本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートから正社員に就職するには?おすすめの仕事や面接のポイントを紹介!

ニートから正社員に就職するには?おすすめの仕事や面接のポイントを紹介!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートから正社員になるのが不安な人は、アルバイト・派遣社員から始めるのがおすすめ
    ・ニートが相談しやすい公的機関に、地域若者サポートステーションやジョブカフェがある
    ・ニートにおすすめの仕事は、人手不足が深刻なプログラマーや配送ドライバー
    ・面接ではニートになった理由やブランク期間について正直に話す
    ・いきなり就職活動を始めるのが難しいなら、生活習慣を整えることから始めてみる

ニートから正社員を目指すならどんな仕事がおすすめ?の画像

ニートから正社員になることはできるのでしょうか?「脱ニートはしたいけれど、正社員はハードルが高そう」と不安に思う方もいるかもしれません。年齢によって難易度は違いますが、しっかりと対策すれば正社員になることは可能です。採用されやすい業界や職種を選び、志望動機や入社意欲をアピールできれば正社員になれる確率は高くなります。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!


ニートから正社員になるための方法は?

ニートから正社員になるための方法はいくつかあります。できる限りさまざまな方法を試して、自分に合ったやり方を見つけましょう。ニート期間が長くなると就職活動を始めるのが億劫になり、仕事をしていないブランク期間がどんどん長くなってしまいます。ブランク期間が長いほど正社員への道のりも長くなりますので、できる限り早めにスタートするのがおすすめです。


アルバイト・派遣社員から正社員になる

いきなり正社員になるのが不安という人は、アルバイトや派遣社員から始めるのがおすすめ。アルバイトや派遣社員として職歴を作ると就職活動がしやすくなります。ニートから脱却するためのリハビリ期間としても良いでしょう。アルバイトの場合、雇用先企業で正社員への登用制度があれば、そのまま正規採用される可能性も。派遣社員の場合、「紹介予定派遣」であれば、一定期間を派遣社員として就業し、双方が合意すれば正社員になれます。

メリット
働きながら「このまま働き続けられるか」を見極められるため、安心して正社員になれます。働く環境や人間関係などを確認したうえで正社員になるのでミスマッチを防ぎやすいでしょう。

デメリット
アルバイトの場合、必ず正社員になれるとは限りません。「正社員登用制度あり」と書いてあっても、正社員になることを保証するものではないからです。紹介予定派遣の場合は人気が高く、未経験だと書類選考で不利になる可能性があります。

ハローワークを利用する

ハローワークは地元企業に就職したい人や、30代以上の人に向いています。職業安定法で「できる限り住居の変更を必要としない職業を紹介する」と定められているため、ハローワークの求人は地元企業が多いのが特徴です。また、30代以上の場合、就職支援サービスの対象年齢から外れてしまうこともあるので、年齢制限のないハローワークが良いでしょう。35歳以下の人は「トライアル雇用」を利用するのもおすすめ。トライアル雇用とは、正規雇用を目的として、原則3カ月間、お試しで働ける制度です。約8割の人が正社員として雇用されています。

メリット
求人数が多く、転職サイトには出ていない求人に出会えるのがメリットです。気になった求人を窓口に持っていけば、相談員がコンタクトを取ってくれるので、一歩踏み出すのが苦手な人には良いでしょう。トライアル雇用では、お試し雇用中も賃金が支払われるので安心です。

デメリット
求人掲載が無料であるため、採用意欲が低い企業が登録していることも。相談員は就職活動のプロではないので、就職エージェントほど手厚いサポートを得ることはできないでしょう。トライアル雇用は実施企業が少なく、希望する職種がないこともあります。また、必ずしも正社員になれるわけではないので注意しましょう。

就職支援サービスを利用する

主な就職支援サービスを紹介します。それぞれのメリット・デメリットについても解説しますので、自分に合ったサービスを選びましょう。


地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーションは厚生労働省が委託している支援機関で、働くことに悩みを抱える若者が対象です。専門スタッフによるカウンセリングだけでなく、ビジネスマナー講座や就業体験などの支援を行っています。さらに、職場に定着するまでサポートする「就職後相談」というサービスも。すべての都道府県に必ず設置されています。

メリット
臨床心理士や産業カウンセラーなど、さまざまな専門家が複数で対応してくれます。「働きたいけど、コミュニケーションが苦手で不安」「自信がなくて一歩踏み出せない」と悩む人を対象にしていますので、些細なことでも相談しやすい環境です。

デメリット
対象年齢が15歳~39歳までに限定されています。職業斡旋を目的とした機関ではないため、求人紹介のサービスはありません。


ジョブカフェ

ジョブカフェは正式には「若年者のためのワンストップサービスセンター」といい、都道府県が運営する施設です。若者の就職に向けたサービスを1カ所でまとめて、かつ無料で受けられます。ハローワークは求人紹介を中心とするのに対し、ジョブカフェは応募前の準備を手厚くサポートしているのが特徴。応募書類作成や面接対策などのセミナーを開催し、「ブランク期間が長くて不安」「履歴書の書き方がわからない」といった相談に対応しています。ハローワークを併設している施設もあるので、ついでに立ち寄るのも良いでしょう。

メリット
地方自治体が運営しているため、ハローワークには出ていない、地域に密着した優良企業の求人が出ていることも。対象年齢は原則15歳〜34歳とされていますが、多くの地域で35歳以上もサポートしています。施設によっては企業説明会や職業相談を開催しています。

デメリット
ジョブカフェのサービス内容は全国で統一されているわけではなく、地域によって差があります。求人も地元企業が多いため、住んでいる地域に希望の求人がないこともあるでしょう。


就職エージェント

就職エージェントは就職活動を最初から最後まで、丁寧にサポートしてくれるのが特徴です。就活アドバイザーと相談しながら希望の条件を決めると、マッチングや面接対策、日程調整などを行ってくれます。就職エージェントには、新卒向けや転職者向けなど複数の種類がありますので、「既卒・第二新卒・フリーター・中退」などを対象としている就職エージェントを利用しましょう。

メリット
自社で取材した企業を紹介してくれるため、マッチングの成功率が比較的高いのが特徴です。また、採用意欲の高い優良企業が多いのも良いところ。就活アドバイザーのサポートが手厚く、多くのエージェントが内定率80%を超えているといわれてます。

デメリット
20代を対象にしているエージェントもあり、30代以上の場合はサービスを受けられない可能性があります。また、内定までのスピードが早いため、自分のペースでゆっくり就活したいという人にはあまり向いていないでしょう

参照元
厚生労働省
「トライアル雇用に応募してみませんか?」

ニートにおすすめの仕事は?

ニートから正社員を目指すなら、人手不足が常態化している業界や、未経験でも積極的に採用している職種がおすすめです。この項では、おすすめの業界・職種を紹介します。

介護・福祉

昨今、超高齢社会を理由に介護・福祉業界は慢性的な人手不足になっており、積極的に採用をしています。資格がなく、未経験でも正社員になれる可能性が高いでしょう。人手不足と聞くと「ブラック企業が多いのでは?」と不安になりますが、介護・福祉業界の場合は「高齢者が増えている」という明確な理由があります。また、資格を取得してキャリアアップを目指すことも可能。仕事の特徴として「人と接する仕事である」「体力が必要」が挙げられます。

プログラマー・エンジニア

プログラマーやエンジニアは、2030年には約59万人不足すると経済産業省が予測を出しています。予測されている今後の人手不足の加速に備える企業もあるため、未経験でも採用されやすい仕事です。また、プログラミングが学校の必修科目ではなかったことから、学歴を問わない企業が多いようです。無料のプログラミング講座も増えており、知識を身に着けてから応募すると、さらに採用される確率が高くなるでしょう。

工場

工場の仕事は工程がマニュアル化されていることが多いため、職歴やスキルを問われないのが特徴です。人と話す機会が少ないので、ブランク期間が長く、コミュニケーションに不安がある人に向いているでしょう。また、単純作業や軽作業が多く、社会復帰の第一歩には向いている仕事です。自動車メーカーでは「期間工」といって繁忙期に有期契約の社員を大量募集することがあります。期間工は30代以上でも採用されやすく、働きぶりを見て正社員に推薦してもらえる可能性があるのでおすすめです。

営業

営業職は未経験でも採用されやすい職種です。人手不足の企業では、経験よりもポテンシャルで採用を決めることが多いからです。営業職を経験するとビジネススキルが身につくため、キャリアアップもしやすくなります。お客様とのコミュニケーションが不安だという人には「ルート営業」がおすすめ。同じお客様を長期的に担当するため、少しずつ信頼関係を築けるのが特徴です。

配送ドライバー

配送ドライバーは深刻な人手不足となっており、積極的に採用を行っている企業が多い職種です。多くの企業で採用後のサポート体制が整っているため、未経験やペーパードライバーでも挑戦できます。ルート配送であれば、毎日決まったスケジュールで働くことができ、体調管理もしやすいでしょう。1人の時間が長いことが特徴で、人目を気にせず仕事に集中したい人に向いています。

ニートの面接で大事なことは?

ニートの面接で大事なのは、正直に話すことです。ニートであることを隠さずに話し、これから真面目に働きたいという意欲を面接官にアピールしましょう。ブランク期間については必ず質問されると想定し、答えを準備しておくと安心です。

ニートになった理由を明確にする

ニートになった理由を明確にしておきましょう。「家族の介護」「資格取得のため勉強」といった理由は面接官にも納得されやすいですが、「なんとなく」という人は就職しなかった理由を改めて考える必要があります。たとえば、「自分に合った仕事が見つからず、すぐに就職しなかった」「ブラック企業でのトラウマから就職が怖くなった」などが考えられるでしょう。面接官は人を見るプロですので、嘘をついたり、ごまかしたりせず、正直に話したうえで就職への意欲を示しましょう。

ニートの期間に何をしていたかを説明する

ニートの期間に何をしていたかも正直に説明しましょう。「さまざまな仕事を経験してから決めようと思い、日雇いのバイトをしていた」「やりたいことを見つけるため、さまざまなセミナーに参加した」など、何のためのブランク期間だったかを説明することが重要です。ブランク期間を経てわかったこと、発見したことを伝え、「自分にとって意味があった」と説明できれば、面接官が納得しやすくなります。面接の直近1カ月で何か勉強を始めるのもおすすめ。「仕事で活用できそうなのでエクセルの勉強を始めた」などと説明すれば、就職への意欲をアピールできます。

ニート期間が長いと正社員は無理?

ニート期間が長いと正社員への就職が難しくなるといわれているのは事実です。25歳までは第二新卒に該当し、企業がポテンシャルで採用する年齢ですが、20代後半になると経験やスキルを問われることが増えていきます。年齢が上がれば上がるほど、就職支援サービスの対象年齢から外れてしまい、支援が受けにくくなることも。しかし、ニート期間が長いからといって諦める必要はありません。このコラムで紹介したように「まずはアルバイトや派遣社員として働く」「採用されやすい仕事を選ぶ」などの方法でニートから正社員を目指せます。いきなり就職活動を始めるのが難しいなら、まずは社会生活への準備を始めましょう。規則正しい生活をして、社会生活のサイクルに体を慣らしておきます。また、最近人と話していないようなら、家族や友人と話す機会を増やすのもおすすめ。人と話すと表情が明るくなり、面接への準備にもなります。ニート期間が長く、正社員への就職は手遅れかも…と悩んでいるなら、就職エージェントに相談するのがおすすめ。ハタラクティブの求人は経歴よりも人柄重視の企業が多いうえ、就活アドバイザーがマンツーマンでサポートします。さらに、履歴書や職務経歴書の書き方もアドバイス。面接対策もあるので、自己PRや志望動機に悩むニートの方も安心して就活することができます。

ニートからの就活に関するお悩みQ&A

ニートから社会復帰を考えている人は、就活への不安は尽きないもの。ここではニートから正社員を目指す人に向けて、悩みが解決できるようQ&A方式で回答していきます。

いきなり正社員はハードルが高い…

ニート期間が長く、正社員として働くことに自信がない場合は、アルバイトから始めてみるのも良いでしょう。社員登用制度を設けている職場だと、アルバイトから正社員になることも可能です。詳しくは「まずはバイトから!ニートからの脱却方法と就職のコツ」に掲載しています。

何から始めれば良いか分かりません。

生活リズムが乱れている場合には、まず生活習慣を改善しましょう。また、働くうえでは体力が必要になるので、体力をつけることも大事。こちらのコラム「ニートの就職活動、まずは何から始めるべき?」では、社会人として働くために見直すべき項目を紹介しているので、ぜひご一読ください。

どんな職種で正社員を目指したら良いでしょうか?

ニートが正社員を目指すことはハードルが高い印象がありますが、就職しやすい業界・職種を選べば仕事を見つけやすくなることも。人手不足の業界は未経験を歓迎していることもあるので、比較的就職しやすいといえます。「ニートが就職しやすい仕事6選!支援機関でプロの力を借りよう」では、ニートが就職しやすい業種や就職を成功させるためのポイントを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

30代のニートでも就職できますか?

履歴書の空白期間が長い、職歴がないという人の就職は難しいですが、就職活動のためのポイントを押さえれば、正社員になることも不可能ではないでしょう。こちらのコラム「30代ニートでも就職できる?正社員になるためのコツ」では、ニートから就職するための方法について詳しく紹介しています。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    カウンセラーの方が親身に最後までサポートしてくれたおかげもあり無事…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?