大学中退後に高収入を得られる仕事とは?稼げる職種をご紹介

大学中退後に高収入を得られる仕事とは?稼げる職種をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 大学中退は大卒に比べて平均賃金が低いため、学歴不問で稼げる仕事を探すのが良い
  • 大学中退で高収入を狙うなら、初任給が高い業界や成果が収入に直結する仕事を選ぼう
  • 大学中退から高収入を狙う場合、営業手当や歩合制がある営業職も選択肢の一つ
  • 大学中退から営業職を目指すなら、サービス業の経験や成長意欲のアピールが大事
  • 大学中退から高収入を狙える仕事は、営業以外にはITエンジニアや建設業など

「大学中退で高収入を得たい」「大学中退後に稼いで生きていける?」と考える方もいるでしょう。大学中退と大卒では平均賃金に差があるのが現状ですが、大学中卒から狙える高収入な仕事の特徴を掴めば、叶えることは可能といえます。このコラムでは、大学中退で高収入を狙える仕事の探し方をご紹介。また、営業職が稼げる理由や目指し方なども解説します。就活を成功させ高収入を叶えるために、ぜひご覧ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

大学中退と大卒の収入の差はどれくらい?

大学中退と大卒の収入の差はどれくらい?の画像

大学中退すると最終学歴が高卒となるため、大卒に比べて初任給が低くなるのが一般的です。また、会社によっては学歴が昇給・昇格にも影響する場合があるため、生涯賃金も低くなる可能性があるでしょう。この項では、大学中退と大卒の収入差について解説します。

初任給で4万円以上もの差がある

厚生労働省の調査「令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況 (9)新規学卒者の学歴別にみた賃金」によると、男女計の最終学歴ごとの初任給は以下のとおりです。

最終学歴賃金(男女計)
高校18万1,200円
専門学校21万2,600円
高専・短大20万2,300円
大学22万8,500円
大学院26万7,900円

引用:令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況 (9)新規学卒者の学歴別にみた賃金

大学中退により最終学歴が高卒となった場合、大卒に比べて4万円以上も低いことが分かるでしょう。たとえ速いペースで昇給できたとしても、学歴による初任給の差を埋めるのは難しいといえます。そのため、大学中退者が高収入を目指すには、最初から稼げる仕事を選ぶのがおすすめです。

平均賃金は男性だと10万円以上もの差

同調査の「(3)学歴別にみた賃金」によると、大卒の平均賃金(全年齢)は男性39万2,100円、女性29万4,000円なのに対し、高卒は男性29万7,500円、女性22万2,900円です
また、学歴による年齢ごとの平均賃金を示したグラフは以下のようになっています。

学歴による年齢ごとの平均賃金を示したグラフの画像

引用:令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況 (3) 学歴別にみた賃金

グラフから、高卒の給料の伸びは大卒に比べてかなりゆるやかであることが分かります。最も賃金が高い55~59歳の時期には、大卒は男性51万3,800円、女性37万5,700円で、高卒は男性35万300円、女性24万2,100円と大きな差に。大学中退者が高収入を得るためには、学歴に関係なく給与アップが狙える仕事を探す必要があるでしょう。

生涯賃金の差は約5,000万円にもなる

労働政策研究・研修機構(JILPT)「ユースフル労働統計2022 ―労働統計加工指標集― 21 生涯賃金など生涯に関する指標」の調査では、学校卒業後フルタイムの正社員を続けた場合の、60歳までに得られる退職金を含めない生涯賃金を示しています。調査結果によると、男性は大学・大学院卒で2億6,000万円なのに対し、高卒は2億1,000万円で、生涯賃金の差は5,000万円です。女性の場合は、大学・大学院卒が2億1,000万円、高卒が1億5,000万円となり、差額は7,000万円にもなります。
ただし、同調査では生涯賃金は企業規模が大きいほど高くなる傾向にあることも明らかになっています。大学中退の場合も、大企業に就職すれば高収入を狙える可能性はあるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況
労働政策研究・研修機構(JILPT)
ユースフル労働統計2022 ―労働統計加工指標集―

未経験OK多数!求人を見てみる

大学中退で高収入を叶える就職先

大学中退で高収入を叶える就職先の画像

大学中退から高収入を叶えるためには、平均給与が高かったり、学歴ではなく仕事の頑張りや成果が評価されやすかったりする仕事を選ぶのがおすすめです。ここでは、高収入を狙える仕事の一例をご紹介します。

平均給与が高い業界・業種

金融業界や医療業界、マスコミといった、平均給与が高い業界・業種は「稼げる仕事」といわれています。人気が高いぶん、大学中退から挑戦するにはハードルが高いと思われがちですが、仕事に活かせる資格などがあれば就職できる可能性はあるでしょう。また、語学力に自信がある人は高収入を狙える外資系企業もおすすめです。

初任給が高い人手不足の仕事

人手不足の仕事では、人材確保のために初任給を高く設定している会社もあります。そのため、大学中退の場合も大卒並みの初任給を得られることも。ただし、就職後の給与アップが難しい会社もあるので注意しましょう。

介護業界は初任給が高め

人手不足の介護業界では、若手の人材確保のため初任給が高い会社が多いようです。しかし、「高卒から介護職になれる?資格は?給料や年収面も詳しく解説」で解説しているように、介護職は資格取得や経験が重要な仕事でもあります。初任給からさらに高収入を目指すためには、介護福祉士やケアマネージャーといった資格を取得する必要があるでしょう。

頑張り次第で収入アップが可能な仕事

営業職や販売職のように、歩合制やインセンティブのある仕事は頑張り次第で高収入を目指せます。実力主義で学歴が関係ないため、大学中退から大卒以上に稼げる仕事といえるでしょう。選考では人柄やコミュニケーション能力などが評価基準になるので、大学中退の場合も適性があれば採用される可能性が高いといえます。

大学中退から高収入を得たいという方は、「高卒の平均年収は?産業別ランキングや1000万円を目指す方法を紹介」を確認してみてください。高卒で年収が高い産業ランキングや、年収1,000万円を目指すための仕事の探し方などを紹介しています。また、「高卒でも取れる資格はある?高収入を目指す方法やおすすめの仕事も紹介!」では、最終学歴が高卒の方に向け、取ると有利にはたらく資格や高収入の目指し方などを解説。大学を中退して高収入の仕事を目指しているなら、こちらのコラムを参考に資格取得を検討してみても良いでしょう。

大学中退で高収入を得たいなら営業職がおすすめ

大学中退で高収入を得たいなら営業職がおすすめの画像

前述のとおり、学歴を問わない求人が出ている職種で、高収入が期待できるもののひとつに営業職があります。営業職は、コミュニケーション能力があれば専門的な知識がなくてもチャレンジできる職種です。大学中退後の就活の場合も、学歴不問の求人を探しやすいでしょう。

営業職はなぜ稼げる仕事なのか?

営業職は基本給に加えて営業手当(外勤手当)が付いたり、歩合制だったりすることから、「稼げる仕事」といわれています。

1.営業手当があるため

営業職の特徴として、仕事で結果を出した場合に営業手当(外勤手当)がつくことが挙げられます。会社によってインセンティブの額は異なりますが、成績の良い営業担当者の場合、年収1,000万円以上を稼いでいる人もいるようです。ただし、この営業手当を残業手当の代わりに支給しているという会社もあるので、残業手当が別に出るのかどうかを事前に確認することをおすすめします。

2.歩合制であるため

営業職は「基本給+歩合制」や完全な歩合制になっているケースが多いため、仕事での成果がそのまま収入に反映されます。年功序列制度を採用している会社では、個人の成果が給与に反映されにくいですが、営業職の場合は年齢・勤続年数を問わず実績次第で収入アップを目指せるのが特徴です。そのため、大学中退から高収入を叶えられる仕事といえるでしょう。しかし、同時に売上ノルマが設定されていることも多く、ノルマをクリアしなければ歩合給を手にできない場合もあることを覚えておきましょう。

3.求人数が多く高収入案件を見つけやすいため

営業職という職種はどの業界にも存在しているため、もともと求人数が多い傾向にあります。また、大学を中退すると最終学歴は高卒になりますが、営業職で一般的に求められるのは、人柄や営業に取り組む姿勢です。実力主義の営業職では高卒を対象とした求人が多数あり、挑戦しやすいといえます。さらに、前述のとおり営業職は歩合制を取り入れていることもあり、高収入案件を見つけやすいでしょう。

4.コミュニケーションが得意な人ほど活躍しやすいため

営業職は学歴よりも成績が評価される職種です。また、顧客に商品やサービスの魅力を伝えて成果に繋げるという特性上、コミュニケーション能力の高い人ほど活躍しやすい職業といえます。そのため、大学中退の場合も、対人能力やプレゼンテーション能力などを磨けば稼げる仕事といえるでしょう

営業の中でも特に稼げるジャンルは?

一口に営業といっても、個人営業や法人営業、新規営業やルート営業などのさまざまな種類があります。求人情報をよく読み、応募前に仕事内容を把握しておきましょう。このなかでも特に「稼げる仕事」といわれているのは、個人相手に新規営業を行う保険や不動産といったジャンル。これらは扱う商品の金額が大きく、給与も高めに設定されていることが多いようです。

高収入だけじゃない!キャリア形成のメリット

営業は、収入以外にキャリア形成という点でもおすすめできる職種です。どのような企業にもある職種なので、営業スキルを身につければ転職の際に有利になりやすいといえます。さらに、事務や人事などへのキャリアチェンジもしやすいのが営業の特徴。傾聴力や交渉スキルなどの対人能力を身につけられるため、さまざまな職種や部署で活躍できるでしょう。

高卒から営業職の正社員は目指せる!仕事はきつい?年収は?転職事情を解説」では、営業職の種類や年収などの基本情報だけでなく、適性のある人の特徴や仕事探しの際の注意点など、営業職の正社員を目指すために必要な情報を包括的にご紹介しています。大学中退から営業職を目指したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

大学中退から高収入を狙える営業職を目指す方法

大学中退から高収入を狙える営業職を目指す方法の画像

ここでは、大学中退から稼げる仕事である営業職を目指す方法をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

サービス業の経験を積む

サービス業は接客経験をとおしてコミュニケーションスキルが身につきやすいため、営業職の就活で有利になる可能性があります。特に、居酒屋などの飲食店やカラオケといった、明るい接客が重視される店舗の経験者は営業向きといえるでしょう。大学中退後にフリーターとしてサービス業に従事していた方は、雇用形態を問わず就活の面接で積極的にアピールするのがおすすめです。

成長意欲をアピールする

営業職の就職活動では、成長意欲の高さをアピールするのが効果的です。営業職は実力主義なので、「目標を達成したい」「もっと上を目指したい」という意欲が高い人は、大学中退・未経験から将来性を期待して採用される可能性が高くなります。成長意欲の高さをアピールするには、アルバイトでの努力や成功など、具体的なエピソードを根拠にすると説得力が増すのでおすすめです。

就職支援サービスを活用する

営業職は求人数が多いので、求人サイトの検索でも仕事を探しやすいでしょう。ただし、「ノルマが厳しい」「飛び込み営業がある」といった細かい情報は得られない可能性があります。ハローワークや就職エージェントなら、求人に関する疑問は担当者をとおして確認できるため安心です。特に就職エージェントの場合、専任のアドバイザーに希望を伝えればマッチした求人を探してくれるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

大学中退から高収入を得られる営業以外の仕事は?

大学中退から高収入を得られる営業以外の仕事は?の画像

大学中退者が高収入を狙える仕事には、営業以外にもITエンジニアや建設業といった仕事があるようです。この項では、大学中退・未経験から高収入を狙える業界や職業を紹介します。

IT業界

近年急速に市場が拡大しているIT業界は、ITエンジニアやプログラマーなどの育成が追いつかず、人手不足が加速しています。そのため、未経験から採用している企業も多いようです。大学中退の方も、技術系の学部にいた場合は採用されやすい場合もあります。また、ITエンジニアは就職後も、実力次第で昇給・昇格がしやすいのが特徴です。スキルや経験を身につければ、大学中退も大卒以上に稼げる仕事の一つでしょう

建設業

建設業は若手の人材不足のため、大学中退から就職しやすい仕事です。また、資格の種類も多く、手に職をつけられるため、学歴を問わず高収入を狙える仕事といえるでしょう。体力勝負の仕事というイメージがありますが、「施工管理技士」の国家資格を取得して、工事のスケジュール管理や品質管理を担当する施工管理者になれば年齢を重ねても働き続けやすいようです。経験を積んだり資格を取得したりすることで、長期的な高収入を目指せます。

公務員(大卒程度)

公務員は学歴不問なため、年齢制限をクリアできれば大学中退者も挑戦可能です。公務員試験の「大学程度」は学歴ではなく試験の難易度のことなので、大学中退の場合も受験できます。公務員の上級試験(大卒程度)に合格すれば、大卒と同程度の収入を得られるでしょう。ただし、試験は難関であるうえ、営業職などと比べると高収入をすぐに手に入れられる訳ではないといった側面も。民間企業と公務員の給与の違いや、大学中退者が受験できる公務員試験については「大学中退者も公務員になれる?面接の突破方法や給料事情をご紹介!」のコラムで詳しく解説していますので、ご覧ください。

「大学中退から高収入を得られる仕事を探したい」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、20代の第二新卒やフリーターを対象にした就職エージェントです。学歴によって就職活動に自信の持てない方、正社員未経験で就職先の選択肢が少ない方など、就職活動に関するさまざまなお悩みをヒアリングし、仕事探しをサポートします。ハタラクティブでご紹介する求人は、学歴や経験を問わないものも多く、さまざまな選択肢からぴったりの仕事を見つけられるでしょう。また、書類添削や面接対策などを行い、万全の体制で就活をお手伝い。サービスはすべて無料ですので、まずはカウンセリングにお越しください。

大学中退で高収入の仕事に就くためのお悩みを解消するQ&A

ここでは、「大学中卒から高収入の仕事に就きたい」と考えている方に向け、よくある質問や疑問にお答えしていきます。

大学中卒から高収入を目指したいですが、営業職に苦手意識があります。

営業の仕事に対して、ノルマや飛び込み営業の印象を持つ人は多いでしょう。それらは実際に行われていることとはいえ、営業職にも個人営業やルート営業など、さまざまな種類があります。イメージだけで苦手意識を持ってしまうのではなく、具体的な仕事内容や特徴を知って判断してみましょう。「営業職とは何をする仕事?業務の内容やメリット・デメリットを解説!」では、営業職の種類や向いている人の特徴、年収など、営業職についてまとめています。営業職が気になるという人は、ぜひ確認してみてください。

大学中退後の就職では、資格があると高収入に繋がりますか?

資格の種類によっては高収入に繋がります。代表的なものでは、取得ハードルの高い国家資格や業務独占資格など。難易度が高ければ取得者は少ないので高待遇が期待できますし、業務独占資格を持っていれば仕事に困ることはないでしょう。反対に、簿記やMOSはスキルのアピールにはなりますが、取得者が多いため高収入は期待できないことも。詳しくは「高収入を目指せる資格は?将来に繋がる資格について解説」でご確認ください。

大学中退で高収入を狙える仕事は残業が多いですか?

残業が多い場合もあります。一般的に、高収入の仕事は業務量が多く、求められるスキルも高いといわれています。一方で、残業が少ない仕事にはルーティンワークが多いものの、成長やスキルアップが難しい可能性があるでしょう。残業をしたくない方は、収入よりも働き方で会社を選んだほうが良いといえます。残業が少ない会社の特徴については「「残業なし」の仕事に転職するには?正社員で土日休みも実現できる?」のコラムをご覧ください。

大学を中退してしまったため、正社員就職を成功させ高収入を得られるか不安です…

大学を中退してしまった場合も、就職先の業界や職種の選び方を知っておくことで、正社員就職や高収入を叶えることは十分可能です。このコラムの「大学中退で高収入を叶える就職先」では、大学中退から高収入を叶えるための業界・仕事の選び方のポイントを解説しています。就職先の選び方や応募書類、面接などの対策に不安のある方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。専任アドバイザーが相談者にぴったりの求人情報をご紹介するほか、面接対策や企業とのやり取り代行など、全面的に就活をサポートいたします。サービスは無料ですので、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ