高卒と大卒の違い!就職転職戦線の今

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 高卒就職TOP
  4. >
  5. 高卒と大卒の違い!就職転職戦線の今

2015/03/31

【このページのまとめ】

  • ・企業側は、高卒の応募者に協調性、大卒の応募者にコミュニケーション能力を求めている
    ・平成25年の厚生労働省の調査によると、高卒と大卒で年収に差が生じている
    ・転職時は、学歴に関係なく、強みを発揮して実績を残した人が企業に評価されやすい

高卒で転職活動をしている人の中には、学歴がどの程度影響を与えるか気になる方が多いかもしれません。
そこで今回は、高卒と大卒で給与や転職活動のポイントに違いはあるのかご紹介します。興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】
高卒に人気の就職先と仕事内容

◆企業が大卒と高卒に求める能力は?

この項目では、高卒と大卒の応募者に企業が求める能力を解説します。


まず高卒ですが、東京経営者協会の統計データ「平成21年度 新規高校卒業予定者の採用に関するアンケート調査」によると、企業が採用にあたって重視する能力の第1位が、「協調性」となっています。 

 

参照元:東京経営者協会「平成21年3月新規高校卒業予定者の採用に関するアンケート調査」
http://www.tokyokeikyo.jp/cgi-bin/user/download.cgi?cnt=43&category=research&fileNum=1


採用前は、同僚や上司と上手くやっていけるかをチェックしているのでしょう。企業側が 「一緒に働きたい」と思える素直さや柔軟さを感じられるかどうかがポイントのようです。  

一方、大卒に求める能力については、日本経済団体連合会の「2016年度新卒採用に関するアンケート」によると、第1位が「コミュニケーション能力」でした。 


先ほど高卒で挙がった「協調性」と比較すると、コミュニケーション能力には「自分なりの意見を述べる」という能動的な意味も含まれているのではないでしょうか。


人の指示に従うだけではなく、自分の考えや主体性を持って行動すると、活躍の場が広がるかもしれません。

参照元:日本経済団体連合会「2016年度新卒採用に関するアンケート調査」
http://www.keidanren.or.jp/policy/2016/108_gaiyo.pdf

 

なお、厚生労働省は2010年の『青少年雇用機会確保指針』に、「事業主(企業)は、卒業してから3年以内の既卒者を新卒枠で応募できるようにすべき」という項目を盛り込みました。
以降、この方針は徐々に浸透しており、既卒でも新卒枠で応募が可能な求人は多く存在しています。
そのような状況にある今、卒業後フリーターとして働いている人にも、正社員就職のチャンスは十分にあるといえるでしょう。

 

参照元:厚生労働省「『青少年雇用機会確保指針』のご案内」

http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/dl/11a.pdf

 

◆給与における高卒と大卒の違い

厚生労働省が平成25年に行った賃金構造基本統計調査によると、20~60代の学歴別の正社員の平均年収は、以下のとおりです。

 

【高卒の場合】

・男性:283万2000円

・女性:200万9000円

 

【大卒・大学院卒の場合】

・男性:395万4000円

・女性:281万3000円

 

また、平成26年の同調査によると、初任給の平均は高卒で158万8000円、大卒で200万4000円です。これらの調査から、高卒よりも大卒の方が年収や初任給が高く、学歴によって収入に差が生じることがわかります。


参照元:厚生労働省「平成25年賃金構造基本統計調査(全国)結果の概況 学歴別」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2013/dl/03.pdf

参照元:厚生労働省「平成26年賃金構造基本統計調査(全国)結果の概況 学歴別」http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2014/dl/03.pdf

◆学歴で職種の選択肢は変わる?

高卒、大卒の方が転職を考えた際、職種の選択肢の多さに違いはあるのでしょうか。
結論から述べると、「一部のみで差がある」ようです。


専門的な知識・資格を要する職種の場合、学歴が重要になることがあります。

専門的なスキルを求める企業は、若手であっても即戦力になる人材を求めるため、専門学校や大学などで学ぶ知識・資格の有無は、大事な判断材料となるのです。 

それ以外の企業では、基礎的な能力や論理的思考能力があるかどうかの指標として、学歴を応募資格に盛り込んでいる場合も。

ただし、学歴を問わない企業は多数存在し、転職の際は年齢が上がるにつれてスキルや経験が重視される傾向にあります。 

 

企業が求める人材像に合っていれば採用される可能性が高まるため、高卒の方は「大卒の人よりも転職が難しい」とあきらめず、積極的に行動をとるようにしましょう。

◆転職する際、学歴で待遇の差はある?

転職の際、高卒と大卒では、待遇面などに違いはあるのでしょうか。
待遇の違いを心配する方は多いと思いますが、ほとんど差がない企業が近年は多く見られるようになりました。

企業にもよりますが、基本的には本人のスキルと前職の給与などから待遇が決定される傾向に。

つまり、「大卒だから、中途採用の際も必ず給与が高く設定される」というわけではありません。

企業が中途採用を行う際は、応募者がこれまでどのような仕事を行ってきたのか、どのように業績を上げてきたか、といった点に注目しています。 

転職時は、大卒・高卒という学歴に関係なく、強みを発揮して実績を残した人が評価されやすくなるでしょう。

希望の企業に転職できるよう、これまでの仕事で培ってきたスキルを把握し、自信をもって転職活動を行なうことが重要です。 

◆就職の相談はハタラクティブへ!

ハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーターの方の就職・転職支援に特化したエージェントです。
経験豊富なアドバイザーが、あなたの希望を聞きながら、就職・転職活動を徹底サポート。

企業の採用担当者に響く志望動機の作り方や、面接での答え方など、わかりやすく丁寧にアドバイスします。 

「転職活動に不安がある」「高卒なので、条件に合う求人が見つかるか不安」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ