ニートからだと就職できないは嘘!正社員になる方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートからだと就職できないは嘘!正社員になる方法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートになる理由は、就活の失敗や夢の挫折、病気、怪我、介護など
    ・貯金や仕送りが減る、親の介護、他者への劣等感などが就活を始めるきっかけになる
    ・20代でニートになった納得できる理由を伝えられれば就職できる可能性が高い
    ・未経験歓迎の求人を基本に、住み込みの仕事や営業職、人手不足の業界から探すと就職しやすい
    ・就活を始める前には生活習慣を見直して体力をつけ、ハローワークやエージェントに登録しよう

ニートからだと就職できないは嘘!正社員になる方法の画像

「一度ニートになると就職できない」ニートになった方の中には、この言葉に影響され、なかなか就活に踏み出せないという方がいるのではないでしょうか。
実際のところは、ニートでも条件によっては充分就職できる可能性はあります。どんなケースだと就職できるのか、詳しくまとめました。

ニートになった理由

ニートになる理由は人それぞれですが、以下のような内容が多くを占めています。

・新卒時の就活に失敗した
・夢や理想を追い求めたものの挫折した
・働く意欲が低く就活を本格的にしなかった
・人付き合いが苦手で悩んだまま卒業してしまった
・病気や怪我で就活できなかった
・介護などの家庭の事情

一般的な働き方に疑念を抱いたり、自分の特性に自信がなかったりして就活に力を入れられなかった人は一定数いるようです。
しかし、元々就職の意欲があった場合や、いわゆる一般企業以外への所属を希望していたケース、やむを得ない事情なども見受けられることから、「働きたくないだけ」という理由で自ら望んでニートになる人は少ないと言えるのではないでしょうか。

とはいえ、一度ニートになってしまうとなかなか就職に踏み出せなくなってしまうのは、どのようなケースでも同じでしょう。
次項ではどんなきっかけで就職しようと検討し始めたのか、ご紹介します。

就職しようと思ったきっかけ

先にお伝えしたように、ニートになった理由が何であれ、一度「正社員になる」という一般的なコースから外れてしまうと、就活をする勇気が出ない場合がほどんどです。
それなのになぜ、これから正社員を目指してみようと思うことがあるのでしょうか。
よくあるきっかけをご紹介します。

・貯金が減り生活費が足りるか不安になってきた
・親が高齢になり仕送りなどの期待ができなくなってきた
・親が高齢になり介護の心配が出てきた
・昇進や結婚など友人らと自分を比べたときに劣等感や焦りを感じた
・将来についてきちんと考えたら不安になった

金銭面や親・友人の状況が大きなきっかけになっていると言えるでしょう。
特に親からの援助を少なからず当てにしている人は、親族の病気や怪我、介護、退職などによって自分の生活が一変してしまうことも考えられます。
「一人で生活できるようにならなくては」と就活を始める覚悟を決める人もいるでしょう。
いざ覚悟を決めても、就職できるのか不安かもしれません。
実際にニートは就職できるのか…次の項目を参考にしてみてください。

ニートの就職は難しい?

ニートになると就職は難しいと言われています。
特に、「病気や介護が理由で就職できなかった」というような誰もが納得できる理由以外で職歴がない人や、ニート期間が長い場合は難しいのが現実です。
年齢も20代であれば比較的問題なく歓迎されますが、30歳以降になると「働く意欲がなさそう」「扱いづらそう」「スキルや成長性が足りない」などの理由から敬遠されやすくなります。

しかし、これらを逆に考えれば「理由」と「ブランク・年齢の壁」が問題なければ充分就職できる可能性があると言えるのではないでしょうか。
もしニートからの脱出を検討するのであれば、若い内…できれば20代のうちに「未経験者歓迎」の求人を狙って就活を始めるのがベスト。
ニートになった原因や、その生活をこれまで続けてきた理由については就活時に必ず問われる内容ですから、「誰もが納得できる理由」を伝えましょう。
嘘をつくと信憑性がなくなり矛盾も生じやすくなるので、あくまでも事実を伝え、今後にこの経験をどう活かそうと考えているのか具体的な内容を添えるのがおすすめです。

また、上記のような敬遠されるケースであっても仕事内容を選ばなければ、就職できる可能性は残されています。
一般的にはニートからの就職は難しいと言われていますが、諦めずに今の自分にできることや状況に合う職を探すことが、成功への近道になると言えるでしょう。

ニート歴があっても就職しやすい会社や職業

ニートからの就職を目指す際は、「未経験者歓迎」の求人から選ぶのが定石と言われています。
その中でも、特に以下のような職業は就職しやすい傾向にあるようです。

住み込みや寮生活ができる会社

大工などの体力を使う仕事は住み込み歓迎率が高め。ホテルなどのリゾート系施設も住み込み社員を雇っていることがあります。
実務や実践的なプログラムを通した教育があるので、未経験者も安心です。
昼夜問わず可動している工場でも、ライン作業や製造を行うために寮を完備している会社が多め。
作業はマニュアルに沿って行えば良いのが基本で、未経験からでもすぐに実務にあたることができます。

個人向けの営業職

営業職は特に未経験者を歓迎している職種として知られています。
商品やサービス、販売方法などが企業によって異なるため、営業時に必要となる知識と技術は入社後に研修を通して身につけるのが基本だからです。
それでも企業向け営業職は元々ある程度の営業スキルがないと難しいのが現実ですが、個人向け営業職は狙い目となっています。

人手不足の業界

IT業界や介護業界などは、世の中のニーズに伴い常に人手不足の状態となっています。
業務内容はきちんと学べば誰でも取り組める内容なため、教育制度を整えて未経験者を積極的に採用し、人材を確保する動きが顕著です。

就職のためにできること

いきなり就活を始めようとすると、精神的にも肉体的にも無理が生じやすいのがニートの就職活動の特徴。途中で辛くなってしまい、就活を諦めてしまう人も少なくありません。

そうならないためにも、まずは一般的な社会人の生活リズムに対応するための基盤を整える必要があります。
昼夜が逆転していたり不規則な生活リズムになっていたりする人は、起床時間、就寝時間、食生活などの生活習慣の見直しから始めましょう。
ニート生活中に外出を控えていた人は、体力の低下も懸念されます。生活に軽い運動を取り入れ、体力作りもしておきましょう。

生活や体調が整ったら、いきなり企業に応募するのではなく、就活の準備をしてください。
一番ベターなのはハローワークの登録です。
ハローワークでは求人の検索・応募以外にも、書類作成や面接の指導などが実施されています。
すぐに応募すると不安を抱いたままの就活になってしまうので、ぜひ活用していきましょう。
気になる仕事で必須の資格がある人は資格取得を目指したり、ハローワークで実施している職業訓練を受講したりするのも得策です。

また、就活を始めることを家族や縁者に宣言し、協力を仰ぐのもおすすめ。
気持ちが落ち込んでしまったときには励ましてもらえますし、場合によっては仕事の紹介をしてもらえることもあるかもしれません。
何かを始めるとき、辛いときは、遠慮をせずに周りに頼っていきましょう。

今回は、就活を始めるときにはハローワークの登録がベターとお伝えしましたが、実は就職・転職活動の支援を行っているエージェントの利用もおすすめです。
ハタラクティブはフリーターなど社会人経験の浅い方を中心に就職支援を行っています。
ハローワーク同様、書類作成や面接の指導といった全てのサービスが無料。ぜひハローワークとともにご活用ください。

ニートの就活に関するお悩みQ&A

ニート歴が長くなると、就職を意識することもあるでしょう。ここでは、ニートからの就活に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

ニート歴が長いと就職は厳しいですか?

ニート歴が長いほど就職は難しくなる傾向がありますが、できないわけではありません。社会人経験がない場合、年齢が若いうちは人間性や可能性を評価する「ポテンシャル採用」がありますが、30代を過ぎると経験や能力が重視されます。ニート歴が長いなら、できるだけ早い行動がおすすめです。詳しくは、「ニート歴10年でも就職できる!就活のポイントを知ろう」をご覧ください。

ニート歴3年でも就職できますか?

年齢が若いうちなら、ニート歴が3年あっても若さやポテンシャルが評価されるため、採用ハードルはそれほど高くないといえます。就職活動を行う際は、生活リズムを整えたり、就活費用を確保したりする必要があるので、事前準備を万全にしましょう。そのほか、気をつけたいポイントは、「ニート歴3年でも就職できる!成功のコツとは」をチェックしてみてください。

ニートから脱出するにはどうしたら良いですか?

ニートの方は夜型になりがちなので、まずは生活リズムを整えることから始めましょう。身だしなみやビジネスマナーを意識し、徐々に、就活に向けて気持ちを切り替えることも大切です。始めは無理せず、資格取得を目指しながら自分のペースで就職活動を進めてみましょう。詳しくは、「ニート歴10年以上でも就職できる?まずやるべき事とは」を参考にしてみてください。

ニート歴が長く、自分に自信が持てません。就職はできますか?

「人と話すのが苦手」「営業は大変そう」などの苦手意識が、自信を持てない要因でしょう。就職活動で大切なのは、先入観を捨てて視野を広くつこと、事前準備を万全にすることです。どうしても一人での就活に自信が持てないなら、就職支援に頼るのも一つの手。ハタラクティブならニートからの就職成功者も多数いるので、安心してご利用いただけます。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ