女性がニートになる原因は?就職を目指す方法やおすすめの職種も解説!

女性がニートになる原因は?就職を目指す方法やおすすめの職種も解説!の画像

この記事のまとめ

  • 女性が就職せずニートになるのは、ライフステージの変化や人間関係に対する不安など
  • 女性ニートが就職するメリットは、収入の安定や社会的信用を得られることなど
  • 女性ニートが就職するためには、まず規則正しい生活を心掛けることから始める
  • 初めての就職活動を成功させるためには、ハローワークや就職支援サービスを利用しよう

「働きたくない…」と就職せずニートを続けている女性のなかには、将来に不安を抱えている方もいるでしょう。ライフステージの変化や人間関係など、女性がニートを続けている理由は人それぞれです。しかし、ニート期間が長引くほど第一歩を踏み出すのが難しくなるため、20代のうちから行動を始めましょう。このコラムでは、女性ニートが就職を目指すためのポイントを解説。おすすめの職種も紹介するのでぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

女性が就職せずニートになるのはなぜ?

女性が就職せずニートになるのはなぜ?の画像

就職やアルバイトをせず、ニートになってしまう女性は一定数存在しています。ここでは、女性がニートを選択するきっかけについてまとめました。

職場の人間関係に対する不安

職場で人間関係のトラブルがあり、その経験から働くことに不安を感じている女性は少なくありません。過去に人間関係のストレスで退職した経験がある場合、「また同じことで悩むかもしれない」といった考えから転職活動に踏み切れず、ニートになってしまう方もいるようです。
人間関係は職場によってそれぞれ異なるものの、一度ネガティブな印象をもってしまうと、なかなか立ち直るのが難しくなってしまう場合があります。

ライフステージの変化

結婚や出産など、ライフステージの変化をきっかけに無職になり、「自分はニートかもしれない」と考える女性もいるでしょう。厳密にいえば、家事や育児を行っている場合は「ニート」に該当しません。しかし、結婚後に妊娠から出産、育児が続き、なかなか就職活動をする機会がなく、ニートに近い生活になる方は多いようです。

ライフステージの変化は、仕事とプライベートのバランスを改めて見直す時期でもあります。「女性の転職にクローズアップ!理由とタイミング」では、結婚や出産をきっかけに転職するタイミングやメリット・デメリットについてもご紹介していますので、あわせてご覧ください。

家事手伝いとニートの違い

「家事手伝い」とは自宅で炊事や洗濯、掃除、介護など家庭に必要な仕事を手伝う人を指します。一方で「ニート」とは、就業意思がなく、家事や通学をしていない15~34歳の人です。また、家事手伝いは「職歴」に含まれません。そのため、就職時にはアピールの仕方を工夫する必要があるでしょう。「家事手伝いとニートはどんな違いがある?就職するコツや空白期間の伝え方!」では、家事手伝いから就職するためのポイントをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

女性ニートが就職で得られるポジティブな変化

ニートから脱出して就職できれば、それまで抱えていた不安定な状況が解消される可能性があります。ここでは、女性ニートが就職することで起こる良い変化についてまとめました。

安定した収入が得られる

ニートから就職すると、安定した収入が得られます。もし、ニートのまま無収入でいれば、近い将来に経済的な問題が発生する可能性も。自分で収入を得られるようになれば、達成感や自立して生きていく自信にもつながるでしょう。

社会的信用を得られる

ニートから正社員として就職することで社会的信用を得られるでしょう。女性に限らず、将来的に車を買いたい、マイホームを持ちたいといった大きな買い物をしたい方は、社会的信用があると有利になります。また、これまで両親に生活を援助してもらっている場合は、就職して働いている姿を見せられれば、安心してもらえるでしょう。

出会いの機会が増える

就職すると、社内や取引先などの人脈が増えることから、出会いの機会が多くなります。ニート生活中は人と関わることが少なかった人も、就職先で良い友人と出会ったり、結婚へ発展したりする女性もいるようです。

結婚して脱ニートを目指すのは難しい?

就職していない女性のなかには、「結婚して専業主婦になればニートを卒業できる」と考える人もいるようです。しかし、近年では女性の社会進出が進んでいます。また、共働きを望む人もいるので、結婚予定の有無に関係なく、ある程度の就業経験を積んでおくことがおすすめです。

女性ニートが就職するために取り組むと良いことは?

女性ニートが就職するために取り組むと良いことは?の画像

職歴なしの女性がニートから就職するためには、まず生活リズムを見直すことが大切。そこから少しずつ就職へ向けた準備に取り組んでいくのがおすすめです。以下で詳しく解説します。

規則正しい生活をする

ニートから抜け出すためには、規則正しい生活をすることが重要です。就職すると仕事が始まる時間が決まっているため、それに合わせて準備する必要があります。ニートの方で昼夜逆転生活を送っている場合は、まずは朝早く起きられるようにしましょう。最初は身体を慣らしながら、徐々に起床時間を整えてみてください。また、太陽の光を浴びるようにすると活力が湧いて、1日を気持ちよく始められます。

アルバイトから始めてみる

ニートから正社員に挑戦するのは難しいと感じる女性は、アルバイトから始めてみましょう。アルバイトには、自分のペースで進められる仕事が多くあります。週1日から働けたり時短勤務ができたりするところもあるので、自分に合った職場を見つけやすいのがポイント。精神的な負担を掛けないためには、いきなり正社員になるのではなく、アルバイトから始めてみるのも良いでしょう。また、正社員登用を設けている会社なら、努力次第で正社員にステップアップも可能。モチベーションを保ちながら働けます。

女性ニートの就職活動は徹底した対策が重要!

女性ニートが就職活動を成功させるためには、徹底した対策をとりましょう。ニートの方の就活は、職歴なしだったり就労経験が少なかったりすることから、書類選考が通りにくいことがあります。効率的な対策ができるよう、就労支援サービスやエージェントなどを利用して、第三者にサポートをしてもらうのも一つの手です。

資格を取得する

女性ニートが就職を目指すには、資格の取得もおすすめです。就職先の仕事に関連する資格を取得すれば、採用率もアップします。資格があれば就職後も仕事が進めやすかったり、業務内容が覚えやすかったりする効果も。また、資格勉強は空白期間の説明としても有利なので、できるところから始めてみると良いでしょう。

女性ニートの就職におすすめの職種

女性ニートの就職先におすすめなのは、人手不足の業界です。企業によっては入職後の丁寧な研修によってスキルを身につけることができるので、未経験者も安心して就職できます。また、職歴や学歴なども問われないことが多いのも特徴です。女性ニートが就職しやすい職種には、以下のようなものがあります。

介護職

介護職は高齢化社会による慢性的な人手不足から、女性ニートの方が就職しやすい職種です。また、職歴がなく、無資格の場合も始められるので、比較的挑戦しやすい仕事といえるでしょう。家事手伝いをしていた方は、スキルを活かせる機会があります。

正社員

介護職

  • 月給 330万円 ~ 390万円

ITエンジニア職

IT関連の仕事は専門知識が必要な職種であるものの、データ入力や書類作成などを行う事務や、機器の設定を行うネットワークエンジニアなどがあり、未経験者の求人も比較的多いようです。希望する職種で就職時に資格が必要な場合は、ニート期間を勉強に充てるのも良いでしょう。

正社員

ITエンジニア

  • 月給 422万円 ~ 653万円

接客・販売スタッフ

接客・販売スタッフの仕事は、職歴や経験、学歴等を問わない求人が多く、ニートの女性も就職先として選びやすい職種です。たとえば、学生時代に接客のアルバイトをしていたなら、その経験を活かして活躍することもできるでしょう。
https://hataractive.jp/joboffers/7689/

ほかにも、女性ニートにおすすめの仕事を「ニートで就職したい女性におすすめの仕事は?高卒職歴なしで就活するコツ」でもご紹介しているので、こちらもあわせてご覧ください。

女性ニートが正社員就職を目指す4つの方法

ニート脱出を決意したのであれば、挫折することなくスムーズに就職を成功させたいものです。しかし、就業経験がなかったり空白期間が長かったりする人のなかには、「どうやって仕事を探せば良いか分からない…」という悩みも。ここでは、女性ニートが正社員への就職を目指すための方法を4つご紹介しますので、ぜひ参考にして取り組んでみましょう。

1.ハローワークを利用する

ハローワークは、厚生労働省が運営する公共機関です。離職中の社会人をはじめ、ニートやフリーター、主婦など、求職者であれば誰でも利用できるため、連日多くの人が来所しています。求人情報は地域の中小企業が多く、地元で活躍したい方に向いているでしょう。男性や女性、年齢層などは問わず、30代・40代以上の方でも応募できる求人も多くあります。サービス内容は、求人紹介だけでなく職業訓練も行っているので、「技術や知識を習得して就職したい」という方にもおすすめです。
ハローワークの利用方法については、「ハローワークはニートも利用できる?就職先を見つける6つの方法」で解説しています。ぜひ参考にしてください。

参照元
厚生労働省
ハローワークインターネットサービス

2.求人雑誌や新聞の求人チラシなどをチェックする

ニートの方が仕事探しをする際は、求人情報誌やチラシなどを活用しましょう。昨今では、駅などに設置されている無料の求人情報誌の普及により、誰でも気軽に手に取って情報収集ができます。また、新聞の折込チラシとして配布される求人広告は地域毎に情報が異なるため、自分の居住区内で仕事を探したい方にぴったりです。
ただし、利用時に注意しておきたいのは掲載情報が古い可能性があること。求人掲載の申し込みから発刊まで期間があり、尚且つ週刊誌であれば次の発刊日まで店頭に並ぶことになります。そのため、手に取ったときはすでに採用者が決まっている可能性もあるため、応募前に問い合わせをしておくと良いでしょう。

3.求人サイトで情報を探す

求人サイトは、スマホがあればいつでも気軽に最新の求人情報が入手できます。サイトによっては転職者や既卒者、第二新卒者向けなどもあり、目的に合わせて利用できるのが魅力。女性が働きやすい職場や待遇、条件なども細かく絞って検索できるので、自分が求めている求人がヒットしやすいのも特徴です。職歴なし・ニートから就職先を探すなら、「未経験者歓迎」や「学歴不問」などの求人を扱っているサイトを選びましょう。

紹介予定派遣として働く

正社員の求人を探すのが難しそう…と感じる女性は、紹介予定派遣として働くのも一つの手です。
「紹介予定派遣」とは、直接雇用されることを前提としたうえで、一定期間派遣社員として働く制度。必ずしも期間満了後に正社員になれるとは限らないものの、派遣会社のサポートによって未経験から挑戦できるので、ニートから正社員になれる良いチャンスといえます。
紹介予定派遣を利用する場合は、「紹介予定派遣とは?正社員になれる?デメリットや派遣との違いを解説」でその仕組みや注意点などをよく理解してから検討してみてください。

4.就職支援サービスを利用する

ニート期間が長く、1から一人で就職活動を行うのが不安な方は、就職支援サービスがおすすめです。就職支援サービスとは、就職を希望する人へ求人紹介や就職活動のノウハウなどを提供するサービスを指します。プロのアドバイザーによるカウンセリングや面接対策、書類添削など就職活動をトータルでサポートしているのが特徴です。各都道府県が設置しているジョブカフェや、厚生労働省委託の若者サポートステーション、民間企業が運営する就職エージェントなど種類はさまざま。無料でサービスを提供している企業が多いので、女性ニートも安心して利用できます。

若年層の就職を支援するハタラクティブも、無料でサービスを提供する就職支援サービスの一つです。就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専任アドバイザーによるマンツーマンの丁寧なヒアリングを通じて、豊富な求人の中からあなたにマッチしたお仕事をご提案します。また、履歴書の書き方や面接対策などが受けられるので、初めての就職活動も安心。ニートから就職を目指したい方は、ぜひ一度ご相談ください。

女性ニートの就職に関するQ&A

ニートのまま年齢を重ねてしまうと、就職できるかどうか不安になる方もいるでしょう。ここでは、女性ニートが抱えるいろいろな疑問や悩みについて、Q&A方式で解決していきます。

いつまでニートを続けても良いのでしょうか?

比較的就職しやすい20代のうちに脱ニートを目指しましょう。ニートの時期に明確な決まりはありません。とはいえ、30代になると経験やスキルなどを求められることが多く、ニートからの就職が難しくなります。また、職歴がない場合、20代のほうが採用されやすいことも。確実に就職を成功させるためにも、「ニートって何歳まで?20代のうちに就活すべき理由や注意点を解説!」を参考にして、早めに行動を始めましょう。

学歴に自信がなく、就職できるか不安です…

企業によっては、学歴よりも求職者の人柄を重視する「ポテンシャル採用」を行っているところも多く存在します。働く意欲や仕事に対する真面目な姿勢などがアピールできれば、採用担当者に好印象を与えられるでしょう。大卒者と比べると、給与や待遇面において差が生じてしまう場合があるものの、入職後の頑張り次第でキャリアアップできる可能性も十分にあります。ポテンシャル採用の詳細やメリットなどを知りたい方は、「ポテンシャル採用は若手のチャンス!求職者側のメリットとは」もチェックしてみてください。

働きたくない…ニートを続けたらどんな末路を迎える?

働きたくない気持ちからニート生活を続けてしまうと、自立した生活は難しくなります。たとえば、生活費を家族に支えてもらっているなら、いずれ親がいなくなったときには生活が苦しくなるでしょう。また、周囲との関わりがなくなり、友人と疎遠になってしまう恐れもあります。ニート生活が長くなると外に出るのが怖くなる方も少なくありません。しかし、自分の将来のためにも一歩踏み出す勇気が必要です。「働きたくないニートの女性必見!仕事に就くのが怖い理由や対処法を解説」では、働きたくない気持ちを緩和する方法や就職を目指すポイントをご紹介しているので、あわせてご覧ください。

就職にはどんなメリットがありますか?

女性ニートが就職で得られるポジティブな変化」でも解説したように、ニートから就職すると収入面だけでなく、将来に対する不安感も軽減されます。心配事がなくなると気持ちも穏やかになり、自然と前向きに。そのため、就職先の仕事もやりがいをもって取り組めるようになるでしょう。メリットのある就職を叶えるためには、自分に合った仕事や職場が見つけられる就職・転職エージェントのハタラクティブへご相談ください。

大卒ニートも就職できますか?

大卒ニートも、年齢が若ければポテンシャルに期待してもらえるので、採用される可能性は高いでしょう。ただし、空白期間が長くなると企業側から「仕事が続くのだろうか?」とマイナスに捉えられてしまい、就活が不利になる恐れも。遅くても半年以内には行動ができるようにしておきましょう。「空白期間が半年から1年以上あると転職に不利?履歴書にはこう書く!」では、履歴書や面接等で空白期間を効果的に伝える方法を紹介しているので、就活の準備にお役立てください。

この記事に関連するタグ