹をこわしやすい、熱を出しやすいなど、体調を崩しやすい人には向いていないでしょう。体調不良を起こすと仕事の質やスピードが落ちてしまい、状態によっては商談の日程を変更してもらわなければならない事態が発生します。
そのまま失注になれば、営業としての役割を果たせません。大事な場面でこのようなことが続くと、会社からも相手からも信用されず、営業は務まらないと判断されてしまうでしょう。

13.嘘やごまかしが苦手

商品を売るために嘘をつくのは悪いことですが、相手の不安感を和らげられるような伝え方を工夫する力は求められます。嘘やごまかしが苦手な人は、相手に指摘されるとそれ以上何も言えなくなり、商品の印象を変える努力をしないまま終わってしまいます。それでは商品を購入してもらいにくいでしょう。
どのような商品でも弱点は存在します。「弱い部分を目立たせず、メリットの大きい部分を伝えることで商品購入につながれば良い」という考え方ができるかが、営業の向き不向きの分かれ目になります。

14.表情に出てしまう

思っていることが表情に出てしまう人は、営業に向いていないといえます。たとえば、相手から理不尽な注文された場合に不満が顔に出てしまうと、「心から謝罪してもらえなかった」と相手の怒りを買うことになるでしょう。

15.謙虚さに欠けている

普段から謙虚さが欠けている人は、営業職に不向きといえます。「売ってやっている」というような上から目線の営業は印象が悪く、顧客が別の会社の営業に声をかける可能性も出てきてしまうでしょう。謙虚さに欠けた人は相手から嫌がられるため、成績も振るわず、営業は不向きだという結果に行きつきます。

16.相手の気持ちを考えられない

商品を売るためには、相手の気持ちを考えて的確にアプローチすることが重要です。的外れなトークを展開してもただの押し売りであり、購買意欲を搔き立てることはできないでしょう。

17.努力や勉強が苦手

日頃から努力や勉強が苦手な人は、営業でも力を発揮できない場合が多いです。聞き上手になることも話し上手になることも、自分の努力にかかっています。営業をかける相手に対して情報を集めることも勉強であり、商談をまとめる材料を得るための行動でもあるでしょう。知識を持っていなければ相手の課題を見つけても、提案出来ずビジネスチャンスを失ってしまいます。

18.受動的にしか動けない

積極性に欠け、受動的にしか動けない人にとって営業職は不向きといえる職業です。受動的にしか動けない人は、基本的に誰かに指示をもらうまで待機します。営業は新規顧客の開拓が仕事でもあるため、受動的な人は成果が上げられません。
誰かに指示されて動く人は、自主的に動く人との活動量に差が出てしまうため、新しい仕事を増やせずに足を引っ張る存在となってしまうでしょう。

19.必要以上に考え込んでしまう

些細なことでも必要以上に考え込んでしまう人は、営業の適性が低いといえます。営業は顧客との関係やノルマだけではなく、同僚との成績争い、上司からの圧力など悩みが多い仕事です。1日に何件か訪問することもあるため、最初の訪問先でうまくいかなかったことに囚われてしまうと、次の訪問先でも気持ちが入らず、本来の力を発揮出来ない場合があるでしょう。

20.数字が苦手

営業の仕事は、相手に商品の値段を提示する際や、どれだけ得になるか計算して話すときは、数字を使って説明します。毎月の利益計算や売り上げ目標、契約件数などでも明確な数字で結果が求められるため、数字に苦手意識が強い人は営業職に不向きでしょう。

21.細かい仕事が得意ではない

細かい仕事が得意ではない人は営業に向いていないでしょう。詳しい説明を求められた際、内容の薄い回答では、相手から「あまり勉強していないのか」と不信感を抱かれてしまいます。

営業職向きの人から学ぶ仕事の6つのコツ

営業職は向いていないという人でも、せっかく正社員として就職したのであれば、営業の仕事を極めたい、やりがいを感じたいという人もいるのではないでしょうか。そのような方に向けて、ここでは営業職に向いている人が何を心がけて働いているのか解説します。

1フットワークを軽くすることを意識する

フットワークの軽さは営業職に必要不可欠な要素です。投げかけた要望に素早く動いてくれた人に対して、「自分のために誠意を持って対応してくれた」と感じる人は多いのではないでしょうか。
反対に、なかなか電話に出ない人やメールの返信が遅い人は、「あの人に頼んでもいつになるか分からない」と思われてしまいます。また、うまくいかないことがあっても、落ち込まずに次に進もうとする気持ちも大切です。失敗を活かし、前に向かうことができるフットワークの軽さを身につけましょう。

2.営業の仕事に熱意を持てるような工夫をする

営業として活躍するには、仕事への熱意も大切です。気持ちがこもっている言葉とそうでない言葉とでは、相手が受ける印象は大きく変わります。たとえば商品について答えられないことがあっても、適当にごまかすのではなく「すぐにお調べいたします」と答えた方が好印象です。
意欲ある姿勢は言葉や行動から伝わるものなので、仕事へのモチベーションの高さは営業職の大切な資質といえるでしょう。

3.すぐに気持ちを切り替えること

提案を断られれば落ち込むものですが、営業として成績を伸ばすにはすぐに気持ちを切り替え次に進まなくてはなりません。営業職は失敗も多い仕事だからこそ、切り替えの早さが武器となるでしょう。ほかにも、諦めない・ガッツがある・いつも笑顔を心がけている など、営業に向いている人の共通点はありますが、ベースとしてあるのは「どうすればこの人から商品を買いたいと思ってもらえるのか」を常に考えることです。すぐには難しくても、毎日の心掛け次第で得られる要素もあるはずです。営業職は不向きだからと落ち込むよりも、日々の努力でやりがいを感じる仕事に変えることが出来るのであれば、それが一番素晴らしいことではないでしょうか。

4.経験を積み重ねる

営業職向きの人は相手の要望にもうまく対応できる印象がありますが、営業の仕事は全く同じシチュエーションが存在しません。経験を積み重ねることで、臨機応変に立ち回れるようになるでしょう。数々の苦難や壁に直面して失敗したときと乗り越えられたとき、それぞれに新しい発見があり、今の自分に足りないところが見えてきます。数多くの経験を積み重ねてこそ、営業力が身につくといえるでしょう。

5.自信を持てるようにする

商品を買うとき、自信の無さそうな相手から買いたいとは思いにくいでしょう。自信がなさそうな様子は、顧客に「その商品は本当に大丈夫なの?」と不信感を抱かせる原因になてしまいます。ものが売れるということは相手に「この人から買いたい」と思わせる魅力があり、それが営業の自信と結びついているということです。自信は信頼関係構築にも役立ち、リピート客を作ります。
自信を持つことは、それに伴う実勢も築かなければなりませんが、少なくとも相手に不安げな様子を見せずに立ち回ることを念頭に置いて行動しましょう。

6.相手との信頼関係を作り上げる術を持つ

営業職向きな人は、顧客との信頼関係をどう作るかを考えています。相手は商品を買う前に「この人は信用できる人か?」ということを見ており、高額な商品になるほど営業との信頼関係に重きを置くでしょう。
たとえば、大抵の相手は何かしらの問題点や必要性を感じていることがあるため、それを引き出す力を持っていると効果的でしょう。相手の口数を増やすことが大切であり、聞き上手になることが求められます。
顧客から「この人は自分の悩みを聞いてくれて自分にぴったりな商品を提案してくれる」という信頼を得られると、その後も「この人からものを買いたい」「今後もあなたから購入したい」と認識され、営業成績も伸びていくでしょう。

営業職から転職したい、辞めたいと考えている方は、退職を検討する前に「「営業に向いてない」諦める前に働き方を見つめ直そう」のコラムをぜひご参照ください。

営業職が不向きな人に適した5つの職業

営業職が向いていないと感じたとき、克服するか、転職するかで行動が分かれますが、後者の場合は「新しい仕事も自分には向いていなかった」という事態は防ぎたいところでしょう。
ここでは営業職が不向きな人に適した職業について紹介します。営業職が不向きな職種としては、開発や企画関係の仕事、事務職、栄養士などがありますが、営業職で培った経験や、自分自身の特徴を活かせる職を選ぶことが大切です。

1.開発・企画

開発の仕事は、持っている技術をもとに製品化を行う仕事です。顧客の要望や要求を引き出す能力も求められるため、営業職で必須とされたコミュニケーションスキルが活躍します。とはいえ、営業職ほど人と接するわけではないため、PCの前で黙々と仕事をする状況は多く、気疲れする場面は少ない職種です。世に出回る製品を作るため、不具合を出さないよう細やかな作業を繰り返す地道さや、納期の厳しさもありますが、売り上げの数字を求められることはありません。
企画の仕事は市場や消費者ニーズの動向などを分析して、売り上げにつながる製品のアイデアを出す仕事です。企画の仕事は売り上げを求められますが、対人スキルが不足していたものの、アイデア力に自信がある人には適職です。
市場に対しての調査力や分析力が強みであれば向いているため、市場把握や顧客目線など、営業職で培った能力を活かせるでしょう。

2.事務職

事務職は、部署のメンバーの仕事が円滑に進むようサポートする仕事です。電話対応や資料作成を行うため、基本的なビジネスマナーやExcel、Wordなどの文書作成スキルが身につく営業職を経験していれば、不安になることはないでしょう。営業職としてサポートされる側であったことを思い出せば、事務職としてどのような動きをすれば良いか見えてくるため、過去の経験も活かされます。

3.栄養士

営業職に向いていないと感じる理由として、商品を売ることに対して熱くなれなかった場合は、栄養士のような食を通じて人に貢献する仕事を考えてみるのも一つの手です。
栄養士は、学校や病院、介護福祉事業所など、求められる環境に応じてカロリーや栄養バランスのとれた献立を考える仕事です。栄養価計算や廃棄率、食材などの発注業務など数字を扱う場面も多く、営業での売上目標や利益管理、見積書作成で鍛えた計算力が活かせるでしょう。

4.薬剤師

営業職特有の売り上げ成績を気にするストレスから解放されたい人は、薬剤師のように高度な専門知識を用いる職種がおすすめです。
薬を扱う薬剤師は、厳重な安全管理のために、慎重かつ几帳面な性格が求められます。営業でもミスをすると信用に関わるため、慎重さや几帳面さに気を配っていた人は通じるものがある職業でしょう。
また、薬剤師はコミュニケーションスキルも求められます。患者の症状や生活習慣に合わせた服薬指導を行うため、相手を知ろうとする能力は欠かせません。営業職でいうところの、顧客の要望を引き出す能力と似ています。

5.工場や製造業などのライン作業

工場や製造業などのライン作業は、ベルトコンベアを流れる製品を取り扱う仕事です。製品の加工や梱包などを、決められた順序でこなします。高い集中力や機械のような精度が必要であり、基本的に立ち仕事になるため、営業で鍛えた体力や忍耐強さは活かせます。
営業職のようにノルマを達成するために工夫したり、お客さんの様子を見て対応を変えたりする必要はありません。この辺りに苦手意識を持って転職を考えた人は、毎日マニュアルに沿ったやり方で働くライン作業が向いているでしょう。

営業職からの転職先については「営業から転職する際におすすめの職種は?活かせるスキルや成功のコツも解説」でも解説しています。コラムを参考に、より自分の適性に合った仕事を探してみてください。

営業職が不向きと思ったらほかの職種への転職を考えよう

どうしても「自分は営業職に不向きだ」と思うのであれば、ほかの職種への転職も視野に入れましょう。営業職に必要とされている基本的な能力を知り、自分に足りていない能力に気づくことも、成績の良い営業職になるための第一歩です。しかし、無理に仕事を続けていてはやがて心身に不調をきたしてしまうでしょう。自分に不向きな仕事を、いつまでも我慢して行う必要はありません。求人サイトや転職エージェントなどを活用して、自分に向いている仕事を見つけてみましょう。

営業の経験からどのような職種を目指せば良いか分からない、転職への不安があるという人は、ハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、若年層向けの就職・転職エージェントです。専門のキャリアアドバイザーがカウンセリングをして、求職者がどのような業界・職種に向いているのか、キャリアの方向性などを提案します。サービスはすべて無料なので、転職を考えている方はぜひ一度ご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION