ニート脱却には就職エージェントがおすすめ!就職支援の内容を解説

ニート脱却には就職エージェントがおすすめ!就職支援の内容を解説の画像

この記事のまとめ

  • ニートから就職を目指すなら、就職エージェントの活用がおすすめ
  • ニートやフリーターに特化した就職エージェントは、正社員就職が実現しやすい
  • 地方ならハローワーク、都心部は就職エージェントがニートの就職で比較的有利
  • 就職エージェントを利用できないニートは、ほかの就職支援サービスも利用しよう

就職経験がない・無職期間が長くブランクがあるというニートが正社員になるには、就職エージェントの支援を受けるのが近道です。しかし、世の中にはたくさんの就職エージェントが存在するため、ニートに特化したサービスを見つけるのは難しいでしょう。そこで、このコラムではニートに適した就職エージェントの探し方を解説します。就職エージェントを利用するメリットや注意点もまとめているので、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

就職エージェントはニートも利用可能

「学歴に自信がない」「一度も就職した経験がない」というニートの方も、就職エージェントを利用できます。ただし、就職エージェントによっては年齢制限があったり就職経験が必要だったりするケースがあるので、事前にサービスを受けられる条件を確認しましょう。
総務省統計局の「労働力調査(基本集計)2021年(令和3年)平均結果の概要(17p)」によると、15〜34歳までのニートは2021年時点で57万人です。深刻な人材不足が問題視されている日本では、ニートは潜在的な労働力とされており、「やる気さえあれば採用する」というスタンスの会社が増えつつあります。ニートに特化した就職エージェントを利用すれば、学歴や職歴に関わらず採用してもらえる会社が見つかる可能性が高いので、ぜひ利用してみましょう。ただし、35歳以上のニートの場合は体力や能力の面からチャレンジできる求人が減り、就職のハードルが高くなる傾向にあります。正社員になりたい方は、早めの行動を心掛けましょう。

参照元
総務省統計局
労働力調査(基本集計)2021年(令和3年)平均結果の概要

就職エージェントを利用する3つのメリット

ニートが就職活動を行う際に就職エージェントを活用すると、求人探しを手伝ってもらえたり選考対策を支援してもらえたりと、さまざまなメリットがあります。就職エージェントはニートが正社員を目指すうえで心強い味方となるので、就職できるか不安な方は積極的に活用してみましょう。

1.就職活動全般をサポートしてもらえる

就職エージェントは就職活動のプロなので、正社員になるために必要な就職支援を行ってくれます。たとえば、求人紹介や応募書類の添削、面接の調整、条件の交渉など就職活動全般のサポートなどです。内定後のアフターフォローに力を入れている就職エージェントもあるので、初めての就職でも不安なく進められるでしょう。
ニートの就職にも履歴書や職務経歴書は必要です。就職エージェントの指導を受ければ、応募先に好印象を与えられる応募書類が作成できるでしょう。一人での就職活動が不安な方は、就職エージェントの活用をおすすめします。

2.好条件の求人が見つかりやすい

「就職先がブラック企業だったらどうしよう…?」と心配する人もいますが、就職エージェントを利用すれば、ブラック企業に就職する可能性が低くなります。無料で求人を掲載できる求人情報サイトやハローワークは、実際とは条件が異なるおとり求人や残業時間が極端に長いブラック企業を紹介されることも。一方、就職エージェントの場合は求職者の希望条件を聞いたうえで条件を満たした求人のみを紹介するので、ブラック企業に就職するリスクがほとんどありません。ただし、中にはノルマ達成のためにブラック企業を紹介する悪質な就職エージェントもあるので注意しましょう。
企業と直接やり取りしている就職エージェントは、一般公開されていない好条件の求人情報も保有しています。ハローワークや求人情報サイトでは見られない求人を紹介してもらえるのは、就職エージェントを活用するメリットです。なお、就職エージェントが保有する非公開求人は企業によって異なるので、複数登録するのも良いでしょう。

3.合わない会社への就職を避けられる

長く働ける会社を見つけるには、就職エージェントの利用がおすすめです。就職活動を行いニートから脱却したものの、実際に働いてみると「想像と違った…」とミスマッチを感じることも。一人で行う就職活動は客観的な判断が欠けやすく、自己分析や企業研究が不十分でも気づきにくいのがデメリットです。入社後にギャップを感じて早期退職してしまうと、次の職場探しが難しくなります。一方、就職エージェントを活用すれば客観的な判断に基づいた就職先の検討が可能です。就職エージェントは企業の担当者と直接やり取りしているため、求人情報だけでは分からない内部情報も把握しています。さまざまな情報をもとに客観的に適性の高い求人を紹介してもらえるので、就職後のミスマッチを感じにくいのが、就職エージェントを活用するメリットです。
就職エージェントの概要は、「就職エージェントとは?活用するメリットやデメリットを知ろう」でまとめています。就職エージェントについて詳しく知りたい方は、チェックしてみましょう。

ニートが就職エージェントで受けられる支援内容

ここでは、就職エージェントを利用すると受けられる就職支援について、詳しく紹介します。具体的にどのようなサポートを行っているのか気になる方は、参考にしてください。

適性に合わせた職種や求人の紹介

自分がどのような職種に向いているかわからない、なりたい職種があるけれど向いているか判断に迷う、といった悩みを担当のアドバイザーに相談できます。客観的な視点であなたの長所や短所を見極め、適性のある求人を紹介してもらえるのも、就職エージェントを利用するメリットです。
就職エージェントを利用する場合、初回にカウンセリングを行い経歴や就職先に求める条件の確認、適性のチェックなどを行います。カウンセリングの結果に基づいて求人を紹介してもらえるので、自分では思いつかなかった職業を提案してもらえるでしょう。

履歴書・職務経歴書の書き方指導

初めて履歴書や職務経歴書を作成する場合、Webサイトの例文を参考にしてもうまく書けない可能性があります。例文を丸写しした応募書類は、採用担当者の心証を悪くするので避けましょう。
就職エージェントは、あなたに適した自己PRや志望動機の書き方をアドバイスしてくれます。担当のアドバイザーが誤字脱字をチェックしたり内容を添削したりするので、履歴書や職務経歴書を書き慣れていない方でもスムーズに応募書類を用意できるでしょう。
履歴書や職務経歴書は、採用担当者からの第一印象を左右する重要な書類です。採用担当者に「ぜひ会って話したい」と思わせる書類を作るために、就職エージェントを活用しましょう。書類選考を通過できれば、正社員就職に一歩近づきます。

話し方や受け答えなどの面接対策

就職エージェントは、面接本番を想定した面接対策も実施しています。面接と一口にいっても、個人面接から集団面接、ディスカッション形式と種類はさまざまです。面接の形式ごとにどのような受け答えがふさわしいのか、逆質問では何を聞いたら良いのかなどをアドバイスしてもらえます。また、面接する企業が重視しているポイントを教えてもらえるケースもあるので、一人で対策をするよりも就職活動を有利に進められるでしょう。

企業との連絡代行

就職活動の基本的な事柄の一つである企業への確認や連絡、交渉は、ニートにとってハードルが高いでしょう。企業によっては何度もやり取りする必要があるため、ストレスを感じる可能性もあります。就職エージェントは面倒な連絡も代行してくれるので、ニートの就職活動において強い味方といえるでしょう。面接の日程や入社日の調整、給与交渉など重要な連絡も代行してもらえるのでストレスなく就職活動を行えます。

入社後のアフターフォロー

就職エージェントのサポートは入社後も続きます。正社員として就職したあと、定期的に担当のアドバイザーから連絡が入るので、入社後の不安や悩みを相談可能です。場合によっては就職エージェントから企業に連絡してくれるので、働きにくさが改善される可能性もあります。ニートから正社員になる際に、「社会人としてやっていけるか不安」「元ニートでも本当に働き続けられるかな…」と、悩む人は少なくありません。そのようなとき、気軽に相談できる相手がいれば気持ちが楽になるでしょう。

ニートに適した就職エージェントの選び方

就職エージェントにはそれぞれ得意分野が存在します。ニートから正社員を目指す場合は、ニート特化型の就職エージェントを利用しましょう。ここでは、ニート向けの就職エージェントの選び方をまとめています。数ある就職エージェントの中から自分に適したサービスを見つけて、正社員就職を成功させましょう。

実績がある就職エージェントを使う

初めて就職エージェントを利用する際は、大手企業の中から選ぶのが無難です。大手の就職エージェントは全国に展開しているため、保有する求人が多くサービスも充実しています。登録するだけでさまざまな企業の情報を得られるので、1社は利用すると良いでしょう。また、就職エージェント各社のWebサイトや口コミをチェックし、就職支援の実績を確認するのも大切です。実績のある就職エージェントは就職活動に必要なノウハウを蓄積しているため、的確なアドバイスを受けられます。なお、就職支援の実績を確認できなかったり少数精鋭をアピールしていたりする就職エージェントの利用は、おすすめできません。ノウハウやアドバイザーが不足しており、十分なサポートを受けられない可能性があります。

複数の就職エージェントに登録して比較する

就職エージェントが提供するサービスの質は、企業ではなくアドバイザーによって異なります。多くの就職エージェントは求職者をマンツーマンでサポートするため、一人ひとりに専任のアドバイザーがつくシステムです。最初から最後まで一緒に就職活動を行う相手なので、相性が合うか見極めましょう。特に確認すべきなのは、以下のポイントです。

・ちょっとした内容も気軽に相談しやすい
・希望条件に応じた求人を適切なペースで紹介してくれる
・親身に話を聞いてもらえる

就職エージェントを利用する中で、担当者が合わないと感じたときは、アドバイザーを変更したりほかのサービスを活用したりすることを視野に入れましょう。

正社員就職を前提とした就職エージェントを利用する

正社員を目標にしている場合は、正社員就職を前提とした就職エージェントを利用しましょう。ニートの就職支援に特化した就職エージェントは、未経験から正社員になれる求人も数多く保有しています。スキルより人柄を重視した求人も紹介してもらえるので、正社員就職を実現しやすいでしょう。就活エージェントによってはニートから正社員は難しいと判断され、派遣社員や契約社員の求人を紹介されるケースがあります。紹介予定派遣や契約社員からの正社員登用など、正社員になる方法もありますが確実ではありません。そのため、ニートを脱却して正社員として働きたいときは、正社員就職を前提とした就職エージェントを利用するのがおすすめです。
就職エージェントの活用方法が知りたい方は、「転職エージェントのおすすめ活用法!複数使うべき?面談はどうする?」を参考にしてください。選び方のコツやブラック企業への就職を避ける方法もまとめています。

ニートが就職エージェントを利用する際の注意点

就職エージェントに登録する際は、ニート向けの求人があるか確認しましょう。未経験からの正社員就職を得意とする就職エージェントは、ニートの就職支援にも慣れている可能性があります。ここでは、就職エージェントを選ぶ際の注意点をまとめているので、参考にしてください。

対象地域に含まれるか確認する

就職エージェントが求人を紹介できるのは、特定の対象地域のみです。大手就職エージェントであっても対応していない地方もあるので、住んでいる地域によっては登録を断られる可能性があります。就職エージェントを利用して正社員を目指す方は、必ず対象地域を確認しましょう。地域密着型の就職エージェントもありますが、未経験から正社員を目指せる求人が少なかったり十分な就職支援を受けられなかったりする可能性があります。ニートから正社員への就職支援の実績があり、住んでいる地域にも対応している就職エージェントに登録しましょう。

口コミを鵜呑みにしない

インターネット上には就職エージェントを比較したランキングや口コミサイトが数多く存在しますが、基本的に主観に基づいた意見なので、真に受けるのは危険です。評判が良い就職エージェントがあなたに合うとは限りません。就職エージェントが提供するサービスの質は、アドバイザーに左右されます。住んでいる地域や目指している職種、今までの経歴などによっても就職エージェントへの評価が変わるでしょう。利用する就職エージェントを決めるために口コミを見る際は、あくまでも参考程度にとどめておくのが無難です。

ターゲットとなる年齢層に該当するか確認する

就職エージェントにはそれぞれメインターゲットが存在します。自分の年齢に合う就職エージェントを利用するのが、ニートから正社員就職を実現させるコツです。20代・30代向けの就職エージェントが最も多いので、若年層の方は求人の選択肢が多く、内定をもらえる可能性も高い傾向があります。正社員を目指すニートの方は、早めに行動を起こすのが得策でしょう。なお、数は少ないものの40代・50代のニート向けの就職エージェントも存在します。

自分から積極的にアクションを起こす

就職エージェントを利用すれば誰でも正社員になれるわけではありません。ニートが正社員になるには、自発的に就職活動に取り組む必要があります。就職エージェントに任せきりにせず、自分でも積極的に応募企業の情報を調べたり好印象を与えるアピール方法を勉強したりしてみましょう。受け身での就職活動は、入社後にミスマッチを感じる原因になります。「どのような会社で働きたいのか」「興味のある仕事は何か」をよく考えて、就職活動の軸を決めましょう。また、就職エージェントからの連絡をこまめに確認し、早めに返すのも大切です。レスポンスが良いと、担当のアドバイザーに「正社員就職に前向きなんだな」と印象づけられます。積極的に求人を紹介してもらえたりアドバイスを受けられたりする可能性が高まるので、自発的な行動を心掛けましょう。

担当者の変更が可能か確認する

就職エージェントを利用するうえで最も重要なのは、アドバイザーとの相性です。特に専任のアドバイザーに担当してもらう場合、相性が悪いと就職活動が難航して挫折することも。そのような事態を防ぐためにも、あらかじめ担当者の変更が可能か確認しておきましょう。アドバイザーが変われば、就職活動がスムーズに進む可能性があります。もしも、アドバイザーの変更を断られた場合は、ほかの就職エージェントに乗り換えるのも一つの手段です。複数の就職エージェントに登録しておけば、トラブルがあっても就職活動を継続できます。
就職エージェントは、ニートから正社員を目指す際におすすめの就活ツールです。上記の注意点を踏まえたうえで、自分に適した就職エージェントに登録しましょう。「ニートから正社員へ!就職エージェントの活用方法まとめ」では、ニートが正社員になる方法や就職エージェントの上手な活用方法をまとめています。正社員就職を実現したい方は、参考にしてみましょう。

30代以上のニートは十分な支援を受けにくい

一般的に、ニートから正社員になれるのは34歳までといわれています。10〜20代のニートはまだ若いため、ポテンシャル重視で採用されやすいですが、30代を過ぎると一気に応募できる求人が減少する傾向にあります。十分な就職支援を受けて正社員を目指すには、30代以上に特化した就職エージェントの活用がおすすめです。年齢に合わせた就職支援を受けられるので、正社員就職を実現できるでしょう。

就職エージェントが利用できない場合の対処法

ニートが正社員になる方法は、就職エージェントだけではありません。年齢や住んでいる地域を理由に就職エージェントへの登録を断られた場合は、ほかの方法を使って就職活動を行いましょう。

ハローワークで求人を探す

ハローワークは公的機関の就職支援サービスです。自分の住んでいる地域を始め、全国各地の求人情報を閲覧できます。ハローワークには相談員がいるので、就職エージェントのように履歴書の添削を受けたり面接対策を実施したりしてもらえるのがメリットです。職業訓練を受けられるため、専門性の高い職業への就職も可能になります。ただし、求人の掲載基準が緩いのでブラック企業に就職してしまうことも。ハローワークを利用して就職活動を行うときは、注意深く求人を精査しましょう。ハローワークを使った就職活動には年齢制限がないので、30代以上のニートが正社員を目指す方法としてもおすすめです。

地域若者サポートステーションに通う

サポステとも呼ばれる地域若者サポートステーションは、厚生労働省が運営元の就職支援機関です。地域若者サポートステーションは日本各地に点在しているので、住んでいる地域に関わらず利用できます。15歳〜39歳までを対象に就職支援を行っており、就業体験やコミュニケーション講座、就活セミナーなどのサービスを受けられるのが特徴です。「働くのが不安」「人と接するのが苦手」という人も、地域若者サポートステーションを利用しています。特にニート歴が長い方は、地域若者サポートステーションの利用も検討してみましょう。なお、都道府県が運営する「若年者のためのワンストップサービスセンター(通称:ジョブカフェ)」も、同じように就職支援を行っています。

求人情報サイトを利用する

求人情報サイトの中から未経験OK・学歴不問などの求人を探し、応募するのもニートが正社員になるための方法です。ただし、ニート向けの求人情報サイトはほとんどないので、応募できる求人を探すのには時間が掛かります。求人閲覧以外の就職支援サービスはないので、ほかの方法を併用して就職活動を行うのが一般的です。
ハローワークや地域若者サポートステーション、就職エージェントなど、ニートが正社員を目指す方法は数多く存在します。中でも就職エージェントは就職活動のノウハウを蓄積しているアドバイザーが多く、手厚いサポートを受けられるのが魅力です。ハタラクティブでは、若年層のニート・フリーターに特化した就職支援を行っています。応募書類の添削や面接対策も行っているので、安心して就職活動を進められるでしょう。未経験から正社員就職できる求人の紹介も可能なので、まずはお気軽にご相談ください。

ニートが就職エージェントを利用する際によくあるFAQ

初めて就職エージェントを利用するニートは、本当に正社員になれるのか不安に感じるでしょう。ここでは、就職エージェントを使った就職活動を行う際によくある質問にお答えします。

一度も就職したことないニートも正社員になれる?

なれます。ニートに特化した就職エージェントは、未経験から正社員になれる求人を保有しているため、就職経験がなくても問題ありません。ニートから脱却し、正社員になるには早めに就職活動を行うのが大切です。就職エージェントを始めとする支援機関を活用すれば、短期間でも正社員就職も実現できます。少しでも有利に就職活動を進めたい方は、「ニートからの就職はスピードが肝心!支援機関を使って就活を有利に進めよう」を参考にしてください。

ニートが正社員になるには職務経歴書が必要?

必要です。職務経歴書は今までのキャリアを表す書類のため、書ける内容がないと考え提出しない人もいますが、アピール材料になるのでできるだけ書きましょう。ニートの場合、働いていない間に何をしていたのかを職務経歴書に書くのもおすすめです。アルバイトを行っていた場合、そこで得た経験を記入するのも良いでしょう。ニート歴が長い・社会人経験がほとんどないというときは、「職務経歴書に書くことがないときの対処法!第二新卒の場合はどうするべき?」を参考にしてください。ニートから正社員を目指す際に役立つ情報をまとめています。

ニートの期間をどう説明したら良い?

ニートとして過ごしていた空白期間について面接で聞かれたら、素直に話すのが無難です。下手に嘘をついたり隠したりすると、採用担当者に不信感を持たれます。堂々と理由を説明したうえで、入社後は長く働きたいという姿勢をアピールしましょう。会社に貢献できる人材だと伝われば、採用してもらえる可能性が高まります。「空白期間を面接で聞かれたら?「何もしてない」はOK?答え方や例文を紹介」では、空白期間を挽回するアピール方法をケース別にまとめているので、チェックしてみましょう。

ニートが正社員就職を目指しやすい業種・職種は?

介護職や事務員、運送業、IT系などニートから正社員を目指せる業種・職種はさまざまです。特に未経験者歓迎・学歴不問と掲げている求人は、ニートも採用される可能性があります。ニート向けの求人を探すには、ニート特化型の就職エージェントの利用がおすすめです。ハタラクティブでは正社員になりたいニートへの就職支援を行っています。一人での就職活動が不安な方や正社員就職を実現したい方は、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ