ニートから就職できないは嘘!正社員になる方法やおすすめの職業をご紹介

ニートから就職できないは嘘!正社員になる方法やおすすめの職業をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • ニートは就職できないといわれていても、努力次第で成功に導ける
  • ニートから就職できない人の特徴は、「1人で抱え込む」「求人探しに問題がある」など
  • ニートから就職できない原因は、就活の準備不足や応募企業のより好みなどがある
  • ニートから就職しやすいのは、人材不足の業界や未経験でも挑戦できる職種など
  • 30代のニートが就職を目指す場合は、マナーや身だしなみに気を配ろう

「ニートになるともう就職はできない」という言葉に影響され、なかなか就活に踏み出せないニートの方もいるのではないでしょうか。実際のところは、ニートであっても条件や努力次第で就職できる可能性は十分あります。「どうせ就職できない」と諦めず、就活の方法やニートからスタートしやすい業界の傾向などを知っておきましょう。このコラムでは、ニートからの就職を成功させるためのコツを解説しています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニートから就職できない人の共通点

ニートから就職できないと悩む人の特徴は、以下のとおりです。「問題を一人で抱え込む」「ミスマッチな求人への応募」などの特徴が見られます。

・就活方法が間違っている
・経歴やスキルに合わない求人ばかり見ている
・行動に移せない、行動が遅い
・本気で就職しようと思っていない
・選考対策ができていない
・マイナス思考に偏りがち

就活を成功させるには、自分に合った求人に応募することがポイントです。仕事内容や給与、待遇は働くうえで確かに重要ですが、まずはニートを卒業することが先決。ニートから就職を叶えるには以下を参考に行動してみましょう。

・経験や学歴を問わない求人に応募する
・アルバイトで働くことに慣れることから始める
・とにかく行動してみる

ニートから就職しやすい仕事や企業」「ニートが就職のためにできる6つの方法」で詳しく解説しますが、ニートから就職を目指すなら経験やスキルを問われない仕事を中心に就活を行ったり、アルバイトで経験を積んだりすると良いでしょう。

ニートから就職できないのには原因がある

ニートが就職できない主な原因として、「目的意識に欠ける」「行動を先送りにする」「就活の準備が不十分」などが挙げられます。下記で詳細を解説していますので、自分自身に思い当たる部分がないか振り返ってみましょう。

目的意識がないまま就活している

「何のために働くのか」「将来どうなりたいのか」など、目的意識がないまま就活をすると、自分に合っていない求人を探し続けて就職できないことがあります。経歴やスキルに合わない求人ばかりを見てしまうと、そもそも就活の方法が間違っていることになり、内定を逃してしまう恐れがあるでしょう。就活では、志望動機や将来のビジョンなどを明確にしておくことが大切です。自分がどのような目的を持っているかを企業にきちんと表明できれば、就職への熱意や意欲が伝わるでしょう。

行動を先送りにしている

就活では、何においても早めの行動が肝心です。「気分が乗らない」「入りたい会社がない」「自信がない」というように行動に移すことをためらっていると、就活の準備をする時間がなくなり選考対策ができないことも。「応募書類の内容を熟考できなかった」「面接の受け答えを練習する時間が取れなかった」といった状況で採用選考に臨んでも、なかなか就職できないでしょう。結果的に就職のチャンスを逃してしまい、ニート期間が長引く可能性もあります。「ニートを脱出したい」と思っているなら、早めに就活を始めましょう。

悩みや疑問を抱え込んでいる

ニートから就職できない人は、就活で疑問や悩みがあっても1人で抱え込んでしまう傾向があるようです。分からないことを放置していると、いつまでも問題点を改善できないため、次への行動が遅くなりがち。また、1人で悩みを抱えたままではマイナス思考に偏ってしまうこともあるでしょう。そうなると、就活に支障が出てしまい、就職が遠のいてしまう可能性があります。就活で分からないことや悩み事は、周囲の人に相談しましょう。もし頼れる人が周りにいない場合は、就職支援機関の利用を検討するのも一つの手です。

自己分析や企業研究が不十分

自己分析や企業研究、面接対策など、選考対策が十分にできていないのも、ニートから就職できない原因の一つです。準備が足りていないと就活方法を間違えて、本来やるべき対策が行えない可能性があります。就活は、何の準備もなしにうまくいくものではありません。事前の対策を怠らず、万全の態勢で採用選考に臨みましょう。

応募する企業をより好みし過ぎている

「残業はしたくない」「楽な仕事がしたい」「大企業以外に興味はない」など、応募する企業をより好みし過ぎていませんか?そのような企業ばかり探していると、求人数が限られるため応募の段階までなかなか辿り着けず、行動が遅くなることがあるでしょう。さらに、大企業や条件の良い企業はそれだけ倍率も高くなり、採用ハードルが上がります。結果として、就職できない期間が長引いてしまう場合も。
どのような企業に就職しても、多少の不満を感じたり苦労をしたりする可能性はあるものです。完璧な企業はないと考え、企業に応募する際は過度により好みせず、広い視野を持ちましょう。

自分を省みず周囲のせいにしている

ニートになった原因を、環境や周りの人のせいにするのも、就職を逃す行動です。自分自身の問題点に気づけないため、適切な選考対策ができない場合があるでしょう。また、他責的な態度は、自ずと就活時にも出てしまう可能性があります。そのような振る舞いをしていると、周囲のサポートが得づらくなり、結果的に一人で悩みを抱え込んでしまうことも。周りのせいばかりにせず、自分自身を振り返り、反省点や今後どうしていくべきかをきちんと考えましょう。
就職できないと悩んでいるニートの方は、「就職できない人の特徴は?有名大学出身でも内定が出ない理由や対処法を紹介」もあわせてご参照ください。

就職を叶えるにはとにかく行動することが肝心
ニートでなかなか就職できない方が就活を成功させるには、とにかく行動することが大切です。諦めずに就活を続ければ、応募書類を書くコツが掴めたり面接の応対に慣れたりして、より効果的な自己アピールの方法が身についていくでしょう。そうすることで、就職できる可能性を高められます。不採用になっても、「この経験を次の応募先で活かそう」「今回は縁がなかっただけ」とポジティブに捉え、積極的に行動しましょう。ニートから就職を叶える方法については、「ニートの仕事の探し方とは?おすすめの職種や就活のポイントも紹介!」のコラムもぜひ参考にしてください。

ニートは就職できないって本当?

ニートは就職できないって本当?の画像

一般的に「ニートからの就職は難しい」といわれていますが、一概に「就職できない」と断言はできません。確かに、「病気や介護が理由で就職できなかった」というようなやむを得ない理由以外で職歴がない人や、ニート期間が長い人の場合は就職が難しくなる傾向にあるでしょう。しかし、年を重ねる前にアクションを起こし、就活のやり方を工夫すれば正社員就職することも可能です。

年齢が若いうちは就職できる可能性が高い

20代のうちであれば、努力次第で就活を成功に導ける可能性があります。ニートから就職できない現状の脱出を検討するのであれば、年齢が若いうちに就活を始めるのがおすすめです。諦めずに今の自分にできることや状況に合った職を探すことが、就職成功への近道になるでしょう。
ニートから就職するための方法を知りたい方は、「ニートは就職できない?就職するためにやるべきこととは」もぜひご覧ください。

30代のニートは就職できない?

30代のニートになると、20代よりも就職が不利になる可能性はあるものの、諦めずに就活を続けていくことが大切です
20代であれば年齢が若いため、柔軟性やポテンシャルの面で企業から歓迎されやすいのが一般的な傾向。しかし、30歳以降になると「働く意欲がなさそう」「扱いづらそう」「スキルや成長性が足りない」などの理由で、企業に敬遠される場合があります。
就職できないと悩む30代ニートの方は、就活をするにあたってまず自分が置かれている現状や過去と向き合い、働きたいと思う理由を明確にしましょう。また、身だしなみやマナーに気を配り、コミュニケーション能力も身につけておくのがベターです。企業の採用選考では20代よりも厳しい目で見られる可能性が高いですが、就職のチャンスが全くないわけではありません。正社員就職を目指して、前向きな気持ちで就活を行いましょう。

ニート期間が長引けば就職しづらい傾向にある
ニート期間が長引けば、思うように就職できない可能性があるため注意が必要です。厚生労働省の「ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書p13」をみると、ニート期間が1年以下で「就業できなかった」と答えた人の割合が30.2%である一方、5年を超える人で就業できなかった割合は42.3%と増加。また、年齢が上がるほど、企業からは経験やスキルを求められやすくなります。前述したように、若いうちなら企業のポテンシャル採用も期待できるため、正社員になりたいニートの方は、できるだけ早く就活を始めたほうが良いでしょう

参照元
厚生労働省
ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書

ニートから就職しやすい仕事や企業

ニートから就職しやすい仕事や企業の画像

ニートからの就職を目指す際は、人手が不足している業界や未経験でも挑戦しやすい職種、住み込みが可能な企業などから探すのがおすすめです。自分の適性や望む働き方と照らし合わせながら、よりマッチ度の高い仕事を見つけましょう。ここでは、ニートから就職しやすい仕事や企業の特徴について解説しているので、就職できないと悩んでいる方は仕事探しの参考にしてください。

人材が足りていない業界

人材が足りていない業界は、採用されやすく入職後研修も充実している傾向にあるため、就職できないと悩むニートの方におすすめです。
IT業界や介護業界は、増大する世の中のニーズに対して、常に人手不足の状態となっています。また、運送業界や飲食業界、サービス業界なども、需要が高く求人が多い業界といえるでしょう。これらの業界は、人材を確保しようと教育制度を整えて、未経験者を積極的に採用する動きが顕著なようです。業務内容はきちんと学べば身につけられるため、将来的には資格取得やスキルアップも見込めるでしょう。

未経験者が挑戦しやすい職種

営業職や介護職、ITエンジニアといった職種では、経験やスキルを問わない求人が多い傾向にあります。未経験者が挑戦しやすい職種であり、「経験も技術もないから就職できない…」と自信をなくしているニートの方でも始めやすい仕事といえるでしょう。
特に営業職は、未経験者を歓迎する企業が多い職種とされています。商品やサービス、販売方法などが企業によって異なるため、営業時に必要な知識と技術は入社してから研修で習得するのが一般的です。営業の仕事を続けていけば、接遇やコミュニケーション能力も身につけられ、ビジネスパーソンとして成長できるでしょう。
そのほか、工場や清掃などの作業員も、基本的にルーティンワークで実務経験やスキルを求められないため、未経験者が就職しやすい職種です

住み込みや寮生活ができる企業

「体力に自信がある」「ルーティンワークが得意」といったニートの方は、住み込みや寮生活ができる企業の求人を探してみましょう。大工を始めとした体力を使う仕事や、ホテル・旅館などのリゾート系施設では、住み込みで社員を雇っていることがあります。多くの企業では実践的なプログラムを通した教育方法を採り入れており、未経験者でも安心です。
また、昼夜問わず可動している工場も、ライン作業や製造を行うために寮を完備している企業が多々あります。業務マニュアルが用意されているのが一般的なため、未経験で就職できないと悩むニートの方でも、すぐに実務にあたれるでしょう。
ニートから目指しやすい仕事については、「ニートが就職しやすい仕事6選!支援機関でプロの力を借りよう」もぜひご参照ください。

「未経験者歓迎」の求人がおすすめ
就職できないと悩んでいるニートの方は、「未経験者歓迎」「実務経験不問」と募集をかけている求人に応募するのがおすすめです。このような求人の場合、企業側は入社後に知識やスキルを身につけるための研修制度を設けていることがほとんど。採用選考においても、経歴ではなく、人柄や仕事へのやる気などが評価されやすい傾向にあります。自分の経歴やスキルに不安を感じているニートの方でも、自己アピールのやり方次第では就職できる可能性が高いでしょう。

ニートが就職のためにできる6つの方法

ニートが就職のためにできる6つの方法の画像

ニートから就職するには、自分ができることから少しずつ行動を開始することが大切です。また、うまくいかないときがあっても「就職できない…」と諦めず、ポジティブな気持ちで取り組む姿勢を持ちましょう。ここでは、就活の準備やアルバイトなど、ニートが就職するためにやっておくべきことを解説します。下記を参考に、就職を成功させて社会復帰を目指しましょう。

1.生活リズムを整える

「ニートからだと就職できないのでは?」と不安に感じるのであれば、まずは生活リズムを整え、一般的な社会人としての基盤を整える必要があります。昼夜が逆転していたり、不規則な生活リズムになっていたりする人は、起床時間や就寝時間、食生活などの生活習慣の見直しから始めてください。
ニート生活中に外出を控えていた人は、体力の低下も懸念されます。生活に軽い運動を取り入れ、体力作りもしておきましょう。

2.諦めない気持ちを持つ

ニートからの就職を達成するには、諦めない気持ちを持つことも大切です。どんなに高いスペックを持っている人や、チャンスに恵まれている新卒であっても、就職は簡単に決まるものではありません。「就職できない」と諦めずに就職するための努力を欠かさず、どの企業の選考にも全力で臨みましょう。

3.就活の準備をする

生活や体調が整ったら、就活の準備をしていきましょう。

ニートになった原因を説明できるようにしておく

就活時はニートになった原因や、その生活を続けてきた理由を問われる可能性が高いため、きちんと説明できるようにしておきましょう。嘘をつくと信憑性がなくなり矛盾も生じやすくなるので、就職できない場合があります。どのような理由であっても事実を正直に伝えるのがおすすめです。
伝える際はニートになったことに対する反省点や、今後どのように活かすか具体的な内容を添えると好印象でしょう。また、自身や家族の病気といったやむを得ない理由の場合は、今は支障なく働けることも伝えておくのがベターです。

自己分析や企業研究などを済ませておく

自己分析や企業研究は、就活で大事な工程です。自分のことや企業のことをきちんと知っておけば、志望動機や自己PRの内容にも説得力が増します。就職できないと悩むニートの方は、小さなことでも良いので、過去を振り返って自分の強みとなる部分を探してみましょう。また、企業研究をする際は、Webサイトやパンフレットだけでなく、アポを取って見学するのもおすすめです。

4.周りの人に就活を始めることを宣言する

正社員になりたいニートの方は、就活を始めることを家族や友人など、周りの人に宣言しましょう。なかなか就職できないで気持ちが落ち込んでしまったときには励ましてもらえたり、仕事の紹介をしてもらえたりする可能性があります。また、周りに宣言すれば逃げ道がなくなるため、「絶対に就職する」という自分自身のモチベーション維持にもつながるでしょう。

5.不安ならアルバイトから始めてみる

正社員として働くのが不安であれば、アルバイトからスタートするのもニートから就職するために有効な手段です。実際に労働して社会に出るための土台を整えられるほか、バイト先によっては正社員登用を狙える可能性もあります。
ただし、正社員登用の見込みがない、あるいは制度自体がない場合は、「△月には正社員として就職する」というように期限を決めておくと良いでしょう。期間を定めないと、就職できないまま、ずるずるとフリーターを続けることになってしまう可能性があります。

6.ハローワークやエージェントなどを活用する

ハローワークやエージェントなどの就活支援サービスを活用すると、1人で動くよりもスムーズに就活を進められ、就職できない状況を打破できる可能性があります
ハローワークは求人の検索・応募以外にも、書類作成や面接の指導などが実施されているため、すぐに求人に応募するのが不安なニートの方は活用してみましょう。気になる仕事で必須の資格がある場合は、資格取得を目指したり、ハローワークで実施している職業訓練を受講したりするのも得策といえます。
また、就職・転職活動の支援を行っているエージェントの利用もおすすめです。
ハタラクティブはフリーターやニートなど、社会人経験の浅い若年層を中心に就職・転職支援を行っています。ハローワーク同様、書類作成や面接の指導といったすべてのサービスが無料。ニートから就職できないとお悩みの方は、ハローワークとともに、ぜひハタラクティブをご活用ください。

ニートの就活に関するお悩みQ&A

ニート歴が長くなると、就職を意識することもあるでしょう。ここでは、ニートからの就活に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

ニート歴が長いと就職は厳しいですか?

ニート歴が長いほど就職は難しくなる傾向がありますが、できないわけではありません。社会人経験がない場合、年齢が若いうちは人間性や可能性を評価する「ポテンシャル採用」がありますが、30代を過ぎると経験や能力が重視されます。ニート歴が長いなら、できるだけ早い行動がおすすめです。詳しくは、「ニート歴10年でも就職できる!就活のポイントを知ろう」をご覧ください。

ニート歴3年でも就職できますか?

年齢が若いうちなら、ニート歴が3年あっても若さやポテンシャルが評価されるため、採用ハードルはそれほど高くないといえます。就職活動を行う際は、生活リズムを整えたり、就活費用を確保したりする必要があるので、事前準備を万全にしましょう。そのほか、気をつけたいポイントは、「ニート歴3年でも就職できる!成功のコツとは」をチェックしてみてください。

ニートから脱出するにはどうしたら良い?

まずは生活リズムを整えることから始めましょう。ニートの方は夜型になりがちなので、徐々に就活に向けて気持ちを切り替えることも大切です。始めは無理せず、資格取得を目指しながら自分のペースで就職活動を進めてみましょう。詳しくは、「ニート歴10年以上でも就職できる?まずやるべき事とは」を参考にしてみてください。

ニート歴が長く、自分に自信が持てません。

「人と話すのが苦手」「営業は大変そう」などの苦手意識が、自信を持てない要因でしょう。就職活動で大切なのは、先入観を捨てて視野を広く持つこと、事前準備を万全にすることです。どうしても一人での就活に自信が持てないなら、就職支援に頼るのも一つの手。ハタラクティブならニートからの就職成功者も多数いるので、安心してご利用いただけます。

関連タグ