高卒でホテルに就職できる?仕事内容や採用試験について解説

高卒でホテルに就職できる?仕事内容や採用試験について解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・ホテルスタッフの仕事は宿泊部門や料飲部門など多岐にわたる
  • ・高卒でホテルに就職することは可能だが、外資系や大手企業は難しい場合もある
  • ・高卒からホテルに就職するのに接客のアルバイト経験もアピール材料になる
  • ・ホテルは人と接することが好きな人や柔軟性のある人におすすめの就職先
  • ・高卒でホテルに就職するには採用試験を受ける

「ホテルに就職したいけれど高卒だし難しいかも」と学歴を気にしている人もいるのではないでしょうか。このコラムでは、高卒でホテルに就職する方法や仕事内容、ホテルで働くのに向いている人の特徴について解説。また、学歴が不安な人に向け、おすすめの資格も紹介しています。ホテルに就職しようか悩んでいる人は、参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

高卒が多く就職しているホテルスタッフの仕事内容

ホテルスタッフの仕事内容は、利用するお客様をおもてなしすることです。仕事は部門ごとに分かれ、担当する業務も異なります。以下では、高卒がホテルスタッフとして就職したときに配属される代表的な部門を紹介。ぜひ参考にしてください。

宿泊部門

ホテルの宿泊部門には、チェックインやお客様の対応、問い合わせなどの受付を行うフロント業務があります。フロントは「ホテルの顔」ともいわれるポジションです。そのほかにも、ホテルを利用するお客様を正面玄関でお出迎えし、フロントまで案内するドアマン業務やさまざまなリクエストにお答えするコンシェルジュ業務があります。裏方の業務では客室の清掃や、備品の補充などを行うハウスキーピングも宿泊部門に属します。一見地味な仕事に見えますが、客室の清潔さはホテルの印象を左右する重要な業務です。

料飲部門

料飲部門はホテルにあるレストランやバーを担当する部門です。宿泊と並びホテルを代表する部署といえるでしょう。レストランの入り口でお客様を席まで案内するレセプショニストの業務やメニューのオーダーを受けたり、料理提供をしたりするウェイター業務などがあります。バーがあるホテルでは、お酒を提供するバーテンダーも料飲部門のスタッフです。接客業の経験がある高卒スタッフなら早々に活躍することができるでしょう。

営業部門

営業部門にはホテルの魅力を宣伝するため、テレビや雑誌などのメディアとやり取りを行う広報業務やホテルでのイベントを企画する業務があります。また、企業や団体に自社のホテルを利用してもらうために営業に行くことも。営業部は、宿泊部門や料飲部門のように直接お客様と関わる仕事ではありませんが、より多くの人に利用してもらえるように企画を考え、ホテルの持つ良さをアピールしていきます。

ほかにも、ホテルの規模により、宴会部門やブライダル部門、管理部門があるところも。高卒者に限らず、新人としてホテルに就職した場合、最初は宿泊や料飲、宴会など、お客様と直接コミュニケーションがとれる仕事に配属されるケースが多いようです。就職を希望するホテルにどんなレストランがあるかなど、事前にリサーチしてみると働くイメージがつきやすいでしょう。

ホテルの種類により客層や接客の雰囲気は異なる
ホテルには、ビジネスホテルやシティホテル、リゾートホテルがあり、それぞれ客層や繁忙期、接客の雰囲気などに違いがあります。ホテルへの就職を考えている人は、どの部門でどんなサービスを担当したいかを明確にしておくことが大切です。ホテルの種類やそれぞれの特徴が気になる人は「ホテル業界に就職するには?スタッフの適性や求められるスキルを知ろう」でも、さらに詳しく説明しています。ぜひご一読ください。

高卒で就職したホテルスタッフのやりがい

高卒からホテルに就職し得られる一番のやりがいは「お客様に喜んでもらえること」です。自分のサービスに直接感謝の言葉をもらえたときは、「この仕事をして良かった」と感じるでしょう。また、ホテルには日々さまざまなお客様が訪れ、変化に富んだ毎日です。あなたが多様な人と触れ合うことで、自ら成長していきたいと考えホテルに就職したなら、その希望はすぐに叶えられるでしょう。高卒からホテルに就職し活躍することに不安がある人も、変化を楽しむ気持ちがあれば大丈夫です。

変化を楽しめる人はホテルスタッフに向いている
ホテルにはたくさんのお客様が訪れ、一人ひとりに合わせた対応や会話が求められます。同じ毎日を繰り返すのではなく、変化の中で成長していきたい高卒者にとっては、スキルを高めていける絶好の場でしょう。

高卒で就職したホテルスタッフの苦労

ホテルでの仕事は夜勤などがあり「シフト制の勤務」になります。高卒で就職した場合、この不規則な生活スタイルに慣れるまで苦労するようです。さらに、1日中立って仕事をするホテルスタッフには体力も必要。高卒からホテルスタッフに就職する場合は、立ち仕事に慣れておくとペースがつかみやすいでしょう。一見華やかに見えるホテルスタッフですが、クレーム対応も多く発生します。高卒で初めての就職先がホテルの場合は、最初、戸惑う人も多いようです。もしも、ホテルへの就職に迷いがあるのであれば「高卒の就職先はどう選ぶ?おすすめの業種・職種一覧や向いている人をご紹介」も、あわせてご覧ください。高卒から活躍できる職種を複数紹介しています。

高卒でホテルに就職することは可能?

ホテルでの仕事は学歴があまり重要視されないため、大手外資系ホテル以外は高卒から就職することが可能です。ここでは、どんな人が活躍しているのか、学歴以外に重要視されるポイントを説明します。

高卒で活躍するホテルスタッフは多い

フロントやベルボーイなど、ホテルの顔となるようなポジションでは高卒者も多く活躍しています。高卒だからといって、責任のあるポジションに就けないということもありません。その分、ホテルへの就職には学歴よりも大切にされるポイントがあります。

重要視されるのは人柄

たくさんのお客様を出迎えるホテルでは人柄が最重要視されます。「人とのコミュニケーションを楽しめる」「トラブルが起きたときも前向きに対処できる」「円滑な人間関係を築ける」といった素養は、ホテルへの就職活動において、学歴よりも重要な採用ポイントとなるでしょう。

ホテルへの就職は学歴よりも人柄重視!
ホテルで活躍しているスタッフは高卒も多く、学歴による差はないようです。「人と接するのが好き」「人とのコミュニケーションをすぐに諦めてしまわない」といった、人柄を重要視するホテルが多くあります。

高卒でホテルに就職した人の給与や待遇は?

ホテルスタッフの平均年収は学歴に関係なく300万円から400万円程度。また、入社したばかりの給与は、これよりも低くなるホテルも多いようです。高卒の給与水準としては一般的な金額ですが、他の就職先に比べると仕事量が多いため、なかには低いと感じる人もいるでしょう。ただし、高卒で就職したばかりの給与が低めでも昇進すれば年収もあがりますし、働くポジションや部門によっても給料は異なります。ホテルの給与額が高卒者の平均と比べてどうなのかが気になるのであれば「高卒の平均年収はどれくらい?年代別の推移や給与アップのコツを紹介」も、あわせてご覧ください。年齢別の年収が確認できます。ほかにも、待遇面でのメリットとして、勤務先ホテルへの宿泊やレストラン利用が割引になるホテルも多いようです。家族や友人の誕生日や就職祝いなどに安く利用できるのも嬉しい待遇の一つでしょう。

高卒からホテルスタッフに就職するのに向いている人

ここではホテルスタッフに向いている人の特徴を解説していきます。高卒者で「ホテルに就職してから活躍できるだろうか?」と悩んでいる人は参考にしてください。

人と関わることが好きな人

多くのお客様と接する仕事のため、人と関わるのが好きな人に向いています。接客業であるホテルスタッフに最も大切なのは、コミュニケーション力といっても過言ではありません。また、人のために何かをするのが好きな人や人が喜ぶことをしたい人も高卒からホテルへの就職はおすすめです。思いやりの心を持ち、笑顔でいることが大切です。

臨機応変な対応ができる人

ご要望やクレームに対してお客様第一で考え、納得いただけるよう素早く行動する必要があるため、臨機応変に対応できる人に向いている仕事です。予期せぬトラブルに対応するときは、マニュアルどおりにいかないこともあります。その際に、落ち着いてどう対応していくかが重要です。

記憶力が良い人

ホテルでは1日に多くのお客様が宿泊されるため、一人ひとりの顔を覚えられる記憶力の良い人は、ホテルスタッフに向いています。顔や名前を覚えることができれば、お客様の求めるサービスを先回りして提供することが可能です。ホテルスタッフは、お客様が求めているであろうことを考え、常に先の行動をする必要があるため、記憶力が良いスタッフは現場で重宝されます。

自分なりのストレス発散方法がある人

お客様からのクレームを直接もらうことが多く、ある程度のストレス耐性が求められるため、自分なりのストレス発散方法がある人に向いています。ストレス発散するには、趣味の映画鑑賞やものづくりなど、休日に好きなことに没頭できる時間を作れるかが重要です。高卒からホテルに就職する前に、自分なりのストレス発散方法を見つけておくと良いでしょう。

高卒でホテルに就職する方法

高卒でホテルに就職するには、ほかの業種と同じように就職試験を受けます。ここでは試験の内容や高卒者が取得しておくと有利になる資格について解説するので、ホテルへの就職を考えている方はチェックしておきましょう。

採用試験を受ける

ホテルスタッフの採用試験では、書類選考や面接のほかに、一般常識を問われるテストや作文試験があることが多いようです。書類作成や面接のときは、「自分がなぜそのホテルで働きたいと思ったか」を伝えましょう。また、面接では、どんなホテルスタッフになりたいかを聞かれることもあります。仕事内容をイメージし、どんなキャリアプランをもっているかを伝えられるよう準備しておきましょう。

資格を取得すれば有利に

高卒からホテルに就職するのに、有利になるいくつかの資格を紹介します。ホテルの専門学校では、授業の一部として資格を取得させるところもあるようです。

サービス接遇実務検定

サービス接遇検定とは、サービス業に必要な「おもてなし」の心構えや応対の技術・知識、言葉遣いなどを問われる、接客マナーの検定です。待遇マナー全般の実践的なスキルが試される試験内容で、サービス業の仕事に役立てられます。

ホテルビジネス実務検定(H検)

ホテルビジネス実務検定では、ホテルの基礎知識から業務に関する専門知識まで幅広く出題されます。般社団法人日本ホテル教育センターが主催している民間の検定です。試験は、ベーシックレベルとマネジメントレベルに分かれていて、それぞれ試験内容が全く異なるので受験する際は気をつけましょう。ベーシックレベルは、ホテル業界に就職したい未経験の人や学生向けであることに対し、マネジメントレベルは支配人などの管理職を目指している人向けの試験内容とされています。業務内容や基礎知識を学べるため、高卒からホテルに就職したい人におすすめの検定です。

TOEICや英検

TOEICや英検は、英語によるコミュニケーションやビジネス能力を検定するための試験です。空港や有名な観光地の近くにあるホテルでは、TOEICのスコアが600点以上でないと応募できないこともあります。働きながら語学力を高めることも可能ですが、語学力が求められるホテルでは、英語が話せると就職に有利になる場合も。英語を話せない外国人観光客もいるため、中国語やフランス語が話せる人も就職に有利になることがあります。

アルバイト経験もアピールポイント

高卒者で接客のアルバイト経験がある人は、ホテルへの就職が有利になります。履歴書や面接でアピールしましょう。接客経験はホテルでの仕事に役立つ大切なスキルとなります。自身の人柄を面接で伝えるために「アルバイトで〇〇な接客をして喜ばれました」といった、具体的なエピソードを準備しておいても良いでしょう。

転職サイトや転職エージェントを活用してみる

高卒からホテルへの就職を目指す人は、転職サイトでホテルの求人を探したり、転職エージェントに登録したりすることをおすすめします。転職サイトは希望のエリアや職種を絞って検索することができ便利です。また、自分1人での仕事探しに不安を感じる人は、就職エージェントを活用すると良いでしょう。専任のアドバイザーが就職活動のサポートをしてくれるので安心です。カウンセリングを基に、学歴や適性にあった企業も紹介してくれます。

若年層を対象とする就職・転職エージェント「ハタラクティブ」では、「就活したいけど、進め方が分からない」という人向けに、プロの就活アドバイザーが徹底サポート。未経験者歓迎の求人や学歴不問の求人を多数取り扱っており、カウンセリングを通してあなたに合った仕事を紹介します。また、応募書類の添削や面接対策も無料で実施。就活の進め方や自分にあった就職先を知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

高卒でホテル就職を志望する方のお悩みQ&A

社会人マナーが問われるホテル勤務は、就職が難しいイメージを受けます。ここでは、ホテルの仕事に就く際の疑問やお悩みをQ&A方式で解決していきましょう。

どうしても学歴が気になってしまいます…

ホテルの求人は「学歴不問」や「高卒以上」といった条件が多く見受けられます。また、ホテルマン専門学校の学歴を求めるところも少ないため、あまり心配しなくても大丈夫です。少しでも採用につながるよう、接客業の経験がある方はしっかりアピールしましょう。

高卒と大卒で給与の差はありますか?

厚生労働省より、大卒の平均年収が高く、高卒と大卒で収入の違いがあることが分かるデータが発表されています。しかし、これはあくまでも平均値に過ぎず、努力次第で収入アップを実現している人がいるのも事実です。高卒であることを悲観しすぎず、自分が持つスキルや向上心を積極的に活かしていきましょう。「高卒は本当に大卒より就職に不利なのか?項目別の比較で徹底検証!」では、詳しい年収額を記載しておりますので、そちらもご覧ください。

取得した方が良い資格はありますか?

目指す職種によっては資格が有利になることもあります。ホテル勤務は語学スキルが重要になるため、英語力を証明するTOEICがおすすめです。また、スコアによってキャリアアップが期待できる企業もあることから、継続的にテストを受けてみるのも良いでしょう。

周囲に相談ができず、ホテル就職を諦めるか考えています。

就活時は誰もが不安を抱えています。そんなときは1人で悩まず、一緒に就活を頑張ってくれる就職エージェントに相談するのもおすすめです。
ハタラクティブ」では、専任アドバイザーによる丁寧なヒアリングで、その人に合った求人を提案。また、どんな小さなお悩みにも真摯に対応しています。困ったことは何でも話してみませんか?まずはお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION