新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 大学を辞める理由は?中退後のメリットとデメリットを徹底解説!

大学を辞める理由は?中退後のメリットとデメリットを徹底解説!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・大学を辞める理由の多くは経済的な事情と学業不振
  • ・大学生の中退率は全学生のうち2.65%
  • ・大学を辞める場合、最終学歴は高卒になる
  • ・大学を辞めたあとの就活では中退理由を正直に答える
  • ・大学を辞めると決める前に第三者へ相談することも大切

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

大学を辞める人の特徴や、どのような中退理由があるか気になる人もいるでしょう。大学生の中退率や、中退後の進路についても詳しく解説します。辞めることを決断するまでには、親や友人などに相談できず1人で悩んでいる人もいるでしょう。このコラムでは、大学中退後の就活に活かせる資格や、中退のメリット・デメリットについても詳しくご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

大学を辞める理由

大学を辞める理由は人それぞれです。主な例を以下に挙げますのでご参照ください。

経済的な事情

経済的な理由から、やむを得ず大学中退を決断する人もいます。たとえば、学費を支払っている家族が、病気やリストラなどで働けなくなり、大学を辞めざるを得ないケースがあるでしょう。

学業不振

「授業に興味がない」「勉強についていけない」などの理由により、学業不振に陥ることがあります。授業を欠席したりレポート提出を怠ったりすると、単位が足りなくなり留年する可能性も。留年が決まるタイミングで、大学を辞める大学生もいます。

進路変更

進路変更を理由に大学を辞める人もいるでしょう。進路変更には、ほかの大学や専門学校への転学、あるいは就職などが挙げられます。進路変更する理由としては、「大学が自分に合わない」「ほかに学びたいことができた」「経済的理由により就職せざるを得ない」などさまざまです。

病気やケガ

不慮の事故やケガ、病気の療養などやむを得ず大学を辞める人もいます。長期間の治療や、家族の介護を余儀なくされている場合は、休学よりも退学を選択するケースもあるようです。

人間関係、大学生活に馴染めなかった

人間関係や大学生活に馴染めず、大学を辞める人もいます。大学生になると高校生までと比べ、行動範囲に自由度が増し交友関係も広がるでしょう。それに伴い「周囲に上手く馴染めない」「人間関係でトラブルになった」と悩み、大学を辞めたいと感じる人もいるのです。

目標を見失った

「親に言われてなんとなく進学した」「とりあえず大学卒業後に就職すれば良い」など大学進学に明確な理由がない場合は、途中で目標を見失い中退する人がいます。
「大学を辞めて夢を追いかけたい」「起業したい」など、大学で学ぶ以外の目標ができた場合も、辞めるきっかけとなることもあるでしょう。

大学生の中退率

大学生の中退者の状況は以下のとおりです。中退者の総数のほか、理由ごとの割合もご紹介しますのでご参照ください。

中退者の総数

文部科学省の発表によると、全国の4年制大学・短大・高等専門学校を対象とした2014年の調査において、中退者の割合は全学生の2.65%でした。これを人数で表すと、299万1,573人のうち7万9,311人が中退者です。1年間で8万人近い学生が、大学を辞めたことになります。

中退理由ごとの割合

中退理由の割合が多い順にご紹介しますので見てみましょう。(最も多い回答「その他(25.3%)」は除く)

・経済的な理由:20.4%
・転学:15.4%
・学業不振:14.5%
・就職:13.4%
・病気、ケガ、死亡:5.8%
・学校生活不適応:4.4%
・海外留学:0.7%

上記の文部科学省のデータによると、最も多い中退理由が「経済的理由」という結果でした。次いで「転学」「学業不振」が多いことが分かります。

参照元
文部科学省
学生の中途退学や休学等の状況について 

大学を辞めるメリットとデメリット

「大学を辞める!」と決める前に、中退によるメリット・デメリットを知ることも大切です。「大学中退」と聞くとネガティブな印象もありますが、大学を辞めることによって新たな進路が拓けることも。現在、中退すべきか否か迷っている方は参考にしてください。

メリット

大学を辞めたあとは、以下のようなメリットがあると考えられます。一つずつ見てみましょう。

自由な時間ができる

大学に通っていた時間を就職活動や、資格の勉強など自由に使えるようになる点が大学中退のメリットです。自分の思うように時間を使えるようになるので、留学や起業など挑戦したいことに対し、集中的に取り組めます。
将来の夢があり、大学を辞めたあとの目標が明確な場合は、夢を実現させるために辞めるのも一つの手でしょう。

合わない分野の勉強をしなくて良い

大学の授業内容が自分の希望と違ったり、専攻分野に対し興味を持てなくなったりした場合は、大学を辞めることでそのストレスから解放されます。
実際に大学へ通い始めてから、「カリキュラムや授業内容が自分の想像と違った」と感じる人は多く、その思いを抱えたままでは学業に身が入りません。
大学を辞めることにより、興味のないことに時間を使うというストレスがなくなり、次の目標を考えられます。

大学のストレスから解放される

大学生活の中で、特に人間関係にストレスを感じている場合は、大学を辞めることで精神的な余裕が生まれるでしょう。辞めたあと一定期間休息し、次の進路を考える人もいるようです。

学費を支払う必要がなくなる

大学を辞めたあとは、それまで納めていた学費を支払う必要がなくなります。家族が学費を支払っている場合は、大学を辞めることにより負担が軽減されるでしょう。
すでに支払い済みの学費についても、辞める時期によっては一部返還される場合も。学費の返還に関する規定は大学によって異なるため、直接大学へお問い合わせください。

デメリット

大学を辞めたあとのデメリットをいくつかご紹介します。

最終学歴が高卒になる

最終学歴は"卒業"が基準とされているため、大学を辞めた場合は「高卒」です。
就職活動の際は「大卒以上」「新卒者向け」とされている求人に応募できないため、大卒者や新卒者を中心に採用を行っている企業への就職が難しいでしょう。高卒者は一般的に製造業や建設業など、大卒者は研究職や管理職などのように、学歴によって選択できる職種が異なる傾向も。
また、「世間体として大学中退は良くない」「高卒では良い企業へ就職できないのでは?」と不安を抱く人もいるでしょう。中には最終学歴が高卒になることに対し負い目を感じ、大学で出会った友人との付き合いを継続できなくなる人もいます。

世の中に学歴を重視する人が一定数いることは否定できません。たとえば結婚するときに、最終学歴によって人柄まで判断されてしまう可能性も否定できないのが現実です。また、将来大学院で学びたいことができたとしても、大卒者しか受け入れていないという場合もあり、その場合は夢を諦めなくてはいけません。
高卒者が皆、進学や正社員雇用、あるいは結婚の道を断たれる訳ではありませんが、学歴を重視される場面があることも覚えておきましょう。

大学での人間関係が築けなくなる

大学生活は自由な時間が多く行動範囲も広いため、新しい交友関係を築く良い機会です。社会人になったあとも、大学時代の友人関係を長年継続している人もいます。中には、大学で出会ったパートナーと結婚する人も。
大学を辞めてしまうと、このような人間関係を築きにくくなるでしょう。

経歴にブランク(空白期間)が生じる

進路を明確に決めていない状態で大学を辞めてしまうと、ブランク(空白期間)ができます。一般的にアルバイトは「職歴」に含まれないため、中退後にアルバイトをしていても、その期間はブランクとなるのです。
また、正社員として就活する際は、必ずと言って良いほど「ブランクに何をしていたか」を面接官から問われます。ブランクによって自分の評価が下がるとは限りませんが、面接官を納得させる説明ができるよう準備が必要です。

学割のサービスを受けられなくなる

大学を辞めると「学生」でなくなるため、学割(学生割引)サービスを受けられなくなります。
公共交通機関の定期券をはじめ映画館や美術館、あるいは携帯電話の契約など、さまざまな場面で受けられる学割は、大学在学中のみ適用されるサービスです。

やめ癖がつく恐れがある

大学を辞めることにより「嫌になったら辞めれば良い」という、やめ癖・逃げ癖がつく恐れもあります。もちろん、自分に向いていないことに対して、見切りをつけることも必要です。しかし、たとえ辛くても継続した結果、成果を得られるということもあります。
「辞めれば楽になる」といった発想で物事を決めると、何事に対しても最後まで取り組めない人になる可能性もあるでしょう。
やめ癖・逃げ癖をつけないためには、「自分ができることを精一杯やったか?」を1度よく考えてみることも大切です。

就職後の給与額に差が出る

一般的に大卒者と大学中退者(高卒者)では、就職時の給与額に差が出ます。2018年に厚生労働省が発表した、初任給の調査結果をご参照ください。

大卒者:(男性)20万6,700円、(女性)20万2,600円
高卒者:(男性)16万6,600円、(女性)16万2,300円

高卒者と大卒者の給与額は、男女ともに約3~4万円の差が出ると分かります。ただし、平均給与額を表した調査のため、職種によってはこの限りではありません。

参照元
厚生労働省
平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給

学費が無駄になる

大学に通うためには入学金や授業料などを支払いますが、途中で辞めるとそれらの学費が無駄になります。文部科学省の調査による、国立・公立・私立大学の入学金と授業料は以下のとおりです。

国立:(入学金)28万2,000円、(授業料)53万5,800円
公立:(入学金)39万2,391円、(授業料)53万8,734円
私立:(入学金)24万9,985円、(授業料)90万4,146円

なお、大学ごとに異なりますが入学金や授業料のほか、施設利用料や実習費用などが必要な場合もあります。「学費が無駄になった」「もっと勉強しておけば良かった」と後悔しないよう、中退する前によく考えましょう。

参照元
文部科学省
私立大学の初年度学生納付金の推移
文部科学省
国公私立大学の授業料等の推移

大学を辞めても良いケースと辞めない方が良いケース

大学を辞めても良いケースと、辞めない方が良いケースがあります。どのような違いがあるか見てみましょう。現在、大学中退を考えている人は参考にしてみてください。

大学を辞めても良いケース

大学を辞めても良いケースは以下のとおりです。

大学中退後にやりたいことがある

やりたいことが明確に決まっている場合は、大学を辞めたあとも時間を無駄に使うことがありません。目標があれば大学を辞めたあとすぐ具体的な行動をしやすく、早く動いたぶん成果も得やすくなるでしょう。

大学中退以外の手段をよく考えた

中退以外に手段がないか、時間をかけてよく考えることも大切です。そのうえで「中退が最善の道である」と結論が出たのであれば後悔はないでしょう。

大学を辞めない方が良いケース

大学を辞めない方が良いケースは以下のとおりです。

やりたいことが大学に通いながらできる

やりたいことが大学に通いながらできるのであれば、辞める道を選ぶ必要はありません。たとえば資格取得に向けた勉強や起業、あるいは長期旅行などが考えられます。これらの活動に、どの程度の時間が必要か、また大学との両立ができるかか否か考えてみましょう。

大学中退後にやりたいことがない

やりたいことがない状態で大学を辞めると、なんとなく毎日が過ぎ、時間を無駄にしてしまいます。就活する場合は必ずと言って良いほど、面接官から「ブランクの間に何をしていたか」を問われますが、なんとなく過ごしていた期間は説明できません。
「大学を辞めればなんとでもなる!」と漠然とした考えで辞めるのではなく、中退したあとに何をするか考えましょう。

学歴にこだわりがある

学歴にこだわりがあるなら、中退は避けた方が良いでしょう。
社会人になったあとに「もう1度大学に入学したい」と考えても、働きながら受験勉強の時間を確保し、大学へ通うことは容易ではありません。
今、大学で学んでいる内容に興味を持てないのであれば、大学内での学部・選考の変更や、他大学への編入を検討してみるのも一つの手です。

迷ったら休学する

大学を辞めるべきか迷っているのであれば、勢いで辞めるのではなく、まずは休学するという選択肢もあります。
大学生のうちは自由な時間がたくさんあり、自分がやりたいことを勉強する良い機会です。国立大学では、原則として休学中の学費は免除されます。私立は大学によって休学中の規則が異なるため、事前に確認すると良いでしょう。

大学中退者は「クズ」ではない

大学を途中で辞めたとしても、人間としての価値が下がる訳ではありません。
「中退するなんてクズじゃないか…」と悲観的に捉える人もいますが、大学中退は数ある人生の選択肢の一つです。辞めることによってほかの人と差が出たと感じていたとしても、そのあと巻き返す可能性はあります。

そのためにもできるだけ早く、辞めたあとの目標を決め、前向きな気持ちを持つことが大切です。
やむを得ず大学を辞める必要がある人や、中退を後悔している人も「何かに取り組むための時間ができた」と考えてみましょう。
気持ちが前向きにならなければ、次の行動は起こせません。今できることを考え、次のステップに向けた行動を開始しましょう。

大学を辞めたあとの進路

大学を辞めたあとの進路は、就職やフリーター以外にもいくつかあります。一つずつご紹介しますのでご参照ください。

一定期間休む

病気やケガ、あるいは精神的な疲れなどの理由により大学を辞めた場合は、一定期間休息を取るのも良いでしょう。中退後の目標が決まっていない人も、Webサイトや書籍などを利用して情報収集したり、親や友人に相談したりしながら、今後の進路を考えることができます。

休息を取る際の注意点は、「休む期間を決めること」です。期間を決めないと、いつまでもダラダラと過ごしてしまい、抜け出すのが難しくなるでしょう。中退後の休息は「本格的に動き出す前の充電期間」と捉え、メリハリをつけて過ごすことが大切です。また、休息期間は「ブランク(空白期間)」となるため、就活の際には具体的に何をしていたか、説明する必要があります。

フリーター、ニート

大学を辞めたあとは、生活費を稼ぐため「フリーター」になるケースもあるでしょう。フリーターは比較的自由に自分の行動を決められるため、就職以外の夢がある人にとって、勉強や準備の時間を取れるといったメリットがあります。
または就職を希望していても、なかなか就職先が決まらずフリーターになる人もいるでしょう。その場合は、アルバイトとして得た経験を元に、自分に合う職種を見つけることもできます。
ただし、アルバイトは正社員と比べ雇用が不安定なうえ、給与額が低いというデメリットも。さらに、正社員として就職を目指すのであれば、年齢を重ねるごとに不利になります。そのため長年に渡りフリーターを続けるよりも、一時的な仕事として考える方が良いでしょう。
自分の夢を追いかけフリーターになる場合は「○歳までに叶わなかったら就職する」と、期限を決めることをおすすめします。

大学を辞めた人の中には、親の収入で自分の生活を賄う「ニート」になるケースもあるでしょう。
厚生労働省によると非労働力者(働かず通学や家事手伝いもしていない15~34歳の方)が「ニート」と定義されています。
ニートになる場合はフリーターと同様、期限を決めたうえで親とよく相談しましょう。
なお、病気療養や家族の介護といった働けない事情がある人、あるいは求職活動を行っている人のことは「ニート」と呼びません。
今なんとなくフリーターやニートをしているのであれば、就職エージェントでプロのアドバイザーに相談し、自分に合う就職先を探すのも一つの手です。

ほかの大学や専門学校へ通う

大学を中退したあとは、ほかの大学や専門学校に通うこともできます。
専門学校には工業や農業、医療、服飾といったさまざまな分野があり、専門的なスキルを身に付けたい場合に適しているでしょう。実践に通じたカリキュラムが多く組まれ、就職の際に身に付けた技術をそのまま活かせる点もメリットです。また、企業やOB・OGと接点を持つ学校は、就職の際にサポートを行っていることが多いでしょう。
専門学校では、特定の業界や職業に特化した教育が行われているため、就職を見据えて技術を身に付けたい人にも適しています。
学びたい分野が明確な人や実践的なスキルを習得したい人は、興味のある分野を扱う専門学校を探してみましょう。

専門学校に通う期間は、一般的に2年間です。分野によっては3~4年間かかる場合もあります。
費用は学校ごとに異なりますが、東京都の専門学校の平均値を例に、いくつかご紹介しますのでご参照ください。
なお、以下は昼間の専門課程における平均費用を表しています。

・理容、美容:(最高額)約180万円、(最低額)約70万円
・看護:(最高額)約180万円、(最低額)約40万円
・自動車整備:(最高額)約140万円、(最低額)約110万円
・服飾、家政:(最高額)約140万円、(最低額)約60万円
・旅行、ホテル、観光:(最高額)約160万円、(最低額)約70万円
・すべての学科区分の平均:(最高額)約290万円、(最低額)約30万円

専門学校卒業後には、2年制もしくは3年制が「専門士」、4年制は「高度専門士」の称号を得られるのが一般的です。大学中退後もしくは卒業後に専門学校へ入学する人の割合は、東京都専修学校各種学校協会の調査(2018年度)によると、全体の10.1%でした。

なお、ほかの大学へ編入するときは、中退した大学ですでに取得済みの単位数や、在籍期間など条件が設けられている場合も。何年生編入できる学年、編入を希望する大学へ問い合わせてみましょう。

参照元
公益社団法人 東京都専修学校各種学校協会
令和元年度 学生・生徒納付金調査

公益社団法人 東京都専修学校各種学校協会
専門学校の基礎知識01

留学や起業をする

大学を辞める人の中には、中退後に留学をする人もいます。短期留学は在学中であっても可能ですが、思うように学べず中退の道を選ぶケースがあるようです。
留学をする人は、大学を辞めたあとに急遽思い立って行くというよりも、在学中から検討している人が多いでしょう。留学には多くの費用が必要なうえ、滞在する国や通う学校などについても考える必要があります。
また、家族の理解を得るための話し合いや、渡航準備など計画的に進めていくことが大切です。

一方で大学中退を期に、起業する人も一定数います。
起業の際は、多くの初期費用が必要というイメージもありますが、インターネットだけで始められる事業であれば、費用を抑えられることも。また、最初から株式会社を設立するのではなく、個人事業主(フリーランス)としてスタートする道もあります。
起業には資金だけでなく、自分にしかできないスキルやアイデア、そして困難があっても乗り越えられる情熱も必要です。大学卒業後に起業するのであれば「○○大学卒業」ということで、取引先からの信頼を得られることもあります。
しかし、「大学中退(高卒)」の場合は、学歴以外で信頼を得て仕事を確保する必要があるため、よく考えてから判断しましょう。

就職する

特にやりたいことがない場合は、収入や雇用が比較的安定している、就職を目指す人が多いようです。正社員はアルバイトや派遣といった非正規社員と比べ、給与額が高い傾向にあり、基本的にボーナスの支給も受けられます。
一般的に非正規社員は契約期間があり、期間満了になれば働けなくなります。対して正社員は、契約期間を設けられていないことが多いため、長期的に働けるというメリットも。長期的に働くことで高いスキルが身に付き、将来的に独立や転職をする場合も活かせるでしょう。
なお、大学中退者が求人情報を見る際は、応募条件が「高卒可」の中から探します。ただ、どうしても応募したい企業が「大卒以上」とされていた場合は、1度直接問い合わせてみましょう。
企業によっては大卒が絶対条件ではなく、応募者の数を絞り込むため、学歴に条件を示している場合があるからです。
学歴よりも人柄や熱意などから採用を判断されるケースもあるので、「中退者だから」と最初から諦めず、働きたい企業へ連絡を取ってみるのも一つの手でしょう。

大学を辞めたあとは、やりたいことがないことを理由に、フリーターになる人も少なくありません。しかし長期間続くと、いつの間にか就職が難しい年齢になる可能性も。「やりたいことがない」と思うのは、情報収集の不足が原因の一つとして挙げられます。
世の中にある業界や仕事を幅広く知らなければ、いくらやりたい仕事を考えても答えが出ません。知らない業界や職種についても調べ、自分が何をやりたいか、どのようなことに向いているか考える必要があります。
1人で考えることに行き詰ったら、家族や友人または就職エージェントなどに相談し、アドバイスを受けるのも良いでしょう。

公務員を目指す

大学を辞めたあとに公務員を目指すこともできます。公務員は大きく分けて、国際公務員・国家公務員・地方公務員の3種類です。中でも国際公務員の応募資格は厳しく、原則として「修士号」以上の学位が必要であることに加え、語学が堪能なことも求められます。そのため、最終学歴が「高卒」となる大学中退者が、国際公務員を目指すのは困難です。
そこで、この項では「国家公務員」と「地方公務員」の詳細を以下にご紹介しますので、ご参照ください。

・国家公務員:総合職、一般職、専門職、特別職に分かれている。職種は税務職員、刑務官、航空管制官、裁判官など
・地方公務員:一般行政職、技術職、公安職、資格や免許職、特別職に分かれている。職種は看護師、教員、保育士、都道府県知事など

国家公務員を目指すには、職種ごとに実施されている高卒者を対象とした試験を受験します。
地方公務員の場合は、自治体ごとに異なる要件が定められているため、受験に必要な学歴や年齢などは都道府県の窓口へお問い合わせください。

職業訓練校へ通う

職業訓練校とは求職者に対し、国や自治体が就職支援の一環として、就職に役立つ技術や知識を教える施設を指します。受講要件や、職業訓練を受けるまでの一般的な流れは以下のとおりです。

受講要件
・ハローワークで「求職申し込み」をしている
・ハローワーク所長の「受講推薦」または「受講指示」がある
・1年以内に職業訓練を受講していない

職業訓練を受けるまでの流れ
1.訓練校とコースを選ぶ
2.訓練校の見学会や説明会に参加
3.ハローワークにて入学申し込み
4.選考試験を受験
5.選考試験合格後、ハローワークにて入学手続き

職業訓練は大学中退者の場合、無料で受講できることが多く、社会人のマナーやパソコンスキルをはじめ、さまざまなコースから選べます。

就職に役立つ資格を取得する

就職する際に役立つ資格をいくつかご紹介しますので、以下をご参照ください。

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

MOSとは、Excel(エクセル)やWord(ワード)といった、マイクロソフトオフィス製品を扱うスキルを証明する資格です。パソコン資格の中でも知名度が高い資格のため、パソコンを使う職種に応募する際に活かせます。
試験科目は、エクセルとワードのほか、Power Point(パワーポイント)、Access(アクセス)、Outlook(アウトルック)の5つです。それぞれバージョンごとの試験があり、さらにワードとエクセルは「一般レベル」と「上級レベル」の2つに分けられています。

運転免許

運送ドライバーやタクシードライバーのほか、営業職も外回りの際に役立つのが運転免許です。普通車免許には、マニュアル(MT)とオートマ(AT限定)があります。一般的な自動車を運転するのであればオートマ限定でも問題ないでしょう。

宅建(宅地建物取引士)

宅建の資格を取得していると不動産業界はもちろん、建築会社や金融機関への就職に活かせます。
たとえば土地や建物を売買するときは、不当な契約を結ばないよう、双方に適切な説明をしなければなりません。
宅建の資格は、不動産取引に関する専門的な知識があることを証明するため、不動産会社や金融機関で不動産価値を評価する際などに役立つのです。

簿記

簿記の資格は、会社の経営に関わる資金や物の出入りを、記録・計算・整理する技術を指します。
簿記の検定試験はいくつかありますが、日本商工会議所が主宰する「日商簿記検定」が一般的です。日商簿記の試験には、原価計算初級・簿記初級・3級・2級・1級があり、1級が最高レベルとなっています。
企業は株主や社員、顧客に対し経営状態を説明する「財務諸表」を作成しますが、これには日々の記録が欠かせません。そのため簿記の知識がある人は、業務形態に関わらず企業に必要といえます。
より高いレベルの資格を取得しているほど、就職の際に有利でしょう。

ここでご紹介した資格に限らず、資格取得の際に注意が必要な点があります。それは、「取得するまでに多くの時間を要する資格がある」ということです。就職を目標としているのであれば、資格取得に多くの時間をかけるのは得策とはいえません。
取得までどの程度時間が必要か、資格取得よりも先に就職を目指す方が良いかなど、よく調べてから取り組みましょう。

大学中退者が履歴書を記入する際に気を付けること

大学中退者が就活の際、どのような点に気を付けて履歴書を記入すれば良いかご紹介します。

学歴を偽ってはいけない

大学を中退しているのに「大学卒業」と記入したり、高校卒業後に大学へ入学していないように記入したりするなど、学歴を偽ってはいけません。
企業によっては、学歴詐称は内定取り消しの対象となる場合も。または入社後に、なんらかの処分を下される可能性があります。

基本の書き方

学歴欄の「入学」の次の行に、中退した旨を記入しましょう。

(例)
〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 入学
〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 中途退学
△△のため退学

中退理由を記入する場合は「中途退学」の次の行に簡潔に書きます。

大学を辞めた理由を書く

大学を辞めた理由は、記入は必須ではないので空白でも問題ありません。ただし、面接では必ずと言って良いほど、中退理由に関する質問を受けるため、答えられるよう準備が必要です。
中退理由の例文は以下をご参照ください。

・家庭の経済的な事情により退学
・家族の介護のため退学
・健康上の理由により退学(現在は業務に支障ありません)
・進路変更のため退学
・イギリスに語学留学するため退学

ご紹介したように、やむを得ない事情により辞めた場合や、前向きな理由による中退であれば、比較的面接官の理解を得やすいといえます。とはいえ学歴と同様、虚偽の中退理由を記入してはいけません。

大学を辞めた人が就活の際にやるべきこと

大学を辞めた人が就活を成功させるためには、事前の準備が大切です。大学中退者に必要なことを、いくつかご紹介しますので見てみましょう。

自己分析をする

自分をよく知り仕事の適性を見極めるためにも、自己分析は重要な作業です。自分自身の強みを明らかにすれば、履歴書や面接で説得力のある自己アピールができるでしょう。
自己分析では過去の経験を振り返り、そこから自分の強みと弱み、価値観、考え方を見直します。過去のエピソードを思い出せない場合は、中学・高校・大学に分けて振り返ってみましょう。
思い出した内容は忘れてしまわないよう、紙に書いたりパソコンに入力したりするなど文字で残します。いくつかエピソードを思い出せたら、それぞれの経験について、以下の点をさらに振り返りましょう。

・活動に取り組んだ動機
・頑張ったこと
・大変だったこと
・困難を乗り越えるためにした行動
・活動を通して学んだこと

このように振り返ることによって、自分の長所や短所だけでなく、考え方の癖や行動の元となる価値観が見えてきます。複数のエピソードに共通する部分が、自分の人柄を強く表しているといえるでしょう。

業界や企業研究をする

就活の際には、業界や企業研究をするのも大切です。自分が知っている業界だけでなく、世の中にある業界の種類をすべて把握するために、まずは広く浅く調べてみると良いでしょう。
その中で特に興味が沸く業界の特徴や成長性、または代表的な企業を、Webサイトや書籍などを使って調べます。業界や企業の最新情報を知るためには、新聞やニュースを日々チェックすると良いでしょう。

中退理由を説明する

大学中退後の就活では、必ずと言って良いほど「なぜ大学を辞めたのか」を面接官から問われます。たとえば辞めた理由が学業不振だった場合は、「本当のことを話しづらい…」と感じることもあるでしょう。
しかし、面接の場で偽りを話してはいけません。特にベテランの面接官であれば、応募者が真実を話しているか否か、見抜く力があると考えられます。虚偽の話は、会話を続けていくうちに矛盾が生じ、真実を話していないことも伝わるでしょう。
とはいえ「中退理由を話すと、面接官にネガティブな印象を抱かれてしまうのでは?」と不安に感じる人もいます。その場合は中退理由と併せて、反省点や中退後に努力したことなども面接官に伝えましょう。
面接官は「仕事もすぐに辞めてしまうのではないか」という懸念により、面接で中退理由を確認すると考えられます。このような疑いを払拭するために、真実を話したうえで仕事に対する前向きな意欲を伝えましょう。

熱意を伝える

大学中退者は面接官に、仕事に対する熱意や意欲を伝えることが大切です。未経験者を募集する企業では、人柄や熱意を評価し採用することもあります。自己PRや志望動機を通して、入社後はどのように成長し会社に貢献できるかを、アピールすることが大切です。
志望動機はほかの企業に対しても使える言葉ではなく、応募する企業独自の特徴を調べ、自分の価値観や経験などと照らし合せたうえで熱意を伝えましょう。

大学を辞める前にできること

大学を辞めたあとに後悔しないよう、中退を決断する前にできることをご紹介します。

大学在学中に就活を始める

大学を辞める前に就活を始め、中退後にブランクを空けず就職するのも一つの手です。一般的にはブランクが長くなるほど、就職が難しくなります。大学中退という学歴に加え、無職である期間が長いことに対し、ネガティブな印象を抱く面接官もいるからです。
就職先が決まったあとに大学を辞める、という選択肢もあると覚えておきましょう。

第三者に相談する

大学を辞めたいと思ったときは、1人で悩まず第三者に相談するのも大切です。中退する人の中には、家族や友人などに相談せず勢いにまかせて決断する人もいるでしょう。
中退後のことを深く考えず、一時的な感情で中退し後悔することのないよう、自分以外の客観的な意見を聞いてみましょう。

家族や友人に相談しづらいときは、就職エージェントを利用するのも一つの手です。若年層に特化したハタラクティブでは、「やりたい仕事がわからない」「フリーター期間が長くて自信がない」という方もご相談ください。プロの就活アドバイザーが、マンツーマンでカウンセリングを行い、あなたに合う求人をご提案。
履歴書の書き方や、効果的な自己アピールの方法など、すべて無料でアドバイスを行っているので、ぜひお気軽にご相談ください!

こんなときどうする?大学を中退したくなったときのQ&A

ここでは、大学を中退したい方向けによくあるお悩みをまとめています。分かりやすくQ&A方式で回答しているので、参考にしてみてください。

 

中退したら、どんな選択肢があるの?

大学を中退したあとには、「通信制の大学へ編入する」「就職活動をする」「就職に向けて勉強をする」など、さまざまな選択肢があります。詳しくは「大学を辞めたい人がやっておくことは?中退後の選択肢も紹介」で説明していますので、ご一読ください。

大学を中退すると就職に不利でしょうか?

大学を中退した方の就職は厳しいといわれています。
なぜなら、新卒採用枠ではなく、中途採用枠での応募になってしまうから。中途採用では経験者や即戦力を求めることが多いため、中退者にとってハードルが高くなる場合もあります。そのほか、「大学中退後の就職って不利?」にて就職活動での注意点に触れていますので、詳しく知りたい方は参考にしてください。

どのような就職先があるのか知りたいのですが…

大学中退者におすすめの就職先は、「技術が身に付く専門職」です。具体的には「税理士」「公認会計士」といった資格ありきの職業や、需要の高まっている「エンジニア」「介護」などの仕事。いずれにしても、会社の規模や業界ではなく、「職業」で選ぶと就職先の選択肢が広がります。詳しくは「大学中退者向けの求人とは」のコラムをご参考ください。

大学を中退した場合、学歴は何になる?

大学中退者の最終学歴は「高卒」です。
最終学歴については「中退した場合の最終学歴は?就活で不利にならない方法を紹介」で説明しています。中退は最終学歴という扱いにはなりませんが、履歴書に記載しなくてはならない項目です。詳しくはこのコラムの「大学中退した人の履歴書の書き方」をチェックしてみてください。

面接で中退理由を伝えるときのポイントは?

面接で中退理由を聞かれたら、本当の理由をきちん答えましょう。
「学業不振」などの理由であっても、隠さずに伝えることが大切。中退理由がネガティブな場合は、反省点や努力していることを織り交ぜながら、就職への熱意をアピールすると好印象につながります。
中退理由がうまくまとめられずにお悩みの方はハタラクティブにご相談ください。面接対策や応募書類の添削で内定までバックアップします。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    おすすめ記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ