大学中退で「稼ぎたい!」を叶える求人

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大学中退就職TOP
  4. >
  5. 大学中退で「稼ぎたい!」を叶える求人

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・高収入の仕事としては、工場などでの力仕事や弁護士などの資格業が代表的
  • ・学歴不問の正社員求人が多く、高収入を目指せる仕事には営業職がある
  • ・アルバイトなどの雇用形態であってもサービス業の経験があれば活かせる

大学中退で「稼ぎたい!」を叶える求人の画像

「お金をしっかり稼ぎたいけど、学歴も資格もない…」大学中退で就活している方の悩みのひとつかもしれません。稼げる仕事と言えば、みなさんはどんな職種を思い浮かべますか?

大学中退で「稼ぎたい!」を叶える求人

「稼げる仕事」「高収入の仕事」には、配送や工事現場などの力仕事、医師や弁護士などの資格職が挙げられることが多いでしょう。しかし、ハードな力仕事を正社員として数十年継続していけるどうかは判断が難しいところです。医師や弁護士などは資格が必要ですから、大学中退から就職したいと考えている人がすぐに目指すのは現実的ではないと言わざるを得ません。
では、大学中退から始めやすい高収入の仕事には何があるのでしょうか?

大学中退で稼ぎたいなら営業職がおすすめ

大学中退で稼ぎたいなら営業職がおすすめの画像

学歴を問わない求人が出ている職種で、高収入が期待できるもののひとつに営業があります。営業は技術職と違い、コミュニケーション能力さえあれば専門的な知識がなくてもチャレンジできる職種です。大学中退でも、学歴不問の求人を探しやすいでしょう。

営業はなぜ稼げるのか?

営業には、基本給に加えて営業手当(外勤手当)が付くケースが多くなっています。内勤の仕事よりも手取りが大きくなる傾向にあるのはこのためです。ただし、この営業手当を残業手当の代わりに支給しているという企業もあるので、残業手当が別に出るのかどうかを事前に確認することをおすすめします。
また、歩合制を取っている企業も多く、成果を挙げた分だけ収入に反映されることも稼げる理由のひとつとなっています。しかし、同時に売上ノルマが設定されていることも多く、ノルマをクリアしなければ歩合給を手にできない場合もあるということを覚えておきましょう。

稼げるだけじゃない!キャリア形成の面でもメリットが

営業は、収入以外にキャリア形成というポイントでもおすすめできる職種です。どんな企業にもある職種なので、一度営業スキルを身につければ転職の際にも有利になるでしょう。さらに、営業への転職だけではなく、事務や人事などへのキャリアチェンジもしやすいのが営業の特徴。社内での部署異動も、営業出身なら比較的受け入れられやすい傾向にあります。

営業の中でも特に稼げるジャンルは?

一口に営業と言っても、さまざまな種類があることはご存知でしょうか?個人営業か法人営業か、新規営業かルート営業か、などの分類があります。求人広告の仕事内容に記載された内容をよく読み、応募前にどんな営業なのかを把握しておきましょう。
この中でも特に収入がいいと言われているのは、個人相手に新規営業を行なう保険や不動産といったジャンル。これらは扱う商品の金額が大きく、給与も高めに設定されていることが多いようです。


大学中退で営業になるには?

営業は比較的学歴や資格を問わない求人が多い職種ではありますが、サービス業の経験があればプラス材料になるでしょう。特に、居酒屋などの飲食店やカラオケといった、明るい接客が重視される店舗の経験者が営業向きと言えます。大学中退後にフリーターとしてサービス業に従事していた方は、正社員経験ではなくとも面接で積極的にアピールしていきましょう。
また、営業には元気で素直な性格も求められるので、面接時に暗い印象を与えないようにすることが大切です。ノルマや歩合制などを採用していることが多い点から、目標達成のために努力を惜しまない姿勢も欠かせません。

こんなときどうする?中退後の仕事に関するお悩みQ&A

大学を中退すると、学歴は高卒になります。中退したものの、学歴にネックを感じて就職を躊躇しているという方にむけて、よくある質問と回答を以下にまとめました。

営業職に対して苦手意識があります。

営業職について理解を深めましょう。
営業の仕事に対して、ノルマや飛び込み営業の印象を持つ人は多いでしょう。それらは実際に行われていることですが、イメージだけでマイナス要素と決めつけないこと。「営業職ってどんな仕事?業務内容やメリットを知ろう!」のコラムを参考に営業職について理解を深め、営業の種類や必要なスキルを確認してください。

資格があると高収入に繋がりますか?

資格の種類によっては収入に繋がります。
代表的なものでは、取得ハードルの高い国家資格や業務独占資格など。難易度が高ければ取得者は少ないので高待遇が期待できますし、業務独占資格を持っていれば仕事に困ることはないでしょう。
反対に、簿記やMOSはスキルのアピールにはなりますが取得者が多いため高収入は期待できないことも。詳しくは「目指せ収入UP!稼げる資格の特徴とは」でご確認ください。

稼ぐよりも安定性を求めるなら公務員?

確かに破綻リスクは少ないので、目指すならしっかり対策を行いましょう。
公務員は民間企業のように経営破綻のリスクが少なく、給与額も安定しています。公平性を重視しているので、受験に学歴は関係なく、中退からでも十分目指すことは可能です。
しかし、公務員試験は出題範囲が広く対策が必須。「公務員は学歴がないと厳しい?採用試験の内容とメリット」で、出題内容について確認しておきましょう。

稼ぎたいけど、残業したくありません。

自分が仕事に何を求めるのか、考えてみてください。
人によって「稼げる」や「残業」の認識は異なりますが、全てを備えた仕事はないのが現実です。高収入の仕事は業務量が多く、求められるスキルも高いのが一般的。一方で、残業の少ない仕事はルーチンワークが多く、成長やスキルアップが難しい可能性があります。
プライベートの時間を犠牲にしても高収入を得たいのか、収入はそこそこでもワークライフバランスを重視したいのか、仕事に何を求めるのか考えてみましょう。
具体的な職種については、「大卒に人気の稼げる仕事、残業が少ない仕事」で説明しています。


営業は、大学中退を始めフリーターから就職を考える人におすすめの職種のひとつ。フリーターの就職を支援するハタラクティブでは、「しっかり稼ぎたい!」「ノルマがきついのが心配」といったあなたの希望や不安をヒアリングしながら、最適な求人をご紹介しています。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ