大学中退は履歴書にどう書く?書かないのはアリ?好印象になる書き方まとめ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 大学中退は履歴書にどう書く?書かないのはアリ?好印象になる書き方まとめ

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・大学中退は事実なので、履歴書には必ず記載する
    ・理由は履歴書には書かなくても良い
    ・企業は、履歴書の「大学を中退した」という経歴だけで求職者を評価するわけではない
    ・ネガティブな理由で大学中退しているなら、ポジティブに伝えて前向きな印象を与える
    ・大学中退から就職を目指すなら、「学歴不問」「未経験者歓迎」の求人がおすすめ

大学中退は履歴書にどう書く?書かないのはアリ?好印象になる書き方まとめの画像


就活において、大学中退の経歴はどういった印象を与えるのでしょうか。ほとんどの方は「マイナスイメージ」「途中で投げ出す印象」と考えており、履歴書に書くのを避ける方もいるようです。しかし、履歴書に嘘を書けば立派な経歴詐称。正しい経歴を記載して、マイナスイメージを払拭する伝え方を知れば、中退歴があっても満足できる就職が叶います。このコラムで正しい書き方と、好印象につながる伝え方を確認しましょう。


大学中退を履歴書に書かないのはあり?

結論から述べると、実際に中退しているなら履歴書にも「中途退学(中退)」を書く必要があります。


書かないと経歴詐称になる

そもそも履歴書とは、その人の経歴や資格を確認するための正式書類。正式書類なので正しい情報を記載する必要があり、中退なのに卒業などの嘘を書けば経歴詐称になります。
「書かなければ良いのでは?」と考えて、学校名と学部名だけを書くのも良くありません。履歴書の学歴は「入学」や「卒業」など結論まで記載するのがルールですし、記載がなければ必ず面接で問われます。


中退者の最終学歴

最終学歴とは、その人が卒業した学校のうち、最も高い教育機関を指す言葉。多くの方が「最後に行っていた学校」と認識していますが、これは間違いです。
上記に沿うと、大学を中退している方の最終学歴は「高校卒業」。ただし、就活や履歴書においては空白期間ができてしまうので、「大学中退」まで書くのが一般的です。


中退の「理由」は書くべき?

中退理由を書くかどうかは、「理由による」でしょう。たとえば、中退の理由が「ほかに勉強したいことを見つけた」「海外留学」「親族の介護」「経済的理由」といった前向き/やむを得ない理由なら、記載したほうが企業の理解を得やすくなります。
「人間関係」「単位を落とした」「なんとなく」などの理由はマイナス印象が強いため、あえて書く必要はありません。「一身上の都合により」と記載しましょう。


大学中退は就職に不利なのか

ほとんどの企業では、大学中退という経歴だけで選考結果を判断していません。経歴よりも人柄やポテンシャルのほうが働く上で重要ですし、中退に至った背景は人によって異なるもの。その点は採用のプロである採用担当者も十分理解しているでしょう。


大学中退者の実態

2014年に文部科学省が発表したデータによると、同年度で2.65%の学生が中退を選択しています。学生数でいうと、およそ8万人。ただし、このデータは大学生に限らず、短大と高等専門学校も含みます。それでも多くの方が中退していることが分かるでしょう。


企業の抱く印象

中退に対して、「途中で投げ出す人」「意志の弱い人」といったマイナス印象を抱く方がいるのは事実です。しかし、企業の採用担当者に限ってはその限りではないでしょう。
先に触れたように、中退に至る経緯や背景は、すべてが「途中で嫌になったから」「単位を落としたから」といった理由ではありません。多くの求職者を見てきた採用担当者であれば、やむを得ない事情や前向きな理由で中退した例も多く見ています。ただし、マイナスイメージを払拭するには、正しいマナーや相手が納得する中退理由を伝えることが大切。「中退しても仕方がない人」と思われないよう注意をはらいましょう。


大卒と中退の違い

大卒と大学中退で大きく異なるのは、前項で述べた「最終学歴」です。中退の場合は、「大卒以上」を応募条件としている企業・職種に応募できません。
また、同じ企業に就職しても、基本給や昇格スピードが異なる例は多いようです。


参照元:
文部科学省 - 学生の中途退学や休学等の状況について


大学中退の書き方

ここでは、大学中退を履歴書に書く方法を紹介します。経歴別にまとめているので、履歴書作成のご参考にしてください。


大学中退の例

理由なし

2013年4月 東京都立△△高等学校 入学
2016年3月 東京都立△△高等学校 卒業
2016年4月 △△大学◯◯学部××学科 入学
2018年6月 △△大学◯◯学科××学科 中途退学


理由あり

2013年4月 東京都立△△高等学校 入学
2016年3月 東京都立△△高等学校 卒業
2016年4月 △△大学◯◯学部××学科 入学
2018年6月 △△大学◯◯学科××学科 中途退学
                 家庭の事情により退学


中退後に再入学した例

2013年4月 東京都立△△高等学校 入学
2016年3月 東京都立△△高等学校 卒業
2016年4月 △△大学◯◯学部××学科 入学
2018年6月 △△大学◯◯学部××学科 中途退学 経済的な事情のため
2020年4月 △△大学◯◯学部××学科 再入学


再入学とは、中退や除籍などで辞めた大学に入学し直すこと。大学によって再入学の条件は異なるので、検討している方は在籍していた学校に問い合わせましょう。


中退後に進学した例

2013年4月 東京都立△△高等学校 入学
2016年3月 東京都立△△高等学校 卒業
2016年4月 △△大学◯◯学部××学科 入学
2018年6月 △△大学◯◯学部××学科 中途退学
2019年4月 ◯◯専門学校△△科 入学(新入生として進学した場合)
      ××大学△△学部◯◯学科 編入学(編入生として進学した場合)


編入は再入学とは異なり、もともと在籍していた学校とは別の学校に入り直すこと。これまでの高等教育機関で得た単位を引き継ぐ形で、2年次ないし3年次から通うのが「編入」です。1年次から「新入生」として進学した場合は編入ではなく入学になるので注意してください。


中退後に就職した例

2013年4月 東京都立△△高等学校 入学
2016年3月 東京都立△△高等学校 卒業
2016年4月 △△大学◯◯学部××学科 入学
2018年6月 △△大学◯◯学部××学科 中途退学


中退後に正社員として就職た場合は、職歴欄に入社時期や社名、仕事内容などを記載します。


面接で大学中退について聞かれたら

面接で中退理由を聞かれたら、正直に伝えるのが鉄則です。しかし、すでに述べたようにありのままを伝えるとマイナスイメージにつながる可能性もあるため、以下の4つの注意点に気をつけて回答してください。


1.ポジティブな回答をする

中退に対するネガティブな印象を払拭するために、ポジティブな理由を伝えます。単位を落としたのなら、「単位を落とした理由」「中退経験から得たもの」を述べると前向きな印象になるでしょう。また、やむを得ない理由については無理にポジティブな表現にする必要はありませんが、「現在は完治していて業務に支障はない」「現在は施設に入所しているので介護の必要はなくなった」など、働くにあたって支障がないことは伝えます。


2.ダラダラと説明しない

中退理由は、はっきりと結論を伝えることが大切です。ダラダラと説明すると言い訳に聞こえてしまい、良くない印象になることも。中退の事実を認めたうえで、反省点や改善点、今後の展望を伝えるのがおすすめです。


3.嘘をつかない

繰り返しになりますが、経歴を偽るのは違法行為に当たります。また、ネガティブな中退理由だから…とやむを得ない理由に変えて伝えるのも避けるべき。嘘の露見を恐れて長い説明をすれば「なにか隠しているのでは」と疑念を与えかねませんし、深堀りした質問に答えられずに嘘がバレる可能性があります。嘘がバレると、信頼を失い合否にも影響を及ぼすでしょう。


4.志望動機と結びつける

採用担当者は、「なぜ中退したのか」「中退は必要だったのか」を知りたいと予想できます。また、同時に「仕事もすぐに投げ出さないか」「適当に仕事選びをしていないか」を懸念。これを踏まえて、「大学では人間関係の築き方で悩んで中退したが、アルバイトを通して人との関わりの大切さを知った。大学中退の経験を活かし、信頼関係が求められる人材業界に挑戦したい」など、中退理由を志望動機と結びつけると相手が納得しやすくなります。


志望動機と中退理由が結びつかない場合

志望動機と中退理由に関連性がない場合は、「明確な目標を持って努力してきた」ことを伝えましょう。また、大学生活やアルバイトのなかで学んだことが志望動機につながることも。「アルバイトをするなかで◯◯に興味を持ち、1日でも早く◯◯業界で活躍したかったので中退した」「大学の勉強に興味を持てず、改めて興味のあることを考えたら◯◯だった。独学で学んで資格も取得したので、御社に貢献できると考えた」のように、前向きに頑張る姿勢をアピールしましょう。


大学中退者におすすめの就職先3選

最後に、大学中退から就職を目指す方におすすめの求人条件をご紹介します。以下を参考に、ご自身に向いている仕事を見つけてみませんか?


1.未経験歓迎

「未経験歓迎」と記載されている求人は、研修制度が整っていることが期待できます。未経験からスタートできるので、職歴やスキルを求められることも少ないでしょう。


2.学歴不問

学歴を問わずに募集をしているので、もちろん大学中退の方も応募できます。その人の持つスキルやポテンシャルを評価されるので、大卒者より活躍することも可能でしょう。


3.人手不足

人手が足りないので、条件に合う人なら採用される可能性が高いです。貴重な働き手に対して好条件を提示したり、昇進スピードが早かったりする企業も見られます。


就職先でお悩みなら、大学中退/既卒/第二新卒に強い就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブがご紹介する求人の多くが、学歴不問/未経験歓迎。これまでにサービスをご利用いただいて就職を叶えた方のインタビューはこちらでご確認いただけます。
また、求人のご紹介だけでなく、自己分析や書類作成などもサポート。専任アドバイザーと一緒に就活対策を行いましょう。まずは就職相談から。お気軽にハタラクティブにお問い合わせください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ