1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 大学中退は親不孝?親の説得方法と身の振り方を解説!

大学中退は親不孝?親の説得方法と身の振り方を解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・大学中退が親不孝にならないよう、親への感謝を忘れないこと
    ・親不孝ではないかと心配せず、親としっかり話し合うことが大切
    ・親不孝にならないために、中退後の進路については綿密な計画を立てる
    ・大学中退後に就職する場合には、空白期間が延びないよう注意する
    ・大学中退後、正社員を目指す場合には第三者に相談するのが有効

大学中退は親不孝?親の説得方法と身の振り方を解説!の画像

大学中退を考えているけれど、「親に申し訳ない…」「親に何て言われるだろうか」と思い悩む方もいるのではないでしょうか。しかし、「せっかく入れてくれた大学を中退するなんて…」と自分を責める必要はありません。親に対する感謝を忘れずに、自分の考えを明確に親に伝えましょう。親不孝にならないためにも、中退後の進路を自分でしっかり決めてから相談するのがポイントです。


監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

大学中退したい…親不孝になる?

ここでは、大学中退に対する親の反応について解説します。


親不孝にならないよう親への感謝を忘れないことが大事

まず、多額の費用を負担して大学へ行かせてくれたことを素直に感謝しましょう。親にとってはあなたの将来を思っての行動です。
親不孝とは親への感謝を忘れ、傷つけること。大学中退によって一時的に親にショックを与える可能性はありますが、「大学を中退したこと」自体を親に申し訳ないと思うのではなく、親があなたの将来を思ってしてくれたことを意識するのが大事です。「どうしても大学が合わない」「大学にいても自分の望む将来が得られない」と思うのであれば、思い切って親に相談してみましょう。


親に自分の気持ちを正直に話してよく相談しよう

「親は自分の気持ちを分かってくれないかもしれない」「ショックを受ける様子が見たくない」といった理由で、なかなか親に相談できずにいる方もいるかもしれません。
しかし、本当の気持ちを隠して親に何も話さなかったり、嘘をついたりすると、あなたを思う親はとても悲しみます。親に自分の重要な決断を話すのはとても勇気がいり、親の反応を見るのも恐いと思う方もいるでしょう。それでも、淡々と自分の気持ちを素直に話してください。真剣な気持ちで話すと親も耳を傾け、真剣に受け止めてくれるでしょう。


大学中退に対する親の3つの反応

親の考え方や性格によって、大学中退に対する反応も違ってきます。ここでは、想定される主な反応を3つまとめました。


経歴を気にする

大学中退への親の反応を気にする方は、この部分に対する不安が一番大きいのではないでしょうか。
「とりあえず大学は出てほしい」など学歴を気にしたり、子どもが今後進路をどうするのかを不安がり、中退へ否定的な考えを持っていたりする場合があります。
自分がなぜ中退を選ぶのか、その後どうするのか、中退するのが自分にとって経歴を上回るメリットがあるのを理論立てて伝えましょう。


本人が決めた意志を尊重してくれる

本人が決めたことだからと、親の意向や気持ちよりも意志を優先してくれます。自分の選択に理解を得られるうえ親とも揉めないので、一番望ましい反応といえるでしょう。
親の方針や性格によりますが、親が本当はどういう気持ちなのかは子どもにとって分からない部分も多いもの。「分かってくれなさそうだな…」と思っても、思い切って話してみたら意外にも尊重してくれたという場合もありますので、まずは相談してみると良いでしょう。


あまり構わない

そもそも、子どもの進路にあまり構わないという親もいます。本人が大学に行きたいと言えば行かせてくれ、中退したいと言えば承諾するので、子どもにとっては親が何を考えているか分からない部分もあるでしょう。
基本的に子どもの自由にさせるという場合もあれば、無関心という場合もあります。大学へ進学させてくれたことや、自分の自由にさせてくれることへ感謝しつつ、これからの身の振り方を考えましょう。


話を伝える順序はどうする?

大学中退は、自身の進路における大きな決断。それだけに、親に相談する際には準備を万全にしておくことが大切です。しっかり準備をしてから話をすると、それだけあなたの真剣さが親に伝わります。


まず理由を明確にする

まず、「せっかく入学した大学をどうして中退するのか」について、自分の中で理由をはっきりさせましょう。紙に書きながら考えをまとめるのもおすすめです。自分の思考が分かりやすいうえ、親に説明するときの参考資料にもなります。
親に相談するまえに、自分の中での理由をしっかり明確にしておきましょう。うまくまとまらないまま話をすると、親に質問されたときにうまく答えられません。話がうやむやになったり、本気だと受け取ってもらえなかったりすることがあるので、注意しましょう。


話のついでではなくアポイントを取る

家族なので一緒に住んでいたり、すぐ連絡が取りやすかったりする場合もあるでしょう。しかし、家族だからと軽んじず、大事な話だという姿勢を見せるのが重要です。
さりげなく切り出すよりは、アポイントを取ったほうが「重要な話なんだ」と親の方も心の準備ができます。親の心の準備ができていないまま大切な話をしてしまうと、動揺させてしまう可能性も。
親のほうも心にもないことを言ってしまったり、冷静ならしないようなことをしてしまったりすることもあります。相手の気持ちを考え、タイミングを見計らって行動しましょう。


中退したい主な理由は?

「他の勉強がしたくなった」「人間関係が辛い」「進級できずやる気を失ってしまった」など、人によって中退したい理由はさまざま。
まず、自分の中で主軸となる理由を明らかにします。例えば「他の勉強がしたくなった」が主な理由なら、「どうしてその勉強に興味を持ったのか」「今の学部・学科に通いながらできないのはなぜか」「その勉強をしたあと、どういう進路を考えているのか」「その進路は今のところどのくらい実現可能か」など、その理由を裏づける内容を挙げていきます。できるだけたくさん見つけると説得力が増すので、思いつく限り挙げてみましょう。


大学中退の手続きは?

次に、今の大学を中退するときにどんな手続きが必要なのか調べておきます。漠然と「辞めたいな…」という気持ちでなく、具体的に中退という行動に移すビジョンを持つうえでも大事です。
また、大学側は一度退学させると元に戻せないので、学生が親の了承を得ているかをしっかり確認します。基本的には、親の承諾なしに退学手続きを進められないので注意しましょう。


親の了承を得る

まず、前項で説明したように、親に相談して中退の同意を得てください。退学届には親のサインと印鑑を押す欄があり、学生が勝手に出さないよう、サインは違う筆跡のもの、印鑑も別のものを指定される場合が多いです。
また、親の承諾を本当に得ているか確認するため、親へ電話をしたり、親との面談を設定したりする大学もあるので、必ず親に話を通しておきましょう。


退学届を貰いに行く

次に、大学の事務室に退学届を貰いに行きましょう。
書類を渡され、併せて書き方の説明を受けます。この際に、事務員と少し面談をしたり、指導教授との面談日時を指定したりすることも。事務室に直接行くことが難しい場合は、郵送してくれたり、大学のホームページからダウンロードできたりすることもあるので、確認してみましょう。


退学届を書く

退学届には、以下のような項目を記載します。


学籍番号
学部・学科
学生の氏名・住所・電話番号・印鑑
親(保証人)の氏名・住所・電話番号・印鑑
退学する理由
退学希望日
指導教授の承認印

退学する理由を詳しく書いても構いませんが、書類では「一身上の都合」とする場合が多いです。面談の際に詳しく説明を求められますが、大学によっては書類の段階で詳しく記載するよう求められる場合があるので、詳細を書けるようにしておきましょう。
面談を行う

事務室を通じて指導教授にアポイントを取り、教授の研究室などで面談を行います。大抵の場合、怒られたりすることはなく、退学理由をしっかり説明すると承認印を押してくれるでしょう。
成績優秀な場合や経済的理由で退学する場合には、返済不要の奨学金を紹介してもらえることもあるので、教授の話はしっかり聞いておいてください。

大学中退する4つの原因と理由

それでは、大学を中退する原因と理由にはどのようものがあるのでしょうか。


1.経済的理由

勉強を続けたくても学費が工面できず、退学せざるを得ない状態です。
この場合は、退学を考える前に学校側に改めて相談するのをおすすめします。また、退学届を提出する際に、大学の学生課や指導教授との面談などで奨学金に関する案内を受けられることも。在籍し続けられる可能性がないか、できるだけ周囲に相談してみると良いでしょう。


2.学校生活に適応できない

友人ができずクラスに馴染めなかった、大学生活に意味を見いだせなくなったなどが主な原因です。大学に入ってもずっと1人だと、大学の講義内容に興味がなければ通い続けるのは難しいでしょう。特に、大学受験で自分の希望の学部・学科でないところに入った場合、不満を抱きやすい傾向があります。
また、「周囲が進学するから」「親が大学に行けと言ったから」など、進学が自身の決断でない場合は、何のための大学生活なのか分からなくなってしまうことも。そのため、意味なく通い続けることができず、退学したいと考えるようになります。


3.学業不振のため

進級する際の成績が悪い、必要な単位が取れていないなど、進級できないことが確定になったとき、「友人と離れてしまうのが嫌」「もう一度同じ学年をするのが嫌」といった理由で中退を選ぶ方も。また、留年する場合には同じ内容をもう一度勉強しなくてはならないので、うんざりしてやる気をなくしてしまうこともあるでしょう。そのため、退学という選択をする方もいます。


4.他の大学・学部への転学

他にやりたい勉強が見つかったからという理由です。ポジティブな理由で、中退後のビジョンが明確であることが多いので、その後の進路も比較的スムーズに行きやすいといえるでしょう。
しかし、漠然とした目的意識では、退学後「こんなはずじゃなかった…」という後悔することも。後悔しないよう、退学後のビジョンを明確に描くことが必要です。

どのような理由でも、まず中退後どうするのかを明らかにすること。
すぐに中退を決めなくても、休学という選択肢もあるので、中退するかどうか迷ったらまず親に相談してみましょう。


参照元
文部科学省
『学生の中途退学や休学等の状況について』p.4

大学中退のメリット・デメリット

それでは、大学中退にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。


メリット

まずは、中退した際のメリットについてご紹介します。


経済的負担が減る

最大のメリットとしては、経済的負担が減ることでしょう。
大学の学費は一般的に高額なので、それだけ支払っている親に負担をかけている面があります。学費の支払いがなくなるので、これまでより経済的に楽になるでしょう。
また、奨学金を借りている場合、将来に返還しなくてはならない分が減るのもメリットといえます。


自由な時間が得られる

今まで大学に行っていた時間を自由に使えるようになります。気が進まないのに漠然と大学に通っているよりは、少し休んだり、これからの進路に備えて勉強をしたりと時間を有意義に使えるのがメリットといえるでしょう。


デメリット

次に、中退のデメリットについて見ていきましょう。


最終学歴が高校卒業になる

大学を卒業していないので大学卒業(学士)の資格を得られず、最終学歴が高校卒業になります。一般的には、大変な大学受験を経て入学したのにもったいない…という認識を持たれることがあるでしょう。


大卒が条件である企業の求人が受けられない

企業の求人条件で、大学卒業を要件とするものは受けられないので、高卒向けの求人のみになります。それだけ受けられるチャンスが減ってしまうのがデメリットといえるでしょう。


就活などで中退の説明を求められる

就活の際、履歴書の学歴欄に「中途退学」と書くことになりますが、採用担当者からどうして中退したのかについて必ず聞かれます。中退したことにマイナスのイメージを持つ担当者は少なくないので、納得いくような説明を求められるでしょう。


親不孝にならないために…進路はどうする?

大学中退したあとに親を悲しませないためにも、進路をどうするかについて早めに考えておきましょう。ここでは、大学中退後に考えられる進路について解説します。


専門学校

専門性を持った仕事に興味がある場合、専門学校に行くという道があります。自分のつきたい職業にはどんな勉強や資格が必要なのかをよく調べてみましょう。学費がかかることなので、費用はどうするのか親と話し合うことが大事です。


他大学

他の大学に入学、転入する方法です。編入を希望する際には、どの大学がどんな編入を受け入れているか、どんな対策が必要なのかについて、よく調べてから行動に移しましょう。


就職

就職を考えているなら、空白期間ができるだけ生じないよう早めに活動を開始しましょう。すぐに就職しなかった場合、内定を得られるまでの期間は延びる傾向があります。そのため、空白期間をできるだけ作らない、早く就職を決めるという意識を持つことが大事です。


正社員で就職したい!大学中退者の就職状況は?

それでは、大学を中退した人の就職事情はどのような状況にあるのでしょうか。「独立行政法人 労働政策研究・研修機構」の研究データをもとに解説します。


中退したときの就職までの期間はどのくらい?

それでは、大学中退した方が、その後どのくらいで就職を決めているのかについて見ていきます。


大学中退者は卒業者に比べて就職までの期間が長め
</>2012年の調査によると、中退してから3ヶ月以内に就職した人の割合は24.3%です。
3年以内が28.2%で、3年以上経過してからの7.0%と期間不明の14.1%も含めると、中退してからすぐに就職しなかった人は全体の49.3%にのぼります。大学中退して就職した人のうち、半数近くが就職にある程度時間がかかっていることが分かるでしょう。
中退後すぐに正社員として就職できる?

それでは、中退したあとすぐ正社員として就職した人の割合はどのくらいでしょうか。
中退から3ヶ月以内に正社員として就職した人は10.4%。大学卒業してすぐ正社員として就職した人の割合が55.5%と半数以上を占めるのに比べ、ぐっと少ない数字になっています。このことから、中退後すぐに正社員として就職するのは、比較的難易度が高いといえるでしょう。


最初非正規社員でも、そのあと正社員になれる?

大学中退後に非正規で就職した人たちのうち、その後正社員になったかどうかを表すデータがあります。データによると「他形態(非正規)から正社員」「正社員移行なし」の人の割合は45.7%にのぼり、一度非正規で就職したあと、半数近くが非正規雇用のままという結果です。
また、中退者は卒業者と比べると明らかに正社員の割合が少なく、非正規や無職の状態が多くなっています。これらのデータから、中退者が非正規から正社員になるのは、難易度が高い状況であるといえるでしょう。

参照元
独立行政法人 労働政策研究・研修機構
『大学等中退者の就労と意識に関する研究』p.19,21,24,25

大学中退しても正社員で就職するための方法

大学中退したあと、正社員で就職ができるのか心配という方も多いでしょう。ここでは、大学中退後に正社員として就職するための方法について解説します。


正社員としての就職は可能!

「大学中退では正社員の職がないのではないか」という方も多いのではないでしょうか。
確かに、大学を卒業した場合に比べて経歴が不利になるのは否めません。しかし、正社員への道が閉ざされているというわけではなく、正社員としての就職は可能です。


まずはリサーチが大事

事前にどんな企業を受けるのか、情報収集をしましょう。自分が今どんな仕事に興味があるのか、どんな企業があるのかについてじっくり考えることが大事です。また、その企業がどんな人材を採用したいのか、未経験者も採用しているのかなどもチェックしましょう。


年齢が若ければポテンシャル採用が狙える

大学中退して間もない場合、年齢が若いのでポテンシャル採用が期待できます。ポテンシャル採用で一番重要視されるのは、その会社で頑張ろうという姿勢ややる気です。経歴を気にして後ろ向きな気持ちでいたり、覇気がなかったりすると、年齢が若くてもやる気がないと思われてしまうので注意しましょう。


新卒採用?中途採用?

大学中退の際には、新卒採用になるのか中途採用になるのか迷う人もいるのではないでしょうか。中退者の場合は大学を卒業していないので、新卒扱いにならず、中途採用になります。


大学中退後の就職活動をどう進める?

それでは、大学中退後の就職活動はどのように進めればいいのでしょうか。


履歴書の書き方

まず、履歴書の書き方を押さえましょう。


最終学歴

最終学歴は高校卒業になります。履歴書の学歴欄は、

〇〇年◯月 △△高等学校 卒業
〇〇年◯月 △△大学 ◯◯学科 入学
〇〇年◯月 △△大学 〇〇学科 一身上の都合により中途退学

といった書き方になります。


大学中退は面接官にどんな印象を与える?

大学中退といった経歴は、面接官にどんな印象を与えるのでしょうか。面接官にとっては、「大学中退した理由は何だろう?」ということがまず気になります。経歴自体が不採用の決め手となることはさほどない傾向がありますが、「物事を長く続けられない人なのだろうか」「諦めてしまいがちなのでは…」という先入観を持って見られることがあります。
「なぜ大学を中退したのか」については、面接で最初に聞かれる内容といっても過言ではありません。そのため、明確で他の人を納得させるような回答を考えておく必要があります。


大学中退した人におすすめの職種

ここでは、大学中退した人におすすめの職種について解説します。いわゆる未経験OKの職種を選ぶのが近道だといえるでしょう。

事務職

事務職は未経験OKというところも多いです。
また、事務スキルを身につけるために職業訓練校に行くのを検討してみても良いでしょう。


営業職

営業職は、未経験からでも挑戦できる仕事です。
クライアントごとに違う対応を求められるので、相手の話をよく聞き、相手の求めているものを理解して分かりやすく伝えられるスキルが必要。人と接することが好きなら比較的向いているといえるでしょう。


公務員

公務員は年齢制限を満たしていれば受験できるところが多く、門戸が広く開かれています。
公務員試験の試験範囲は広いため、腰を据えた勉強が必要ですが、いろいろな職種があるのでチェックしてみると良いでしょう。


プログラマー

未経験でも根気ややる気が見られれば、採用される可能性があります。覚えることが多く大変な仕事ですが、分からないことを吸収していこうとする姿勢や、根気よく続ける姿勢が大事です。
未経験の場合、採用時点ではプログラミングスキルはそれほど重視されない傾向があります。しかし、実際にプログラミングに興味があるか、続けていけるのかが重視されるので、勉強している姿勢や、アプリの制作に取り組んでいるなど、実際に動いている姿勢をアピールしましょう。


サービス職、販売職

相手のニーズに合わせた対応や、複数のことを同時に進められる能力が必要ですが、未経験から挑戦できる仕事です。人とのコミュニケーションが好きな人、相手の気持ちを思いやれる人に向いています。要領の良さが求められますが、少し自信がない場合はやる気や勉強していく姿勢をアピールすると良いでしょう。


大学中退後の就活は就職支援サービスの利用がおすすめ

大学中退後、1人で就活を進めるのに不安を感じる方もいるのではないでしょうか。
経歴が気になったり、選考対策を受ける機会がなかったりと、就活に対して不安や孤独感を感じることもあるでしょう。そんなときには、就職支援サービスを利用するのをおすすめします。就活の進め方や選考対策など、様々なサービスが受けられるのが特徴です。


ハローワーク、ジョブカフェ

ハローワークは国の、ジョブカフェは都道府県の管轄の就職あっせんサービスです。地域ごとにあり、気軽に利用できるのが特徴です。
その地域の求人情報を多く持っており、地元で仕事を探している人には心強いといえるでしょう。しかし、幅広い人材が利用するので、第二新卒や転職者といった経験者と同じ土俵に立つことになります。そのため、少し不利になることがあるでしょう。


就職エージェント

就職エージェントは民間企業が運営する人材紹介サービスです。エージェントごとに特色があり、扱う求人の量や専門性に違いがあります。民間企業のサービスは、利用者への丁寧なヒアリングに基づいて、利用者に合った仕事を絞り込んで紹介してもらえるのがメリットです。


大学中退後の就活でお悩みの方はハタラクティブにご相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは若年層に特化した就職エージェント。専任のキャリアアドバイザーが丁寧にカウンセリングを行い、200社以上の優良企業からあなたに合った求人を厳選してご紹介します。
「自分にはどんな仕事が向いている?」「経歴に自信がない…」など、就職に関するどんなお悩みもアドバイザーにお聞かせください。ご利用者様と一緒に向いている仕事やキャリアの方向を考えていく、一人ひとりに寄り添ったサービスが特徴です。
ハタラクティブのキャリアアドバイザーと一緒に、ご自分に合った仕事を探してみませんか?

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?