大学中退のニートが早めに就職するべき理由とは?就活成功のコツも解説

大学中退のニートが早めに就職するべき理由とは?就活成功のコツも解説の画像

この記事のまとめ

  • 大学中退後のニート期間が長引くと、就職率が下がる
  • 大学中退したニートが就職するために有効なのは、熱意や将来性のアピール
  • 大学中退したニートの就活では、未経験歓迎の求人に応募するのがおすすめ
  • 就活では、大学中退やニートの経歴をごまかさず正直に伝える

大学中退後ニート生活を送っている人の中には、「就職したいけど経歴に自信がなく行動を起こせない」という方も多いのではないでしょうか。20代のうちは学歴や経歴よりも意欲や将来性が重視される傾向にあるため、大学中退歴のあるニートも就職できます。このコラムでは、早めにニートから正社員を目指すべき理由を解説。挑戦しやすい職種や就活時の注意点についてもまとめましたので、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

大学中退したニートの実情とは?

厚生労働省の「ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究(p5)」によると、ニート生活を送っている人のうち大学中退の経歴がある人は12.0%です。

学歴状況  
高校卒業 77.0%
高校中退 12.0%
専門学校・各種学校等卒業 18.2%
専門学校・各種学校等中退 7.7%
大学卒業 29.7%
大学中退 12.0%

引用:厚生労働省「ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究(p5)

中退の理由や進路は以下で解説していますので、見ていきましょう。

大学中退の理由

文部科学省の「新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生への支援状況等に関する調査(令和3年3月時点)」によると、大学中退の理由は「その他」を除くと「経済的困窮」が最多。そのほかには、「転学等」「就学意欲低下」「就職・企業」なども上位を占めています。これらの理由から、大学中退後に就職や転学を考えている人は多いといえるでしょう。

大学中退後の進路

労働政策研究・研修機構の「大学等中退者の就労と意識に関する研究(p96)」によると、大学中退直後に正社員就職を希望している人は46.6%。対して中退後に実際に正社員就職したのは32.1%という結果が出ています。就職を希望して大学中退したものの、実際はフリーターやニート生活を続けてしまう人もいるようです。

参照元
厚生労働省
ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究
文部科学省
学校に関する状況調査、取組事例等
労働政策研究・研修機構
大学等中退者の就労と意識に関する研究

大学中退のニートから正社員は目指せる?

就業意欲や熱意があれば、大学中退のニートから正社員への就職は可能です。以下で理由を解説しているので、ニートから正社員を目指す際の参考にしてみてください。

企業は若い人材を求めている

労働人口の減少が続いている日本では、多くの企業が若い人材を求めています。特に20代という若い年齢であれば、経歴よりも積極性や柔軟性、将来性などが重視される傾向にあるようです。そのため、大学中退やニートの経歴があっても、仕事への熱意や将来の目標をしっかりアピールすることで、採用につながる可能性は十分にあるといえるでしょう。

20代はポテンシャル採用の可能性がある

20代の求職者は、ポテンシャル採用の可能性があります。ポテンシャル採用とは、入社後の成長が見込める人材を積極的に採用すること。大学中退したニートも、学校生活やアルバイトの経験を伝えることで、社交性や柔軟性などのスキルをアピールできるでしょう。また、得意な語学や学生時代に取得した資格も、ポテンシャルとして評価されます。大学中退の経歴を気にし過ぎず、自身の将来性を積極的に伝えることが大切です。

失敗経験もアピールになる

採用面接で挫折や失敗経験を聞く企業は多いため、伝え方を工夫してアピール材料にすることが重要です。大学中退後にニートから正社員を目指す姿勢は、「失敗・挫折を乗り越えた」「失敗・挫折を通して大きく成長した」などのアピールにつながるでしょう。選考では中退やニートの経歴を隠さず、就業意欲や今後の成長をアピールすることが大切です

大学中退のニートが早めに就職すべき理由

大学中退後、ニート期間が長引くと正社員就職が難しくなる可能性があります。早く就職できればスキルや経験を身につけるチャンスも増えるため、大学中退後にニート生活を送っている人は、早めに正社員を目指しましょう。

1.ニートのままではスキルを得にくいから

ニートのままでは、就職や転職に役立つスキルを身につけることは難しいでしょう。特に30代以降の正社員採用で重視されるのは即戦力となるスキル。ニートのまま過ごし、いざ正社員就職を目指そうと思っても、スキル不足と判断されてしまう恐れがあります。
正社員として就職して専門的なスキルを身につければ、将来の転職で有利になることも。大学中退後にニート生活を送っている人は、早めに就職してスキルと経験を積み、キャリアアップにつなげましょう。

2.「逃げる」という選択をしやすくなるから

病気や経済的困窮などのやむを得ない理由以外で大学中退を決意した場合、その後の人生でも「逃げる」という選択をしやすくなってしまいます。正社員になりたいと思っても、自信の少なさから就活自体を諦めることもあるでしょう。自分にとって楽な「逃げる」という選択肢ばかりを選んでいると、何も行動を起こせずニートのまま過ごす可能性があります。

3.ニート期間が長いほど就職率が下がるから

大学中退後、空白のニート期間が長引くと正社員就職は難しくなります。企業が求めているのは、仕事への熱意があり、長く会社に貢献してくれる人材。ニート歴が長くなるほど、早期退職や社会への適応能力を懸念されやすくなってしまいます。また、年齢を重ねた未経験者は教育しづらく扱いにくいという印象を持たれることも。ニートのまま年齢が上がると、正社員だけでなくアルバイトとして採用されることも難しくなってしまうでしょう。

以下は、労働政策研究・研修機構「労働政策研究報告書No.199」に掲載されているフリーター期間と正社員就職率の関連性を示したグラフです。

図表6-34 フリーター継続期間と正社員になれた割合(N=640)の画像

引用:労働政策研究・研修機構「労働政策研究報告書No.199(@128)

フリーター期間が長くなるほど就職率は減少傾向にあることが分かります。パートやアルバイトとして働いているフリーターでも就職率が下がるということは、ニートを続けると就職率はさらに厳しいものになることは予想できるでしょう。正社員として就職できる可能性があるうちに、就活を始める必要があります。

参照元
労働政策研究・研修機構
労働政策研究報告書No.199 大都市の若者の就業行動と意識の分化‐「第4回 若者のワークスタイル調査」から‐

4.大学中退の経歴は就活でマイナス評価されることもあるから

大学中退の経歴は、就活でマイナスの評価につながることがあります。企業が求めているのは、長く働き企業に貢献してくれる人材です。大学を途中で辞めた経歴があると、「会社もすぐ辞めるのでは」と懸念されやすくなります。大学中退者が受けやすい就活での評価については、「大学中退者は新卒扱いになる?就活が厳しいといわれる理由と成功のポイント」もご一読ください。

大学再入学より就職を目指したほうが良い場合も

大学中退後に再入学して卒業すれば「大卒」の学歴は得られますが、デメリットも多いのが実情です。再度学費を払うことになるため金銭面での負担は大きく、先に就職した同年代の友人との年収や社会人経験で差がついてしまうことも。就職の意志があるなら、大学再入学より正社員を目指したほうが良いといえるでしょう。

大学中退ニートが正社員就職を成功させるためのコツ

大学中退ニートが正社員就職を成功させるには、「生活習慣の見直しを行う」「未経験者歓迎の求人を探す」などのコツが必要です。以下で5つのコツを紹介していますので、参考にしてみてください。

1.生活習慣の見直しを行う

大学中退後のニート生活を脱却し正社員を目指すには、まず生活習慣の見直しを行いましょう。就業していないニートの生活習慣は乱れやすく、昼夜逆転の生活も珍しくないようです。生活習慣が整わないまま就職してしまうと、日中の仕事や毎日の定時出社が辛くなる可能性があります。
まずは毎日決まった時間に寝起きし、朝昼型の生活リズムに戻しましょう。昼夜逆転の生活に慣れてしまい夜に眠れない人は、日中に軽い運動をするのがおすすめです。太陽光による体内時計のリセットや疲労感により、毎晩の良質な眠りが期待できます。また、規則正しい時間に食事することも心掛けましょう。決まった時間に1日3食をとることで健康増進につながり、日中の活動に集中しやすくなります。

2.未経験者歓迎の求人を探す

ニートが仕事を探す際は、未経験者歓迎の求人を探すのがおすすめです。大学中退後にニートになった人は、社会人経験が全くない状態。未経験者を採用する職場は入社後の研修やフォロー体制が整っている場合が多いため、経験やスキルがない状態からでも安心して仕事を始められます。

3.自己分析して希望職種を絞る

長く働ける仕事に就くためには、自己分析を行って興味のある分野や仕事を把握することが大切です。せっかく就いた仕事が「合っていない」と感じてしまうと、すぐに辞めてまたニートに逆戻りする可能性も。就職後の失敗を防ぐために、自身の過去を振り返って得意・不得意なことや強みを洗い出してみてください。
自己分析で得た情報は、志望動機や自己PRを考える際にも役立ちます。自己分析の方法については、「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」をご参照ください。

4.必要なスキルを身につけておく

目指したい職種が決まったら、仕事で必要なスキルを事前に身につけておくと良いでしょう。たとえばIT業界なら基本的なPCスキルはもちろん、プログラミングや資料作成に関するスキルが重宝されます。
また、スキルの証明になる資格を取得するのもおすすめです。介護業界であれば介護職員初任者研修、事務職なら簿記など、目指す仕事に合わせた資格が良いでしょう。大学中退後にスキルや資格を身につけるために努力した姿勢は、就業意欲が高いという評価にもつながります。

職業訓練を活用するのもおすすめ

大学中退後のニート期間に仕事で役立つスキルを身につけたい人は、職業訓練を活用するのもおすすめです。職業訓練とは、就職に必要なスキルや知識の習得を支援する公的制度のこと。費用は基本的に無料で、申し込みは住所地にあるハローワークで行います。興味がある人は、講座の内容や開催日程を調べるなど利用を検討してみましょう。

5.ニートから就職しやすい業界や職種に絞る

ニートからの就職を成功させるには、「未経験歓迎」「経験不問」などが採用条件に記載されている求人に応募するのがおすすめ。このような条件で募集をしている企業は、「イチから人材を育てる」という意識のもと、未経験者の採用を想定しています。就業経験のないニートから挑戦しやすいでしょう。おすすめの仕事については後述しているので、参考にしてください。

6.ニートに関する知識を持つ就職支援を利用する

就活経験のないニートが就職を成功させるには、支援サービスをうまく利用するのがコツになります。応募先の選び方や書類の書き方といった基本だけでなく、「なぜニートになったのか」「ニート期間はなにをしていたのか」など、ニートが就活で聞かれやすい質問の対策などを確認しましょう。

7.アルバイトから始めてみるのも一つの手

大学中退したニートからいきなり正社員を目指すのではなく、まずはアルバイトから始めてみるのも一つの手です。アルバイトとして実績を積むことで、社会人になるための基礎づくりができます。
ただし、期限を決めずにアルバイトを続けてしまうと、正社員を目指すタイミングを見失ってしまう可能性があるので注意が必要です。正社員就職のためにいったんアルバイトの経歴を挟むのであれば、並行して就職活動を行うのが良いでしょう。

大学中退したニートが挑戦しやすい5つの職種

大学中退したニートが目指しやすいのは、未経験者を歓迎する傾向があり、スキルや学歴が重視されにくい職種です。以下で5つの職種を紹介していますので、業務内容や働き方を理解するのに役立ててみてください。

1.介護職

高齢化により需要が上がり続け、慢性的に人手不足の介護業界は、大学中退したニートも就職しやすい職種といえるでしょう。介護職の業務内容は高齢者の生活サポートや身体介護などで、無資格でも語らける介護施設は多いようです。人材育成を目的とした研修制度が充実している職場が多く、未経験からでもスキルアップが図れます。

正社員

介護職

  • 330万円 ~ 390万円

  • 介護休暇,有給休暇,育児休暇,産前産後休暇,慶弔休暇

2.営業職

営業職は幅広い業界で需要のある職種のため採用数が多く、特別な資格も必要ないため未経験のニートから目指しやすい職種の一つです。営業職の業務内容は、自社の製品やサービスを売り込み顧客から契約を取ることがメイン。コミュニケーション能力やプレゼン能力があれば、大学中退後の経歴があっても活躍できるチャンスは十分にあります。仕事への熱意が成果につながれば、順調にキャリアアップしていけるでしょう。

正社員

マネジメント職

  • 408万円 ~ 653万円

  • 育児休暇,年末年始休暇,産前産後休暇,夏季休暇,特別休暇,有給休暇,GW休暇,慶弔休暇,介護休暇

3.接客業

接客業は基本的な接遇や販売のマニュアルが用意されていることが多いため、未経験からでも挑戦しやすい職種といえます。飲食店やコンビニエンスストア、アパレルなど種類も豊富なので、自分の興味がある業界を選ぶことも可能です。接客業は、アルバイトとして始めやすいのも特徴の一つ。大学中退後のニート期間から正社員を目指すまでの準備として、アルバイトから始めてみるのも良いでしょう。

正社員

店長候補

  • 300万円 ~ 420万円

4.事務職

データ入力や総務などの事務職は資格不要で、入社後に業務をこなすことでスキルや知識が身につきます。地道に業務を進めるのが苦ではない人や、正確に作業するのが得意な人に向いている職種です。経理や財務の仕事であれば経験や知識が必要な場合もありますが、簿記の資格を取得していれば選考で有利になることも。基本的なパソコンスキルやオフィスソフトの操作経験などをアピールすれば、大学中退したニートから採用を目指せるでしょう。

5.インフラエンジニア

インフラエンジニアも、人手不足により未経験者を積極的に採用している職種です。サーバーやメモリに異常がないか確認、点検するのが主な仕事で、中には24時間体制でのシフトが組まれる場合も。専門性が高いという印象を持たれがちな職種ではあるものの、入社後の研修や資格取得支援の制度が整っている職場は多くあるようです。新しい知識を学ぶ意欲があれば、大学中退の経歴があるニートからもスキルや知識を増やしてキャリアアップを目指せます。

大学中退のニートが就活する際の4つの注意点

大学中退後にニート期間を経て就職活動する際は、「ニート期間をごまかさない」「中退の理由はポジティブに伝える」などに注意しましょう。大学中退やニートの経歴を気にせず、仕事に対する熱意を伝えることが大切です。

1.ニート期間をごまかさない

大学中退後のニート空白期間は、選考でごまかすことなく伝えましょう。選考で嘘をつけば経歴詐称とみなされる恐れがあるからです。ニート期間はネガティブな印象を抱かれやすいものの、伝え方次第で改善の余地はあります。
毎日パソコンでネットサーフィンをしていた人は「情報検索が得意」「タイピング速度が速い」、本を読んでいた人は読解力や本から得た知識をアピールできるでしょう。企業の不安を払拭するために、ニート期間での経験を前向きに伝えることが大切です。

2.新卒ではなく中途採用として就職活動する

大学中退後にニートになった人は、新卒ではなく中途採用枠で就活するのが一般的です。また、大学は卒業していないので、最終学歴は「高卒」扱い。求人をチェックする際は、対象者や応募条件に当てはまるかしっかり確認する必要があります。志望する企業の応募要件を把握できれば、ニーズに合った資質やポテンシャルを効果的にアピールできるでしょう。

3.仕事への意欲をアピールする

大学中退の経歴があるニートが正社員を目指す際は、「志望する企業で働きたい」という就業意欲をアピールすることが大切です。中退やニートの経歴がある人は、「就業意欲の低さ」や「早期退職」を心配されやすい傾向にあります。「なぜ正社員として働きたいのか」「どんな目標があるのか」などを明確に伝えることで、採用担当者に納得してもらいやすくなるでしょう。
意欲を効果的にアピールするには、自分が本当に働きたい会社を冷静に見極めることも大切です。本心から「働きたい」と思える会社であれば、選考で熱意が伝わりやすく、入社後にミスマッチを感じる可能性も低くなるでしょう。

大学中退のニートからの就活なら就職支援サービスの利用も検討しよう

大学中退やニートといった経歴に自信がない場合は、就職支援サービスの利用を検討してみるのもおすすめです。就職支援サービスとして挙げられるのは、ハローワークや就職エージェントなど。就活のプロに不安や疑問を相談しながら、応募書類の添削や面接対策などのサポートが受けられます。

ニートから正社員への就職支援に不安がある方は、ぜひハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、フリーターやニート、第二新卒などの若年層に特化した就職エージェント。専任のアドバイザーが面談を行い、あなたの適性や希望条件に合った求人をご紹介します。
また、応募書類の添削や模擬面接などの一貫したサポート体制も充実。「経歴に自信がない」という方でも、自信をもって就活を進められます。企業との交渉や面接日の調整もアドバイザーが代行するので、初めての就職支援でも安心です。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

大学中退のニートに関するお悩みQ&A

大学中退後にニート生活を送っている人が抱きやすい疑問やお悩みを、Q&A形式でまとめました。

大学中退は良くないこと?

大学中退そのものが良くないとは限りません。自分を責め過ぎず、自立に向けて前向きな行動を起こすことが大切です。大学中退後のニート生活を脱却して正社員を目指したい方は、ハタラクティブにご相談ください。求人紹介から内定獲得後のケアまで、一貫したサポート体制であなたの就職支援をお手伝いします。

大学中退するか迷っている…

大学中退に迷いがある場合は、学生生活を続けたほうが良いでしょう。大学中退した人は、卒業者と比べて就活が不利になりやすいからです。大学中退者は最終学歴が「高卒」になるため、「大卒」よりも求人の選択肢が限定されたり、中退という経歴から「忍耐力のなさ」を懸念されてしまったりする可能性があります。大学中退を迷っている方は、「大学中退して後悔する理由とは?ポジティブは捉え方や就活への影響も紹介」を参考にしてみてください。

大学中退したニートでも就職できる?

このコラムの「大学中退のニートから正社員は目指せる?」で解説したように、就業意欲があれば大学中退したニートでも就職することは可能です。特に20代は経歴や学歴よりも「若さ」や「ポテンシャル」が重視されやすいため、就業経験のないニートも就職のチャンスはあるといえます。ただし、ニート期間が長引くと就職のハードルは上がるので、早い段階で行動を起こすことが重要です。

大学中退したニートが就職を目指す場合に気をつけることは?

ニートである自分自身を受け入れて、就職活動で誤魔化すことなく正直に自分自身を伝えましょう。そして、大学中退をした理由は必ず聞かれるものと考え、回答をポジティブな言い方に変換して伝えられる状況にしておいてください。自分自身の人生でのさまざまな経験を前向きに捉えて、ニート生活でも得るものがあったと伝えると印象も大きく変わるはずです。また、大学中退でニートということに限らず、就職活動をする場合は新卒ではなく転職市場となることを間違えないようにしてください。「転職」と聞くと、社会人経験がある人間のみではないのかと感じる人も多いでしょう。しかし、「新卒」というものが学校を卒業する時というだけで、その他は「転職」に分類されるということを頭に入れて起きてください。

大学中退したニートが目指しやすい仕事はある?

大学中退したニートが目指しやすいのは、人手不足や需要の高まりから未経験者の採用を増やしている仕事です。例として挙げられるのは介護職や接客業、インフラエンジニアなど。未経験者歓迎の求人は学歴や経歴を重視されにくく、入社後の研修制度が整っている場合が多いため、ニートが目指しやすいといえるでしょう。おすすめの仕事についてさらに知りたい方は、「ニートにおすすめの職業11選!就職するための方法も紹介」をご覧ください。

この記事に関連するタグ