高卒の平均年収は?産業別ランキングや1000万円を目指す方法を紹介

高卒の平均年収は?産業別ランキングや1000万円を目指す方法を紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・高卒の平均年収は約300万円
  • ・年収は、大卒のほうが高卒よりも100万円ほど高い
  • ・高卒と大卒の生涯賃金差は約6,000万円
  • ・高卒で年収が高い業界は「建設業」や「情報通信業」など
  • ・高卒者が年収を上げる方法は「大企業の中途採用を狙う」「IT企業で経験を積む」など

「高卒の年収はどれくらい?」と疑問に思う方は多いでしょう。高卒の平均年収は約300万円です。ただし、業界によって年収は異なります。このコラムでは、高卒者と大卒者の平均賃金差や、産業別の年収ランキングを紹介。また、高卒者が年収1,000万円に近づくための方法も紹介しています。高年収を狙っている高卒者は参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

高卒の平均年収は?

高卒者の平均年収は約300万円です。大卒者の平均年収は約400万円なので、高卒者と大卒者の平均年収には100万円ほどの差があります。
上記の年収は、厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況『学歴別』」もとに算出しました。ただし、賞与や手当、保険料、税金などの額は考慮していないので、あくまでも参考程度にご覧ください。以下では、高卒と大卒の年収における違いをより詳しく紹介します。

高卒と大卒の年収比較

高卒と大卒の年収を「社会人一年目の年収」「平均年収」「生涯賃金」の3つに分けて比較してみましょう。

社会人一年目の高卒と大卒の年収

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給」をもとに算出した社会人一年目の年収は、以下のとおりです。

最終学歴 初任給 社会人一年目の年収
(初任給×12カ月)

高卒
16万7,400円 200万8,800円

大卒
21万0,200円 252万2,400円

社会人一年目の時点で、高卒と大卒の年収には50万円ほどの差がついています。年齢を重ねると、高卒と大卒の年収差はどのように変化していくのか、次の項目で確認してみましょう。

高卒と大卒の平均年収

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況『学歴別』」をもとに算出した高卒と大卒の平均年収(男女計)を、年齢別に比較します。

20~40代前半

年齢階級 高卒の年収 大卒の年収 高卒と大卒の年収差
20~24歳 236万3,400円 273万3,600円 37万0,200円
25~29歳 260万7,600円 309万3,600円 48万6,000円
30~34歳 279万1,800円 353万5,200円 74万3,400円
35~39歳 300万7,800円 398万0,400円 97万2,600円
40~44歳 319万9,800円 442万0,200円 122万0,400円
 

40代後半~60代

年齢階級 高卒の年収 大卒の年収 高卒と大卒の年収差
45~49歳 340万3,800円 481万4,400円 141万0,600円
50~54歳 347万3,400円 545万1,600円 197万8,200円
55~59歳 352万6,200円 538万6,800円 186万0,600円
60~64歳 284万4,600円 411万1,800円 126万7,200円
65~69歳 260万5,800円 414万0,600円 153万4,800円

※マーカー部分は学歴別の最大年収

高卒も大卒も、年齢が上がるにつれて年収が上昇していくのは同じです。しかし、年収のピークは高卒が352万6,200円なのに対し、大卒が545万1,600円となっており、約190万円もの差があります。また、年齢が上がるごとに年収差が大きく広がっていくことから、高卒は大卒に比べて年収の上昇が緩やかであると分かるでしょう。
年収は業界によっても大きく異なります。高卒で高年収を目指す場合は、年収が高い業界へ転職するのも一つの手段です。詳しくはこのコラム内の「高卒で年収が高い産業ランキング」をご覧ください。

高卒と大卒の生涯賃金

独立行政法人労働政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計 2020 労働統計加工指標集『生涯賃金など生涯に関する指標』(319p)」をもとに高卒と大卒の生涯賃金を比較すると、以下のようになります。

  男性 女性
高卒の生涯賃金 2億1,370万円 1億5,200万円
大卒の生涯賃金 2億7,210万円 2億1,370万円

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計 2020 労働統計加工指標集『生涯賃金など生涯に関する指標』(319p)

上表のデータは、60歳まで働いた場合の生涯賃金で、退職金は含まれていません。年収で比較したときは最大でも数百万円ほどの差でしたが、生涯賃金は高卒と大卒で約6,000万円ほどの差があると分かります。「高卒と大卒の生涯賃金の差はいくら?学歴が就職や年収に影響する理由」では、生涯賃金の差だけでなく、学歴が年収に影響する理由も紹介しているのでチェックしてみてださい。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況
令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給
独立行政法人労働政策研究・研修機構
ユースフル労働統計2020 ―労働統計加工指標集―

男女・年齢別!高卒の平均年収の推移

この項では、高卒者の平均年収を男女・年齢別に紹介します。以下に掲載している高卒者の年収は、このコラム内の「高卒の平均年収は?」と同様、厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況『学歴別』」をもとに算出しました。こちらも、賞与や手当、保険料、税金などの額は考慮していないので、参考程度にご覧ください。

20代~40代前半

年齢階級 高卒の年収
男性 女性
20~24歳 245万1,600円
 
227万5,200円
 
25~29歳 279万7,200円 241万8,000円
30~34歳 310万4,400円 247万9,200円
 
35~39歳 342万2,400円 259万3,200円
 
40~44歳 373万6,800円 266万2,800円

40代後半~60代

年齢階級 高卒の年収
男性 女性
45~49歳 399万9,600円 280万8,000円
50~54歳 414万4,800円 280万2,000円
55~59歳 424万4,400円 280万8,000円
60~64歳
 
321万6,000円 247万3,200円
65~69歳 286万3,200円 234万8,400円

※マーカー部分は男女別の最大年収

男女とも、年齢が上がるにつれて基本的に年収も上昇しています。男性の高卒者は、55~59歳のときに年収が最高額の424万4,400円に達しており、その後は減少傾向です。一方、女性の高卒者は45~49歳のときに年収が最高額の280万8,000円に達し、その後わずかに下降。55~59歳で再び年収が上がり、その後は男性の高卒者と同様に下降傾向です。高卒の年収や大卒との違いは「高卒20代の平均年収は?前半と後半で変わる?学歴による収入差も解説」でも紹介しているので、参考にしてみてください。
「高年収」の基準は人によって異なりますが、高卒者は年齢を重ねても高年収を得られない可能性があります。上表のとおり、男性の最高年収は約420万円、女性の最高年収は約280万円です。女性は男性に比べて年収が低い傾向にあるので、より高年収を得にくいといえるでしょう。「高年収を目指したい」「ゆくゆくは1,000万円の年収を得たい」と考えている人は、このコラム内の「高卒で年収1000万円に近づくための4つの方法」をご参照ください。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

高卒で年収が高い産業ランキング

高年収を目指す高卒者は、年収が高い業界への転職を検討してみても良いでしょう。厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:3 主な産業別にみた初任給」をもとに、年収が高い業界をランキング形式で紹介します。

・1位:建設業(211万3,200円)
・2位:情報通信業(205万2,000円)
・3位:卸売業および小売業(202万0,800円)
・4位:教育および学習支援業(201万7,200円)
・5位:宿泊業および飲食サービス業(201万3,600円)

高卒者の年収が最も高い業界は、建設業で211万3,200円。次いで情報通信業、卸売業および小売業と続いています。より高い年収を得たい高卒者は、現職の年収と比較して転職を検討してみましょう。

年収が高い業界は、社会情勢によっても変化します。高年収を目指している高卒の方は常にアンテナを張り巡らせて、どのような業界が狙い目なのかを察知できるようにすると良いでしょう。高年収の業界をより詳しく知りたい高卒者は、「高卒で高収入を目指せる職業と業界は?おすすめの資格や就活のコツを紹介」もあわせてご参照ください。

参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:3 主な産業別にみた初任給

高卒で年収1000万円に近づくための4つの方法

高卒で年収1000万円を目指したい方は、「大企業の中途採用枠を狙う」「ベンチャー企業で経験を積む」といった方法を試してみると良いでしょう。下記を参考に、自分に合ったやり方を見つけてみてください。

1.大企業や優良企業の中途採用を狙う

高卒の方が年収を増やすためには、大企業や優良企業の中途採用枠を狙うのがおすすめです。新卒採用では学歴が重視される傾向にありますが、中途採用では基本的に学歴よりも経験やスキルが求められます。そのため、高卒でも、職務経歴を積んで必要な能力を兼ね備えれば、大企業に就職して高い年収を得られる可能性は十分にあるでしょう。

2.専門的なスキルが活かせる職種を目指す

高卒の人が年収1000万円に近づくためには、専門的な技術や知識が活かせる職種に転職するのも良いでしょう。専門的なスキルを活かして業務に貢献することで、年収アップが期待できます。
今から資格取得を目指す高卒の方は、業務内容に特化しているだけでなく、希少性の高い資格を取得するのがおすすめです。誰でも簡単に取れるような資格だと、「持っているのが当たり前」とされて年収が上がらない場合もあるので注意してください。

高い年収を目指す高卒の人は、資格手当が導入されている企業を選ぶのも良いでしょう。資格手当とは、業務に役立つ資格を取得した従業員に対して支払われる手当のことです。同じ業界でも、企業によって手当の対象となる資格が異なる場合もあるので、応募要項をよく確認しましょう。

3.IT系やベンチャー企業でキャリアを積む

IT系やベンチャー企業は、学歴よりも応募者の意欲やスキルを評価して採用する傾向にあるため、高年収を目指す高卒者におすすめです。また、仕事においても実力主義の企業が多く、成果によっては年収アップやキャリアアップも見込めます。

4.大企業で正社員登用を目指す

「高年収には憧れるけど、大企業に正社員就職する自信がない」という高卒者は、非正規雇用で大企業に入社し、正社員登用を目指しましょう。大企業であっても、非正規雇用の場合は、基本的に正社員就職より難易度が下がります。初めは希望の年収が得られなくても、正社員登用されれば基本給の上昇が見込めるので、それに伴って年収アップが期待できるでしょう。
高卒者が正社員登用を目指して求人を探すときは、応募要項に「正社員登用制度あり」の文言があるか確認してください。また、実際にどれくらいの登用実績があるのかチェックすることも重要です。正社員登用制度を導入していても、登用実績がない場合もあるので注意しましょう。

「高年収を目指しているけど、どのように求人を選べば良いのか分からない」と悩む高卒者は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください!ハタラクティブは、第二新卒や既卒、フリーターなどの若年層に特化した転職エージェントです。マンツーマンでカウンセリングを行い、一人ひとりに合った求人を紹介します。書類添削や面接対策といったサポートも行っているので、1人で転職するのが不安な方にもおすすめです。サービスはすべて無料で提供しているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

高卒と大卒の年収についてのQ&A

高卒と大卒では初任給に差があるため、年収に大きな開きが出てくるのが現状です。しかし、高卒者が大卒者の年収を超えることも。今回は高卒と大卒の年収に関する疑問をQ&A方式でお答えします。

大卒より高卒のほうが年収が高くなる業種ってある?

高卒の方が高収入を目指せる職業もあります。なかでも、コミュニケーション能力を重視する営業職や、人手が不足しているIT系がおすすめです。「高卒で高収入を目指せる職業と業界は?おすすめの資格や就活のコツを紹介」では高卒でも狙える資格もご紹介しています。

高卒と大卒では生涯年収でも差があるって本当?

同じ企業・同じ職種の場合は、基本給に差があることがほとんどであり、高卒よりも大卒のほうが生涯年収が高いことが多いでしょう。なお、生涯年収は働く企業の規模によって差がつくと考えられているため、学歴よりも勤める企業によって差がつくといえます。詳しくは「生涯賃金とは?生涯年収の本当のトコロ」で解説していますのでご覧ください。

高卒でも大企業への就職を目指したほうが良いですか?

高卒で大企業に就職した場合、高収入が得られるメリットがあります。しかし、キャリアの面では、大卒の方が優遇されやすいのが現状です。そのため、キャリアを積みたいと考えるのであれば学歴よりも実力主義の中小企業に就職するほうが良いでしょう。どうしても大企業に就職したい高卒者は、「高卒で大手企業に就職・転職できる?おすすめの仕事や年収事情を解説」をご覧ください。

大卒にはない高卒の強みって何?

高卒の強みは、大卒に比べて早い段階から技術を取得できることです。専門的な知識や技術を身に付けて、若いうちに転職できるメリットもあります。「高卒の給料事情!就職しやすい業種を合わせて紹介」では、高卒の強みを活かした業種も紹介しているので、参考にしてみてください。

高卒で年収アップが見込める転職先はある?

高卒も大卒と同じように転職でキャリアアップや年収アップを目指すことが可能です。中途採用であれば、学歴よりも社会人経験を重視する企業が多いため、同じ職種での転職であった場合、むしろ有利になることもあります。ハタラクティブでは学歴不問の求人を取り揃えていますので、お気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る

  • 施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!
    施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!

    就職前

    施工管理

    就職後

    施工管理

    詳細見る

  • コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に
    コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に

    就職前

    大手コンビニエンスストア 店員(派遣社員)

    就職後

    大手保険会社 フォロー営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • "どうせやるなら難しいことをやりたい"とたどり着いた新しい仕事。
    "どうせやるなら難しいことをやりたい"とたどり着いた新しい仕事。

    就職前

    アルバイト

    就職後

    営業職

    詳細見る

  • エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?
    エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?

    就職前

    エンジニア

    就職後

    営業

    詳細見る

  • 良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?
    良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?

    就職前

    営業

    就職後

    エンジニア

    詳細見る

  • 先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート
    先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート

    就職前

    就活アドバイザー

    就職後

    営業職

    詳細見る

  • 新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談
    新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談

    就職前

    無職

    就職後

    CADオペレーター

    詳細見る

高卒から正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION