新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. ニートからの就職
  4. >
  5. ニート支援の紹介
  6. >
  7. ニートが受けられる職業訓練とは?受講方法や費用についてご紹介

ニートが受けられる職業訓練とは?受講方法や費用についてご紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートが受けられる職業訓練は、就活で役立つスキルや知識を身に付けられる
  • ・職業訓練には「公共職業訓練」「求職者支援訓練」「学卒者訓練」の3つがある
  • ・ニートかどうかに関わらず、職業訓練は基本的に無料で受けられる
  • ・職業訓練は、要件を満たせば受講給付金をもらいながら無料で資格取得を目指せる
  • ・ニートが受けられる職業訓練コースは「事務系」「Web系」「介護系」などさまざま

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

ニートで就職を目指す人のなかには、職業訓練を受けるべきかどうか迷っている方や業訓練を受けられるのか不安に感じる人も少なくないでしょう。
このコラムでは、ニートが受講の手順や職業訓練の種類について詳しく解説。職業訓練中は、一定の条件を満たせば給付金を受け取りながら無料で資格取得を目指せます。どのようなメリットとデメリットがあるかもご紹介しますので参考にご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ニートが受けられる職業訓練とは

職業訓練とは、就職・転職のときに役立つスキルや知識を身に付けたり、資格を取得したりすることを指します。その施設を職業訓練校と呼び、国が就職支援を行う公的機関です。訓練期間は2~6カ月間で終了するコースが多いようですが、1~2年間や2~5日間などもあります。
職業訓練校の受講料は、テキスト代を除き基本的に無料。一部、有料のコースもあるので、入学を決める前に確認が必要です。

職業訓練は無料で受講できるコースが多いため、現在ニートで収入がない方でも無理なく、入学できるでしょう。
コースの詳細については「ニートが受講できる職業訓練のコース」の項目や「就職に有利?ハローワークの職業訓練を受けるには」で解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

職業訓練の種類

職業訓練は「ハロートレーニング」とも呼ばれ、主に以下の3種類があります。一つずつ詳しく解説しますのでご参照ください。

1.公共職業訓練(離職者訓練)

「公共職業訓練(離職者訓練)」は就労先の会社を退職後、ハローワークで求職申し込みを行った人を対象とした職業訓練です。受講料は無料(テキスト代は自己負担)で、全国各地にあるハローワークの窓口で申し込みや相談ができます。
ただし、この公共職業訓練は、失業保険(雇用保険)を受給していない方は受講できません。

参照元
厚生労働省
ハロートレーニング(離職者訓練・求職者支援訓練)

2.求職者支援訓練

求職者支援訓練」は、失業保険(雇用保険)を受給していない人が対象となります。高卒者や大卒者で就労していない人やニート、フリーター、あるいは失業保険の受給期間が終了した人などが受けられる職業訓練です。
公共職業訓練と同様に、受講料は無料(テキスト代は自己負担)。受講の申し込みや相談は、全国各地にあるハローワークの窓口で行います。

参照元
厚生労働省
求職者支援制度のご案内

3.学卒者訓練

学卒者訓練」は中卒者や高卒者、または専門課程修了者などを対象とした職業訓練です。普通課程・専門課程・応用課程の3種類があり、訓練期間は1~2年間。最終学歴に応じ、受講できる訓練が異なります。
前述した公共職業訓練や求職者支援訓練とは異なり、学卒者訓練の受講料は有料です。料金の詳細は、お住まいの最寄りにあるハローワークへ問い合せましょう。

参照元
厚生労働省
ハロートレーニング(学卒者訓練)

職業訓練の申し込み方法

職業訓練(ハロートレーニング)に申し込むための前提条件は、ハローワークで求職申し込みをしていること。以下で詳しく解説しますので参考にご覧ください。

求職申し込みから職業訓練を受講するまでの流れ

一般的に、以下の流れで職業訓練を受講できます。

1.ハローワークで就職の相談をして求職申し込みを行う
2.職業訓練校や訓練施設で書類選考や面接を行う
3.面接合格後、ハローワークで職業訓練受講の斡旋を受ける
4.職業訓練校や訓練施設にて訓練を開始

なお、ハローワークから職業訓練受講の斡旋を受けられるのは、「訓練を受ける能力」があり「適職に就くために必要」と認められた場合です。

職業訓練にかかる費用

職業訓練は、国が就職支援のために行っているので、基本的には入学金と受講料は無料です。ただし、訓練中に使用するテキスト代は自己負担となります。また、先述したように、学卒者訓練の受講料は有料です。

職業訓練受講給付金の要件を満たしている場合は申請する

ハローワークに「特定求職者」と認められると、職業訓練受講期間中に「職業訓練受講給付金」を受け取れます。
「特定求職者」と認められる条件は以下の項目です。条件に合う方はハローワークに申請しましょう。

・働く意思と能力がある
・ハローワークで求職申込みをした
・雇用保険被保険者、または雇用保険受給資格者ではない
・職業訓練が必要とハローワークに認められた

職業訓練受講給付金は、職業訓練をしている期間、月額10万円の給付金や職業訓練校までの交通費などを受け取れる制度です。
職業訓練受講給付金を受給するには、以下の要件をすべて満たす必要があります。

・本人の収入が8万円以下
・世帯全体の収入が月25万円以下
・世帯全体の金融資産が300万円以下
・現住所以外の場所に、土地や建物を所有していない
・世帯の中に職業訓練受講給付金を受給している人がいない
・過去3年以内に給付金を不正受給していない
・訓練実施日すべてに出席している(遅刻や早退もない)

やむを得ない事情がある場合は、8割以上の出席率があれば要件を満たしていると判断されることもありますが、詳細についてはお住まいの最寄りにあるハローワークへお問い合わせください。

参照元
厚生労働省
職業訓練受講給付金(求職者支援制度)

ニートが職業訓練を受けるメリットとデメリット

ニートが職業訓練を受ける場合、どのようなメリットとデメリットがあるかをそれぞれご紹介します。職業訓練を受けるかどうか、判断するための参考にしてみてください。

メリット

ニートが職業訓練を受けるときのメリットは以下のとおりです。

実践的なスキルや知識を身に付けられる

職業訓練校や訓練施設では、実践的な技術や知識を身に付けられます。
コースによっては民間の大学や一般企業などで学べるので、訓練終了後すぐに、身に付けたスキルを活かして就職活動を行えるでしょう。

給付金を受け取りながら無料で資格を取得できる

先述したように、一定の要件を満たしていれば、職業訓練受講給付金で月額10万円と交通費を受け取れます。さらに、職業訓練は基本的には無料で資格を取得できるので、ニートやフリーターなど収入がない場合でも可能です。

同じ目標を持った仲間ができる

訓練中や就職活動の際に、同じ目標を持った仲間が身近にいると、悩みを相談したり励まし合ったりできます。職業訓練で出会う人は、自身と同じように正社員として就職を望み、そのためのスキルや資格取得を目指す仲間です。
現在ニートで、就職について誰にも相談できず不安に感じていても、同じ目標を持った仲間ができれば心強いでしょう。

規則正しい生活ができる

多くの職業訓練は、平日の朝から毎日行っています。訓練に休みなく参加するためには、早寝早起きが必要となるので、規則正しい生活習慣を身に付けられるでしょう。

職業訓練を受けたことを履歴書に書ける

職業訓練校は国から認められた学校・施設なので、履歴書に書くことができます。職歴欄に職業訓練校へ入学・終了した日を記入しましょう。

デメリット

ニートが職業訓練を受けるときのデメリットは以下のとおりです。

ニートが職業訓練に申し込みするまでの流れが大変

ニートが職業訓練を受講するためにはまず、ハローワークへ求職の相談へ行きます。できる限り何度も相談へ行き、就職先が見つからず困っていることを伝えましょう。
次に、ハローワークで定期的に開催される「職業訓練セミナー」に参加します。セミナーでは、職業訓練で受講できるコースや、取得できる資格の詳細について説明があり、担当者への質問や相談も可能。セミナー参加後、ハローワークへ職業訓練の申し込みをします。
このように求職の相談から、職業訓練の申し込みまでの流れに、手間と時間がかかって大変だと感じる人もいるようです。

書類選考や面接に落ちて希望する訓練を受けられない場合がある

職業訓練は各コースごとに定員数が設けられているため、受講希望者が皆、受講できるわけではありません。上述したような手間と時間をかけて、職業訓練へ申し込んだとしても、その後の選考や面接に落ちて受講できない可能性もあるのです。
特に、人気の高いコースや定員数が少ないコースは倍率が高いうえ、再就職を目指す人の受講を優先する傾向があるといわれています。ニートかどうかに関わらず、第一希望のコースを受講できない可能性も考え、複数のコースへ申し込むと良いでしょう。

職業訓練を受けても就職先が見つかるとは限らない

職業訓練を受けてスキルを身に付けたり、資格を取得したりしても、すぐに就職先が見つかるとは限りません。訓練が終了したあとは、1日でも早く就職先を決めるようハローワークの担当者から促されることも多いようです。
訓練期間中でも就職活動をはじめられるので、就職へ向けてできるだけ早く行動を起こしましょう。

職業訓練を受講するメリットやコースについては「公共職業訓練とは?コースの種類や受講するメリットを解説!」でも解説していますので参考にご覧ください。

ニートが職業訓練の面接を受けるときのポイント

職業訓練の面接では、以下のことに注目して合否を判断していると考えられます。

・就労に対する強い意欲がある
・最後まで通い続けられる人物である
・職業訓練を受講したい理由が明確にある
・訓練を受けたあと、どのような仕事に就きたいかが明確

このように、ニートが職業訓練の面接を突破するためには、志望動機を明確にし熱意をもって伝えるのが重要なポイントです。また、職業訓練を受ける前に修了後の就職先について考えることも大切。
なお、受講するコースによっては適性検査や筆記試験を受ける場合もあるので、申し込みの際に確認しましょう。

ニートが受講できる職業訓練のコース

ニートが受講できる職業訓練のコースを、以下にいくつかご紹介しますのでご参照ください。なお、「基礎コース」と「実践コース」の2つに分かれているコースもあります。

事務系

事務系の職業訓練には以下のコースがあります。

・簿記、電子会計科
・ファイナンシャルプランナー養成科
・法務スタッフ養成科
・不動産ビジネス科
・経理事務養成科
・グローバルビジネス科
・経理、オフィス事務科

事務系の職業訓練コースでは主にパソコンスキルを学び、簿記やファイナンシャルプランナーといった実務に役立つ資格取得も目指せるので、事務職への就職を目指す方へおすすめです。
また、事務職はデスクワークだけでなく来客の対応をしたり、電話対応をしたり、業務は多岐にわたります。社内の多くの人と連携を図ることも重要な立場となるため、ある程度のコミュニケーション能力を求められるでしょう。

介護・医療・保育系

介護・医療・保育系の職業訓練には、主に以下のコースがあります。

・保育士養成科
・介護福祉サービス科
・医療事務科
・パソコン医療事務科
・ホームヘルパー養成科

特に介護系は、社会の高齢化にともない慢性的な人材不足が続いているため、需要が多い業界といわれています。入社後すぐに活かせる「介護職員初任者研修」を所持していると就職が有利になることも。
職歴のないニートやフリーターが、介護職へ就職を目指すのであれば「介護職員初任者研修」の取得が可能な職業訓練校へ入学すると良いでしょう。

Web関連

Web関連を学べる職業訓練には、主に以下のコースがあります。

・Webクリエイター科
・Webデザイナー養成科
・Webサイト開発科
・Webエンジニア養成科
・ゼロからはじめるWebマスター養成科
・Webサイト管理者養成科
・Webサイト構築技術者養成科

Webサイト制作に必要な知識とスキルを身に付けられ、職業訓練修了後はWebデザイナーやWebクリエイターとして就労可能。企業へ応募する際は、自身が制作したサイトや作品などの提出が必要な場合が多いようです。

プログラミング系

プログラミング系のコースは以下のとおりです。

・Webプログラミング科
・CG、Webアプリクリエイター養成科
・ゲームクリエイター科
・Java&スマートフォンアプリ開発科
・Androidアプリ開発科

プログラミング初心者でも受講でき、コンピュータの基礎からアプリ開発までを学べます。「Javaプログラミング能力認定試験3級」や「Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック」などの資格取得も可能です。

ビルメンテナンス関連

ビルメンテナンスに関わる職業訓練を受講できるコースは以下のとおりです。

・ビル管理技術、業務スタッフ養成科
・ビルメンテナンス科
・住宅リフォーム科
・電気工事科
・ビルクリーニング科

ビルメンテナンスの仕事は主に、商業施設やマンション、オフィスビルなどの管理・メンテナンスを行います。ビルメンテナンスとして就職を目指すのであれば上記の職業訓練を受け、「危険物取扱者乙種4類」「2級ボイラー技士」「第2種電気工事士」「第3種冷凍機械責任者」の通称「ビルメン4点セット」と呼ばれる資格を取得しましょう。

このように、職業訓練で受けられるコースはさまざまです。
ニートが通える職業訓練校については、「就職に役立つスキルが欲しい!ニートも通える訓練校とは」でもご紹介しているので参考にご覧ください。
なお、お住まいの地域によって職業訓練コースが異なる場合もあるため、受けたい職業訓練があるかどうかについては最寄りのハローワークへ問い合わせましょう。

職業訓練を受けた方が良いニートの特徴

職業訓練に年齢制限はないため、現在30歳以上でニートを続けている人や、訓練を受ける目的を明確に持っている人は積極的に受けた方が良いでしょう。なぜなら、一般的には、年齢を重ねるごとに就職が難しくなるからです。
「30歳以上」「ニート」「無資格」「未経験」の条件で就職先を探すよりも、職業訓練で専門知識や技術を身に付け、資格を取得したあとに就職活動をする方が内定を獲得できる可能性を高められるでしょう。

一方で、現在29歳以下の若年層、さらに既卒3年以内であれば職業訓練を受けるよりも、就職活動に専念する方が良い場合も。若年層の場合はスキルや知識が少なくても、働きながら身に付ければ良いと考える企業が多いため就労先の幅が広いからです。

ニートで就職活動を開始したり、職業訓練を受けたりする場合は、ハローワークと並行して就職エージェントを利用するのも一つの手です。ハタラクティブでは書類作成や面接の指導、志望企業への連絡代行など充実したサポートを無料で受けられます。
また、就職に関してわからないことや悩みがあった場合は、経験豊富な就活アドバイザーにいつでも相談できるので、就職活動をスムーズに進められるでしょう。
ハタラクティブは20代を中心に若年層を対象とした就職エージェントです。ニートやフリーター、第二新卒の就職に特化したエージェントであるため、未経験でも応募可能な求人も数多く取り扱っています。書類作成や面接対策、スケジュールの調整など幅広くサポートを行いますので、就職がはじめてという方でも安心です。
「ニートの期間が長いので、就職先の探し方が分からない」「職業訓練を受けたあと、就職できるか不安…」という方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください!

ニートにおすすめ!職業訓練校ってどんなところ?に関するQ&A

職業訓練校を利用したことがないと、ニートも利用できるのか不安もあるでしょう。ここでは職業訓練校に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

職業訓練校では何ができるの?

職業訓練校では、就職に役立つスキルを身につけるための訓練の場を提供してもらえます。 求職者は、テキスト代などの負担のみで受講することが可能です。コースの種類などに関しては、こちらの記事「就職に有利?ハローワークの職業訓練を受けるには」で触れていますので、ご参照ください。

ニートでも職業訓練校を利用しても良いの?

ニートも職業訓練校の利用が可能です。 ただし、ハローワークで求職活動をしていることが前提条件になるため、まずはハローワークに相談してください。さらに、職業訓練に申し込んでも、必ず受講できるとは限りません。職業訓練校を利用するにあたっては面接も必要になるため、その訓練を受ける目的を伝える準備をしておきましょう。

職業訓練校に通うメリットは?

スキルアップが望めることです。コースによっては資格を取得することができるため、就活に有利になることも。職業訓練コースを受講するメリットについてはこちらの記事「公共職業訓練とは?コースの種類や受講するメリットを解説!」にて紹介していますので、ご参考になさってください。

人気の講座は?

事務や経理のスキルを習得できるオフィス系や不動産や医療事務などの資格を取得できるコースが人気のようです。Webサイトに関連する技術を身につけられるなど、就職に直結するスキルを身につけられるコースは受講希望者が多く、倍率も高くなりがちです。

どの講習を受ければ良い?

自分の興味のある業界に関するコースを選びましょう。 受けたい講習や興味のある業界が分からない、という方は就きたい仕事が定まっていない可能性もあります。適切な支援を受けて自己分析や企業分析を行うなどの就職活動を続けていけば、何をしたいか見えてくる可能性も。ハタラクティブでは、プロによる丁寧なカウンセリングや、自己分析・企業研究の指導などのサポートを無料で受けられます。就職活動に関するお悩みにも対応しているので、お気軽にご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ