高卒でも塾講師になれる?バイトから正社員を目指すことも可能

高卒でも塾講師になれる?バイトから正社員を目指すことも可能の画像

【このページのまとめ】

  • ・高卒でも塾講師になることは可能
  • ・高卒から塾講師になる場合、アルバイトから始めることが多い
  • ・学歴より人柄やコミュニケーション力を重視する塾なら、高卒が採用されることもある
  • ・塾の仕事には、塾講師以外に教室運営スタッフもある

正社員の塾講師を目指すも、「高卒では無理」と諦めている人もいるのではないでしょうか。コミュニケーション力があれば、高卒でも塾講師になれる可能性はあり、アルバイトから正社員を目指すことは可能です。また、塾の運営スタッフは正社員求人も出されています。このコラムでは、塾講師の仕事内容やメリット・デメリットをまとめました。高卒から塾講師を目指している方は、ご一読ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

高卒でも塾講師になれる?

結論からいうと、高卒でも塾講師として働くことは可能です。学歴よりも人柄や資質を重視して採用する方針の塾なら、可能性があるでしょう。採用時にチェックされる塾講師の資質とは、講師採用試験に合格できるだけの学力と、コミュニケーション力です。生徒に勉強を教える塾講師の仕事では、知識を説明したり、分からない部分をヒアリングしたりするコミュニケーション能力は必須といえます。また、高卒でも教員免許を持っている人や、大学受験や合格の経験がある大学中退者なら、採用の可能性が高くなるようでしょう。大学中退から塾講師を目指す方は、「大学中退で正社員の塾講師は目指せる?向いている人とは」のコラムも参考にしてください。

アルバイトから塾講師の正社員になれる?

高卒でも塾講師として働くことは可能ですが、高卒の場合はアルバイトやパートといった非正規雇用での勤務が一般的です。最初から正社員の塾講師になることは難しいでしょう。アルバイトで入社し、腕を磨いてから正社員の塾講師になる道もあります。正社員の塾講師を目指す場合は、社員登用制度のある塾にアルバイトとして入社すると良いでしょう。

塾講師以外の募集もある

塾の仕事は、塾講師だけではありません。塾の運営スタッフなら、正社員で募集がかかっていることもあります。塾運営の仕事内容は、講師の勤怠管理や教室の経理、教材の発注、環境整備といった作業です。塾講師とともに、保護者対応や宣伝活動を担うこともあるでしょう。授業を担当して生徒に勉強を教えることはありませんが、塾の運営や営業に関われます。塾業界を志望している高卒の方や、接客・販売経験がある方にはおすすめです。運営スタッフは事務員に分類されることも。事務職に関しては「事務員ってどんな仕事?事務職のメリット・デメリットを解説」で詳しく解説しています。

高卒の塾講師が担当する仕事

塾講師の仕事内容は、大きく3つに分類できます。1つは、授業やテストの準備・採点といった学習指導、2つ目は、夏期講習や合宿といったイベントの準備や引率です。また、塾講師は生徒の勧誘や集金といった、事務や営業に近い内容も担当します。

学習指導

塾講師の仕事は、学力向上のための学習指導を行うことです。塾によって、生徒は小学生、中学生、高校生とさまざまなので、自分の志望や適性に合った塾を選びましょう。
授業時間以外にも、授業カリキュラムの作成やテストの準備、問題集やテストの採点など、塾講師の仕事はたくさんあります。ときには、生徒の学習方法や進路に関する相談を受けたり、保護者との連携が必要になったりすることもあるでしょう。

合宿や講習

塾では、夏期講習や冬期講習、春期講習など、学校の長期休みに合わせた特別講習を実施します。普段は午後に働くことが多い塾講師ですが、講習時期は朝から晩まで、生徒とともにハードスケジュールで過ごすことになるでしょう。塾によっては、泊りがけの合宿を行うこともあります。学習指導だけでなく、移動中や宿泊時の指導も、塾講師が行うことになるでしょう。

勧誘や集金

塾運営スタッフの項目で説明したように、塾には勧誘や宣伝、授業料の集金などの事務的な仕事もあります。大手の塾ではなく、個人で運営しているような小規模な塾だと、塾講師が事務を兼任することがあるようです。

個別指導と集団指導
塾は、生徒の学年や授業方針などによって、さまざまな種類があります。中でも、個別指導か集団指導かは、塾講師にとっても大きな違いとなるでしょう。個別指導塾では、1人の講師が受け持つ生徒は1~3人程度です。一人ひとりの理解度や資質に合わせて、丁寧な指導をすることが求められます。一方、集団指導塾は、学校のように数十人の生徒を前に授業を進めるスタイルです。大勢の生徒の前で分かりやすく指導する力が必要でしょう。
そのほか、受験対策に特化した進学塾や、学校の授業についていけない生徒を対象とした補習塾、どちらの面も併せ持つ総合学習塾などがあります。塾講師として働く際には、こういった塾の種類にも注目して勤務先を選びましょう。

塾講師に向いている人の4つの特徴

ここでは、塾講師に向いている人の特徴を4つ紹介します。下記の4つのほかにも、「教育に携わりたい」「人を育てたい」という気持ちを持っている人や、成績評価などができる数字に強い人、生徒集客の営業力がある人も、塾講師に向いているでしょう。

1.人の役に立つことが好き

塾に通う生徒の学力向上や志望校合格のために、力を尽くせる人は、塾講師に向いているといえます。塾講師の仕事は、仕事の性質上、労働時間は不規則で休みが少なくなりがちです。プライベートを充実させることは難しい可能性がありますが、「生徒の役に立ちたい」とい思いが強い人なら、塾講師の職務をまっとうできるでしょう。

2.指導力や探究心がある

塾講師には、年々変化する学校の教育内容や受験システムをよく理解し、適切な指導をすることが求められます。また、生徒によって苦手とする部分や、身につきやすい勉強方法はさまざまです。説明の仕方や課題の内容を工夫し、指導する必要があるでしょう。こういった要因を探求し、指導に活かす力が必要な仕事です。

3.人と接することが好き

塾講師は、生徒とコミュニケーションをとることも大切になります。やる気が出ない生徒の背中を押してあげたり、受験前にナーバスになっている生徒の気持ちを落ち着かせたりすることも、塾講師の仕事です。また、生徒の保護者への対応が必要なこともあるでしょう。生徒だけでなく、保護者世代の方ともコミュニケーションが取れる人は、塾講師に向いているといえます。

4.マネジメント能力がある

「志望校合格」「○ヶ月後のテストで○点以上」など、生徒が掲げた目標を達成するための具体的な学習プランを考え、指導することも塾講師の仕事です。生徒の個性を踏まえ、どのような方法でどれくらいの時間をかけて勉強すればよいかを示してあげるには、マネジメント能力が欠かせません。また、授業カリキュラムの作成や練習問題、テストの作成とった授業準備では、自分自身をマネジメントする必要もあるでしょう。

高卒で塾講師になると

高卒でも塾講師として働くことは可能ですが、デメリットもあることは覚えておきましょう。もちろん塾講師として働くメリットもあるので、良い面も悪い面も把握したうえで働くようにしてください。

メリット

塾講師のやりがいは、なんといっても生徒の成績アップや志望校合格です。時間をかければかけただけ、自分のことのように喜べて、達成感を味わえるでしょう。
また、塾は長期的に通う生徒が多いため、じっくりとコミュニケーションをとり、人間関係を築けることも塾講師の魅力です。生徒と苦楽をともにし、充実感を味わえることは、塾講師の醍醐味ともいえます。

デメリット

塾講師のデメリットは、労働時間が不規則なことです。基本的に、学校帰りの生徒に指導をするため、塾講師は夜型生活になります。土日や祝日、長期休みなど学校が休みのタイミングは忙しくなり、家族や友人と休みが合わない人も多いでしょう。特に受験シーズンは、忙しいうえに緊張感も高まるので、体力面精神面ともにきつい日々が続く可能性があります。
また、生徒数のノルマが課され、集客に苦労することもあるようです。夏期講習などの特別講習のみ受講する生徒もいるので、そのたびにノルマ達成を求められ、苦労する塾講師も少なくありません。成績が上がらない、料金に見合わないといった保護者からのクレームへの対応も、塾講師の仕事です。さらに、給与が低かったり昇給しなかったりすることもあります。
上記は、塾講師のデメリットであり、高卒で塾講師になったからといって被る不利益は特にありません。基本的に、自分から言わない限り学歴が明らかになることはないので、大丈夫でしょう。ただし、何らかの理由で学歴が明らかになった場合、同僚や保護者、生徒から煙たがられる可能性があることは、覚えておいてください。

塾講師として働くデメリットが気になるなら、塾以外の教育関連の仕事を検討するのもおすすめです。「学校事務の仕事内容は?向いている人の特徴や就職事情をご紹介」「世の中の仕事一覧!職業の種類を知って適職を探そう」などで関連する仕事をご確認いただけます。

高卒者向け!塾講師に関するQ&A

「高卒で塾講師になれるのか…」と不安に思う方に向け、塾講師に関する疑問や悩みをQ&A方式で解決します。ぜひご参考にしてください。

大学に入っていなくても塾講師に応募できますか?

募集要項次第では応募できます。
教室の募集要項に「18才以上」と書いてあるものであれば、応募可能です。また、教室の方針で応募条件に学歴を含まず、人柄採用を行っているところであればアピール次第で塾講師になれるチャンスが広がるでしょう。小・中学生の補習塾であれば、人物採用が多いようです。ただし、生徒への指導経験が問われる求人はあります。そのため、指導経験がない方は派遣やアルバイトで経験を積んでおくのも手でしょう。

英検などの資格は塾講師の正社員就職に有利ですか?

教室の方針や判断によるでしょう。
資格が有利になる教室もありますが、必ずしも保有資格や学歴で決まるわけではありません。そういった条件付きの求人なら別ですが、そうでない場合、本コラムの「塾講師に向いている人の4つの特徴」で示したような塾講師としての資質をアピールすることで就職に有利になる可能性もあるでしょう。

大学中退でも塾講師になれますか?

教室によっては大学中退の方も応募可能です。
塾講師の応募資格は、「大卒以上」であることが多いようです。ただし、教室によっては「大学中退の方も、大卒と同様に大学受験に合格した経験がある」とみなし、応募可能となっている場合も。大学中退者が応募可能な塾講師の求人を探すなら、自身の資質を考慮した求人提案を行う転職エージェントの利用がおすすめです。若年層に特化した就職・転職サービスのハタラクティブでは、高卒や第二新卒、既卒など学歴に応じた就活サポートを実施。正社員求人も多数ご紹介しています。すべて無料のサービスなので、まずはお気軽にご相談ください。

フリーターでも塾講師を目指せますか?

可能です。まずはアルバイトから経験するのがおすすめです。
フリーターから塾講師の正社員就職を目指すなら、まず求人数の多いアルバイトとして塾講師の経験を積んでみてはいかがでしょう。本コラム冒頭の「高卒でも塾講師になれる?
でもお伝えしたとおり、正社員登用制度を実施している教室もあります。 フリーターから塾講師の正社員を目指す心得などについては、「フリーターから正社員の塾講師になるには」をご参考にしてください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION