大学中退者は成績証明書が必要?就職時に提出する書類について解説

大学中退者は成績証明書が必要?就職時に提出する書類について解説の画像

この記事のまとめ

  • 大学中退者の履歴書の記載の正しさや応募者の適性を見極めるために成績証明書が必要
  • 成績証明書以外にも、退学証明書や在籍証明書などによって大学中退を証明できる
  • 大学中退後に経過した時間や退学の理由によっては、成績証明書が取得できない
  • 成績証明書を見せるのが嫌な場合でも、偽造や改ざんは絶対にしてはいけない

大学中退で就職活動をしていると、企業から中退を証明する書類や成績証明を求められることがあります。このコラムでは、大学中退者の方に向けて、どのように成績証明書を取得するかについて解説。また、大学中退者が自分の学歴を証明するために利用できる別の書類についてもまとめているので、就職活動をこれから始める方はチェックしてみましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

大学中退の就活で成績証明書が求められる理由

大学中退後に就職活動を行う場合、在学情報や適性の確認を目的に、成績証明書が求められることがあります。すべての企業で必要になるわけではありませんが、書類の依頼が来ても焦らないよう、企業が成績証明を求める理由を把握しておきましょう。

履歴書の記載が正しいか確認するため

企業が大学中退を証明する成績証明書の提出を求める背景には、履歴書の記載が正しいのかを確認したいという考えがあります。
大学を中退すると最終学歴は高卒となるため、最終学歴を証明する書類は高校の卒業証明書となるでしょう。しかし、大学中退と履歴書に記載した場合、その経歴が事実かどうかを確認するために成績証明書などの書類の提出が求められる可能性があります。

応募者の適性を見極めるため

就活で大学中退の成績証明書が求められる別の理由は、応募者の適性を見極めるためです。
転職活動でそれまでの経験やキャリアが重要な要素となりますが、若年層の場合は十分なキャリアやスキルを持っていないことは珍しくありません。そのようなケースでは、応募者がどのようなことを学んできたのか、どんな適性を持っているのかを企業側が見極めなければなりません。
もちろん、入社後に適性を見極めていくこともできますが、大学中退の成績証明書を提出してもらい、応募者がどのような知識や経験を持っているのかを確認するようです。

公務員試験は成績証明書などの提出が求められる
公務員試験を受験する場合にはかなりの確率で提出が求められます。公務員は極めて公共性の高い仕事のため、一般企業以上に学歴詐称を厳しくチェックしているようです。
公務員法によって学歴を始めとする差別によって採用の可否を決めてはいけないと定められているので、学歴の確認に使用するわけではありません。

大学中退者の就活で成績証明書が求められる理由についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「既卒の就活でも必要?成績証明書を提出する意味とは」もご覧ください。

大学中退を証明できる4つの書類

大学中退を証明できる書類には、成績証明書以外に「退学証明書」「在学証明書」「除籍証明書」があります。
就職を希望している企業から提出を求められた際に焦ることがないよう、どんな書類が必要なのか確認しておきましょう。大学中退を証明できる4つの書類についてご紹介します。

1.退学証明書

大学中退を証明できるもっとも一般的な書類が「退学証明書」。退学手続きが完了すると発行が可能になります。
退学証明書には氏名や生年月日、入学日、退学日、学部名などが記載されています。一方、退学理由については記載されません

2.在学証明書

在学証明書とは、その学生が大学に在籍していることを証明するものです。中退の証明には使用できないので注意してください。
大学中退を予定しているものの先に就活を行っていたり、退学手続きを終える前に企業から書類提出を求められたりしたときに利用します。中退の手続きが完了したら、改めて退学証明書などが必要になることも。なお、在学証明書には氏名や生年月日に加え、入学日や各部名などが記載されています。

3.成績証明書

成績証明書は、在学中の成績や取得単位を証明してくれます。企業が成績証明書の提出を求めることはまれですが、何らかの理由で退学証明書がもらえない、あるいは間に合わない場合には成績証明書で代替できるでしょう。
成績証明書からは、学んできた分野や学業への取り組み方を読み取れるので、内定後に提出を求める企業もあるようです。

4.除籍証明書

除籍証明書とは、何らかの問題を起こして大学から除籍されたことを証明するものです。大学を中退した証明とはなりますが、何か問題があったことが企業側に知られてしまうというデメリットがあります。
なお、除籍証明書を扱わない大学も多いようです。その場合は在籍期間証明を利用しましょう。

企業によって必要な書類が異なる
大学中退して就職する場合、企業によって求められる書類は異なります。
一般的には退学証明書の提出が求められますが、企業の知りたい情報によって成績証明書などが求められることも。必要書類についてはできるだけ早めに確認して手続きを始めるのがよいでしょう。

大学中退者が求められる可能性のある書類についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「最終学歴が中退の場合、履歴書の書き方はどうする?」もご覧ください。

大学中退の成績証明書を取得する際の注意点

証明書の発行に時間がかかることがあるため、就活で利用することが分かった時点で早めに発行を依頼する必要があります。また、退学手続きの進捗などによって必要書類が発行できないことも。期日ギリギリに用意を始めると間に合わない可能性があるので、余裕を持って準備しておきましょう。

発行に時間がかかることがある

中退後すぐなら比較的早く書類が用意できても、大学中退からしばらく時間が経っていると、成績証明書の発行に時間がかかる場合があります。申請書の不備や身分証忘れなどがあれば、さらに発行に時間を要することに。書類の必要性が分かった時点で、速やかに手続きを行いましょう。また、どうしても時間がかかってしまう場合は企業側に遅れる旨を連絡することも忘れずに。

発行機や郵送を活用しよう
大学に関する証明書は、学内に設置された「証明書発行機」で発行が可能です。また、遠方なら郵送で依頼できるので、うまく活用しましょう。

「抹消」は成績証明書が発行されないことがある

「大学を辞める」と一口にいっても、学生側から辞める「中退」、大学側から辞めさせられる「除籍」、通学していたことを無効とされる「抹消」に分けられます。大学中退の場合には、ほぼ間違いなく成績証明書が発行されますが、もし「抹消」を受けていると、在籍そのものが無効になるため成績証明書が発行されない可能性が高いでしょう。
一方、大学から辞めさせられる「除籍」の場合には、大学に在籍していた事実は消えないので成績証明書が発行されることがほとんどです。

大学中退者が成績証明書を取得する際に覚えておくべき注意点についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「就活の成績証明書はいつまでに必要?手渡し方法や間に合わないときの対処法」もご覧ください。

成績証明書の偽造は犯罪

大学を中退したものの、成績証明書を提出するのは嫌だと感じる方もいるでしょう。しかし成績証明書や退学証明書など。大学が発行した正式な書類の偽造や改ざんは公文書偽造罪と呼ばれる犯罪です。
企業が成績証明書の真贋を調べる事はないかもしれませんが、万が一偽造がばれた場合、昇進できなくなったり、懲戒解雇されたりする恐れがあります。偽造のリスクは非常に高いので、成績証明書を求められたなら正直に提出してください。

学歴や経歴を問わない求人を探しているなら、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは大学中退者やフリーターの方に向けた求人も揃えています。求人探しや就活に関する相談、面接対策などを、経験や実績が豊富な就活アドバイザーが責任を持ってサポート。大学を中退した方も安心して就活に臨めるでしょう。ぜひこの機会にハタラクティブへの登録を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ