大学中退のニートから正社員へ!おすすめ職種と注意点を知ってリスタート

大学中退のニートから正社員へ!おすすめ職種と注意点を知ってリスタートの画像

【このページのまとめ】

  • ・大学中退のニートの方でも、ポテンシャルや就業意欲のアピールで就職は可能
  • ・大学中退後のニート生活が長い方は、まず生活習慣を立て直すことから始めよう
  • ・大学中退後のニートの就活は、業種を絞り込んで計画的に実践しよう
  • ・ニートがチャレンジしやすい仕事は介護職や営業職、インフラエンジニアなど
  • ・就活を行うときは、大学中退の経歴を詐称したり空白期間をごまかしたりしない

大学中退後、ニートとして生活している方のなかには、「正社員への就職を希望しつつも勇気が出せない」という人もいるのではないでしょうか。ニートからの脱出は、早ければ早いほど成功率が上がるため、ポイントさえ押さえておけば、20代ニートの就職は可能です。このコラムでは、今すぐに行動を起こすべき理由や、今の生活を脱するための方法、ニートでも挑戦しやすい仕事についてご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

大学中退のニートが早めに就職すべき3つの理由

大学中退後にニート生活を送っている人は、早めに正社員就職を目指すのが良いでしょう。ニート期間が長引けば長引くほど就職は難しくなりますし、早く就職できればそのぶんスキルや経験を身につけるチャンスが増えます

1.ニート期間が長引くと就職が難しくなる

空白のニート期間が長引くと、正社員就職が難しくなります。
企業が求めているのは、やる気に満ちあふれていて、長く会社に貢献してくれる人材。ニート歴が長くなればなるほど、「すぐに辞めてしまいそう」「社会生活に対して、やる気がなさそう」という印象が強くなってしまいます。また、年齢を重ねた未経験者は、一緒に働く人にとって扱いづらいのが正直な印象です。年齢を重ねてなお未経験だと、就ける仕事そのものが減ってしまいます。
大学中退者にとっては、「中退歴」と「ニート歴」の両方がネックになりがちです。やむを得ない事情で中退を選択した場合でも、その後のニート期間が長くなればなるほど、「いざという場面で頑張れない人」という印象を抱かれやすくなってしまうでしょう。

2.早くから経験を積みスキルを身につけられる

大学中退後にニート生活を続けている方は、早めに就職することで周りより早く経験を積み、スキルを身につけキャリアアップできるチャンスが得られるでしょう。仮に今後転職をする機会があったとして、選考で重視されるのは学歴だけでなく「経験」や「スキル」です。自分のキャリアの可能性を広げるためにも、早くから就職を目指しましょう。

3.大学再入学は注意点も多い

大学を中退したニートの方のなかには、大学へ再入学して「大卒」の学歴を得ようと考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、再入学はデメリットも多いのが実情です。大学に再度入学することで学費がかさみ、金銭面での負担が大きくなります。それだけでなく、再入学しても卒業まで4年かかってしまうので、社会人になるころにはもとのの同級生と比べて経験や年収に差がつく可能性は否めません。はじめから就職の意思があるなら、大学再入学は検討するべきでしょう。大学中退について知りたい方は「大学中退して後悔する人・しない人の違い」のコラムをご覧ください。中退後の生活についても、詳しく解説しています。

大学中退後の実情は?

文部科学省による調査「学生の中途退学者休学等の状況について」によれば、2012年度時点の大学の中退者数は、年間約8万人となっています。2007年の調査では6万3千人程度だったので、年々中退者が増えていることが分かります。

大学中退後の実情

同調査で挙げられた中退の理由は、「経済的理由」が「その他」を除いて最も多く、「学業不振」「就職」「転学」なども上位を占めています。この結果から、大学中退後に、就職や転学をしている人が多いことが分かるでしょう。どんな理由で中退したにせよ、大学中退後は、今後の自分の進路について考える必要があるといえます。

正社員として就職したい中退者の状況

しかし、独立行政法人労働政策研究・研修機構が発表した2015年に「大学中退者の就労と意識に関する研究」では、正社員就職を検討している方が46%を超えていたのに対し、実際就職活動を行ったのはその3割程度だと結果が出ています。大学中退後、何をしたら良いのか分からず、フリーターやニート生活を続けてしまう人が多いようです。

参照元
文部科学省
学生の中途退学や休学等の状況について
独立行政法人労働政策研究・研修機構
大学中退者の就労と意識に関する研究

ニート生活から抜け出すには生活習慣を見直す

就職を決意し、ニート生活の脱却を図るなら、生活習慣の改善が大切です。ニート生活を送る方の多くは生活習慣が崩れており、昼夜逆転生活も珍しくないでしょう。しかし、就職すれば昼夜逆転生活は辛くなるもの。ニートの生活習慣のままでは就職できても継続性に欠けます。就活の第一歩として、生活習慣の見直しから始めましょう。生活を朝方に直すには、毎晩決まった時間に眠り、決まった時間(朝)に起きるようにすることが大切。また、昼寝をすると夜の時間に眠れなくなることもあるので、なるべく避けます。
生活リズムが崩れて夜中に眠れないう方は、昼間にトレーニングやランニングをして、適度に身体を動かすと良いでしょう。運動をすることで良い疲労感がたまり、良質な眠りが期待できます。また、外でウォーキングやランニングをすることにより、太陽光を浴びて体内時計のリセットも期待できるでしょう。
また、生活改善には、食事面の健康管理も大切です。まず朝食をしっかり摂り、就活や資格の勉強など、日中の活動に集中できるようにします。中途半端な時間に食事を摂るのは避けます。健康的な生活を送るためには、規則正しい時間に食事することを心掛けましょう。

大学中退ニートでも就職できる!その理由とは?

大学中退のニートという経歴がネックとなり、就職に前向きになれない方もいるでしょう。しかし、就業意欲や熱意があれば、ニートの方でも就職は可能です。以下で、その理由や企業へのアピールポイントを確認しましょう。

企業は若い人材を求めている

多くの企業では、若い人材を求めています。特に20代は、熱意やポテンシャルを買われることが多く、30代以降に求められるような知識や経験などがそこまで重視されない傾向にあるようです。そのため、大学中退の経歴を気にせず、若さやポテンシャルで採用してくれる企業は存在すると思って良いでしょう。

企業が20代の求職者に求めるもの

企業が20代の求職者に求めるものは、積極性や社交性、柔軟性などです。何事も吸収し業務に活かそうとする積極性や柔軟性、多くの人とコミュニケーションをとり、友好的な人間関係を築いていく社交性は、どんな企業でも採用の判断基準となる資質でしょう。

20代のポテンシャルをアピールしよう

20代は、ポテンシャル採用のチャンスがあります。たとえ大学を中退したとしても、語学力に長けていたり、学生時代に資格を取得していたりと、アピールできるポテンシャルは多くあります。それだけでなく、先述した社交性や柔軟性を伝えられる学生時代のエピソードなのがあれば、積極的に活用しましょう。大学中退した人が覚えておきたい面接のコツは「大学中退、面接のコツ」で紹介しています。上手な伝え方を学んでみてください。

失敗経験もアピールになる
採用面接でこれまでの挫折や失敗経験を聞く企業が多いことから、失敗経験も十分なアピール材料になることが分かります。中退やニート状態から就職を目指す姿勢は、「失敗・挫折を乗り越えた」「失敗・挫折を通して大きく成長した」といったアピールにつながります。中退やニートの経験を反省し、今後の成長に活かしてください。

大学中退ニートから正社員就職を目指すための4つのコツ

大学中退ニートから正社員として採用されるには、「未経験者歓迎の求人を探す」「ある程度仕事を絞り込むといったコツが必要です。ときには就活の前に経験やスキルを身につける必要もあるでしょう。

1.未経験者歓迎の求人を探す

大学を中退後にニートになっていれば、社会人経験はゼロのはずです。その状態から正社員を目指すなら、未経験者歓迎の求人を中心に探しましょう。未経験者歓迎の記載があれば、採用後の研修やフォローが期待できるはずです。

2.職種を絞り込んで就職活動をする

就職後の失敗を防ぐためには、自分に合った業種を選択することが重要です。せっかく正社員として就職できても、「すぐに辞めてまたニートに逆戻り」では意味がありません。
あらためて自分を見つめ直し、興味を持てる分野や、できそうな仕事について検討してみてください。業種が定まれば、就職活動も、的を絞って効率的に行えるでしょう。自分に合った仕事を探すには、自己分析や企業研究が欠かせません。自己分析については「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」、企業研究については「企業研究は転職を成功させるカギ!ポイントと方法を解説」で、それぞれご確認ください。

3.必要なスキルを身につける

ニートからの就職は、新卒ではなく中途採用と判断されます。多くの企業が中途採用枠で求めているのは、即戦力で活躍してくれる人材です。企業の期待に応えられるよう、必要なスキルは事前に身につけておきましょう。
IT業界では、基本的なPCスキルはもちろん、プログラミングスキルなども重宝されます。ITスキルを客観的に示すための各種資格も充実していますから、取得するのもおすすめです。
介護業界であれば、介護職員初任者研修を検討してみてください。資格取得は、やる気アピールにもつながるでしょう。

職業訓練を活用するのもおすすめ

要件を満たしている場合は、職業訓練校の利用も検討してみてください。失業中の人が再就職を目指してさまざまな訓練を行う施設で、無料で利用可能です。講座の種類は幅広く、好みのものを選べるでしょう。
職業訓練を受けたい場合は、まずハローワークに問い合わせます。講座によって申し込める時期が決まっているので、スケジュールを立てて計画的に行動しましょう。

4.非正規からスタートする

ニートから正社員になるのが難しい場合、形にこだわらず、まずは実績を積んでみるのもおすすめです。アルバイトや派遣社員など、正社員以外の道も多くあります。これらの経験を通じて、履歴書や面接だけでは伝わらない、本当の自分の魅力を伝えやすくなるでしょう。
ニートから正社員を目指すよりも、フリーターから正社員を目指す方が、難易度は下がります。段階的に正社員を目指す方法もおすすめです。

ただし、フリーター期間が長くなると、ニート同様に正社員就職が難しくなる傾向があります。独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によると、フリーター継続期間が「7か月~1年」までの場合、正社員になれた人の割合は7割近くに上りますが、「1年~2年」になると、約5割にまで減少。フリーター歴が「5年以上」になると、正社員になれた人は、約2割にとどまりました。

非正規からスタートするの画像

 

引用元:大都市の若者の就業行動と意識の分化-「第4回若者のワークスタイル調査(128p)

正社員として就職するためにいったんフリーターの経歴を挟むのであれば、就職活動は並行して行っていきましょう。1年を目途に、正社員就職を目指すのがおすすめです。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
大都市の若者の就業行動と意識の分化-「第4回若者のワークスタイル調査」から

ニートがチャレンジしやすい職種5選

この章では、ニート期間がある方や、未経験でも比較的採用されやすい仕事・職種をご紹介します。いずれの職種も未経験者を歓迎する傾向があり、特別なスキルがなくても就職しやすいのが特徴です。

1..介護職

介護職の業務内容は、高齢者の方の生活サポートや身体介護などです。高齢化社会が進むなかで需要が上がり続け、慢性的に人手不足の介護業界は、未経験やニートの方も就職しやすい業界といえるでしょう。また、人材育成に力を入れる介護職は、研修制度が充実していることが多く、キャリアアップを目指したい方にも最適です。人手不足ゆえ、資格や経験がなくても採用してくれる施設は多いので、ぜひ挑戦してみましょう。

2.営業職

営業職の仕事は、自社の製品やサービスを売り込み、顧客から契約を取ることがメインです。顧客は個人である場合と、法人である場合があります。営業職は特別な資格が必要ないことが多く、コミュニケーション能力やプレゼン能力があれば未経験でも活躍できるチャンスが多い職種です。営業として仕事をする熱意がある方は、ぜひ前向きに挑戦してみましょう。営業職は成果や結果、ノルマ達成度などの数字が重視される傾向にあるので、経歴関係なく、結果さえが出せれば順調にキャリアアップしていけるのではないでしょうか。

3.接客業

顧客や来客者に、コミュニケーションを通してサービスや商品を提供する接客業。飲食店のスタッフやコンビニのレジ、アパレルショップの店員など、接客業の種類はさまざま。基本的な接遇マナーや販売マニュアル、レジの操作方法などを覚えれば仕事ができるので、経験や資格がなくてもチャレンジしやすい職種といえます。店舗や企業によっては、アルバイトとして店に入り、正社員登用を狙うことも可能なので、就職までの助走として接客のアルバイトをしてみても良いでしょう。

4.事務職

データ入力や総務などの事務職は、資格不要で、入社後にスキル・知識が身につきます。一方で経理や財務は、ある程度の経験や知識が必要な場合が多く、未経験での就職が難しいこともあります。ただし、簿記の資格などを保有していれば、ある程度有利になるようです。事務職は、地道に業務を進めるのが苦ではない方や、正確に作業するのが得意な方に向いている職種といえるでしょう。データ入力・資料作成の事務職の場合、基本的なパソコンスキルやタイピング・オフィスソフトの操作経験などがアピール材料となります。

5.インフラエンジニア

インフラエンジニアは、サーバーやメモリの入った倉庫などで、24時間常に異常がないか確認、点検する仕事です。未経験の方や、コミュニケーションが苦手な人でも挑戦できる仕事で、研修制度が整っていることが多いのも魅力といえるでしょう。入社後に資格や免許を取得できる場合もあるので、スキルや知識を増やしキャリアアップを目指している方にもおすすめです。

大学中退後にニートの方が就活をする際の注意点

大学中退後にニートになり、そこから就活に臨むときは、経歴に嘘はつかず正直に伝えることがポイントになります。また、大学中退者は学歴が「高卒」になるので、応募する求人の条件も確認しましょう。最も大切なのは、ニート経験の有無ではなく仕事に対する熱意や意欲を伝えることです

ニート期間をごまかさない

ニート期間があると、職歴に空白期間ができ、選考で不利になることもあるでしょう。しかし、空白期間をごまかしてはいけません。経歴詐称がバレれば、信頼を落としたりクビになったりするだけでなく、最悪の場合、罪に問われてしまう恐れもあります。そのため空白期間については、正直に答えるほかないでしょう。
ただ、伝え方を工夫することで印象を良くすることができます。たとえば毎日パソコンでネットサーフィンをしていた人は、「情報検索が早い」「タイピング速度に自信がある」と表現できます。また、常に本を読んでいたのなら、読書量や好きな本の分野について知識をアピールできるでしょう。企業が空白期間について質問するのは、「この人はうちの会社で長く勤めてくれる人だろうか」「すぐに辞めてしまわないか」などの不安を解消するためです。空白期間をうまく伝えるのが難しいときは、「今後のスキルアッププラン」や「長く働く意欲があること」を、真っすぐにアピールしてみてください。印象が良くなる可能性があります。

新卒ではなく中途採用

大学中退後ニートとなった方の場合、新卒ではなく「中途採用」になります。中途採用の募集条件については、企業によって異なるので確認が必要です。中途採用は新卒採用よりも、人柄やポテンシャルが重視される傾向にあります。そのため、就活時は人柄が伝わるような学生時代のエピソード・アルバイト経験を伝えたうえで、その企業のニーズに合った資質やポテンシャルをアピールすると良いでしょう。
また、学歴についても大学は卒業していないので「高卒」になります。

「働きたい!」という熱意をアピールする

就活の際は、「この企業で働きたい」という就業意欲のアピールが大切。「なぜ正社員として働きたいと思ったのか」「どんな種類の仕事がしたいのか」などを明確に伝え、採用担当者に納得してもらえるようにしましょう。しかし、なかなか就職が決まらない場合に、どこの会社でも良いという気持ちで応募してしまうと入社後にミスマッチが起きてしまう恐れがあります。自分が本当に働きたい会社なのか見極める冷静さも必要でしょう。ニートからの脱出方法を知りたい方は「大学中退からのニート…脱却する術とは?」をご覧ください。不安を解消していきましょう。

大学中退の理由ポジティブに伝える

大学中退の理由は、病気や経済的な理由なら隠す必要はありません。自己都合であれば、できるだけポジティブな話し方を心掛けましょう。夢を追うためであれば、決断力やチャレンジ精神のアピールができます。また、人間関係や単位不足などの場合でも「今は逃げるのを辞めた」という姿勢を見せましょう。また、中退後のニート期間のことは、あまり自分からは突っ込んで話し過ぎないのもコツ。ニート期間が長くても「迷った時期もありましたが乗り越えました」と、大学中退の理由同様、ポジティブな答え方にしましょう。

自己PRが不安な方は人材紹介サービスを頼ろう

実際に選考で自己PRする自信がない場合、おすすめなのは人材紹介サービスへの登録です。就活の専門家であるスタッフが書類選考から面接まで、志望企業に直接PRしてくれるので、ほかの応募者よりも有利に就職活動ができます。

なかでも、ニートや中退など学歴に不安がある方におすすめなのが、若年層向けサービスのハタラクティブ。専任アドバイザーとのヒアリングを通し、あなたの適性や希望条件に合った求人をご紹介します。ご紹介する企業はすべてスタッフが訪問調査を行っているので、文字だけでは分からない「リアルな情報」をお伝えします。また、応募書類の添削や模擬面接を実施し、選考対策を入念にサポート。企業との交渉や面接日の調整も代行するので、はじめての就活でも安心です。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた
    ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた

    就職前

    飲食店(アルバイト)

    就職後

    ヘルスコーディネーター

    詳細見る

  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に
    コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に

    就職前

    大手コンビニエンスストア 店員(派遣社員)

    就職後

    大手保険会社 フォロー営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?
    エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?

    就職前

    エンジニア

    就職後

    営業

    詳細見る

  • 良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?
    良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?

    就職前

    営業

    就職後

    エンジニア

    詳細見る

  • 先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート
    先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート

    就職前

    就活アドバイザー

    就職後

    営業職

    詳細見る

  • 新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談
    新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談

    就職前

    無職

    就職後

    CADオペレーター

    詳細見る

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る

大学中退から正社員へ 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION