大学中退者の年収は低い?

大学中退後にフリーターとして働いている人の中には、「就活するべきか悩んでいる」という方がいるかもしれません。また、「今後平均的な収入を得られるか不安」と思っている方も多いでしょう。
このコラムでは、学歴と収入の関係や、大学中退のフリーターが正社員として就職するコツなどをご紹介します。フリーターからの就職を考えている方は、参考にしてみてください。

学歴別の平均月収

平成28年の厚生労働省の調査では、一般労働者(短時間労働者以外の労働者)の平均月収を算出しています。
ひと月あたりの学歴別の賃金は、以下のとおりです。

【大学・大学院卒】
・男性39万9700円
・女性28万8700円

【高専・短大卒】
・男性30万6300円
・女性25万5600円

【高卒】
・男性28万8100円
・女性20万8300円

参照元:厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査 学歴別にみた賃金」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/dl/03.pdf

上記から、男女ともに大学・大学院卒の賃金が高いことがわかります。

この調査では、大学中退や高校中退など、中退者のみの統計は行われていません。
大学中退者は高卒と捉えられることが多いため、高卒の平均賃金を参考にすると良いでしょう。

平均月収が最も高い業種は?

月収は、学歴だけでなく業種によっても差が生じます。
平成28年の厚生労働省の調査結果から、賃金が最も高い業種と低い業種を見てみましょう。

【最も高い業種】
・男性→金融業・保険業、46万6400円
・女性→教育・学習支援業、30万4200円

【最も低い業種】
・男性→宿泊業・飲食サービス業、27万1100円
・女性→宿泊業・飲食サービス業、19万6700円

参照元:厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査 産業別にみた賃金」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/dl/05.pdf

男性で最も賃金が高い業種は、金融業・保険業です。
賃金が高い分、銀行など金融機関の中途採用では、前職での経験が重要視される傾向に。未経験から就職を目指す際は、ハードルが高く感じるかもしれません。

女性で最も賃金が高い教育・学習支援業は、大卒といった学歴や教員免許などの資格が条件となる場合が多いようです。

宿泊業・飲食サービス業は、大学中退者もチャレンジしやすい業種ですが、賃金は全体で最も低い結果になっています。

仕事を探す際は、給与だけでなく適性や労働環境も大切になるため、希望条件の優先順位を決めた上で検討するようにしましょう。

学歴別の生涯賃金

生涯賃金とは、新卒から定年まで働き続けた際に受け取る給与・賞与の総額のこと。
平成28年の労働政策研究・研修機構の調査によると、学歴別の生涯賃金は以下のようになっています。
なお、この統計での生涯賃金は正社員として60歳まで働いた場合の賃金であり、退職金は含まれていません。

【大学・大学院卒】
・男性2億7000万円
・女性2億2000万円

【高専・短大卒】
・男性2億1000万円
・女性1億7000万円

【高卒】
・男性2億1000万円
・女性1億5000万円

【中卒】
・男性1億9000万円
・女性1億3000万円

参照元:労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2016 生涯賃金など生涯に関する指標」
http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/kako/2016/documents/useful2016_21_p286-330.pdf


上記の結果から、生涯賃金も学歴によって差が生じることがわかります。
大学中退後に正社員として勤務している場合は、高卒の年収を参考にすると良いでしょう。

また、大学中退後フリーターとして働いている人は、ボーナスや昇給のチャンスが少ないため、その分生涯賃金が低くなると考えられます。

そのため、生涯賃金をアップさせるには、早期に正社員として就職し、勤続年数を長くすることが重要だといえるでしょう。

また、正社員として就職した後は、資格を取得したり成果を出したりすることが、賃金アップにつながるかもしれません。

大学中退のフリーターから正社員になれる?

先述したように、大学中退者が就活する際は、高卒として捉えられることが多くなっています。

採用条件を「大卒以上」とする企業は応募できませんが、「高卒以上」「経歴不問」とする求人は多くあるため、あきらめずにチャレンジすることが大切です。

ただし、就職の際は、年齢が上がるにつれて経験を重視される傾向に。正社員を目指す場合は、早めに行動をとることが大切です。

大学中退のフリーターが就職するコツ

仕事探しをする際は、自分の適性や希望条件を考えた上で、「未経験歓迎」や「経歴不問」とする求人に注目すると良いでしょう。

また、「大企業しか受けない」などと選択肢を狭めてしまうと内定を得るチャンスが減ってしまうため、中小企業の求人もしっかりチェックすることが大切です。

面接の際は、大学中退の理由を問われることがあります。採用担当者に否定的な印象を与えないよう、伝え方をしっかり考えておくことが必要です。

「正社員として働きたいけれど、今と違う環境になるのが不安」という場合は、現在のアルバイト先で正社員登用制度がないか確認するのも1つの方法です。

正社員登用制度とは、アルバイトやパート、契約社員などの雇用形態で働く人が、正社員へ転換する制度のこと。特にリーダーとして責任のある立場で働いている場合は、正社員になれるチャンスがあるかもしれません。

就職の相談はハタラクティブへ

「希望に合う求人が見つからない」「就活に不安がある」という場合は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、高卒や大学中退者、既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層を対象とする就職・転職支援サービスです。

経験豊富なアドバイザーがスキルや経験を伺い、適性があるお仕事をご紹介。面接対策や応募書類の添削、企業への条件面の交渉といったサポートも実施しています。

サービスはすべて無料のため、気軽にご相談ください。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ