大学中退後に稼げる仕事とは?高収入を狙える職種をご紹介

大学中退後に稼げる仕事とは?高収入を狙える職種をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 大学中退は大卒に比べて平均賃金が低いため、学歴不問で稼げる仕事を探すのが良い
  • 営業職は営業手当や歩合制があるため、大学中退でも稼げる仕事の一つ
  • 大学中退から営業職を目指すなら、サービス業の経験や成長意欲のアピールが大事
  • 営業のほかに大学中退者が稼げる仕事は、ITエンジニアや建設業の仕事など

大学中退者が稼げる仕事に就くのは難しいのでは…と考える方もいるでしょう。大学中退と大卒では初任給や平均賃金に差があるため、生涯賃金にも大きな差が生じます。しかし、平均賃金が高い業界や人手不足の仕事では、大学中退でも稼げる可能性があるようです。このコラムでは、大学中退でも稼げる仕事をご紹介。そのなかでも、営業職が稼げる理由や、営業職を目指す方法などをご紹介しますので、就職活動の参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

大学中退と大卒の収入の差はどれくらい?

大学中退は最終学歴が高卒または専門学校卒となるため、大卒に比べて初任給が低くなるのが一般的です。また、会社によっては学歴が昇給・昇格にも影響する場合があるため、生涯賃金も低くなる可能性があるでしょう。
この項では、大学中退と大卒の収入差について解説します。

初任給で4万円以上もの差がある

厚生労働省の調査「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 (9)新規学卒者の学歴別にみた賃金」によると、最終学歴ごとの初任給は男女計で大学22万6,000円、高専・短大20万2,200円、専門学校20万8,000円、高校17万7,700円となっています。
大学中退で最終学歴が高卒となった場合、大卒に比べて48,300円も低いことが分かるでしょう。

初任給で4万円以上もの差があるの画像

引用:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 (9)新規学卒者の学歴別にみた賃金

長く働いても初任給の差を埋めるのは難しいため、大学中退者が高収入を目指すには、最初から稼げる仕事を選ぶのがおすすめです。

平均賃金は男性だと10万円以上もの差

同調査の「(3)学歴別にみた賃金」によると、大卒の平均賃金(全年齢)は男性39万1,900円、女性28万8,300円なのに対し、高卒は男性29万5,000円、女性21万8,000円です。賃金差は男性10万3,600円、女性は7万300円にもなります。

最も賃金が高い時期で比較すると、大卒は男性52万6,600円、女性38万2,000円で、高卒は男性35万3,700円、女性23万4,000円。賃金差は男性で17万2,900円、女性は14万8,000円です。

平均賃金は男性だと10万円以上もの差の画像

引用:厚生労働省「(3) 学歴別にみた賃金

賃金カーブを見ると、年齢が高くなっても大卒と高卒の差は縮まらないことが分かります。大学中退者が高収入を得るためには、学歴に関係なく給与アップが狙える仕事を探す必要があるでしょう。

生涯賃金の差は約5千万円にもなる

労働政策研究・研修機構(JILPT)「ユースフル労働統計 2020 労働統計加工指標集 21 生涯賃金など生涯に関する指標」の調査では、学校卒業後フルタイムの正社員を続けた場合の60歳までの生涯賃金(退職金を含めない)を示しています。調査結果によると、男性は大学・大学院卒で2億7千万円なのに対し、高卒は1億5千万円で、生涯賃金の差は5千万円です。女性の場合は、大学・大学院卒が2億2千万円、高卒が1億5千万円となり、差額は7千万円にもなります。
生涯賃金は企業規模が大きいほど高くなる傾向にあるため、大学中退者でも大企業に就職すれば高収入を狙える可能性はあるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況
労働政策研究・研修機構(JILPT)
ユースフル労働統計 2020 労働統計加工指標集

大学中退で「稼ぎたい!」を叶える求人

「稼げる仕事」「高収入の仕事」には、配送や工事現場などの力仕事、医師や弁護士などの資格職が挙げられることが多いでしょう。しかし、ハードな力仕事を正社員として数十年継続していけるかどうかは判断が難しいところです。医師や弁護士などは資格が必要なので、大学中退から就職したいと考えている人がすぐに目指すのは現実的ではないといわざるを得ません。
では、大学中退から始めやすい高収入の仕事には何があるのでしょうか?

平均給与が高い業界・業種

金融業界や医療業界、マスコミといった業界・業種は平均給与が高く「稼げる仕事」といわれています。そのため、人気が高く大学中退者には採用ハードルが高めですが、仕事に活かせる資格などがあれば就職できる可能性があるでしょう。
また、語学力に自信がある人は高収入を狙える外資系企業もおすすめです。

初任給が高い人手不足の仕事

人手不足の仕事では、人材確保のために初任給を高く設定している会社もあります。そのため、大学中退でも大卒並みの初任給を得られることも。ただし、就職後の給与アップが難しい会社もあるので注意しましょう。

介護業界は初任給が高め
人手不足の介護業界では、若手の人材確保のため初任給が高い会社が多いようです。しかし、昇給がしにくく、生涯賃金が低いともいわれています。介護業界で高収入を狙うなら、介護福祉士やケアマネージャーといった資格を取得して収入アップを目指すのが良いでしょう。

頑張り次第で収入アップが可能な仕事

営業職や販売職のように、歩合制やインセンティブのある仕事は頑張り次第で高収入を目指せます。実力主義で学歴が関係ないため、大学中退でも大卒以上に稼げる仕事といえるでしょう。選考では人柄やコミュニケーション能力などが評価基準になるので、大学中退でも適性があれば採用される可能性が高いといえます。
営業職に向いている人の特徴や就職するポイントを「高卒で営業職の正社員は目指せる?仕事はきつい?年収や転職事情を解説」のコラムで解説していますので、参考にしてください。

大学中退で稼ぎたいなら営業職がおすすめ

前述のとおり、学歴を問わない求人が出ている職種で、高収入が期待できるもののひとつに営業があります。営業は技術職と違い、コミュニケーション能力があれば専門的な知識がなくてもチャレンジできる職種です。大学中退でも、学歴不問の求人を探しやすいでしょう。

営業職はなぜ稼げる仕事なのか?

営業職は基本給に加えて営業手当(外勤手当)が付いたり、歩合制だったりすることから、「稼げる仕事」といわれています。

1.営業手当があるため

営業職の特徴として、仕事で結果を出した場合に営業手当(外勤手当)がつく場合があります。会社によってインセンティブの額は異なりますが、成績の良い営業担当者の場合、年収1,000万円以上を稼いでいる人もいるようです。ただし、この営業手当を残業手当の代わりに支給しているという会社もあるので、残業手当が別に出るのかどうかを事前に確認することをおすすめします。

2.歩合制であるため

営業職は「基本給+歩合制」や完全な歩合制になっているケースが多いため、仕事での成果がそのまま収入に現れます。年功序列制度を採用している会社では、個人のスキルがどれだけ高くてもすぐに昇給に繋がるのは難しいですが、営業職の場合は実績次第で収入が上がるのが特徴です。そのため、大学中退でも稼げる仕事といえるでしょう。しかし、同時に売上ノルマが設定されていることも多く、ノルマをクリアしなければ歩合給を手にできない場合もあるということを覚えておきましょう。

3.求人の数が多く高収入案件が見付けやすいため

営業職という職種はどの業界にも存在しているため、もともと求人数が多い傾向にあります。また、大学を中退すると最終学歴は高卒になりますが、営業職の場合は高卒を対象とした求人も多いです。
営業職は学歴ではなく実力主義なので、人柄や営業に取り組む姿勢などが採用基準とされるケースも多く、大学中退でも応募可能な求人が多くなっています。さらに、前述のとおり営業職は歩合制を取り入れていることもあり、高収入案件を見付けやすいでしょう。

4.コミュニケーションが得意な人ほど活躍しやすいため

営業職は学歴よりも成績が評価される職種です。また、顧客に商品やサービスの魅力を伝えて成果に繋げるという特性上、コミュニケーション能力の高い人ほど活躍しやすい職業となっています。
そのため、大学中退でもコミュニケーションが得意であれば、稼げる仕事といえるでしょう。

営業の中でも特に稼げるジャンルは?
一口に営業と言っても、個人営業や法人営業、新規営業やルート営業などのさまざまな種類があります。求人広告の仕事内容に記載された内容をよく読み、応募前にどのような営業なのかを把握しておきましょう。
このなかでも特に「稼げる仕事」といわれているのは、個人相手に新規営業を行う保険や不動産といったジャンル。これらは扱う商品の金額が大きく、給与も高めに設定されていることが多いようです。

稼げるだけじゃない!キャリア形成でもメリットがある

営業は、収入以外にキャリア形成というポイントでもおすすめできる職種です。どのような企業にもある職種なので、営業スキルを身につければ転職の際にも有利になるでしょう。さらに、営業への転職だけではなく、事務や人事などへのキャリアチェンジもしやすいのが営業の特徴。社内での部署異動も、営業出身なら比較的受け入れられやすい傾向にあります。

大学中退でも稼げる仕事である営業職を目指す方法

ここでは、大学中退でも稼げる仕事である営業職を目指す方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

サービス業の経験を積んでおく

サービス業は接客経験が積めるため、コミュニケーションスキルが身につきやすいでしょう。そのため、サービス業の経験があれば選考で有利になる可能性があります。特に、居酒屋などの飲食店やカラオケといった、明るい接客が重視される店舗の経験者は営業向きといえるでしょう。大学中退後にフリーターとしてサービス業に従事していた方は、正社員経験ではなくとも面接で積極的にアピールするのがおすすめです。

成長意欲をアピールする

営業職の採用選考では、成長意欲が高い点をアピールするのが効果的です。営業職は実力主義なので、「目標を達成したい」「もっと上を目指したい」という意欲が高い人は大学中退・未経験からでも将来性を期待して採用される可能性が高くなります。
成長意欲の高さをアピールするには、学生時代の部活動で頑張った経験など、具体的なエピソードがあると採用担当者に納得されやすいのでおすすめです。

就職支援サービスを活用する

営業職は求人数が多いので、求人サイトの検索でも仕事を探しやすいでしょう。ただし、「ノルマが厳しい」「飛び込み営業がある」といった細かい情報は得られない可能性があります。ハローワークや就職エージェントなら、求人に関する疑問は担当者をとおして確認してもらえるため安心です。
特に就職エージェントの場合、専任のアドバイザーに希望を伝えればマッチした求人を探してくれるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

営業のほかにおすすめの稼げる仕事は?

大学中退者が稼げる仕事には、営業以外にもITエンジニアや建設業といった仕事があるようです。この項では、大学中退・未経験でも高収入を狙える仕事を紹介します。

ITエンジニア

IT業界は近年急速に市場が拡大しており、それに伴いITエンジニアなど人材の人手不足が加速化しています。そのため、未経験から採用している企業も多いようです。大学中退であっても、技術系の学部にいた場合は採用されやすい場合もあります。
ITエンジニアは就職後も学歴に関係なく、実力次第で昇給・昇格がしやすいのが特徴です。スキルや経験を身につければ、大学中退も大卒以上に稼げる仕事の一つでしょう。

建設業

建設業は若手の人材不足のため、大学中退でも就職しやすい仕事です。また、資格の種類も多く、手に職をつけられる職業なので、大学中退でも稼げる仕事といえるでしょう。
体力勝負の仕事ですが、施工管理者になれば年齢を重ねても働き続けやすいといえます。施工管理者は工事のスケジュール管理や品質管理をする仕事。「施工管理技士」の国家資格を取得すれば高収入を目指せます。

公務員(大卒程度)

公務員は学歴不問なため、年齢制限をクリアできれば大学中退でも挑戦可能です。公務員試験の「大学程度」は学歴のことではなく、試験の難易度を示しているだけなので、大学中退でも受験できます。公務員の上級試験(大卒程度)に合格すれば、大卒並みに稼げるでしょう。
ただし、試験は難関であるうえ、民間の大企業に比べるとそこまで稼げる仕事とはいえない側面も。民間企業と公務員の給与の違いや、大学中退者が受験できる公務員試験については「大学中退で公務員への就職はおすすめ?面接のポイントや給料事情をご紹介!」のコラムで詳しく解説していますので、ご覧ください。

「大学中退でも稼げる仕事を探したい」という方は、ハタラクティブにぜひご相談ください。ハタラクティブは20代の第二新卒やフリーターを対象にした就職エージェントです。学歴によって就職活動がうまくいかない方、未経験で就職先の選択肢が少ない方など、就職に関するさまざまなお悩みに対応しています。
ハタラクティブでご紹介する求人は、学歴よりも人柄や適性重視の会社が多いので、大学中退でも「稼げる仕事」が見つかる可能性があるでしょう。また、給料だけでなく、仕事の内容や社風などから、あなたに合った会社を探すサポートをいたします。サービスはすべて無料ですので、まずはカウンセリングにお越しください。

大学中退で稼げる仕事に就くためのお悩みを解消するQ&A

お悩みについて、Q&A方式で回答していきます。

営業職に対して苦手意識があります。

営業職について理解を深めましょう。

営業の仕事に対して、ノルマや飛び込み営業の印象を持つ人は多いでしょう。それらは実際に行われていることですが、イメージだけでマイナス要素と決めつけないこと。「営業職とは何をする仕事?販売職との違いや営業の種類について解説!」のコラムを参考に営業職について理解を深め、営業の種類や必要なスキルを確認してください。

資格があると高収入に繋がりますか?

資格の種類によっては収入に繋がります。

代表的なものでは、取得ハードルの高い国家資格や業務独占資格など。難易度が高ければ取得者は少ないので高待遇が期待できますし、業務独占資格を持っていれば仕事に困ることはないでしょう。
反対に、簿記やMOSはスキルのアピールにはなりますが取得者が多いため高収入は期待できないことも。詳しくは「目指せ収入UP!稼げる資格の特徴とは」でご確認ください。

稼げる仕事は残業が多いですか?

残業が多い場合もあります。一般的に、高収入の仕事は業務量が多く、求められるスキルも高いといわれています。一方で、残業が少ない仕事にはルーティンワークが多いものの、成長やスキルアップが難しい可能性があるでしょう。残業をしたくない方は、収入よりも働き方で会社を選んだほうが良いといえます。残業が少ない会社の特徴については「残業なしの仕事に転職するには?正社員で土日休みも実現できる?」のコラムをご覧ください。

稼げる仕事にはブラック企業もありますか?

稼げる仕事のなかにはブラック企業もあるでしょう。高過ぎる給料や「即採用」といった求人は、会社についてよく調べてから応募するのがおすすめです。「ブラック企業の特徴とは?入社前に見極める方法と対処法を解説」のコラムではブラック企業の見極め方を紹介していますので、参考にしてください。また、1人で就職活動をしている場合、ブラック企業を見極めるのが難しいこともあります。就職エージェントのハタラクティブなら実際に取材した会社を紹介しているため、ブラック企業を回避できるのでおすすめです。

この記事に関連するタグ