1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 大学中退率増加! 中退者が正社員として就職するために大切なこと

大学中退率増加! 中退者が正社員として就職するために大切なこと

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

大学中退者に一番多いのが『経済的な理由』

大学中退率が年々増加傾向にあります。
中退の理由についてはさまざまですが、文部科学省が実施した学生の中途退学や休学などの状況についての調査によると、平成24年度の中途退学者の総数は全学生の2.65%で、そのうち経済的な理由が最多の20.4%を占めています。
平成19年度の調査では経済的理由は14.0%であり、奨学金や授業料免除などを拡充しても、わずか5年で約6%も増加しています。
参照元:学生の中途退学や休学等の状況について http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/10/__icsFiles/afieldfile/2014/10/08/1352425_01.pdf

大学に通うためにかかるお金は多額であり、家庭で捻出できなくなってしまったお金を学生自らが工面するのはさらに困難です。
しかし、その一方で就職活動においては、その『中退』という2文字が大きな足かせになるケースも少なくありません。
特に大手企業では中退者というだけで書類選考のふるいにかけられてしまいます。
どうすることもできない経済的な理由によって大学中退を余儀なくされ、社会人として働こうとしても就職活動で格差を感じなければならない若者が増えているのです。
それだけでなく、大学在学者の就職活動は同期の仲間たちや大学のキャリアセンターの支援などの心強い味方がいますが、中退者は就職活動という大きな壁を自分一人で乗り越えなければなりません。
そのようなマイナスの状態からゼロへ、そしてプラスへと自力で登っていかなければ就職活動を成功させるのは難しいのが中退者の現状です。

中退者が就職活動で心がけること

中退者が就職活動を成功させたいなら、有名な大企業を志すのではなくポテンシャル重視の企業に狙いを定めることをおすすめします。
そのような企業は、学歴よりも人物そのものの素質や熱意を見てくれます。

そして一番重要なのは、中退したことをネガティブ要素にしないということです。

履歴書でも面接でも、中退のエピソードに前向きさをプラスしましょう。
特に履歴書は企業と応募者が向き合うファーストコンタクトの場。中退ということをあまりアピールしたくないというのが心情ですが、求人担当者はよりよい人材を求めているため履歴書はしっかりチェックします。
しかも一度履歴書を送ってしまえば補足を伝えることもできません。そのことを念頭におき、履歴書でも中退をネガティブな印象にしないように努めましょう。

面接の機会を与えられたら、面接官から聞かれそうな質問の対策をしっかり行いましょう。
面接では『中退に至った理由』や『中退したことについてどう思っているか』などを聞かれることが多いので、その点をきちんとまとめておくのは必須です。さらに言えば、中退エピソードの締めくくりは前向きさがカギになります。
ただこんな理由で中退しましたと事柄のみを伝えるのではなく、『中退してしまったがゆえに、こんなことを努力した』『中退しても自分にはこんな強みがある』といったポジティブさを強くアピールしましょう。
中退のエピソードがうまく伝えられて面接の場が和んだとしても、入社後どのような働きをしたいかという最もポイントになる部分が曖昧では、一気にしらけてしまいます。
若い応募者の場合にはポテンシャル採用も大いにあり得るため、熱意をしっかり伝えるようにしましょう。

中退から就職活動をする際はリサーチや分析、自己PRなど、さまざまな能力が必要になるため、自分だけで頑張ろうとせずプロに頼りましょう。
若年層に特化した就職支援サービスの『ハタラクティブ』は社会人経験ゼロでも大丈夫。就活アドバイザーがマンツーマンで就職活動のあらゆるお悩みに応えてくれます。プロを味方につけて自信を持って就職活動に臨んでください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる